証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム

  • ¥0

    無料

証券アナリストが投資や資産運用に役立つ経済の動きや個別銘柄を先読みあるいは深読みした情報を提供するものです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム
発行周期
週刊
最終発行日
2017年10月15日
 
発行部数
277部
メルマガID
0000279907
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

投資情報メルマガ 「証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム」

「日経平均株価の妥当水準」

日経平均株価が一気に21000円台に乗せてきました。96年12月以来、21年ぶり。
若干過熱感はあるものの、来年3月までにはまだまだ上値がありそうです。
まずは最新の日経平均株価の指標をみてみます。

日経平均株価の指標(17年10月13日現在)
日経平均株価 21155.18円
PER 14.77倍
PBR 1.28倍
配当利回り 1.69%
EPS(1株利益) 1432.31円(過去最高水準)
PBS(1株純資産) 16527.48円(同上)

2014年以降のPERは下記の範囲で動いてきました。
2014年 13.46~16.82倍
2015年 13.37倍~18.19倍
2016年 12.62倍~16.64倍
2017年 13.67倍~16.60倍

ということで、妥当な日経平均株価の水準は
1株利益1432円としてPER15~16倍が妥当と計算して
PER15倍=21480円
PER16倍=22912円

今後の見通しですが、11月にかけての決算発表に注目です。
堅調な企業業績見通しを背景にとして、日経平均株価の1株利益は1450~1500前後に以上に上がってくると思われます。

そうなるとPER15~16倍で21600円前後~24000円前後までが下半期の日経平均の妥当な水準となります。
ということは、まだまだ上値が大きいと考えていいでしょう。

直近の騰落レシオが137.90倍まで上がってきています。
相場にやや過熱感が出てきていますので、どこかで相場が休むかもしれませんが、強気継続でもかまわないと思われます。


※なお、高値更新中の米国株のPERは20倍前後まで上昇してきています。
背景には連邦法人税率引き下げ(35%から20%への引き下げ)を伴う税制改革への期待があります。したがってもし税制改革に成功すれば、現在のPERは決して高いものではないということがいえます。






===========================================================
■メルマガの発行について
原則、毎週日曜発行ですが、緊急時の号外あるいは電子書籍のご案内を
することもありますので、よろしくお願いします。

ブログ「証券アナリスト 武田甲州の株式講座」
http://takedakoshu.jugem.jp/
電子書籍はアマゾンで
(アマゾンでは本名のみで出版)
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00IQHI8QC

------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ