TORAEL英語最速理論(R)マガジン

  • ¥0

    無料

TOEIC TOFEL得点アップに役立つ。ウォールストリートジャーナルやフィナンシャルタイムズが読めるようになれる。世界の英字新聞から、注目記事をご紹介。興味深い記事で面白いと思ったら知らず知らずの内に英語が上達するでしょう。(英語まぐまぐ推薦メルマガ)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
TORAEL英語最速理論(R)マガジン
発行周期
日刊
最終発行日
2017年06月08日
 
発行部数
1,382部
メルマガID
0000243393
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > ビジネス英語

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは。
英字新聞WSJが2日で読めるトラエル式特訓のTORAEL竹末です


今日は英語を読むことではなく、
「話す」ことに関する特別なお知らせです。


以前、ご紹介した
英単語を覚えなくても今すぐ英語が
話せるようになる五歳児英語ワンデーセミナーを覚えていますか?


一番初めにこのセミナーを知った時は

「五歳児?子供英会話?」

と一瞬、思ったのですが(笑)


すでに、
仕事で英語をつかう必要のある、
私の受講生の皆さんが数十人単位で
実際にこのセミナーを受講。


しかも、

「本当に受けてよかったです!」
「いかに英語を難しく考えていたかわかりました」
「英語は話せるんだ!難しくないんだ、ということがわかって自信になりました」

などのご感想をいただいています。


セミナー名は

「五歳児」といえど、子供向けではありません。


簡単に言うと、

五歳の子供にわかるような
簡単な日本語で考えると
難しい単語を覚えなくても英語を話せるようになる、というメソッドです。


これだけ聞くと

「何それ?簡単な日常会話しかできるようにならないんじゃないの?」

と思うかもしれません…


が、実は、
この五歳児英語を学んだ人たちの中から続々と

海外赴任が決まったり
外資に就職したり
海外で就職したり

する人たちが出ているようです(驚



この五歳児英語というメソッドを提唱しているのは
私の友人で、日本一の実績を持つ
英語コーチの奥村美里さん。


奥村さんは、目標達成率93.3%という
指導実績をお持ちの凄腕英語コーチです。

なんと、10人クライアントさんが来られると、
9人までが3ヶ月という圧倒的短期間で
英語を話せたり、読めたり、聞けたりするようになります。



奥村さんは単語を覚えず英語を話せるようになる
というセミナーを開催しているのですが、
なんとたった4時間で、下記のようなことが可能になるようです。

●英語が全く話せない人でも、新聞の見出しレベルを英訳できるようになります
●英語が苦手な人でも、楽しく英語で会話できるようになります
●『こんなの無理!』と思う文章も、英語で言えるようになります
●英語って簡単じゃん!という実感が得られます
●英語ぺらぺらになるための英語の話し方が身に付きます


この五歳児英語を学んで

単語を1つも覚えなくても
たった5つのルールを
覚えることでこんな成果が出ているとのことです↓

・まったく英語が話せなかったビジネスマンが
1時間もの英語面接に対応し、外資系の内定を2つ獲得

・読めるが話せなかったITエンジニアが
アメリカに長期出張を繰り返し、
そのまま駐在へ。

・英語のできなさに先方にあきれられていた経理担当者が
毎月、海外出張。
「君のことは信用できる」と相手に言われるまでに。


もし、あなたが

『英語を話したい。でもなかなか口から英語が出てこない。』

『英語、できるようになりたい!でも全然通じない…』

『仕事で英語を話せるようにならなければいけない』

というのであれば奥村さんのセミナー、おすすめです。
ぜひ詳細をチェックしてみてください↓

>> http://www.nativeenglish-env.com/lp1/







from
TORAEL 竹末研一@東京人形町スタバ


☆お待たせしました!

1213人のビジネスマンが実践!
有名大学合格やTOEIC 800,900が続出しています。

英字新聞が2日で読める体験講座
⇒http://torael.com/experience

■受講生はもう1213人を超えました!

年齢層は幅広く、
16歳の女子から最高84歳のおじいさんまで。
みんな夢を叶えています。

あなたも仲間に入りませんか?
WSJが2日で読める特訓!

6月17日ー18日(土日)東京 残席1
6月24日ー25日(土日)東京
7月1日ー2日(土日)東京初級
7月8日ー9日(土日)東京
7月16日ー17日(日月祝)東京
7月22日ー23日(土日)東京
⇒http://torael.com/master
・・・

■TORAELの竹末研一が、
朝日出版社のCNN english expressで
「英語最速リーディング術」を解説しました。
全国の書店で発売中です。CNN ee 3月号

■TORAELの竹末研一が、スポニチから取材を受けました。

■竹末のインタビュー記事:日経ビジネスオンライン
「英会話至上主義」が、人材ミスマッチを生んでいる?
日本人ビジネスマンに必要な「読む力」

TORAEL代表:大阪大学大学院卒。幼少期を
インタ-ナショナル・スク-ルで多言語環境
(英語、アラビア語、タイ語、中国語)にて過ごす。

大学・大学院で世界最速のス-パ-・コン
ピュ-タによる科学技術計算(数値流体力学)
を実施し、大企業で英語によるシステム統計
分析を経験。それらをコンピュ-タ-言語
解析に活用。


●Wall Street Journalについては●

問い合わせ、申込の際はこちらにご連絡ください:
WSJ発行元ダウ・ジョ-ンズ社: 小尾 万寿美 様
Masumi.obi@dowjones.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ