国際インテリジェンス機密ファイル

  • ¥0

    無料

国内外のインテリジェンスに関する最新事情をリアルタイムでお伝えします。 これを読めば貴方も一流のスパイ(007)になれるかもしれません。 スパイ、秘密工作、国際政治、暗号、ビジネス、歴史、外交、軍事、危機管理、政治情報、ドナルド・トランプ大統領などの第一級の情報になっています。元商社マンの筆者が独自の情報網と分析によりお送りします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
国際インテリジェンス機密ファイル
発行周期
不定期
最終発行日
2018年05月20日
 
発行部数
7,196部
メルマガID
0000258752
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 政治

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号






◆加藤直志『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』を読み解く



※要旨


・ユダヤ人の究極の記憶法とは、
「体をキツツキのように揺らしながら、
口を動かしてつぶやくこと」
に他ならない。


・実際、彼らはそうやって1000ページ以上もあると
される聖書の中の「トーラー」と呼ばれる部分を
全文記憶している。


・ユダヤ人に学べば英語は必ず上達する。


・「学ぶというのは、繰り返し朗読をして、
繰り返し書き写し、そして繰り返し考えることである」
というユダヤの格言がある。


・わたし自身ユダヤ関連の本を読み漁り、
そして彼らとともに机を並べて学んだことからも、
音読と反復による暗記練習が英語を身につけるうえでは
最大のポイントだと確信している。


・「体を動かしてつぶやく」だけで、
英語は必ずモノにできる。
なぜなら、単純なリズム運動が加わることで、
英語が脳に勝手に定着してくれるからだ。


・「単純なリズム運動」と「つぶやくこと」が
英語にとってはもっとも大切。


・「財産が取り上げられても教育だけは誰にも奪うことはできない」


・繰り返しこそが「記憶の民」の知恵を形作っている。
格言通り、
「音読と反復による暗記練習」が
ユダヤ人の勉強法の最大の特徴だ。


・ユダヤ人は、復習を重視する。
1回でも多く、わかるまで何回も繰り返し学んで
理解することが基本中の基本だ。
この基本にしたがって声に出して勉強し、
ついには諳んじられるくらいに暗記することで、
同じ学びを繰り返す。


・「落ち着きなく」勉強するから記憶に残る。


・ユダヤの経典には
「楽しんで学んだ勉強だけが、よく身に付く」
とある。


・ユダヤ式勉強法のエッセンス。

1.とにかくワクワクすることから始める。

2.体を動かしたり、歩いたりしてリズムをつけて学ぶ。

3.声に出して、つぶやきながら学ぶ。

4.最高の「つぶやき」環境を調える。

5.反復練習や復習をすぐに行う。



・英語学習も、好きな歌、童話、絵本、本、
ドラマや映画、そして有名人のインタビューなど、
興味があるものから始める。


・英語だからこそ「ながら」勉強でうまくいく。


・「つぶやき」で脳の記憶を厚くする。


・「すぐの繰り返し」「すぐの復習」が
英語定着のカギ。


・ユダヤ人は超おしゃべりで超伝え上手。


・英語を話せるようになるためには、
シンプルなパターンをしっかりと使いこなせることが何より大切。


・とにかく、シンプルに伝えたもの勝ち。
アインシュタインは、こう言っている。
「6歳の子どもに説明できなければ、理解したとはいえない」


・成功するためには質問することが何よりも大事。


・たくさん質問をしたら相手からより多くの情報を聞き出すことができ、
その答えなどからキーワードを見つけることができる。
そのキーワードを会話の糸口とし、
さらに会話に弾みをつけることができる。


・ユダヤ人たちは、
「100の説得よりも1の笑いのほうが効果的である」
ことを知っているので、ジョークを使っている。


・ユダヤ人はこう考えている。
「失敗や敗北こそが現実であり、それを知っている者こそ勝利する資格がある」


・失敗を恐れずどんどん挑戦して、
「上手に表現したい」という気持ちを育てた人ほど、
いろりおな情報源から表現を吸収するようになる。
それが名誉なのだ。


・「40歳からでも聖者になれる」
昔、無学な羊飼いが自分の子どもが文字を習うのと
同じくして40歳から勉強して、最終的には宗教指導者となった。



・「知恵を獲得する過程で、忍耐があれば、
すでにその半分は手に入れたようなものだ」
(ユダヤの格言)


・学ぶのに遅すぎることはない。





※コメント
実践的な勉強法だ。
古来から伝わる勉強法を現代にアレンジしている。
現代にも十分通用するやり方だ。





◆加藤直志『脳が勝手に記憶する、ユダヤ式英語勉強法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2f7mMTf



◆フェイスブックFacebook集客術、赤間方式、ご紹介。


http://directlink.jp/tracking/af/237165/xj5aW5Ju-FdLPNbih/



★赤間猛、略歴




宮城県、日本三景の一つである松島町生まれ。


大学から上京し、理系大学院を修了して大手IT企業に就職。

マイクロソフト、オラクルマスターなど主要IT資格を40個取得し、
主にシステム開発、コンサルティング、Webマーケティングの業務に携わる。


Webを中心としたマーケティングの経験からインターネット集客を軸とする
新規ビジネスを社内ベンチャーとしてスタート。


2020年東京オリンピック観戦客を集めるためのWeb集客ツールを開発し、
ツールテストでは累計10,000人以上イベントに集客。

現在は人工知能、ビッグデータ、マーケティングオートメーション等、
海外の最先端技術を研究し、Webマーケティングの研鑽に日々取り組んでいる。




このキャンペーンは、


ブログ、メルマガなどWEB集客を
頑張ってきたけど、
なかなか集客が安定しない

というコンサルタント、セラピスト、
教室、サロン経営、士業、営業の方に
ピッタリのビジネス初心者でも
今日からできる集客方法をお伝えします!



____________________________________
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

公式ブログ『国際インテリジェンス機密ファイル』

http://ameblo.jp/jyoho2040/





★ご提供中の小冊子PDFの一覧は、こちらです↓↓


https://ameblo.jp/jyoho2040/theme-10096737347.html




【発行】国際インテリジェンス研究所

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ