子どもが育つ“父親術”

  • ¥0

    無料

◆殿堂入りメルマガ/3歳~小学生の子育てに関わる方に!◆ 子どもがグングン伸びて、親のストレスも激減~そんな状態を実現するために、毎日使える具体的なノウハウを提供しています。 読者からも「駄々コネが減った」「言わなくても自分の準備をするようになった」「自分自身も仕事で部下育成の参考になった」などの成果が出ています(^_^)v

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
子どもが育つ“父親術”
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月15日
 
発行部数
4,515部
メルマガID
0000233760
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 出産・子育て > 育児

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

子どもと育つ“父親術” 第536号(2017/09/15) 発行部数:4,504

今月は、「成績」というテーマでお送りしています。
先週は、「 成績が上がらない 」ということで、
「自分で対策を考えて、実行させる」と云う事についてをお伝えしました。

仕事上でも、上司からの押しつけの課題の解決方法をただやらせるのでなく
自分自身で課題の解決方法を見つけて動けるようになるためにも、
じっくりと待つ姿勢も大事ですね。

◇◆ 成績が上がらない(1) ◆◇ (2014年01月23日 発行)

昨年10月に「100点テストの褒め方」という内容をお届けして以来、
子どもの学業・勉強に関するご相談を多くいただくようになっています。

→参考:100点テストの褒め方
http://papakuro.blog56.fc2.com/blog-entry-539.html


その中で、一定数を占めるのが
「100点どころか、むしろ成績が良くないのですが…」
「ゲームばかりしていて、ぜんぜん勉強しない」
など、子どもの学業不振についてのご相談。

今回から、そんな時の接し方についてお伝えします。
「やってはいけないこと」「やってあげたいこと」がいくつか
ありますので、数回に分けてお届けしますね。

~~~~~~

まず最初にご紹介したいのが、ある中学生の声。
私も賛助会員として支援している『チャイルドライン』という
団体の報告書に掲載されたものです。

「試験の成績が上がらない。
 親は『勉強しないから、ゲームばかりしているから』と怒る。
 がんばってるのに、わかってくれない…
 勉強の仕方がわからなくなった
 もう嫌だ…」


ここでお伝えしたいのは、子どもの学業不振に直面した時に、
その原因・理由・問題点を一方的に決めつけてはいけない、ということ。

その理由は、

―いきなりダメ出しされると、次から言い出しにくくなる

―親が分析してしまうのではなく、自分で原因を考えさせたい

―そもそも、親の分析が当たるとは限らない

など、いくつもありますが、最大の理由は

―子どもが改善に向けて進めなくさせてしまう

から。



子どもの成績が上がらないのを見て、心配になってしまう気持ちは
よくわかります。
一方で、子ども本人は呑気にゲームをしている…
そんな状況であれば、厳しく言いたくなるのも当然です。

ですが、ここで頭ごなしに「ゲームばかりしているから!」と
言ってしまうと、子どもへは親の意図とは違うメッセージと影響が
届いてしまうのです。


子どもは子どもなりに、勉強している時間もあるかも知れません。
まったく勉強していない子も、「しなきゃいけないよな…」との
意識はあるはず。

そんなところに

「ゲームばかりしているから!」

との厳しい言葉を受けると、子どもとしては

「がんばっている時もあるのに、認めてくれない」
「やらなきゃという気持ちはあるのに、わかってくれない」

との思いを抱くことになります。

もちろん、現時点の子どもの取り組みが不充分だから、
成績が上がらないという厳然たる事実は存在します。
ですがそれでも、この言い方は不適切なのです。

なぜなら、自分の中の前向きな部分を認めてもらえないことで、
子どもの中の“勉強への意欲”はさらに弱まってしまうからです。

その結果、子どもから漏れてくる言葉は、次のようなものになります。

「どう勉強していいか、わからなくなった」
→改善の方法を見失ってしまう

「自分は頭が悪いから、勉強しても無駄」
→前に進む意欲が失われる

「自分のことが嫌いになってきた」
→自己肯定感まで損なわれてしまう

~~~~~~

もともとは、「勉強もがんばって」という親心から出てきた言葉なのに、
実際に生まれる結果がこれでは、あまりに悲しいですよね。

瞬間的に言いたくなる気持ちを抑えて、
「どうすれば、この子を支えてあげられるかな?」
との発想を意識してあげていただけたら、私もうれしいです。


続きは次回に。お楽しみに!

──────────────────────────────
◇◆ 今週の課外授業 ◆◇

仕事の課外授業-728「見方を変える」 より

家族で考えた場合、特に子どもに対しては、
親の方が、子どもの市場や特技を決めつけてしまう危険に
注意しなくてはなりません。

「子どもの事は親が一番良く知っている」

という幻想は捨てて、
親はもはや、今の市場感や息子の特技など
きちんと理解していないかも
位のスタンスの方がよいかもしれません。

出来る事と云えば、他にもこういう市場もあるよね?

と助言出来る事くらいでは、ないでしょうか?


感想全文はコチラ
http://toyodarock.blogspot.jp/2017/09/728.html

──────────────────────────────
◇◆ ワンブック・ワンセンテンス ◆◇

”なにかで1位を目指す事 ”
【新版】小さな会社★儲けのルール - 竹田陽一 , 栢野克己

この手の、戦略論的な話は決して、中小企業に限らず
個人のキャリア戦略においても、同じ事が云えますね。
会社の中でも分野を絞って、たくさんの本を読んだりすると
意外と、その分野でのポジションを確立できたりしそうです。


読後メモ全文はコチラ
http://toyodarock.blogspot.jp/2017/01/1.html

──────────────────────────────
◇◆ 編集後記 ◆◇

我が家では、2カ月程前から、NINTENDO Switch購入する事になっていたいのですが
市場での在庫薄が続き、中々定価で手に入れる事が困難になっていました。
(色々な理由で僕自身が定価以上で購入したく無かったのです)

そんな折、今月誕生日になる息子が考えだした解決案は
叔父叔母からの、誕生日プレゼントは定価とamazonでの流通価格の差額を
出してもらうと云うものでした。早速妻から提案してもらい
同意を得て、購入する事に。

と云う訳で、満を持してswitchが我が家にやってきます。

そこで、以前読んだiphone契約書を参考に
我が家でのルールを再検討したいと思います。


13歳の息子へ、新しいIPHONEと使用契約書です。愛を込めて。母より
https://hana.bi/2013/01/13sai-iphonekeiyaku/

──────────────────────────────
◇◆ 著者 くろさわ さんについて ◆◇

パパコーチ くろさわ
<ブログ>
http://papakuro.blog56.fc2.com/

著書:
 「自分で考えて行動できる子」に育てる本
 黒澤 浩樹・著/アルマット/1,296円(税込)

★現在、新品が手に入りにくくなっています。

──────────────────────────────
発行者:2代目パパコーチ(見習い中) わたなべ

<プロフィール>
 小学校4年生の息子を持つ、某社係長。
 初代パパコーチのくろさわさんとのご縁により、
 2015年9月より、父親術の配信を担当致します。
 息子誕生時には、思い切って8週間の育児休暇を取得するも
 現在は、普通に残業が多いサラリーマンの為、
 平日は朝出勤までが息子と過ごす時間
 毎朝5時台に起きて、僅かですが遊んでます(笑)

 ■blog:トヨダロックデザインワークス
 http://toyodarock.blogspot.jp/

 ■twitter:@wtbilly
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ