日本針穴写真協会メールマガジン/JPPS eMagazine

  • ¥0

    無料

日本針穴写真協会がお届けする公式メールマガジンです。協会のワークショップやイベントのお知らせ、素朴な疑問、質問、話題など、会員さん以外の方にも楽しんでいただけるよう針穴写真(ピンホール写真)についての情報をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日本針穴写真協会メールマガジン/JPPS eMagazine
発行周期
月刊
最終発行日
2017年07月25日
 
発行部数
320部
メルマガID
0000231229
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 写真 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

===============================

2017年7月:第123号

日本針穴写真協会メールマガジン/JPPS eMagazine

===============================


━┃目次┃━━━━━━━


〈1〉こんにちは
〈2〉入会してみませんか?
〈3〉協会からのお知らせ
〈4〉写真展など情報コーナー
〈5〉いろいろ募集しています


━┃こんにちは┃━━━━━

今年も会員展の出展申込みの受付が始まりました。
お気に入りの一枚を額装して展示してみませんか。
皆様のご参加をお待ちしています。(遠藤)

────────────
入会してみませんか?
────────────

日本針穴写真協会では随時新規の会員を募集しております。
針穴写真をまだやったことない方、興味がある方、
どんな方でも歓迎です。
ワークショップや撮影会など企画もいろいろあります。
針穴写真仲間を探してみませんか?

詳細

http://jpps.jp/web/jpps/jpps.htm

──────────────
協会からのお知らせ
──────────────

【東京支部より:会員展2017のお知らせ】

東京支部では今年も会員展を開催します。

現在、出展申し込みの受付中です。
8月4日(金)までとなっています。
タイトルやコメントなどは、8月11日(金)までです。
多くの方のご参加をお待ちしています。

今年から新たに「会長賞」を設けました。
出展された作品の中から3作品を田所会長が選び、
オープニングパーティで発表します。

会期:8月21日(月)〜27日(日)
時間:10:00〜20:00
   初日:16:00〜/最終日:15:00まで
会場:東京都江東区文化センター展示室

設営:8月21日(月)9:00〜16:00
初日:8月21日(月)16:00〜20:00
オープニングパーティ:8月21日(月)18:00〜20:00
撤収:8月27日(日)15:00〜17:00

8月24日(木)には、ワークショップも行います。


◆───────────────────◆

【本部より:例会のご報告】

本部では6月25日(日)に例会を行いました。
初参加の方もいらして、手作りカメラや作品などを囲んで話が
弾みました。
次回の例会は9月を予定しています。

例会の様子

https://goo.gl/jt7y8n


◆───────────────────◆


【東京支部より:ワークショップのお知らせ】

東京支部では、会員展開催期間中に、ワークショップを行います。
今回は「紙箱カメラの作製と現像」と「ホルガ改造ピンホール
カメラの作製」の2つです。
どちらか1つ選んでお申し込みください。
紙箱カメラの作製と現像は、自由研究にも良いかもしれませんね。
このワークショップは、会員の方でなくてもご参加できます。

日時:8月24日(木)10:00〜17:00
場所:江東区文化センター 教材製作室

参加費、申し込み方法等の詳細

https://goo.gl/nw220w





━┃写真展など情報コーナー┃━━━━━


(東京)

松嶋真
ちいさな展示会『手づくりの針穴カメラとその作品展』


会期:8月31日(木)まで *第4月曜日休館
時間:9:00〜22:00 
場所:西東京市芝久保公民館

芝久保公民館(アクセス地図)

https://goo.gl/nqXaBf



◆───────────────────◆

(東京)

『LIFE 写真のある生活』

田所美惠子さんが出展しています。


会期:7月29日(土)まで *日、月、祝日休廊
時間:11:00〜19:00
会場:gallery bauhaus
入場料:600円

gallery bauhausアクセス(地図あり)

https://goo.gl/ffpWsj

◆───────────────────◆

(東京)

ワークショップ「ピンホールカメラを作ろう」

日本カメラ博物館では、小・中学生を対象とした
ワークショップを行う。
内容は紙のピンホールカメラ作り、撮影、現像です。

日時:8月20日(日)10:00〜17:00
場所:JCllビル内会議室
費用:1000円

詳細と申込先

https://goo.gl/qNU81F


◆───────────────────◆

(東京)

ホトリ写真塾「針穴ワークショップ」

空き箱で針穴カメラを作り、印画紙で撮影、現像です。

日時:9月3日(日)10:00〜16:00ぐらいまで
場所:写真企画室ホトリ
参加費:7500円

詳細と申し込み

https://goo.gl/Hkb6Yt

◆───────────────────◆


(名古屋)

『手づくり針穴写真機とその写真展』vol.14

会期:9月20日(水)〜9月25日(月)
時間:(調整中)
会場:国際デザインセンター4階デザインギャラリー


────────────
いろいろ募集しています
────────────

メールマガジンでは情報を募集しています。
個展やグループ展、ワークショップなどご自身が参加するもの、
お知り合いが参加するもの等、針穴写真に関するものなら
なんでもOK!
会員の方以外の情報も掲載します。
毎月25日に発行しているので、20日までにお寄せ下さい。
その他、投稿、問い合わせ、質問、など
メールマガジンのあれこれはこちらのメールフォームから。

http://jpps.jp/web/mailmagazine/
--------------------------------------------

【メールマガジンに関するご意見・ご感想】

より良いメールマガジンにするために、ご意見ご感想を
お寄せ下さい。
励みになります!

http://jpps.jp/web/mailmagazine/
---------------------------------------------


===================================

日本針穴写真協会メールマガジン/JPPS eMagazine
(毎月25日前後発行)

[発行]日本針穴写真協会(編集:遠藤志岐子)
[URL] http://jpps.jp/
[メール]mailmagazine@jpps.jp

このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ で発行 しています。

登録、解除は『まぐまぐ』
http://www.mag2.com/m/0000231229.htmlからどうぞ。


Copyright (c) 2007-2017 日本針穴写真協会.All Rights Reserved.

==================================




(編集後記)今月はプロ野球の話。
私はヤクルトスワローズのファンなのですが、この7月は負けっ
ぱなし。今日(24日)の時点で、引き分けが1試合、勝ったのは
なんと1試合。どうせならもう1ヶ月一度も勝利なし記録でも
作ればよかったのに、と自虐的になります。
子供の頃は本当にずっと弱くて、野村監督で常勝チームになり、
その後は浮き沈みが激しいです。このまま昔のように負けが当たり
前のチームになってしまうのかどうか。どんな状態でもファンは
やめませんが、やっぱり強くなってほしいです。(遠藤)
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ