プロフェッショナルサラリーマン基礎講座(プロサラ365)

  • ¥0

    無料

『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社)シリーズを筆頭に、累計32万部超えの著者が、選択肢があるサラリーマンになるためのコツを365日配信しています。(発行者:俣野成敏)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
プロフェッショナルサラリーマン基礎講座(プロサラ365)
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年06月22日
 
発行部数
2,982部
メルマガID
0000275802
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

卑怯者は“得てして”こうなる!リスクを取る覚悟がない者の末路とはーーマンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス
https://next.rikunabi.com/journal/20180509_t11/

======================================================

『プロフェッショナルサラリーマン講座・応用編』

======================================================


【本日のテーマ】

念願の不労所得を手に入れる

【解説】

お早うございます。俣野成敏です。

2015年の11月にお金の本を発売してから、お金についての講演や金融媒体への執筆依頼などが増えてきました。

「お金」は多くの人が感じている共通の悩みであり、それだけお金について知りたい人がいらっしゃるということなのだと思います。


そこで今日は、お金を「ストック」と「フロー」という2つの考え方から考察していくことにしましょう。

フローとは、毎月出入りするお金のこと。サラリーマンでいうなら給料と生活費です。

一方、ストックとはフローで余ったお金を蓄えたものです。要は貯金ですが、他に購入した家などの資産もストックに含まれます。

お金を増やす方法とは、煎じ詰めると、いかにフローで入ってくるお金を増やし、それをいかにストックするかに尽きます。

しかし今は、サラリーマンの収入だけでフローを増やすのは難しい現状があります。

ですから、フローとストックの両面で資産を増やしていくという考え方が欠かせないものとなります。


投資をする際の基本的な考え方とは、「ストックを投じることによって生み出されるお金が、手元で寝かせておく時よりは増える見込みがある」ことが前提です。

つまり、基本は「お金を先に投じる」というリスクを背負う必要があります。

しかし、もしここに「ストックを先に投じる必要がない」投資案件があるといったらどうでしょうか?


それは何かというと、例えばフルレバレッジによる不動産投資です。「サラリーマン大家さん」という言葉を聞けば、当時の情景が思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。

2000年代初頭に不動産投資がブームになりましたが、当時よく使われていた方法が、フルレバレッジという手法です。

通常、不動産投資には物件の7%から10%程度の初経費がかかるといわれています。つまり、物件の価格+税金+7%の初経費です。

この初経費を「手出し」といいますが、これは自分のお財布から出すことです。

貸す方(金融機関)はリスクを負うことになりますから、向こうとしても通常は頭金などを要求してきます。

レバレッジとは、金融機関などからの借入金を活用することによって、自分の手持ちの資金よりも、ずっと大きな取引ができることをいいます。しかも、自分たちの方から全くキャッシュアウトせずに、全額融資してくれるというスキームが、フルレバレッジです。


不動産ブームが去ってからしばらくは、自ら“手出し”を出さないと不動産を買えない時代が続きました。

ところが今は、世の中の状況が変わりつつあります。銀行も安穏としてはいられず、これからは資金を投じて収益を上げていかなければならなくない時代です。


さて。“手出し”を出さなくて良い不動産投資ということですが、それはどういう仕組みになっているのでしょうか?

ストックからお金を出さずにどうするのかというと、それはフローの中からお金を払うということです。

フローには給料だけでなく、不動産収入なども含まれます。

目指すのは、金融機関などから借りたお金の利息や他の経費を含めた支出よりも、収入が上回ること。

そうしたスキームを組むことができれば、それが念願の「不労所得」ということになるのです。


◆俣野成敏最新セミナー
http://www.matano.asia/seminar/


ありがとうございました。


このメルマガでは、自立したサラリーマンになるためのコツを配信しています。ただ読み流すだけでなく、具体的な行動に落とし込んでいけるよう構成されています。


それでは、本日もプロフェッショナルな一日をお過ごしください。

◆発行者:俣野 成敏

◆発行元 : 合同会社プロ研

★お金から自由になるメルマガ(初月無料)

【俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編】
http://www.mag2.com/m/0001673621.html

俣野成敏オフィシャルWEB
http://www.matano.asia/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ