知って役立つおもしろ歳時記

  • ¥0

    無料

著者サイト

この日・何の日・気になる日♪知って役立つ歳時記・年中行事のメルマガ。皆様のお役に立てるよう、祝祭日や記念日の由来や意義、本のご紹介などをお届けします。明成社編集部発行。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

◇─────────────────────────────◇

      知 っ て 役 立 つ お も し ろ 歳 時 記
       ─ この日 何の日 気になる日♪ ─

 平成29年6月1日

         明成社「おも歳」編集部
                 http://www.meiseisha.com/

◇─────────────────────────────◇

【1】この日何の日?

   6月18日 「父の日」
                    

【2】図書紹介

      物語で伝える教育勅語
      親子で学ぶ12の大切なこと
 
              高橋史朗/監修
              明成社/編
              まほろば教育事業団/編集協力
              井手愛美/絵
 
              A5判・並製・120頁
                定価1,200円+税

──────────────────────────────
【1】この日何の日?   

    
    6月18日 「父の日」       

                                                 
──────────────────────────────
6月の第3日曜日(今年は18日)は父の日です。

1910年にアメリカ・ワシントン州に住む女性が、
彼女を男手一つで自分を育ててくれた父のために、
教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に
礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。

当時すでに母の日が始まっていたため、
彼女は母の日のように父の日もあるべきだと考え
牧師協会に嘆願して始まりました。

日本では1950年代ごろから知られるようになりましたが、
母の日に比べると認知の度合いは低い傾向があります。
母の日の花がカーネーション、父の日はバラです。

ところで、話は変わって大相撲夏場所。
三連覇のかかった稀勢の里の途中休場は残念でしたが、
その分、弟弟子の高安が大関取りをかけて奮闘し、
場所を盛り上げました。

その高安も中学を卒業して入門したての頃は、
厳しい指導と慣れぬ集団生活が嫌で、
千葉県松戸市の鳴戸部屋から茨城県土浦市の実家まで、
時には自転車で6時間以上かけて
合計7回も脱走を繰り返したと言います。

最後の脱走は入門から約半年後。
実家に帰り、両親が営む料理店を手伝っていましたが、
そんな時、鳴戸親方(元横綱・隆の里)からお父さんに
電話が入ります。
「お父さん、子供を連れて来てください」。
父とともに鳴戸部屋へ向かうと、
師匠以外に兄弟子も集合していました。

親方は高安のお父さんに
「いきすぎた指導をやめるように(兄弟子達に)教育をしました」
と言ったそうです。
ところが、高安のお父さんは逆に集まった力士らの前で
床に手をついて「何とか息子を部屋に置いてください」
と願い出たとか。

高安はそのときのショックを今でも忘れないと言います。
自分のために手をついて願い出る父の姿に
「自分がどれだけのことをしでかしてきたか分かった」
と振り返り、猛省して、そこから相撲に専念し、
稽古にうちこむようになったのです。

父親の存在感が希薄になったと言われる昨今ですが、
子供が困難にぶつかったり、人生の岐路にさしかかったとき、
父がそれに対してどのように向き合うかは、
その後の子供の人生に大きく影響するひとつの実例だと思います。

父の日は、子が親に感謝すると同時に、
父親自身も自身の父親としてのあり方を振り返り
考えてみるいい機会なのかもしれません。

──────────────────────────────
【2】図書紹介
 
       物語で伝える教育勅語
      親子で学ぶ12の大切なこと
 
              高橋史朗/監修
              明成社/編
              まほろば教育事業団/編集協力
              井手愛美/絵
 
              A5判・並製・120頁
                定価1,200円+税

https://meiseisha.thebase.in/items/921461
──────────────────────────────
 
いわゆる森友問題で、園児が教育勅語の暗唱を行っていたことが切っ掛
けとなって、国会やマスコミでは、「教育勅語」が批判的に取り上げられ、
教育勅語が間違ったものとして断罪しています。
 
国会では、野党の議員から「教育勅語」を教材としても取り上げないよう
にするという質問趣意書も出され、政府は「憲法や教育基本法に反しな
いような形で教材として用いることまでは否定されない」との答弁書を閣
議決定しました。
 
教育勅語批判の根拠の一つになっているのは、昭和23年6月19日、
衆議院で「教育勅語等排 除に関する決議」、参議院で「教育勅語等の
失効確認に関する決議」がされたことです。
 
当時の日本は、GHQの占領下にあり、その強力な圧力で、委員会での
審議はひとつもなく、決議されたものでした。
 
しかし、それより先、国会での教育基本法制定の審議をみても、教育基
本法は、教育勅語を補うものであって、教育勅語をけっして否定するも
のではないとの政府答弁があります。教育勅語を「排除」「失効」させた
のは、日本人の意思ではなく、GHQだったのです。
 
教育勅語の文体は、明治時代のもので古い用語が使われています。
しかし、そこに説かれている内容は、親孝行、兄弟仲良く、夫婦の和、
朋友の信、謙遜、博愛、修学習業、智能啓発 、人格鍛錬、公益世務、
遵法、義勇など、時代が変わって も、変わることのない大切な徳目です。
 
本書は、その徳目について、一つ一つのエピソードをつけています。
ぜひ、この機会に教育勅語を見直しましょう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

◎人気上昇中!
◇明成社編集部ブログ http://ameblo.jp/meiseisha/

自衛隊を憲法の中に。
http://ameblo.jp/meiseisha/entry-12274228747.html

「慰安婦」反日プロパガンダに抗す
http://ameblo.jp/meiseisha/entry-12273062791.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

≪おもしろ歳時記≫ 編集人 ドラきち
         
▲  ▲   6月は水無月(みなづき)と言いますね。
(・×・)  梅雨の時期なのに水なしとは、ちょっとへんですが
┌○─○┐ 旧暦では7月下旬のころに当たり、暑さで水が涸れることも
| ドラ | あったからとか。昨年も水不足で取水制限も行われましたが
└───┘ 今年は大丈夫そうです。美しい紫陽花と共に雨にも感謝です。
      
                                              
     明成社のオンライン         
     http://meiseisha.thebase.in/

     かえるショップ 
     http://kaerushop.thebase.in/

     明成社ツイッター
     http://twitter.com/meiseisha

     明成社Facebook
     https://www.facebook.com/meiseish?ref=hl       

---------------------------------------------
株式会社 明成社 http://www.meiseisha.com/
〒153-0042 東京都世田谷区池尻3-21-29-302
電話 03-3412-2871 FAX 03-5431-0759
--------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
知って役立つおもしろ歳時記
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年06月01日
 
発行部数
197部
メルマガID
0000257971
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ