知って役立つおもしろ歳時記

  • ¥0

    無料

この日・何の日・気になる日♪知って役立つ歳時記・年中行事のメルマガ。皆様のお役に立てるよう、祝祭日や記念日の由来や意義、本のご紹介などをお届けします。明成社編集部発行。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
知って役立つおもしろ歳時記
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年02月01日
 
発行部数
191部
メルマガID
0000257971
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◇─────────────────────────────◇

      知 っ て 役 立 つ お も し ろ 歳 時 記
       ─ この日 何の日 気になる日♪ ─

 平成30年2月1日

         明成社「おも歳」編集部
                 http://www.meiseisha.com/

◇─────────────────────────────◇

【1】この日何の日?

     2月26日 咸臨丸の日


【2】図書紹介

      至誠の人
       吉田松陰
 
         山崎文靖/著
                    A5判・並製48頁
                    定価600円+税
         
【3】行事紹介

            皇紀2678年
        奉祝 建国記念の日 中央式典

             平成30年2月11日 13:00~16:00
             明治神宮会館(東京)
 
──────────────────────────────
【1】この日何の日?   

    
     2月26日 咸臨丸の日              

                                           
     
──────────────────────────────

2月26日と言えば、真っ先に二・二六事件が思い起こされますが、
1860(安政7)年、日本初の本格的な洋式軍艦である咸臨丸
(かんりんまる)が、太平洋を横断してサンフランシスコに到着し
た日でもあります。

咸臨丸は黒船来襲に衝撃を受けた幕府が、オランダに発注し、建造
させた蒸気帆船。当時はまだ船体の両側で水車を回して走る外輪船
が多かった中で、スクリューと蒸気エンジンを備えた最新式の船で
した。

咸臨丸は日米修好通商条約批准書交換のためにアメリカに派遣され
た幕府の使節団の護衛艦として、その年の1月19日に浦賀を出港。
艦長は勝海舟。乗員には福沢諭吉や中浜万次郎(ジョン万次郎)ら
がいました。

その後の航海は、ほとんどが悪天候。さらにアメリカまで約800
0キロの荒波は、当時の日本人にとって気も遠くなる距離だったと
思われますが、なんとか38日間にわたる大航海を経て、無事サン
フランシスコへ入港。全市をあげて咸臨丸一行は歓迎されたと言い
ます。

そこで目撃された光景や、現地の造船所など先進文明の視察が大き
な財産となり、艦長の勝海舟等から坂本龍馬など海援隊士に伝えら
れ、その後の彼等の行動力の原動力となりました。

咸臨丸は、帰国後、小笠原諸島の開拓に派遣されたり、さらには蒸
気機関を取り外し純帆船の輸送船となっていましたが、榎本武楊ら
が江戸から蝦夷へと脱出する際には、他の旧幕府の帆船数隻と共に
乗っ取られます。

しかし、途中 大時化(おおしけ)に遭い、咸臨丸は船団を離れて
下田港に漂着。その後、修理のため清水港に入りましたが、征討軍
(新政府軍)の攻撃を受けて、旧幕府方の兵士達の屍が数日間も清
水沖の海上を漂っていました。

それらの遺体を収集し、丁重に葬ったのが侠客・清水次郎長(本名
山本長五浪)でした。
次郎長は、このときのことが、きっかけで、山岡鉄舟や勝海舟、榎
本武楊などと交流を深め、やくざの世界から世の中のために働くよ
うになっていったと言います。

それから3年後の明治4年9月、咸臨丸は片倉氏の旧臣401名を
移住させる目的で北海道小樽へ向け出航しましたが、輸送途中、暴
風雨により遭難し、北海道サラキ岬で破船、沈没しました。

日本の軍艦で最初に太平洋横断を果たした咸臨丸。
その活躍の歴史には、合わせて幕末維新を駆け抜けた多くの人物の
人生ドラマも垣間見えてきます。

──────────────────────────────
【2】図書紹介
 
      至誠の人
       吉田松陰
 
         山崎文靖/著
                    A5判・並製48頁
                    定価600円+税
 
──────────────────────────────
 
今年は、明治維新より150年にあたります。
慶応3年(1867)10月14日、
朝廷は、薩長両藩に対して、討幕の密勅を出しますが、
同日、徳川慶喜は大政奉還を申し出ます。
12月9日には、朝廷は、王政復古の大号令を発し、
天皇親政の新政府が樹立されました。
翌年、明治天皇は、
新しい政治の大方針をまとめた五箇条の御誓文を示されました。
また、明治と改元し一世一元の制を定めました。
 
さて、吉田松陰が、安政の大獄で刑死になるのが、
明治維新に先立つ8年前の安政6年(1859)のことです。
松陰の生涯は、30歳という短いもので、松下村塾で、
塾生を指導したのは、わずか2年に満たないものでした。
しかし、その中からは、高杉晋作、久坂玄瑞といった志士たち、
新政府の指導者となった伊藤博文、木戸孝允、山縣有朋らが
輩出しました。
まさに、萩の松下村塾は、明治維新の原動力となったのです。
このことからも松陰がいかに偉大であったのかがよくわかります。
 
その吉田松陰の生涯の転機となったエピソードをまとめたのが、
本書です。
松陰が残した言葉は、人の心をうつものです。
その折々の松陰の和歌も掲載されています。
小学生高学年ぐらいのお子さんでも読めるように、
総ルビとなっています。

『至誠の人 吉田松陰』  定価600円+税
https://meiseisha.thebase.in/items/921405

──────────────────────────────
【3】行事紹介

            皇紀2678年
        奉祝 建国記念の日 中央式典

             平成30年2月11日 13:00~16:00
             明治神宮会館(東京)

──────────────────────────────

皇紀2678年 2月11日 奉祝 建国記念の日
日本が生まれた日をお祝いしましょう!

第1部 奉祝中央式典
第2部 記念講演
    「神武建国と明治維新150年」伊藤哲夫氏
第3部 和太鼓演奏 巻頭小鉄太鼓

と き:平成30年2月11日 13:00~16:00
ところ:明治神宮会館(東京)

原宿表参道周辺では、午後10時から午後1時まで
奉祝パレードが行われます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎人気上昇中!
◇明成社編集部ブログ http://ameblo.jp/meiseisha/

「西郷どん」観るならこの一冊
https://ameblo.jp/meiseisha/entry-12348474185.html

松本訓導殉難碑
https://ameblo.jp/meiseisha/entry-12344995502.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

≪おもしろ歳時記≫ 編集人 ドラきち
        
▲  ▲   
(・×・)  
┌○─○┐ 
| ドラ | 
└───┘ 
晴天続きの年末年始でしたが、1月22日には関東地方は歴史的な寒
波に見舞われ、大雪と共に東京都府中市では統計開始以降、最も低い
氷点下8・4度を観測するなど、各地で記録的な寒さとなりました。
梅の開花も今年は遅れ気味とか。春の訪れまで、この寒さに負けない
よう心と体を温めていきましょう。
                                        
   
     明成社オンライン         
     http://meiseisha.thebase.in/

     かえるショップ 
     http://kaerushop.thebase.in/

     明成社ツイッター
     http://twitter.com/meiseisha

     明成社Facebook
     https://www.facebook.com/meiseish?ref=hl       

---------------------------------------------
株式会社 明成社 http://www.meiseisha.com/
〒153-0042 東京都世田谷区池尻3-21-29-302
電話 03-3412-2871 FAX 03-5431-0759
--------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ