TORAEL英語最速理論(R)マガジン

  • ¥0

    無料

TOEIC TOFEL得点アップに役立つ。ウォールストリートジャーナルやフィナンシャルタイムズが読めるようになれる。世界の英字新聞から、注目記事をご紹介。興味深い記事で面白いと思ったら知らず知らずの内に英語が上達するでしょう。(英語まぐまぐ推薦メルマガ)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
TORAEL英語最速理論(R)マガジン
発行周期
日刊
最終発行日
2018年04月19日
 
発行部数
1,359部
メルマガID
0000243393
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > ビジネス英語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは。英字新聞WSJが2日で読める
TORAELの竹末です。@東京紀尾井町のオフィス
(体験講座⇒http://torael.com/experience/)

またまた受講生から嬉しいご報告がありました。

YさんのTOEIC865達成と転職成功の喜びのメールを
ご紹介します。(YさんはIT企業に勤務する 30代男性)

「成果を報告しますと、
特訓およびFollow UpにてTOEICは730点から865点まで上がり、

何より英語のウェブサイトや本を読むスピードが
かなり速くなったと実感しております。

またシンガポール赴任を前提とした転職にも成功し、
今は仕事を覚えながらシンガポールへ行く準備をしています。

竹末先生をはじめスタッフの皆様に感謝申し上げます。」


Yさん、ご報告ありがとうございました!


嬉しいですね。。

新しい、
可能性に満ちた世界で活躍されることを
心から期待しております。


■さて、英文記事です。

昨日驚いた記事はサウスウェスト航空737型機の事故。

エンジンが爆発して、破片が窓を突き破り
乗客が吸い出されそうになるという
映画さながらの事故です。犠牲者は一人。

記事によると、
機内は泣き叫ぶ人でパニックになり
そこら中に血が飛散していたそうです。

操縦していた機長は、
米海軍史上初の女性戦闘機パイロットでした。

機長は、爆発後約15分で代替空港に安全に着陸させ、
乗客の無事を確認して降機したとのこと。

乗客を送り出す写真が記事にあります。
ポニーテールにイヤリングをつけた
革ジャンの女性機長が格好良いです。

10年間の海軍戦闘機パイロットを経て、
30年間の民間機パイロットの経験があるとのこと。

女性らしさと、海軍の沈着冷静さが同居していて、
アメリカのパワーと奥深さを感じます。


■さぁ、そのウォールストリートジャーナルの記事を読めますか?

‘Panic Just Ensues’: Inside Southwest’s Fatal Midair Engine Failure
Boeing 737-700 had damaged engine; ‘It appears we are going down!’ wrote one passenger who broadcast a video on Facebook Live
WSJ Apr17 2018


ensue 後から起こる、続く
fatal 致命的な、重大な

訳「パニックが続いた」サウスウェスト航空の飛行中のエンジン重大事故にて
ボーイング737-700でエンジン損傷「私たちは墜落しているようだ!」書いたのはフェイスブック・ライブでビデオ中継した一人の乗客


こちらも読めますか?


Details of what happened to Flight 1380 and why metal pieces from its left engine were hurled into cabin - apparently rupturing a window behind the wing and fatally injuring a passenger seated nearby - weren’t expected until investigators examine the plane and interview the crew.


apparently 見たところでは、明白に
hurl 勢いよく飛びかかる
rupture 破裂させる
fatally 致命的に
injure 傷つける
expect 予期する
investigator 調査官
examine 調査する







訳は次のようになります。


1380便で何が起きたのか? なぜ金属片がエンジンから脱落して客室に飛び込んだのか? 見たところでは、主翼の後ろの窓を破り、近くに座っていた乗客を傷つけて死亡させているが、詳細は調査官が機体を調査して乗務員をインタビューするまで予期出来ない。


ポイント:主語と述語動詞が離れていることがあるので、正確に捉える練習が必要です。



■天文学的に低い確率のエンジン爆発ですが、、

今回爆発したのは、ベストセラーのエンジンで、
同じ型は世界中で2秒に1回離陸しているそうです。

エンジン・ファンブレードなどの金属疲労・破断などが考えられますが、

Details weren’t expected until investigators examine the plane and interview the crew.
詳細は調査官が機体を調査して乗務員をインタビューするまで予期出来ない

です。

サウスウェスト航空は同型機を700機以上も運航していて、
初の乗客死亡事故となりました。天文学的に低い確率の事故ということです。


ではまた~。


☆ 英字新聞WSJが2日で読める特訓の
3時間体験コース⇒ http://torael.com/experience

from
TORAEL 竹末研一@東京紀尾井町のオフィス


追伸:お待たせしました!

■受講生はもう1500人を超えました!

年齢層は幅広く、
16歳の女子から最高84歳のおじいさんまで。
みんな夢を叶えています。

あなたも仲間に入りませんか?
⇒http://torael.com/master
WSJが2日で読める特訓!

4月29-30日(日月祝)【東京初級】(残5)
5月5-6日(土日)【東京】(残5)
5月12-13日(土日)【東京】(○)
6月2-3日(土日)【大阪】(○)
6月16-17日(土日)【東京】(○)
6月23-24日(土日)【東京】(○)
7月15-16日(日月祝)【東京】(○)
7月21-22日(土日)【東京】(○)
7月28-29日(土日)【東京】(○)



■TORAELの竹末研一が、
朝日出版社のCNN english expressで
「英語最速リーディング術」を解説しました。
全国の書店で発売中です。CNN ee 3月号

■TORAELの竹末研一が、スポニチから取材を受けました。

■竹末のインタビュー記事:日経ビジネスオンライン
「英会話至上主義」が、人材ミスマッチを生んでいる?
日本人ビジネスマンに必要な「読む力」

TORAEL代表:大阪大学大学院卒。幼少期を
インタ-ナショナル・スク-ルで多言語環境
(英語、アラビア語、タイ語、中国語)にて過ごす。

大学・大学院で世界最速のス-パ-・コン
ピュ-タによる科学技術計算(数値流体力学)
を実施し、大企業で英語によるシステム統計分析を経験。
それらを英語の最速学習法の設計に活用。


●Wall Street Journalについては●

問い合わせ、申込の際はこちらにご連絡ください:
WSJ発行元ダウ・ジョ-ンズ社: 小尾 万寿美 様
Masumi.obi@dowjones.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ