証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム

  • ¥0

    無料

証券アナリストが投資や資産運用に役立つ経済の動きや個別銘柄を先読みあるいは深読みした情報を提供するものです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月10日
 
発行部数
278部
メルマガID
0000279907
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

投資情報メルマガ 「証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム」

「リスクオン」

株式市場はリスクオン再開。
SQ前の波乱を乗り越えた日本株市場は年末高の様相です。

先週の日経平均株価は12月4日からの3日連続安で612円値下がりし、その後の2日で634円値上がりしました。
まさに株価の強さ、日本株買いの資金の大きさを感じさせます。

背景にあるのは企業業績の好調。
そして為替の円安傾向が今後も続きやすい見通しであることです。

日本企業は日立やソニーを見ればわかるように、構造改革を成し遂げて新たな成長局面入りしたと思われる企業が
いくつも出てきました。
電機業界は厳しい冬の時代を乗り越えて新しい時代を迎えたようです。

このような新しい動きは株価として評価され、電機業界株銘柄の株価は以前に比べると驚くほど上がってきています。
というようなことが今後日本のさまざまな分野の企業に浸透していくと思うと、まだまだ日本株の上げ余地は大きいと思います。

さらに為替についても米国の利上げや税制改革が円安方向へ導いていきそうです。
だからこそ昔と違って、多少の波乱を乗り越え、たやすく高値をとっていくことも可能となっていると考えます。

年末ということで「損出し」=税金調整の株売りを実行して、新たなポートフォリオを組み立てたいという人も多くいると思います。
日本企業のROEは着実に上がってきており、10%の壁もそろそろ乗り越えそうです。
ますます日本株買いの資金が入りやすくなるということです。







===========================================================
■メルマガの発行について
原則、毎週日曜発行ですが、緊急時の号外あるいは電子書籍のご案内を
することもありますので、よろしくお願いします。

ブログ「証券アナリスト 武田甲州の株式講座」
http://takedakoshu.jugem.jp/
電子書籍はアマゾンで
(アマゾンでは本名のみで出版)
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00IQHI8QC

------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ