少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!

  • ¥0

    無料

少年サッカーの現役公認C級コーチが、親子でトレーニングして上達する方法を教えます。コツは3つの「B」!もっと早く知っていれば、いいえ、まだ間に合います。お父さんコーチ、初心者コーチもぜひ読んでください。上達法を書いた無料レポート進呈中です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった!
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年05月11日
 
発行部数
1,900部
メルマガID
0000274603
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > サッカー・フットサル > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
少年サッカー!この練習方法を早く知りたかった! Vol.318
サッカー少年と親と指導者のためのメールマガジン 2018/5/11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ナボコーチです。

メルマガを開いていただきありがとうございます。

ゴールデンウイーク明けの1週間はどうでしたか。

休み中の疲れがでちゃった人、仕事行きたくない!
けど行かなくちゃと頑張った1週間ではないですか。

サッカー少年少女たちはそんなGWの疲れを見せずに
毎日登校しているわけですが、

実際のところはどうでしょうか。

子どもたちも疲れがたまりますし、
疲れが取れるまでに時間がかかるものです。

僕は長いこと子供たちの様子を見ていますが、

修学旅行や運動会明けの練習や大会では、
さすがに身体のキレも悪く、集中力もありません。

疲労だけでなく、普段とは違う生活リズムが
影響しているかも知れません。

こういう時にコーチは叱るのではなく、

リラックスしたメニューの練習に切り替えて
怪我を防ぐ必要がありますね。

大会が組まれている時は、
ゲームテーマを絞って伝えて、

試合の立ち上がりは守備的に
スタートするようにしています。

このように子どもたちのコンデションは
デリケートなのですが、

個人差があるので、ポジションを変えてみる、
スタメンを変えてみるということも考えています。

さて、ポジションというキーワードが
出たところで、

今回はポジションについて考えてみましょう。

■メンバーは同じでもポジションを変えると
別のチームに?

先日、U11(5年生以下)の大会がありました。
たまたま勝ち進んで6月にも試合をすることになりました。

それで、強化のための練習試合をやった時のことです。

1本目はガチメンバーで行いました。
そこそこ手応えがあったので、

2本目は子どもたちに自由に
ポジションを決めさせました。

普段、バックをやっている子は
前をやりたがるものですし、

トップの選手は中盤をやりたがるものです。

ガチでやった時には、3-0で完封した相手ですが、

子供たちにポジションを決めさせたゲームでは
0-3で負けてしまいました。

全く前にボールを運べませんし、

相手ボールを奪うことも出来ずに
失点を重ねてしまいました。

僕は心の中で「シメシメ、いい経験だ」と
思いながらゲームを見つめていました。

このチームにとってはよい薬になりました。

何がよい薬だったのでしょうか。

■ポジションは役割のルールを決めたもの

このチームには問題が2つありました。

システムは3-3-1で、
中盤が3人横に並んでいます。

サイドハーフの選手が、
攻撃の時にサッと広がることはよいのですが

相手ボールになった瞬間に戻ることが出来ない。

そしてセンターハーフが逆サイドに
流れた時に

サイドの選手が中央に入って穴埋めが出来ない。

という、サイドハーフの動きに問題があったのです。

子供たちに自由にポジションを決めさせたときに、

いつもサイドハーフをやっている選手は、
トップに入りました。

もうひとりのサイドハーフの選手は
センターハーフに入りました。

動きに問題のある選手が中央に
ふたり並んだわけです。

いざ試合が始まってみると、
このふたりはポジションを忘れてしまい

ボールをひたすら追うだけでした。

その結果、味方がボールを奪っても
トップ不在だったり、

相手チームはがら空きの中央を
どんどん突破してきます。

いつもタッチライン沿いで
プレーしていることもあり、

360度を見なければならない
ポジションでの戸惑いもありました。

では、いつもトップでプレーしていた選手や
センターハーフの選手は

どのポジションを選んだかというと、
空いている両サイドハーフに入りました。

そして、両サイドハーフにやって欲しい
動きをしたのではなく、

いつも見ている動きをしてしまったのです。

トップやセンターハーフをやっている時には、
上下や左右に動いていたのですが、

サイドハーフの動きはこんなものだろうと
思ったのか、危

険なスペースが出来たときも、

誰かが埋めてくれるだろうと
思っている様子でした。

ここで薬になったことは、

ポジションの決めごとをひとりひとりが
守らないと

チームとしての力が半分以下になるということです。

ポジションの決めごととは、
自分のポジションだけでなく

全体のポジションの目的も指します。


■ポジションごとに攻撃、守備それぞれの約束ごととは?

ポジションの決めごとは
そんなに難しいルールではありません。

3-3-1でのポジションについて説明します。

・トップ、ハーフ、バックの縦3列になる

・センター、右サイド、左サイドの横3列になる

これはキックオフの時の決めごとですね。


攻撃の時は、この並び方で相手ゴールに進めば良いでしょう。


トップはオフサイドにならないように
なるべく相手ゴールに近く位置します。(高いポジション)


サイドハーフはタッチラインギリギリまで
開いて動き、

相手デフェンスをひきつけて
中央に大きなスペースを作ります。

ただし、開きっぱなしでボールを待つ
というポジションはよくありません。

相手デフェンスから見ればバレバレだからです。

タイミングよく左右のサイドが開くということが理想です。


さて、問題は守備です。


どこから守備がスタートするかということですが、
一番危険な中央でボールを奪われた時のことを考えて見ましょう。

詳しくはブログにGIFアニメを乗せていますのでご覧ください。

http://jr-soccer-coaching.naotech.info/cat56/centerhalf-moving.html

センターハーフはむやみに動かず、
動いた時にはその穴を隣のポジションの選手が埋めること。

これは約束事なのです。

もし、タイミングがズレればスペースを
埋めたことにはなりません。

チームで話し合いながらスムーズに
出来るようになりましょう。


レッツトライ!


■お問い合わせ

このメルマガに返信していただいてもよいのですが
お問い合わせフォームを用意しましたので活用してください。

お問い合わせフォームはこちら

http://juniorsoccer.info/otoiawase/

お気軽にどうぞ!

最近いただいたご質問で、
ドリブル大好きな小学3年生を持つ保護者の方から

「サッカーの動き方」
を知りたいというものがありました。

個別にご返信していますので、
遠慮なくお問い合わせ下さい。


■長友佑都選手の動きのキレは専属トレーナーの鬼木祐輔コーチ支えている!

大きな怪我もなく好調なプレーを続けている
長友佑都選手は、海外に渡ってからも進化し続けています。

秘訣は、パーソナルトレーナーの存在です。

トレーナーの名前は鬼木祐輔コーチ!

最近、ツイッターやフェイスブックでもこの事実が広まっているようです。

実は鬼木コーチが小学生向けの
トレーニングDVDを出していることをご存知ですか?

僕が2018年イチオシのトレーニング方法は
「重心移動アナライズ1,2」です。


ブログでの紹介ページ
>>http://jr-soccer-coaching.naotech.info/dribble/onikitraininngsiaituuyou.html


●鬼木理論の基本編

鬼木祐輔の重心移動アナライズ公式サイト
>>http://link.naotech.info/oniki1.html

ドーナツ、スキマ、ニョキという言葉で
わかりやすい動きを身に着けよう。


●基本編をお持ちの方はこちらへ

鬼木祐輔の重心移動アナライズ2
>>http://link.naotech.info/oniki2.html 

ドリブルのコツ、ボールの奪い方のコツ
ボールを蹴る時のコツなど、見るだけでやってみたくなる練習方法!

レッツトライ!

■編集後記

こくみん共済U12リーグが日本中で行われています。
小学生年代にもリーグ戦を導入しようという
JFAの事業のひとつです。

スポンサーは「こくみん共済」です。

各チームに「こくみん共済」のネームの入った
ビブスが毎年送られてきていると思います。

色が多様なので意外に重宝するこくみん共済ビブスです。

ビブスはある意味消耗品なのですが、
手入れがいいと長持ちします。

これからの時期は毎回洗濯しないと
とんでもないニオイになりますので注意ですね。

柔軟仕上げ剤を多めに使って
汗のニオイをごまかそうとしてはいけません。

汗のニオイと混じって気持ち悪くなることも(笑)

ちょっと前だと、柔軟仕上げ剤と言えば
ハミングとソフランでしたね。

ハミングのニオイは今も思い出します。

ハミングのニオイ(香り)で
ビブスを思い出すとは、トホホですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2018 jr-soccer-coaching NABO All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ