Hakodate☆かがやきネット

  • ¥0

    無料

男女平等意識の醸成,および雇用の場における男女共同参画の拡大を重点課題とし,ひろく男女共同参画を推進するため,講座等の紹介や情報提供を行います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Hakodate☆かがやきネット
発行周期
月刊
最終発行日
2017年09月30日
 
発行部数
80部
メルマガID
0000273240
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

------------------------------------------------------------------
Hakodate☆かがやきネット第122号 ★☆★☆ 平成29年9月30日発行
------------------------------------------------------------------
こんにちは。
最近、函館では、緊急地震速報や台風による大雨での避難勧告、ミサイル
発射によるJアラートなど、緊急の知らせでスマートフォンが鳴る機会が
増えました。日常生活を送る中、不安な気持ちになっている方も多いこと
と思います。自然災害は避けられませんが、人が引き起こしている脅威に
関しては取り除くことは可能だと思うのです。何とかならないものなので
しょうか…。

さて、今月の話題はこちら、どうぞご覧ください。


★トピックス★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

1 各地で活躍している女性たちが「チャレンジしたい女性」を応援しま
す!              〈北海道女性の活躍支援センター〉
2 「子どもの未来づくりフォーラム」開催のお知らせ
〈北海道保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課〉
3 「はこだて男女共同参画フォーラム2017・湯浅誠講演会」開催の
  お知らせ          〈函館市市民部市民・男女共同参画課〉
4 講座・イベント・相談事業のご案内     〈函館市女性センター〉
5 今月の本棚          〈函館市女性センター図書コーナー〉
6 コラム「決め手は女性副社長」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

1 各地で活躍している女性たちが「チャレンジしたい女性」を応援しま
す!              〈北海道女性の活躍支援センター〉

北海道の女性活躍ロールモデル集「北の★女性からのメッセージ」で紹
介されている女性たちから、あなたのチャレンジにアドバイスをもらい
ませんか?
例えば「〇〇さんみたいな活動がしたいけど、必要なことって何です
か?」「知識も経験もないけど、今からでも始められる?」といったあ
なたの素朴な疑問や相談に、メンター(助言者)として体験談を踏まえ
て、助言いたします。

相談方法など詳細は下記アドレスでご覧ください!
http://www.l-north.jp/katsuyaku/action/menter/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2 「子どもの未来づくりフォーラム」開催のお知らせ
〈北海道保健福祉部子ども未来推進局子ども子育て支援課〉
北海道では、安心して子どもを生み育てることのできる環境づくりを進
めています。そのためには地域や行政の取組とともに、仕事と生活の両
立支援など企業の取組が必要です。そこで、社会全体で取組を推進する
ため、道内各地でフォーラムを開催することになりました。函館会場は
下記の日程です。ぜひ、ご参加ください。



●日 時:11月8日(水)13:30~16:00
●会 場:函館総合卸センター流通ホール
(函館市西桔梗町589-283)
 ●参加費:無料

●第1部:
基調講演「ワーク・ライフ・バランス~男女が働ける社会を創ろう」
講師/労働・子育てジャーナリスト 
NPO法人グリーンパパプロジェクト代表理事
吉田 大樹氏

 ●第2部:「仕事と子育ての両立支援施策について」
  北海道労働局 雇用環境・均等部長 鈴木 里美氏を講師にお迎えし、
  国が推進する施策や取組についてご講演いただきます。

お申し込みは下記アドレスでどうぞ!
https://questant.jp/q/hkic2017-1030-1106-08

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

3 「はこだて男女共同参画フォーラム2017・湯浅誠講演会」の開催
  が近づきました!      〈函館市市民部市民・男女共同参画課〉

 函館市では、市民の誰もがいきいきとして暮らせる男女共同参画社会の
 実現を目指し、市民意識の啓発のためのフォーラムを毎年実施していま
 す。今年度は、「つながりの中で生きる~貧困から考える男女共同参画
 ~」と題して、社会活動家であり法政大学教授の湯浅誠氏をお招きし、
 下記のとおり講演会を実施します。

               記

 ●日 時:10月29日(日)13:30~15:00
 ●会 場:花びしホテル(函館市湯川町1丁目16番18号)
 ●参加券:500円

 参加券は、函館市市民部市民・男女共同参画課、函館市女性センター、
 函館市青年センター、函館市町会連合会で取り扱っています。
 当日は、託児の無料サービス(要事前申し込み)や、手話通訳もござい
 ますので、お気軽にご参加ください。

 詳細は下記アドレスでどうぞ!
 http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014012800914/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

4 講座・イベント・相談事業のご案内    〈函館市女性センター〉

 ◆ 講座・イベントのご案内

 函館市女性センターで11月に開催される講座のご案内です。
 「女性の精神科医による『女性のためのこころとからだの相談』」は、
 10月3日から、「色を活かした豊かな暮らし『カラーコーディネート
 教室』」は10月6日から、「食品のロスをなくするための『使える!
 食品保存術』」は、10月17日から、「毎日の生活を快適に『かたづ
 け上手のコツ』」は、10月20日からいずれも午前10時から申込み
 受付が始まります。
 皆様のご参加お待ちしております。どうぞお誘い合わせてお申込み下さ
 い。
  
 詳細は下記アドレスでどうぞ!
 http://www.hakodate-josen.com/koza 

 ◆ 相談事業のご案内

 「DV・虐待・離婚相談」「働く女性の悩み相談」どちらも
           火・木   午前10時00分~午後3時00分
           水・金   午後 6時30分~午後8時30分

 「家庭生活相談」  月・金   午前10時00分~午後3時00分
           火・木   午後 6時30分~午後8時30分

 「話そう!『ホッとたいむ』」
 (受付中)  10月 2日(月)午後1時30分~午後2時30分
 (10月 3日受付開始)
        11月13日(月)午後1時30分~午後2時30分
   
 相談事業の詳しい内容はこちらで↓
 http://www.hakodate-josen.com/permanent/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

5 今月の本棚         〈函館市女性センター・図書コーナー〉

 ◆ おすすめ中の一冊

 「ちいさなことにイライラしなくなる本」
  ~イヤな気分を引きずらない技術~

  大嶋 信頼(著)/株式会社マガジンハウス(発行所)

 自分は「怒りっぽい人じゃない」と思ったら要注意!
 怒りっぽい人でなくても、日常的に小さな「イライラ」を経験すること
 は誰にでもあることでしょう。
 「イライラ」が小さいからと、そのまま飲み込んでしまい、正しく発散
 させないことが続くと、そのストレスが蓄積されて、人間関係や仕事、
 そして健康において、思わぬ結果を招くことになりかねないというので
 す。
 著者は、アメリカのアズベリー大学心理学部心理学科を卒業し、現在、
 株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役の大嶋信頼氏。
 心と体の健康のために、ぜひ、ご一読をおすすめします。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6 コラム 「決め手は女性副社長」

 北海道教育大学函館校の地域プロジェクトで、ジェンダーを学び、男女
 共同参画について研究してきた4年生の学生Aさんが、卒業論文を書く
 ための取材で、久しぶりに女性センターにやって来ました。就職活動を
 終えて卒業後の進路も決まったという彼の表情は晴れやかで、取材後の
 雑談では、キラキラした眼差しで就職活動にかかわる話をしてくれまし
 た。

 自分はコンビニでアルバイトしていた時に、常連のお客さんから「Aさ
 んがいるからこの店に買いに来るんだよ」と言われてうれしく思ったこ
 とをきっかけに接客サービスの仕事に就こうと思っていたこと、就職試
 験は複数の企業を受けたこと、その中で、某ドラッグストアに決めたこ
 となどなど。
 「そのドラッグストアに就職したいと思った一番の決め手は何だったん
 ですか?」と聞くと、「副社長が女性だったからです!」とAさん。よ
 くよく聞くと、性別役割分担意識にとらわれず、能力があれば女性でも
 副社長になれるということを実践しており、ジェンダーへの理解の深さ
 をうかがい知ることができたからだということなのでした。
 大学で男女共同参画について研究してきた彼にとっては、「とても働き
 やすい」と感じたようで、そこに就職できる喜びが瞳の輝きにあらわれ
 ているのがよくわかりました。
 「こういう企業がもっともっと増えれば、男女共同参画社会の推進が速
 度を上げると思います。」

 将来が頼もしい身近な大学生の話でした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
─────────────────────────────────
発 行 にっぽん生活文化楽会(函館市女性センター指定管理者)
               Tel.0138-23-4188 Fax.0138-23-4189
               e-mail info@hakodate-josen.com
               http://www.hakodate-josen.com
------------------------------------------------------------------
Hakodate☆かがやきネット
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000273240.html
------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ