真似とは言わせない!ネーミングのツボ

  • ¥0

    無料

店の名前、商品・サービスの名前を決めるのは結構悩ましくないでしょうか?みんなに覚えてもらいやすい、売れるネーミングにしたい。でもせっかくいいネーミングを思いついても、他人の登録商標と類似していたら勝手に使用できません。では、どんな場合であれば使用できるのか?はたまた商標登録できるのか?事例と合わせてご紹介いたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
真似とは言わせない!ネーミングのツボ
発行周期
週刊
最終発行日
2017年09月19日
 
発行部数
56部
メルマガID
0000241197
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       9月19日号
------------------------------------------------------------

 弁理士 深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

(配信中止はこちらまでhttp://www.mag2.com/m/0000241197.html)

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第5936130号:「マッシブクロー」

 指定商品・役務は、第28類の「釣り具」です。


 ところが、この商標は、

 登録第5107974号商標:「MASSIVE」

 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2016-012340号)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標の

「構成各文字は、同じ大きさ、同じ書体で、等間隔に、視覚上まと
まりよく一体的に表されており、これより生ずる「マッシブクロー」
の称呼も、格別冗長というものでもなくよどみなく一連に称呼
し得るものである。」

「その構成中の「クロー」の文字が、指定商品を取り扱う業界に
おいて「ザリガニやエビと思しき生物を模した形状のルアー」の
意味合いで使用されている事例が多少見受けられるとしても、かかる
構成においては、該文字部分が商品の品質等を直接的に表示する
ものとして直ちに認識されるとはいい難く、また、殊更該文字部分
を捨象し、その構成中の「マッシブ」の文字部分のみをもって取引
に資するとみるべき特段の事情も見いだし得ない。」

 してみれば、

「その構成全体をもって、特定の語義を有することのない一種の
造語を表したものとして認識されるというのが相当であるから、
その構成全体に相応する「マッシブクロー」の称呼のみを生じ、
特定の観念を生ずることのないものである。」

 一方、引用商標は

「「マッシブ」の称呼及び「大きくて重い」の観念を生ずるもの
である」

 よって、

「「マッシブクロー」のみの称呼を生じ、特定の観念を生ずること
のないものである」から、外観、称呼及び観念のいずれの点におい
ても相紛れるおそれのない非類似の商標とされました。


------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、構成の一部が共通する商標の類似が問題となりました。

 構成の一部が共通していても全体として非類似になることがあり
ます。

 分離して認識されないような構成にすることが真似とは言わせ
ないツボになります。 

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

ご質問・ご感想お待ちしております!

  編集・発行 深澤 潔
  http://brand-service.biz/

 各種商品・サービスのネーミング、会社ロゴ等の商標登録関連
を扱っております
************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ