石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―

  • ¥0

    無料

大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバルの完全子会社ベターライフサポートホールディングスに約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金千~数千万円程度の一般投資家を主対象に,アパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年08月16日
 
発行部数
11,886部
メルマガID
0000279415
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 不動産 > マンション・駐車場経営

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

-----------------------------------------------------
第272号 個人から法人への売却代金の融資付け/法人借入情報も他行が調べられる
-----------------------------------------------------


 石渡浩です。このメールマガジンでは、不動産賃貸業を本業にするために有益な情報、特に、売上アップやコストダウン、そして、融資による資金調達に関する情報を不定期に提供いたします。



■情報コンテンツ業開業のための石田さんの塾の件

 私が院生時代から親交のある石田さんが主催している情報コンテンツ業開業のための塾
http://www.fudosan-toshi.org/ishida.html
が今週開講となります。

 上記ページ記載の「先着100名特典」が終わりましたが、私の紹介だと今からでも特典を受けられます。加えて、私からの特典配布があります。私のセミナー映像二つ(合計4時間分)です。 

 第一は、私が日本インターネットマーケティング協会(石田健代表)主催の会にセミナー講師として招聘された際の収録動画
「ネット起業家のための不動産投資講座&専門職業人のためのブログによるセミナー集客講座」(2時間)です。このセミナーの当時の告知ページはこちらです。
http://www.jima.ne.jp/201203/000340.html

 第二は、私が2013年6月に行った非売品のウェブセミナー動画
「50年間利益を生み続ける仕組み作り」(約2時間)です。
これは非売品のため販売・告知ページ等はありません。概要は、ブログ等を書いて集客した方へのマーケティング方法です。集客した方へ50年間ニーズのあるサービス提供をするという私の今後の構想も含まれています。そのうち10年近くは、既に実践済みです。まだ40年が未実行なので商品販売しませんでしたが、今回、特典として無料配布することに致しました。

 ブログを書くつもりのない方にも、別の方法で取得した見込み客リストへのアプローチ方法や長期的なマーケティング手法等、ご参考になるかと思います。

 これらは、主サービスである石田さんの指導と補完性のある、あまり内容重複しないものなので、特典として選択しました。彼が教えることとの相乗効果が見込まれます。

 申込ページは、受講者募集ページ
http://www.fudosan-toshi.org/ishida.html
上部及び下部の申し込みページへのリンクボタンからアクセスできます。その際、私の紹介コード
SV0116
を記入して、申込送信して下さい。

 私の紹介コードを入れずに既に受講申し込み済みの方は、私の紹介コード
SV0116
扱いへの変更希望を、当初の申込受領メールにを返信して、石田さんの会社の担当社員に依頼してください。それにより、当初のお申込みが私の紹介扱いに切り替わるので、特典を差し上げることができます(紹介コード記載がないと、何方が私の紹介で申し込まれたか分かりません)。

 なお、情報コンテンツ業については、次の通り過去記事で詳述致しました。

・8月1日 「専門職やコンサルタント及びそれら志望の方へ私のセミナー映像配布特典」
http://archives.mag2.com/0000279415/20170801055000000.html

・7月29日 「収益不動産が高過ぎて買えない中で売上を増して事業規模を拡大する方法」
http://archives.mag2.com/0000279415/20170729062004000.html 

・7月19日 「経営におけるリストの重要性」
http://archives.mag2.com/0000279415/20170719214541000.html



■非公開ニュースレターの登録を今夜まで受付

 非公開ニュースレターでは、公開している「まぐまぐ」メールマガジンには書き難いことを中心に、非公開情報を不定期に配信しています。

 これまで私と何らかのお取引があった方が主対象なのですが、「メール相談無料会員」への登録申込をされた方にも配信しています。ですから、初期費用もその後の費用もゼロで非公開ニュースレターをお読み頂くことが可能です。

 現在、「メール相談無料会員」の常時募集は行っておりません。お盆休みのこの時期、今夜まで限定で登録申込をお受けいたします。

 今すぐ相談はないとか、相談を整理するのに時間を要する、という方が多くいらっしゃることと思います。一度登録を受けますと、永久会費無料でご相談をお受けいたします。もちろん、入会金等も一切かかりません。

 対象は、ご自身やご家族で不動産投資をされている方はもちろん、不動産関連業を営む会社に従事している方や、賃貸経営者向けに仲介その他サービス提供されている宅建士や専門職の士業の方も含みます。

 今回ご登録の方を対象に、マル秘特典も用意しております。

 無料で、その後の義務・負担等も生じませんので、ご関心のある方は、この機会に是非お申込み下さい。

 メール相談無料会員登録の受付は、今夜までです。お申込みの方には、非公開ニュースレターを次号からお送りします。


<メール相談無料会員受付フォーム>
https://form.os7.biz/f/820917c7/



----------火災保険・生命保険のご相談はこちらへ------------------

 石渡浩がほぼ専属的に損害保険を依頼している、総合保険代理店
アイリックコーポレーションの大石さんへの直通フォームはこちらです。

https://form.os7.biz/f/3fce78ef/

大石さんに直接メールが届き、大石さんから直接返事が来ます。

----------------------------------------------------------------



■個人から法人への売却代金の融資付け

 私が事業として行っている融資仲介では、単純な借換えのみならず、個人から法人への売却代金の融資付けも行っています。既に個人で借りている金融機関が法人にも融資をしてくれれば私のサービスは不要でしょうが、法人融資の引受先が見つからない方は、次のフォームからご相談下さい。

https://form.os7.biz/f/2acb02eb/

 ただし、法人で融資を受けた後で
・信用情報センターに経営者個人が載らないように
・借入した法人の存在を他の金融機関に知られないように
というリクエストに応じることは不可能です。



■法人借入情報は他行が調べられる

 なぜならば、一部金融機関は法人情報(代表者名含む)を信用情報センターに載せることも可能ですし、大半の金融機関は連帯債務者のみならず連帯保証人情報を信用情報センターに載せることが可能であり、現時点でわざわざ登録していなくても、今後も登録しないとは限らないからです。

 また、商業登記情報は公開されており、代表者はもちろん、株式会社の取締役と業務執行社員名も明らかだからです。私でさえ、仮にご依頼を受ければ、法務局が公開している商業登記及び不動産登記から、次のことを簡単迅速に調べることが可能です。すなわち、「法人代表者の氏名」のみの情報から、
・代表者住所
・代表者が経営する全ての法人名・所在地等
・各法人が所有する全ての不動産情報
・各不動産に付いている担保の金額と金融機関名・担当支店名
を短時間で調べることが可能です。経営している法人が十社あっても1日のうちに十分調べられます。代表者でない取締役や業務執行社員は住所が分からず同姓同名の区別が付きませんが、同じ氏名の経営者が役員をしている全ての法人とその法人の所有不動産は調査可能です。より具体的な方法は「非公開ニュースレター」にて数日中に配信しましょう。

 同じことは、当然銀行員もできます。調べるか調べないかだけの話です。法人の所在地が経営者の自宅かどうかは関係ありません。

 ですから、
・信用情報センターに経営者個人が載らないように
・借入した法人の存在を他の金融機関に知られないように
ということを保証する融資仲介は、一切お引き受けできません。

 銀行を騙そうとする計画を持たずに、個人所有の不動産を法人に売却し、法人にてその購入資金の融資を受けたい、というご相談につきまして、
https://form.os7.biz/f/2acb02eb/
にてお受け致します。

 また、「非公開ニュースレター」購読希望の方は、

<メール相談無料会員受付フォーム>
https://form.os7.biz/f/820917c7/

にご登録下さい。





石渡 浩(いしわた ひろし)

フェイスブック:https://www.facebook.com/ishiwatahiroshi
       (閲覧にはアカウントが必要です)

ツイッター:https://twitter.com/ishiwatahiroshi

連絡フォーム:http://www.fudosan-toshi.org/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ