カール教授の 経営者のための最新戦略・マーケティング思考~プラットフォーム戦略

  • ¥0

    無料

大前研一氏が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学教授のほかハーバードビジネススクール、早稲田大学ビジネススクールでも教鞭をとり、Amazon第1位になった「プラットフォーム戦略」「パーソナル・プラットフォーム戦略」の著者(累計20万部)、コンサルティング+研修事業会社ネットストラテジー代表の平野敦士カールが経営者が経営層に有益な経営戦略マーケティング新ビジネスなどについて情報をセレクトしてお伝えしていきます

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
カール教授の 経営者のための最新戦略・マーケティング思考~プラットフォーム戦略
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月18日
 
発行部数
1,762部
メルマガID
0000255553
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 経営学・経営理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは!経営コンサルタント&著者&ネットストラテジー代表の平野敦士カールです!
このメルマガはハーバードビジネススクール、早稲田MBA、BBT大学、韓国台湾中国米国でも講義を行ってきた筆者の無料メルマガです!
最新号のみ公開しておりますのでぜひ読者登録を末尾からお願い申し上げます なお解除も末尾から可能です
 プラットフォーム戦略(R)は(株)ネットストラテジーの登録商標です!

いよいよ新刊発売 感謝です!宜しかったらぜひ全国の書店&セブンイレブンで手に取って見てください
「大学4年間の経営学見るだけノート 」を Amazon でチェック⇒ http://amzn.to/2DnXobQ
可愛い絵だけで2時間で経営学の全体像を学ぶという企画本で初版が約2万部と多いので気合いが入っていますね 
ありがたいことです! ぜひお近くのセブンイレブンや書店でぜひパラパラとめくってみてください!


男子フィギュアスケートは羽生選手が66年ぶりの二大会連続金メダル!さらに宇野選手も初出場で銀メダル!快挙ですね!
羽生選手の精神力の強さには驚きました 宇野選手の緊張しなかった発言もあり 今の若い人は本当に頼もしいですね!

中学生棋士の藤井さんも羽生(はぶ)さんを破りさらに優勝して中学生で6段!恐ろしい天才ですね 本当に素晴らしい!
国民栄誉賞を受賞した羽生さんでしたが、、、若い人の活躍を見ると本当に嬉しいですね



今後はブロックチェーン・プラットフォームの時代が来る予感がします!
今までのプラットフォームはプラットフォーマーが管理コントロールするものでしたが今後は分散型のプラットフォームが台頭するのではないかと思います
ブロックチェーンはビットコインなどの仮想通貨、海外ではクリプトカレンシーと呼ばれていますがそうした通貨の基本技術でかなり古くからあります
この技術は分散型台帳とも訳されていますが契約書や証明、セキュリティなど「信頼」を衆人の監視によって担保するための技術といえるでしょう

つまり今世の中に存在している 信用が大切なものはすべてブロックチェーンを活用することで劇的にコストが低減していきしかも安全な世界が到来するかもしれませsん(51%リスクなどリスクは存在しますが)

最終的には人間が介在しないまま機械と機械が自動で処理していく可能性もあると思います

たとえば書籍を出版する際には個人が電子書籍を出版して編集者とイラストレーターやプロモーター、アフィリエイターとスマートコントラクトを結び、読者はその電子書籍を10Pだけ読んだらその分の代金を独自の仮想通貨で支払い、その支払われたお金は自動的に著者、編集者等へ配分されていくような世界が実現できるようになります

現状アマゾンが手数料として30%以上を手にしていますが劇的に安くなっていく可能性があります

もちろん出版社はいらなくなりますし書店もいらなくなります 大手は残るでしょうが、、

つまりプラットフォーマーの横暴も無くなるわけです プラットフォーマーはそうしたインフラを提供する存在になっていくのかもしれません 通信業界で起きているようにあるいはコンテンツプロバイダーになっていくのかもしれません

スマートコントラクトで個人To個人できめの細かい条件と収益配分を行うことができるようになりますから家電などもリース契約になって使用した分だけを個人がメーカーに支払うモデルも出てくる可能性があります

スマートコントラクトとは賢い契約という意味になりますがたとえばAさんがBさんの本を1万円で買いたい、Bさんは本を1万円で売りたいという契約をブロックチェーンに記帳するようなことが考えられます この情報は時刻とともに改ざんができないように衆人の監視下に置かれます

そして実際に決済も仮想通貨でできますのでその情報も記帳されます すると 本の所有権がBさんからAさんに移ることも証明されます

このように第三者が介入しないでもブロックチェーンへの記帳で契約書の締結からその契約の履行まで出来てしまいしかも安全だというところが凄いところですね!契約内容は細かく設定できますので10ページ読んだら1000円とかにも設定できますしその都度入金されることになります

そうするとアフィリエイターなどのマーケッター、インフルエンサーの力が益々重要になってくる可能性が高いでしょう

また取引相手の信用についても 様々な評価システムが担うことになる可能性があります
ソフトバンクとみずほのJVなど人々の取引履歴やSNSなどを基に個人の信用格付けサービスが出てきています

中国ではそうした信用格付けが人生を決めるとも言われ始めています ある意味恐ろしい世の中になる気もしますね

そうしたブロックチェーンプラットフォームが続々と登場しそうですが、ここから既得権益をもっている中央政府や大企業が猛烈な潰しを始めてくることは中国政府などの動きを見ていると容易に想像できます
1%VS99%の戦いが本格化してくるでしょうね!
ブロックチェーンについてのニュースはこちらが便利です!

https://www.facebook.com/BlockchainnewsJP/


それではまだまだ寒いのでどうぞご自愛ください!

いよいよ新刊発売 感謝です!宜しかったらぜひ全国の書店&セブンイレブンで手に取って見てください
「大学4年間の経営学見るだけノート 」を Amazon でチェック⇒ http://amzn.to/2DnXobQ

大前研一氏、三木谷浩史氏、内田和成氏、土井英司氏が推薦する
「プラットフォーム戦略」(R)がオンラインで学習できます!
⇒【プラットフォーム戦略(R)入門講座】https://goo.gl/Qy2Dzi
早稲田MBAの授業を再現した動画⇒ 【ITマーケティング】https://goo.gl/c1S5JS
【新規事業開発・ビジネスモデル構築講座】https://goo.gl/S39qy8

平野拝

*ブログ  http://ameblo.jp/mobilewallet
*Twitter http://twitter.com/carlhirano
*Facebook http://www.facebook.com/carlatsushihirano
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ