ほぼ日刊ライスレポート

  • ¥0

    無料

船井総研の上席コンサルタント、三浦康志が、日頃発見し勉強した、経営のヒント・マーケティングのアイデア・企業としてのあり方を、短文にまとめて毎日配信します。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ほぼ日刊ライスレポート
発行周期
日刊
最終発行日
2018年05月25日
 
発行部数
703部
メルマガID
0000237801
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


おはようございます。船井総研の三浦康志です。

ファストフード店の注文行列は苦手です。
待たされるだけでなく、
順番を制御できていない場合があるからです。
今日の事例のような店は、私は大歓迎です。

今日の元気言葉。
「足るを知る」

いつもご愛読いただきありがとうございます。

        感謝

[このメルマガに返信いただくと、直接私に届きます。
もし戻って来るようでしたらフェイスブックで
三浦康志を探してメッセージください。]



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほぼ日刊ライスレポート    180525
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【注文カウンターのないマック】


 ドイツ中部のミュンスターという都市の中央駅に立地する
マクドナルドは、普通とは違う風景の店です。

注文の行列がないのです。

商品受け取りの行列もありません。


 この店では、すべての注文をセルフサービス化しているのです。

店内の様々な場所に設置されたタブレット端末で
客が自分で注文を入力するのです。

入力が完了した人から注文が通ります。


 受け取りは、注文番号が表示された順に
受け取りに行くというスタイルです。

受け渡しカウンターには人はいます。

受け渡し時点で代金決済しているようです。

ゆくゆくは現金決済は無くしていくのだと思います。

現金決済が無くなれば、代金決済もセルフ化できます。


 近い将来、注文は客が携帯するスマホからも
注文できるようになると考えられます。

店に入る前に注文を入力し、
店に入った瞬間に注文が成立するようになると思います。

代金決済まで完結すれば入
店する前に注文が通るようにもなると思います。


 ファストフード店は、セルフサービスが特徴の店です。

そのセルフサービスのレベルが数段上のレベルに高まることを
この実験店は示唆しています。

セルフ化するのは、この場合、注文と代金決済です。


 ファストフードの雄がセルフ化を進めてくれれば、
他の飲食業態そして物販店でも
セルフ化しやすくなると思います。

何をどのようにセルフ化するか想定し実践すべきだと思います。




土日祝にも読める・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
有料版も配信しています。
1ヶ月間無料で体験されてはいかがでしょうか?
以下をクリックいただくと申し込めます。
・・・・・・http://www.mag2.com/m/0001259090.html

〔最後まで読んでいただきありがとうございます。〕
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ