真似とは言わせない!ネーミングのツボ

  • ¥0

    無料

店の名前、商品・サービスの名前を決めるのは結構悩ましくないでしょうか?みんなに覚えてもらいやすい、売れるネーミングにしたい。でもせっかくいいネーミングを思いついても、他人の登録商標と類似していたら勝手に使用できません。では、どんな場合であれば使用できるのか?はたまた商標登録できるのか?事例と合わせてご紹介いたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
真似とは言わせない!ネーミングのツボ
発行周期
週刊
最終発行日
2018年06月19日
 
発行部数
55部
メルマガID
0000241197
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 法務・特許

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       6月19日号
------------------------------------------------------------

 弁理士 深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

(配信中止はこちらまでhttp://www.mag2.com/m/0000241197.html)

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第6040766号:

 毛筆体で「弁天かき」の文字を横書きにし、その右下に小さく
「BENTEN-KAKI」の欧文字を配してなる構成

 指定役務は、第31類の「牡蠣(生きているものに限る。)」です。

 ところが、この商標は、

 登録第5163330号:

 「ベンテンカンパチ」の片仮名と「弁天かんぱち」の文字を上下
二段に横書きしてなる


 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2017-009437号)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標の

「構成中の「BENTEN-KAKI」の欧文字部分は、上段の
「弁天かき」の表音を欧文字表記したものと無理なく理解できる
ものであり、全体として外観上まとまりよく一体的に表されたもの
であって、その構成文字に相応して生じる「ベンテンカキ」の称呼
もよどみなく一連に称呼し得るものである。」

 そして、

「「弁天」の文字は、「弁才天」の略称であることから、本願商標
からは、「弁才天のかき」程の観念を生じるものである。」

 一方、引用商標は、

「その構成中の「ベンテンカンパチ」の片仮名は、下段の「弁天
かんぱち」の読みを片仮名で表記したものと容易に認識させるもの
であり、同じ書体、同じ大きさ、等間隔でまとまりよく一体的に
表されたものであって、その構成文字に相応して生じる「ベンテン
カンパチ」の称呼もよどみなく一連に称呼し得るものである。」

 そして、

「「弁天」の文字は、「弁才天」の略称であることから、引用商標
からは、「弁才天のかんぱち」程の観念を生じるものである。」

 そこで、両者を対比すると、

「その構成文字も態様も異なるものであって、全体として明らかな
差異を有するものであるから、両商標は、外観上、明確に区別
できるものである。」

 称呼は、

「本願商標から生じる「ベンテンカキ」の称呼と、引用商標から
生じる「ベンテンカンパチ」の称呼とは、構成音及び構成音数が
明らかに相違するものであるから、称呼上、明確に区別できるもの
である。」

 観念は、

「本願商標から生じる「弁才天のかき」の観念と、引用商標から
生じる「弁才天のかんぱち」の観念は、「弁才天」の部分が共通
するとしても、両商標を全体としてみたときには、それぞれの観念
が類似するものということはできない。」
 
 として、外観、称呼及び観念において類似しないものであるから、
両商標は、相紛れるおそれのない非類似の商標であるとされました。


------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、商標の一部が共通する商標の類似が問題となりました。

 一部が共通しても全体として別物と認識できる場合には非類似と
なります。

 全体構成で異なるものと認識させることが真似とは言わせない
ツボになります。 

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

ご質問・ご感想お待ちしております!

  編集・発行 深澤 潔
  http://brand-service.biz/

 各種商品・サービスのネーミング、会社ロゴ等の商標登録関連
を扱っております
************************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ