田中優の“持続する志”

  • ¥0

    無料

田中優さんの近況や最新情報をいち早くお知らせしていくメルマガです!講演会・新刊・掲載情報…お見逃しなく(*^_^*)!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
田中優の“持続する志”
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年05月23日
 
発行部数
6,159部
メルマガID
0000251633
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□■□

田中優の“持続する志”

優さんメルマガ 第654号
2018.5.23発行
http://www.mag2.com/m/0000251633.html

■□■□◆◇◆◇■□■□◆◇◆◇■□



Contents
…………………………………………………………………………………

1.『 第六、第七の栄養素 』

2. 公式web shopに登場! 『 南スーダンへのPKO派遣 』

3.「公聴会は海洋放出の地ならしか 福島第1トリチウム水処理」

4.「ハイラックスが兵器に!?」

5.「グリーンピース、「福島原発付近の放射能汚染は22世紀まで継続」調査結果を報告」

…………………………………………………………………………………


□◆ 田中 優 より ◇■□


『 第六、第七の栄養素 』


▼新たな栄養素


 人間の摂取しなくちゃいけない「五大栄養素」というのがある。「たんぱく質、
脂質、炭水化物、無機質、ビタミン」の5種類だ。ではそれだけで大丈夫かとい
うとそうでもない。6番目に大事だとされたのが「食物繊維」だ。それがないと
腸内の微生物を健全な状態にしておくことができないからだ。
 
 そして今、第7の栄養素として注目されているのが抗酸化作用を持つ「フィト
ケミカル(ファイトケミカル)」だ。「フィト」は植物の意味で、植物の持つ化
学物質ということになる。番号だけで見ると簡単だが、ここに考えが至るまでに
は革命的な考え方の違いがある。それについて書かれた本が「あなたの体は9割
が細菌」という本だ。原題は「10%ヒューマン」になっている。 

 私たちが自分と感じているのは自分の体を組成する60兆個もの細胞だと思うだ
ろうが、それをはるかに上回る数の細菌たちの力によって生かされているのだ。
腸内だけでも100兆の微生物がいて、それがヒトの生存を支えている。



▼バイキンマンの時代


 20世紀までの最も大きな健康への脅威は感染症だった。麻疹や結核、梅毒やコ
レラ、赤痢、そうしたものに感染して命を落とすことが多かった。それらは革命
的な「抗生物質と予防接種」によって解決した。それ自体は素晴らしいことだ。

 ところが21世紀になると、今度は別なものに人々は苦しめられることとなった。
アトピーやアレルギー、自己免疫型の疾病、自閉症の多発などだ。これはどうし
たことなのか、幸福な暮らしへの扉が開いたはずではなかったのか。その理由を
細菌の役割にまでさかのぼっていったのがこの本だ。


 感染症の細菌に対して抗生物質が効いたのだが、抗生物質は他の細菌にも効い
てしまう。体内の細菌を皆殺しにしてしまうのだ。もちろん偶然抗生物質に触れ
なかった個体は生き残るが、腸内に棲んでいた細菌のほとんどが殺されてしまう。
するとその微生物が担っていた機能は失われる。その腸内細菌こそがアトピーや
アレルギー、自己免疫型の疾病、自閉症の多発などを起こさせない役割を担って
いたのではないかという考えにたどり着く。そして幾多の実験データにより、そ
れが実証されていく。


 ある死に至るほど深刻な消化器疾患の難病に対して、糞便移植を行ったところ
回復した。移植した健全な糞便が腸内に細菌のコロニーを作り、バランスが保た
れるようになったのだ。しかしただ治すだけでなく自立していくためには、腸内
細菌のバランスを保ち続けたなければならない。そのためには持続した細菌への
食物摂取の協力が必要になる。

 人類は必要に迫られて抗生物質を開発した。バイキンマンを退治するためだ。
しかし抗生物質はバイキンマン以外も皆殺ししてしまう。皆殺しされた細菌の中
にどうやら21世紀病とも言える自己免疫型の疾患を起こさせないための重要な細
菌類がいたようだ。それらがわずかなバイキンマンを退治するために失われたの
だ。今や過剰な抗生物質や殺菌・抗菌・滅菌グッズが売られていて、そのせいで
大切なバイキンマン以外の細菌まで巻き添えにされているのだ。抗生物質が生命
ある細菌にしか効かず、ウイルスには効果がないのに細菌による炎症予防にと投
与されるのだ。


▼21世紀病の対策


 単なる偶然だが、私は以前にリン・マルグレスの書いた「ミクロコスモス」を
読んでいた。そこでは「細胞内共生説」が書かれている。私たちの細胞内に複数
あるミトコンドリアが、外部にいた生物を細胞内に取り入れ、共生させたものだ
ったことが書かれている。それに比べれば、独立した細菌が有益だからと体内で
共生することぐらい簡単に理解できる。少なくともそれなりに自由に生きられて、
独立していられるのだから。


 その体内・体表面の共生細菌(常在菌)が、私たちの生命機能の一端を担って
いたとしても不思議ではない。その中の腸内細菌は、植物を摂り入れるために存
在していた。食物繊維を吸収できるように分解していた。ヒトは直接的に細菌を
皆殺しにしないように気を配り、腸内細菌に食物繊維を与え続けなければならな
い。食物繊維は細菌群を元気にすると共に、余分な有害物質を洗い流してくれる
のだ。


 今では糞便移植のための非営利組織があり、細菌を選んで人工糞便を作る研究
も続けられている。それは本人ではなく共生する細菌たちのバランスのためだ。
逆に言えば私たちは人間として単独で生きているわけではない。他の生物たちと
共存することで成り立っているのだ。その細菌たちのための努力が必要だった。
体内の細菌の多様性を下げてしまう毒物は摂らない方がいい。


 遺伝子組み換え作物は、撒いても枯れない遺伝子と、他の植物を枯らすための
除草剤がセットで使われる。除草剤は「グリホサート」という成分だが、アメリ
カの密集した環境で畜産をするための「抗生物質」としても認定されている。
ということは多くの場合、アメリカ産の肉類を食べると、そのグリホサートとい
う抗生物質も摂取することになる。それはあなたの体の中で、罪もない免疫を支
えていた細菌を皆殺しするのだ。


 もしかしたら第七の「フィトケミカル」もそれ以上の役割を担っているかもし
れない。植物を中心に食べていたとみられる人間が、外側にある「抗酸化効果物
質」を利用せずにいたとは思えないからだ。すると抗酸化物質の持つ力を、前提
にした免疫力になっているかもしれない。


 出産・授乳の時点で、母親は「必要な細菌のセット一式」を新生児へプレゼン
トしている。ところが世界では、必要もなしに「帝王切開と人工乳育児」を利用
する人たちも少なくない。しかし人間は無菌室で育つものではない。菌を毛嫌い
するあまり、必要不可欠な友人を失わない方がいい。


 私たちを形作っている90%を占める細菌と、友好条約を結んでいこう。そうす
れば私たちは21世紀病を克服し、いよいよ幸福な共存が可能になるかもしれない。
生物学的にも、私たちは孤立した存在ではないのだ。



(川崎市職員労働組合様へ寄稿したものを、好意を得て転載しています。)



◆◇◆◇ より詳しくはこちらをご覧ください ◆◇◆◇◆◇


田中優有料・活動支援版メルマガ 2018.5.15発行 第162号


『 健康に暮らすための第六、第七の栄養素 』


有料メルマガでは、グラフや写真を多用してより詳しく解説しています。

5/末までのご登録で、“無料”でお読み頂けます。
→ http://www.mag2.com/m/0001363131.html





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 公式web shopに登場! 『 南スーダンへのPKO派遣 』◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


公式web shopに登場しました!
 
「南スーダンへのPKO派遣」(上・下セット)
 

・すぐにお読み頂けるダウンロード版
・じっくり読みたい印刷物版
の2種類があります。
 

2016年12月30日、2017年1月15日に発行しました、
有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」のバックナンバーです。
 

上下2記事のお得なセット版、
A4サイズのPDFで39ページ(原稿部分は29ページ)分です。
 

<主な内容>

・国内論議から見るPKO
・PKO参加5原則
・国際的な視点から
・日本と南スーダンとの意外な関わり
・資源の奪い合いで起こる紛争
・石油消費と人間の未来
・石油消費量の現実
・「ピークオイル」の問題
・中国の新戦略ルート など
 


「なんと日本は、スーダンの輸出する石油の11%を輸入する、中国、マレーシア
に続くお得意様なのだ。しかも中国、マレーシアは直接南スーダンに油田を所有
して輸入しているのだから、純然たるお客様としてはとても大きな存在であるの
だ。

 しかも日本の輸入するこの地域の原油は低硫黄原油で非常に質が高く、主に発
電用に使われている。特に311大震災以降、原子力を止めた影響から原油のニ
ーズが高まり、その部分を賄うのに重要な存在となっている。」(本文より)
 


<<ご購読はこちらより>>
 

■ダウンロード版
https://tanakayu.thebase.in/items/11157421


■印刷物版
https://tanakayu.thebase.in/items/11157507




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「公聴会は海洋放出の地ならしか 福島第1トリチウム水処理」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この発想は日本中を公害だらけにした時代の「捨てちゃえ、捨てちゃえ」と同じ
ですね、しかも聞く耳を持たない。

公聴会もパブリックコメントもアリバイ作りのものにしてしまった政府そのもの
の問題です。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「公聴会は海洋放出の地ならしか 福島第1トリチウム水処理」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00010001-doshin-soci より


「公聴会は福島と東京で開く見通し。意見は全国から募る。
会合終了後、ある委員は「海洋放出ありきの議論が続いており、
公聴会は国民の声を聴いたというアリバイ作りにすぎない」と率直に話した」



━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ハイラックスが兵器に!? ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━


このクルマ、見覚えりませんか?

そう、isisがパレードに使っていたクルマです。

荷台に自動小銃積んだら“兵器”です。
ゲリラ組織に大人気の車種です。

これを兵器輸出に入れたらどうなるのか。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「トヨタ、新型「ハイラックス」発表=13年ぶりの復活、タイから逆輸入」
 https://www.jiji.com/jc/movie?p=j000920#cxrecs_s 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆「グリーンピース、「福島原発付近の放射能汚染は22世紀まで継続」調査結果を報告」◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本当は22世紀まで待たないと暮らせない地域。

そんな地域を作っておいて、帰還させようなんて間違っています。

国際的な人権は日本の国境には入れないのでしょうか。


  ◇   ◇   ◇   ◇  


▼「グリーンピース、「福島原発付近の放射能汚染は22世紀まで継続」調査結果を報告」
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180304-00029921-hankyoreh-kr より


 調査チームが日本政府が昨年3月、避難指示を解除した福島第1原発の北西にあ
る福島県浪江町と飯舘村地域の家や森、道路、田畑など約4万8000地点で空間放
射線量率を測定した結果、日本政府が実施してきた除染作業があまり効果がなか
ったことが明らかになった。

 除染作業が完了した飯館地域の場合、6世帯のうち4世帯から日本政府の長期目
標の平均3倍に達する放射線数値が測定され、一部の地点では2015年よりさらに高
いレベルの放射線が測定されたところもあった。グリーンピースはこれを再汚染
の結果であるものと推定した。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【田中優 有料・活動支援版メルマガのご案内】


【NEW】・第162号「 健康に暮らすための第六、第七の栄養素 」(5/15号)

・第161号「送電線ジャングルを抜けて」(4/30号)

・特典号:「地域経済と自然エネルギーのいい関係」

・第160号「石木ダム建設予定地にて~住むんだったらここがいい!~」(4/15号)


田中優ならではの社会の新しい仕組みづくりのヒントや、
国内外を取材したお話をご紹介します。

頂いた購読料は、次の社会を作るための活動資金にさせて頂きます。
ぜひメルマガ購読で、田中優の活動をご支援ください。


◆◇田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」◇◆

登録初月は無料、月2回発行、540円/月、
バックナンバーのみでも購読可能です
⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html


☆まぐまぐ&クレジットカード払いではなく、
直接弊社口座へお支払頂くご購読方法もあります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DMMオンラインサロン
  『田中優ラボ - 七世代先の未来に責任を持とう -』始まりました!


ただいまサロンメンバーを募集中です。

https://lounge.dmm.com/detail/962/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【書籍】

■文庫本「幸せを届けるボランティア不幸を招くボランティア」
(河出文庫)
http://tanakayu.blogspot.com/2017/01/blog-post_26.html


■「未来のあたりまえシリーズ1
ー電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへー」
(合同出版)
http://www.godo-shuppan.co.jp/products/detail.php?product_id=401


■「放射能下の日本で暮らすには? 食の安全対策から、がれき処理問題まで」
(筑摩書房)
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480878663/


■「子どもたちの未来を創るエネルギー」(子どもの未来社)
http://www.ab.auone-net.jp/~co-mirai/miraienergy.html


★その他これまでの書籍一覧はこちらより
http://www.tanakayu.com/bookslist.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講演会・メディア・書籍・動画などの情報はこちらへ
田中優公式HP http://www.tanakayu.com/

● facebook 「田中優コミュニティ」 現在10,028人!
「いいね」をぜひ押してください☆ 最新情報を随時アップしております。
http://www.facebook.com/tanakayupage

● twitter 「田中優スタッフ @_tanakayu 」
https://twitter.com/_tanakayu

●ブログ 田中優の‘持続する志’ http://tanakayu.blogspot.jp/

●田中優 有料・活動支援版メルマガ「田中優の未来レポート」
http://www.mag2.com/m/0001363131.html
活動支援金 540円/月(登録初月は無料)活動を応援くだされば嬉しいです。

●公式web shop https://tanakayu.thebase.in/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 発行者、講演・取材の窓口 ■□
合同会社OFFICE YU 担当渡辺
MAIL officeyu2011@ybb.ne.jp
◎田中優の“持続する志”
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000251633/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ