Hakodate☆かがやきネット

  • ¥0

    無料

男女平等意識の醸成,および雇用の場における男女共同参画の拡大を重点課題とし,ひろく男女共同参画を推進するため,講座等の紹介や情報提供を行います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Hakodate☆かがやきネット
発行周期
月刊
最終発行日
2017年11月30日
 
発行部数
80部
メルマガID
0000273240
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------------
Hakodate☆かがやきネット第125号 ★☆★☆ 平成29年11月30日発行
------------------------------------------------------------------
こんにちは。ついに雪の季節になりました。
明日から始まるクリスマスファンタジーのツリーの準備もすっかり整って
なんとなくワクワクしている人が多いように感じる函館です。みなさんは
いかがでしょうか。

さて、今月の話題はこちら、どうぞご覧ください。


★トピックス★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

1 シンポジウム「アジア太平洋と日本を結ぶ女性起業家精神~『架け橋
  女性』とのネットワークを通じて広げよう~」(大阪会場)開催のお
  知らせ                 〈内閣府男女共同参画局〉
2 平成29年度「教職員を対象とした男女共同参画研修」参加者募集の
  お知らせ                  〈国立女性教育会館〉
3 平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」参加者募集のお知らせ
   〈国立女性教育会館〉
4 講座・イベント・相談事業のご案内     〈函館市女性センター〉
5 今月の本棚          〈函館市女性センター図書コーナー〉
6 コラム「それが あたりまえ」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

1 シンポジウム「アジア太平洋と日本を結ぶ女性起業家精神~『架け橋
女性』とのネットワークを通じて広げよう~」(大阪会場)開催のお
知らせ                 〈内閣府男女共同参画局〉

内閣府では、このたび、アジア・太平洋地域と日本において活躍する女
性起業家・企業人を招聘しての標記シンポジウムを開催します。本シ
ンポジウムでは、起業・企業において活躍する女性たちに焦点を当て、
女性活躍のロールモデルを示すとともに、女性の更なる活躍に向けての
課題などを議論します。また、招聘者と参加者とのグループディスカッ
ションや懇親会なども予定しています。定員は100名程度となってお
りますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

●期 日:平成29年12月17日(日)13時~17時15分
●会 場:大阪新阪急ホテル(大阪府大阪市北区芝田1-1-35

申し込み方法など詳細は下記アドレスでご覧ください!
http://www.gender.go.jp/public/event/2017/291217_01.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2 平成29年度「教職員を対象とした男女共同参画研修」参加者募集の
お知らせ                  〈国立女性教育会館〉

変化の著しい社会状況下において、児童生徒の人格を形成し、その「生
きる力」を高めていくためには、指導に当たる教職員が男女共同参画の
視点をしっかりと身に付け、人権感覚を磨くとともに、教職員がその能
力を充分に発揮することができる職場環境を整備することが必要です。
この研修では、男女共同参画の基本理念について整理するとともに、学
校現場や家庭が直面する現代的課題について、男女共同参画の視点から
捉えて理解を深めます。
教職員自身のワーク・ライフ・バランスや働き方の重要性と学校経営に
与える影響、LGBTをめぐる課題についても取り上げ、アクションラ
ーニングによるディスカッションで深く掘り下げます。
教育関係者の方にお勧めの研修です。 ぜひ、ご参加ください。

●日 時:平成30年1月6日(土)~7日(日)1泊2日
●会 場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728)

詳細については下記アドレスでどうぞ!
https://www.nwec.jp/event/training/g_kyoin2017.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3 平成29年度「学習オーガナイザー養成研修」参加者募集のお知らせ
〈国立女性教育会館〉

 国立女性教育会館では、「男女共同参画の視点に立った地域づくり」を
テーマに体系的な学習プログラムを効果的に実践・展開できる人材を育
成する「学習オーガナイザー」を養成する研修を開催します。
男女共同参画の基本理念や取組の意義、社会状況や現代的課題について
把握し、個人の課題と社会的課題のつながりについて整理するとともに、
学習方法や評価など、事業運営に関する実務的な学びの機会を提供する
ことで、経験者の知見・技能の向上と人材養成をもって男女共同参画の
推進を図ります。この機会に、参加してみてはいかがでしょう。

●日 時:平成30年1月18日(木)~20日(土)1泊2日
●会 場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728)

詳細については下記アドレスでどうぞ!
https://www.nwec.jp/event/training/g_gakusyu2017.html

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4 講座・イベント・相談事業のご案内    〈函館市女性センター〉

◆ 講座・イベントのご案内

函館市女性センターで1月に開催される講座のご案内です。
「冬休み・親子でチャレンジ『羊毛フェルト教室』」は、12月8日(金)
のみ午前10時から午後7時まで申し込み受付をします。
お申込み多数の場合は、翌日抽選を行います。
皆様のご参加お待ちしております。どうぞお誘い合わせてお申込み下さ
い。
  
詳細は下記アドレスでどうぞ!
http://www.hakodate-josen.com/koza 

◆ 相談事業のご案内

「DV・虐待・離婚相談」「働く女性の悩み相談」どちらも
  火・木   午前10時00分~午後3時00分
水・金   午後 6時30分~午後8時30分

「家庭生活相談」  月・金   午前10時00分~午後3時00分
           火・木   午後 6時30分~午後8時30分

「話そう!『ホッとたいむ』」
(受付中)  12月11日(月)午後1時30分~午後2時30分
(12月12日受付開始)
1月15日(月)午後1時30分~午後2時30分
   
相談事業の詳しい内容はこちらで↓
http://www.hakodate-josen.com/permanent/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

5 今月の本棚         〈函館市女性センター・図書コーナー〉

◆ おすすめ中の一冊

「貧困についてとことん考えてみた」

湯浅 誠・茂木健一郎(著)/NHK出版(発行)

「貧困」と「貧乏」の違いは? 日本の現代における子どもの貧困状況
とは? 新たな貧困支援策=パーソナル・サポートの現場では?
社会活動家と脳科学者という異分野の2人が日本を縦断して、多くの生
活困窮者と支援者の生の声に耳を傾けることから見えてきた貧困の状況、
本当に必要とされる支援、そして日本社会の未来について、徹底的に語
り合った対論をまとめた一冊です。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6 コラム 「それが あたりまえ」

去る11月5日に開催された「第39回女性センターまつり」で、ファ
ミリー川柳コンテストの投票がおこなわれ、受賞作が決まりました。
このコンテストは、男女共同参画推進の部、自由作品の部、児童生徒の
部と3部門で募集しており、ネットでも受け付けたため、全国から合計
231句が寄せられました。

男女共同参画推進の部の応募は98句、その中で受賞した作品をご紹介
します。
〈大 賞〉ジャンケンで 決める覚悟の 風呂洗い
〈優秀賞〉助け合う 夫婦の背見て 子は育つ
〈優秀賞〉「はじめて」を 君とシェアする ママとパパ
〈優秀賞〉イクメンと 騒ぐなそれが あたりまえ
〈優秀賞〉ママよりも エプロン似合う おじいちゃん
〈優秀賞〉「おい、お茶」と 時代錯誤の 粗大ごみ

全国から98句も応募があったことには単純に驚きましたが、年々増え
ていく応募者の数を見ていると、男女共同参画推進について関心を持っ
てきている人も増えているのかな、という印象があります。
まして、「イクメンと 騒ぐなそれが あたりまえ」が優秀賞に選ばれ
たことに、世の中の感覚もだいぶ動いてきていると感じました。

厚生労働省の平成28年度「雇用均等基本調査」によると、男性の育児
休業取得率は3.16%であり、依然として低いレベルに留まっているよ
うですが、育児休暇を取らないまでも、育児に参加している男性を目に
する機会は確実に増えていますし、いつか、みんなが「それが あたり
まえ」と言う世の中になる日も、そう遠くないような気がしています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
─────────────────────────────────
発 行 にっぽん生活文化楽会(函館市女性センター指定管理者)
Tel.0138-23-4188 Fax.0138-23-4189
    e-mail info@hakodate-josen.com
http://www.hakodate-josen.com
------------------------------------------------------------------
Hakodate☆かがやきネット
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000273240.html
------------------------------------------------------------------

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ