名言名句マガジン[言の葉庵]

  • ¥0

    無料

「通勤電車で読む、心の栄養、腹の勇気。今週の名言・名句」、「スラスラ古文が読める。読解ポイントの裏技・表技。古典原文秘読解教室」などのコンテンツを配信しています。(隔週)下記にてお申し込みください。最新号よりお届けいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
名言名句マガジン[言の葉庵]
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年09月25日
 
発行部数
316部
メルマガID
0000281486
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 名言・格言

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

0000281486 ≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫ 名言名句マガジン【言の葉庵】
┓┏ ┏┳┓
┣┫OW┃O       日本キリシタン版、不朽の名著復活 2016/9/25
┛┗━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【言の葉庵】古典名作現代語訳シリーズ、十三作目の新刊がリリースされます。『現代語訳 どちりな きりしたん』。戦国時代のキリスト教教義問答書で、日本で発行されたいわゆる“キリシタン版”を代表する名著です。
2017年度10月期、各カルチャースクールの「言の葉庵 日本文化講座」新クラスが始まります。

…<今週のCONTENTS>…………………………………………………………………

【1】ブック情報     能文社『現代語訳 どちりな きりしたん』発刊
【2】カルチャー情報       【言の葉庵】秋のカルチャー新クラス

編集後記…
……………………………………………………………………………………………


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】ブック情報     能文社『現代語訳 どちりな きりしたん』発刊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『現代語訳 どちりな きりしたん』 水野聡 訳
本体価格:2,980円 +税
判型:四六版 164ページ
発売日:2017年10月10日
出版社:能文社
ISBN ISBN978-4-9904058-7-8

▽商品ページ 
下記にご購入方法、立ち読みコーナーなどの新刊詳細があります。
http://nobunsha.jp/book/post_218.html


本書は、『長崎版 どちりな きりしたん』(岩波文庫)を底本とする、全文現代語訳です。


〔本書の特徴〕

・どちりな きりしたん(Doctrina Christam)とは、古ポルトガル語で「キリスト教の教義」という意味である。安土桃山時代に来日したイエズス会宣教師により作成された、日本語によるわが国初のキリスト教教理問答書とされている。本書は現存する版本の内、後期版(1600年長崎刊)の初めての全文現代語訳である。

・『どちりな きりしたん』は、カトリックの教義を問答体で平易に説く教理問答(カテキズモ)の一種。
フランシスコ・ザビエルは、日本人信徒第一号であるヤジローの協力を得て初めて基本的な教義書を作った。これに、代々の来日宣教師たちが、手を加え整えていき、ヴァリニャーノの頃にようやく完成を見たのがこの『どちりな きりしたん』である。

現在日本のカトリック教義は『公教要理』として教会・信徒の間で共有されているが、この『どちりな きりしたん』と内容を比較した場合、根本教義の要点は完全に同一である。イエズス会より遅れて来日した、ドミニコ会やフランシスコ会の宣教師たちによって、何の支障もなく用いられたというから、当時キリシタン禁令の下、司祭による教えを受けられなくなりつつあった日本人信徒にとって、信仰の大きな支えとなったことはいうまでもない。

・信者はもちろん、初めてキリスト教に触れる方にとって、本書は現在もキリスト教の最適な入門書となることであろう。
キリスト教の信仰と教えの根本は、聖書にあることはいうまでもない。しかし、キリストの受難の意味、聖母マリアの処女懐胎、三位一体説、最後の審判など、主要な教義について、互いに関連付け、体系的に解き明かしてくれる書ではない。その点、本書は教理問答として、一つひとつの教義について師が弟子に口頭で答えていく、明快な構成が採られている。
とりわけ〔後期版〕では、当時の日本人の宗教観や民俗・風習から発する疑問に懇切丁寧に答えており、現代の私たちにとっても、シンプルかつ具体例に富むキリスト教の入門書たりえているのだ。

(書店向け新刊紹介チラシより)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】カルチャー情報       【言の葉庵】秋のカルチャー新クラス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2017年10月、各カルチャースクールにて【言の葉庵】日本文化史講座の新クラスがスタートします。
レギュラー教室に加え本年は、11月より日本文化体験交流塾において、「禅と中世日本文化」の6回シリーズ研修も実施します。寺子屋素読ノ会では、11月頃より新コース(講読作品は追って決定)をスタートする予定。
学びの秋到来。新しい教養分野の第一歩を踏み出してみませんか。

◆言の葉庵 全国カルチャー講座一覧
http://nobunsha.jp/img/kozalist.pdf



〈東京都渋谷区・よみうりカルチャー恵比寿〉
〔定期講座〕 千利休と侘び茶の世界
~禅と日本文化~
http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201710-01510201.htm
開講日:毎月第三木曜日 10:30-12:00
2017年10月~2018年3月(全6回のコース)
受講料 会員: 6か月 6回 19,440円(うち消費税額1,440円)
設備費 777円
カード代 216円
教材費 コピー代 972円
※公開講座以外は入会金が必要です。
※新規受講の方は、ほとんどの講座で残り回数分での受講が出来ます。
・お問い合せ・お申し込み
よみうりカルチャー恵比寿 Tel 03-3473-5005

■今期は、茶道をはじめ日本の芸道を「禅」という視点でマクロに捉える総合文化講座です。10月からの6回講座。

【カリキュラム】(各回講義予定)
◆10/19 第一回 禅と日本文化
◆11/16 第二回 禅と能狂言
◆12/21 第三回 禅と武士道
◆01/18 第四回 禅と茶道
◆02/15 第五回 禅と俳諧
◆03/15 第六回 禅と日本建築・庭


〈東京都目黒区・自由が丘産経学園〉
定期講座:お能鑑賞 はじめの第一歩
~花と幽玄の秘伝書『風姿花伝』を読むhttps://www.sankeigakuen.co.jp/search/detail.php?SC=16&CC=79582&OS=16

2017年10月~12月(前期)  2018年1月~3月(後期)
開講日:第4週水曜日 10:30-12:00
・お問い合せ・お申し込み:自由が丘産経学園 TEL 03-3718-4660
・受付時間:月~土曜 9:30-20:00 日曜9:30-17:00

■世阿弥の秘伝書「風姿花伝」を現代語訳で読む入門講座。
花と幽玄がキーワード。日本の美を追求した千年の名著をやさしく解説します。
◆名作能のビデオも鑑賞。

【カリキュラム】(各回講義予定)
2017/10/25  世阿弥と風姿花伝とは
2017/11/22  「風姿花伝」序・第一年来稽古條々 七才~二十四・五才
2017/12/27  「風姿花伝」第一年来稽古條々 三十四才~五十有余
2018/1/24  「風姿花伝」第ニ物学條々 女・老人・直面・物狂
2018/2/28  「風姿花伝」第ニ物学條々 法師・修羅・鬼・神
2018/3/28  「風姿花伝」第三問答條々 能舞台の成否の秘密


〈東京新橋・寺子屋 素読ノ会〉 
※言の葉庵オフィシャル講座
講座名:Aクラス『葉隠』
    Bクラス『申楽談儀』
    Cクラス『南方録』
http://nobunsha.jp/img/terakoya%20annai.pdf
日時:各クラス毎月一回以下の曜日・時間帯にて開講
Aクラス 第二金曜日 10:00~11:30 
Bクラス 第二金曜日 13:00~14:30
Cクラス 第二金曜日 15:00~16:30
場所:生涯教育センター ばるーん(新橋)
問合:能文社 電話・FAX 044-844-2744(水野)
Mail info@nobunsha.jp

■【言の葉庵】公式セミナー。千年の名著といわれる日本の古典を読み、学び、親しむ“大人の寺子屋”です。各クラス指定作品を一冊完読。
※予約・申込・入会金等一切不要。


〈東京都港区芝公園・日本文化体験交流塾〉
シリーズ研修: 「禅と中世日本文化」 全6回
http://www.ijcee.jp/culture/mizuno-zen/
2017年11月~2018年2月(全6回コース予定)
開講日:各月火曜日10:00~12:00 ※第六回は日程・時間未定
場所:港区機械振興会館 日本文化交流塾本部(第6回目の午後のみ神楽坂)
受講料:未定 (決定次第、言の葉庵HPと当ページ、日本文化体験交流塾HPでお知らせします)
・お問い合せ・お申し込み:
◆電話番号
・日本文化体験交流塾 : 03-6432-0192 ・True Japan School : 03-6432-0193
◆FAX番号
・日本文化体験交流塾 / True Japan School : 03-6432-0042

■ 2017年度は、「禅と中世日本文化」を基本テーマとし、禅・茶道・武士道・俳諧・能の各テーマを全6回のコースで学んでいきます。最終回の「禅と能」は、能楽堂現地見学体験講座を予定。映像・スライド・実演など、豊富な視聴覚資料を用い、日本文化全体の流れと関連性を肌で実体験できる総合研修メニューとなりました。
【カリキュラム】(各回講義予定)
第一回 11月7日(火) :禅と茶道1
第二回 12月5日(火) :禅と茶道2
第三回 12月12日(火) :禅と武士道
第四回 12月19日(火) :禅と俳諧
第五回 2018年1月16日(火) :禅と日本文化
※予定 第六回 2018年2月~ 「禅と能(能楽堂見学会)」  ※決定後にお知らせします。

※恵比寿よみうりカルチャーと日本文化体験交流塾の今期の講座は、それぞれ受講対象と目的によりカリキュラムが異なりますので、同一内容ではありません。




……………《編集後記》………………………………………………………………

「リンカーンはアメリカンコーヒーを3杯飲んだ」。
この合言葉を覚えれば誰でもあの難字である、ユーウツの「ウツ」が
書けるようになる。朝の某アニメ番組で紹介された難字書き取りの裏ワザだ。
「二カイの女は気にかかる」などと、ぼくらも中高生の時に難字を覚えたもの。
今の子どもたちにもゲームを置いて、回文や難字の暗号作りでもっと遊び、
日本語や漢字に親しんでほしいと思う。

 トンビ追い のの字に目のまうかかしかな           (言)
……………………………………………………………………………………………



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名言名句マガジン【言の葉庵】
■ご意見・ご感想はこちら http://form.mag2.com/diorumeage
■配信中止はこちら    http://www.mag2.com/m/0000281486.html
■編 集 【言の葉庵】  http://nobunsha.jp/
■編集長 水野 聡    info@nobunsha.jp 
■発 行 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(C)2005 Nobunsha
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ