Let's go spiritual with your angels☆

  • ¥0

    無料

ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー(R)湊真帆子がお送りするエンジェルライフのススメ☆スピリチュアル初心者の方にも分かりやすく、人生をハッピーにするエンジェリックなメッセージをお伝えいたします☆

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Let's go spiritual with your angels☆
発行周期
週刊
最終発行日
2018年07月14日
 
発行部数
1,174部
メルマガID
0000273162
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆………………………………………………………………………………………☆

☆ Let's go spiritual with your angels☆ 第503号 2018/7/14 ☆
 ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☆

♪人生をエンジェリックでハッピーにしたい、あなたのために♪

Author : 湊 真帆子



☆1… 良心とエゴ …………………………………………………………………☆


私たちは、誰もが良い人でいたいと思っています。

ですから、自分にエゴがあることを良しとせず、エゴに基づくと判断できる思考と行動を否定し、
自分を良い人の範疇に留めようとしています。

私たちが、良い人と考える範疇の基準となるものは、常識的判断とモラル、良心などであり、
自分がそこからはみ出さないように、または、良い人として突出した行動ができるように、
常に、自分をコントロールしています。

しかし、誰もが経験したことがあるように、常識的判断とモラル、良心などという基準は、
個人の判断によって、また、状況によって変化し、
正しいことは共通認識のようであっても、非常にあいまいです。

それは、常識的判断とモラル、良心などに基づいて、
それぞれの状況で何を選択するかを判断しているのが、エゴだからです。

エゴは、自分の利益のことしか考えておらず、その判断は、ただただ支離滅裂です。

でも、私たちは、この世界で、そのような判断方法しか目にすることができず、
それがすっかり当たり前になっていて、愛に基づいた判断とエゴに基づいた判断を
区別することができません。

私たちは、良心を基準にしなければ、エゴ的になる、と思っていますが、
その選択肢は、結局どちらも、エゴに基づいています。

私たちの本質は、無条件の愛そのものであり、その愛に照らせば、
この世界のなんらかのルールに基づく判断は、本当は必要ありません。

でも、エゴは、すぐにこれを利用し、自分がどうであれ、
自分は愛に基づいていると、自分を欺こうとします。

ですから、私たちがこの世界で、自分を欺くことにより、エゴを暴走させ、
自分を傷つけることのないようにするために、
常識的判断とモラル、良心などの基準が役立ちます。

私たちは、本当は、良い人になる必要などありません。

なぜ、良い人でいたいのか、自分の心をよく見てみれば、
そこには無条件の愛とはかかわりのないなんらかの目的を見つけるでしょう。

これは、自己嫌悪に陥り、罪悪感に苛まれる発見となる可能性がありますが、
そのような反応も良い人でありたいエゴのものであると、気づくことが必要です。

「良い人であろうとしていた自分は、エゴだった」

エゴは、自分に価値がなくなったように感じ、落胆しますが、
そもそもエゴに価値はなく、私たちの本質の価値は、
エゴが何をしようとも変化することはありません。

そのように聞くと、私たちは、今度は、エゴを憎み、退治すべき敵のように思いますが、
そのような反応もエゴのものです。

これは、良心かエゴか、良い人か悪い人か、という葛藤と同じものであり、
私たちの心の中では、このようなエゴ対エゴの戦いが、終わることなく繰り広げられ、
心が休まることがありません。

無条件の愛は、例えそれがエゴであったとしても、ただそれをそれとして見るだけです。

そこに判断も否定も批判もありません。

そして、そのような愛の眼差しが向けられるとき、エゴは消え去ることになります。

私たちが、聖なる存在から、自分を愛するように、自分を慈しむように、
何度も繰り返し伝えられるのは、そうすることにより、
私たちが今自分をどのように評価していたとしても、
本来の自分に気づくことができるからです。

私たちは、自分が何をし、何を考えたとしても、自分に落胆すべきではありません。

自分の中の無条件の愛、神聖な心を信頼し、
自分の中で起こっている戦いを見、理解することで、
本来の自分に気づくことができるのです。

そしてそれは、自分自身に対してだけではなく、
私たちがかかわるすべての人に対して、気づくべきことでもあります。

私たちが、私たちの神聖な心を信頼し、この世界をひとつのものとして、
認識できますように。


☆2… Pickupひとことガイダンス ………………………………………………☆


デイリーひとことガイダンスの過去の全記事(2010/6以降)の中から、
ピックアップしてお届けしております。


Synchronicity ~ シンクロニシティ ( 共時性 ) ~
( マーメイド&ドルフィン オラクルカード )

あなたが、望みに対して、ポジティブで、楽観的で、正しい道を歩いている時、
あなたの望みに沿った意味のある偶然の出来事が起こります。

あなたが、これらの出来事に気づき、自分が正しい道を歩いていることをますます信頼するなら、
更に、宇宙の流れに乗っていくことができるでしょう。

あなたの望みを象徴するようなものを見かけるとか、
誰かの会話があなたの望みの実現を裏付けるようなものであるとか、
あなたの思考が上向きになった瞬間、空が晴れるとか・・・
そのようなことは、気のせいではないのです。

これは、大洋を渡ってきた小舟が陸地に近づくにつれて、
陸地が近くにあることを示す木の枝や、葉っぱなどを見かけるのに似ています。

とはいえ、これらの出来事が起こることに執着すれば、
シンクロニシティは、起こらなくなってしまいます。

でも、シンクロニシティが起こらないからといって、心配する必要はなく、
あなたが楽天的でいれば、また、シンクロニシティが起こり始めるでしょう。

シンクロニシティは、あなたを勇気づけ、宇宙の流れに乗っていることを示し、
更に、前進の速度を速めてくれるものです。

あなたの周りで起きている出来事に注意を向けてみてください。

そして、自分が正しい道を歩いているのだと、安心していてください。

あなたが、シンクロニシティに気づき、力強く、一歩一歩を踏み出すことができますように。


(2014.02.07 Friday)



デイリーひとことガイダンス(毎日更新中♪)
-> http://guidance.mahoko-forl.com/



☆………………………………………………………………………………………☆



【編集後記】

メールマガジンをお読みくださり、ありがとうございます。

あらゆる場所、あらゆる状況の中で、すべての心に安らぎがありますように。
私たちに差し出されている奇跡が、受け取られますように。


…………………………………………………………………………………………☆
スピリチュアルセラピーサロン for L(フォーエル)湊真帆子
☆…………………………………………………………………………………………

□ Location 東京都練馬区
□ e-mail mahoko.minato@gmail.com

□ スピリチュアルセラピーサロン for L http://www.for-l.jp/
□ オラクルカード・セラピスト養成WS http://school.for-l.jp/
□ デイリーひとことガイダンス http://guidance.mahoko-forl.com/

…………………………………………………………………………………………☆
(c)Mahoko Minato 2018 all rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ