DEAR Express~開発教育メールマガジン

  • ¥0

    無料

南北格差・貧困・環境・紛争などの様々な課題を「知り、考え、行動する」という視点で、身近なところからに取り組んでいくための教育活動である開発教育。開発教育を推進するNGO、DEARより、最新のイベント情報や教材などをご紹介します。学校の先生にもお勧めです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
DEAR Express~開発教育メールマガジン
発行周期
月刊
最終発行日
2018年04月01日
 
発行部数
2,965部
メルマガID
0000270703
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

DEAR Express ~ 開発教育メールマガジン
第155号2018年4月1日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━ 知り・考え・行動する"地球市民"を育むNGO
━ 開発教育協会/DEAR
━ http://www.dear.or.jp/ 読者数:2,951人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。今日から4月の新年度・新学期ですね。
DEARではこのたび、新教材『スマホから考える世界・わたし・SDGs』を発行しました!
http://www.dear.or.jp/book/book01_phone.html

《1》4/14-6/30「世界一大きな授業2018」参加校・グループを募集中

《2》4/23「開発教育入門講座」参加者募集

《3》新教材『スマホから考える世界・わたし・SDGs』発行!

《4》DEARは認定NPO法人になりました!(寄付控除あり)

《5》3月のFacebook記事人気ランキング

《6》編集後記‐事務局ボランティアの人びと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《1》「世界一大きな授業2018」参加校・グループを募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界中の子どもたちが教育を受けられることを目指す「世界一大きな授業2018」を、2018年4月14日(土)から6月30日(土)まで実施します。期間中に、途上国の教育問題について学ぶ「世界一大きな授業」を実施してくださる方を800人募集しています。
公式サイト:http://www.jnne.org/gce/

▼世界一大きな授業とは
現在、世界で小学校に通えない子どもは6,100万人、読み書きができない大人は7 億5,000万人も存在します。こうした事実の背景には、戦争や貧困などはもちろん、教育の機会が与えられなかった人々が直面する厳しい現実など、さまざまな問題が隠れています。2015年9月に国連総会は「持続可能な開発目標」(SDGs=Sustainable Development Goals/通称:エス・ディ・ジーズ)を採択し、2030年までにすべての子どもが質の高い就学前教育、初等教育、中等教育を受け、大人の識字率も大幅に改善することを新たな目標として掲げました。

「世界一大きな授業」とは、そんな世界の現状に目を向け、教育の大切さを、同じ時期に考えようという地球規模のイベントです。「世界中の子どもに教育を」を合言葉に、2003年にスタートし、2008年には、885万人が参加し、ギネスブックにも登録されました。日本でも2017年には、506校・グループの43,493人が参加しました。

▼参加方法
1.HPの申込フォームからお申し込みください。【締切日:6月27日(水)】
 http://www.jnne.org/gce/form.html 
2.お申込み完了メールに記載されているURLから教材をダウンロードし、教材を元に授業を準備してください。
3.キャンペーン期間の4月14日(土)から6月30日(土)の間に、授業を実施してください。
4.終了後、実施報告を実施報告フォームからお送りください。【締切日:7月31日(火)】
5.実施報告完了メールに記載されているURLから参加証をダウンロードしてください。
6.2018年8月末に報告書をお送りします。

▼「世界一大きな授業」はJNNEに参加する次の団体が実施しています
開発教育協会、シャンティ国際ボランティア会、日本YMCA同盟、プラン・インターナショナル・ジャパン、フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、ラオスのこども、ワールド・ビジョン・ジャパン
※JNNE(教育協力NGOネットワーク)http://jnne.org/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《2》「開発教育入門講座」参加者募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月1回開催している入門講座では、ワークショップ体験やレクチャーを通して「開発教育」をわかりやすく紹介します。前半はワークショップ。実際に体験して「開発教育」を感じてください。後半はレクチャーです。初心者の方も、ちょっと興味があるという方もお気軽にご参加いただけます。

▼開発教育入門講座
・日 時:2018年4月23日(月)19:00~21:00
・会 場:聖心グローバルプラザ BE*hive(広尾駅4番出口下車徒歩1分)
     http://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/
・参加費:DEAR会員無料/一般1,000円/学生500円
・対象者:教員・学校関係者、NGO、学生などテーマに関心のある方
・定 員:30名(先着順・要事前申込)

▼詳細・お申込みはDEARまでどうぞ
http://www.dear.or.jp/getinvolved/nyumon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《3》新教材『スマホから考える世界・わたし・SDGs』発行!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生活必需品と考える人も多くなったスマートフォン(スマホ)。
そんなスマホが採掘現場や組立工場で様々な問題を引き起こしている!?

本教材では、スマホを通じてグローバル経済の仕組みと社会問題、自分とのつながりを理解し、消費者として、市民としての今後の行動について考える10のワークを収録しています。また、教材購入者特典として、スライド資料や写真も無料でダウンロードして自由にご利用いただくことができます。

▼もくじ
1.もっと知ろう!スマホのこと
 ワーク1)スマホの歴史を紐解く
 ワーク2)スマホとわたしたちの生活
 ワーク3)スマホ・クイズ
 ワーク4)並べてわかる!スマホが手元に届くまで
 ワーク5)原料の世界地図
2.スマホを取り巻く問題を考えよう
 ワーク6)原料調達段階での問題「紛争鉱物をめぐる問題」
 ワーク7)新聞記事から知るスマホを取り巻く問題
 ワーク8)製品製造段階での問題「組み立て工場での人権問題」
3.わたしたちにできることを考えよう
 ワーク9)持続可能なスマホに向けて
 ワーク10)わたしたちにできること
4.発展編
 アクティビティ:歴史から紐解く世界の関係
 実践事例報告

▼『スマホから考える世界・わたし・SDGs』
・発行:開発教育協会
・2018年3月20日、A4判68頁
・一般価格:¥2,000+税、会員価格:¥1,600+税
・対象:中学生以上
  
▼詳細・ご注文はDEARまでどうぞ(書店や取次には卸していません)
http://www.dear.or.jp/book/book01_phone.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《4》DEARは認定NPO法人になりました!(寄付控除あり)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さまのご支援のおかげで、開発教育協会(DEAR)は、2018年3月16日をもちまして「認定特定非営利活動法人」(通称:認定NPO法人)になりました。

特例認定(旧:仮認定)の期間が2017年10月2日に終了して以降、半年間にわたり、税制上の優遇処置に空白期間が生じてしまいましたことを、お詫びいたします。

今後は、ご寄附をしてくださる個人、法人の方々には、税制上の様々な優遇措置を受けていただくことができます。特に、相続した財産を寄付するとその分は相続税非課税となります。

今後も皆さんと共に、活動を広げるためにも、 会費・事業収入に加え「寄付」という3つ目の財政的な柱を持ち、より安定した市民組織を目指します。わたしたちの活動を「寄付」で応援してください!

▼お祝い・応援のご寄付を受付中!
http://www.dear.or.jp/getinvolved/donation.html

▼郵便振替で
口座番号 00180-8-50096
口座名義 (特活)開発教育協会
※通信欄には、「寄付金」と明記の上、お名前・ご住所をご記入ください。

▼銀行振込で
三菱UFJ銀行 高田馬場支店
口座番号 (普通)1509685
口座名義 特定非営利活動法人開発教育協会
※お手数ですが、メールまたはファクスにて、(1)お名前 (2)ご住所 (3)振込み時の振込人名 (4)金額 (5)振込日をお知らせください。

▼クレジットカード決済で
ウェブサイトよりお手続きいただけます
http://www.dear.or.jp/getinvolved/donation.html

今後とも、ご支援・ご協力をお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《5》3月のFacebook記事人気ランキング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3月にDEARの公式Facebookページに投稿された記事の人気ベスト3を発表!
https://www.facebook.com/ngoDEAR/

1位 認定NPO法人になりました!(3月16日)
2位 「世界一大きな授業2018」参加募集スタート(3月1日)
3位 高校の学習指導要領へのパブコメ募集中(3月9日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《6》編集後記‐事務局ボランティアの人びと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
DEAR事務局では、この春からのボランティアを募集しています。特に教育や国際協力に関心のある大学生・大学院生を歓迎します。事務局までお気軽にお問い合わせください。
http://www.dear.or.jp/getinvolved/event.html

体験談:一番の収穫は人との出会い(大学生)
http://dearstaff.blogspot.jp/2018/03/blog-post_19.html
体験談:実践の現場、NGOの強みや弱みを目の当たりにできた(大学院生)
http://dearstaff.blogspot.jp/2018/03/ngo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
開発教育とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南北格差・貧困・環境・紛争など、地球上で起こっている様々な問題は、私たちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り、考え、行動する」という視点で、身近なところからその解決に取り組んでいくための教育活動です。DEARは開発教育を推進するために1982年から活動しているNGOです。
http://www.dear.or.jp/de/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人 開発教育協会(DEAR)
〒112-0002 東京都文京区小石川2-17-41富坂キリスト教センター2号館3階
Tel: 03-5844-3630 Fax: 03-3818-5940
E-mail:main#dear.or.jp(#を@に変換)
URL:http://www.dear.or.jp
twitter:@ngoDEAR
FB:http://www.facebook.com/ngoDEAR

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
掲載内容の転載について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンの掲載内容は自由に転載していただいて構いませんが著作権は放棄しておりません。以下の点にご配慮いただきますようお願いします。
(1)転載文に加工や変更などを行わないでください(そのままコピーしてね)
(2)出典を必ず明記してください(例:開発教育協会/DEAR発行メルマガ)
(3)商用利用は禁止です(無料配布のものにだけご利用ください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、「DEAR Express ~ 開発教育メールマガジン」です。
受信登録を希望された方にお送りしています。
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちらから: http://www.mag2.com/m/0000270703.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ