演じることで癒される~ドラマセラピーでハッピー!

  • ¥0

    無料

私たちは一人一人が自分の人生の主役!自分や他人の「役」に深い気づきを得ながら癒される「ドラマセラピー」とは?日本国内第一号のドラマセラピストがその楽しさ、効用をお届けします。あなたと、あなたの人間関係が変化し、より広く豊かな人生に!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
演じることで癒される~ドラマセラピーでハッピー!
発行周期
月1~2回
最終発行日
2018年01月07日
 
発行部数
421部
メルマガID
0000286876
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

~演じることで癒される~
ドラマセラピーでハッピー!

*Drama therapy makes you happy!*
http://dramatherapy.hopto.org/

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

Vol.63(2018.1.7)

「ドラマセラピーと共時性 その2」

こんにちは。
ドラマセラピストの尾上明代です。

お正月、いかがお過ごしでしょうか。
今年も皆さまの夢が多く叶う良い年に
なりますよう、お祈り致します!

以下のお知らせは、本文の下にあります。
3月の連続セッション(東京)
3月の集中セッション(京都・札幌)

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

前号から、ドラマセラピーのセッションとその後の現実に起きた
共時的な出来事の事例をご紹介しています。

ドラマセラピーに限りませんが、心理療法を実施する中で、
「偶然」とは思えないような共時的なことが起こることがあります。
それに意義を見出すことで、とても重要なプロセスになります。
☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

今日の主人公は、ある継続グループの「くろ」というニックネームを
使っていた対人援助職の女性です。
黒色が好きらしく、服装はいつも黒っぽい服装でした。
聡明な印象と他者への配慮や思いやりを感じさせる方で、
また同時にグループの皆を笑わせるユーモアにもあふれていました。

あるとき、ニックネームの由来は、
自分が「腹黒い」からということをお聞きしました。
そして、自身をそのように認識するようになった発端が語られました。

それは、何十年も前に起きた出来事でした。
長男が3歳くらいのとき、ママ友宅で子どもたちだけで遊ばせて、
ママたちはゆっくりお茶をしていたとき、
「ギャーッ」という悲鳴と、「顔から血がいっぱい出てるー!」という
子どもたちの叫び声が聞こえてきたのです。

その時、彼女は必死で祈っていたそうです。
「どうかどうか、うちの子でありませんように!!」

以下は「くろ」の語りです。
-------------------------------------------------------------
心底祈ったわけです。
そして、額をざっくり怪我をして血をたらしていたのは、
当然の報いのように私の長男でした。
その祈りが必死だった分、自分さえよければいいんだという、
腹黒い自分に打ちのめされたのです。
他人との付き合いの中で、不幸を人に押し付けようとしたのですから。
--------------------------------------------------------------

セッションでは、ドラマを使いながら、一緒に考察していきました。
客観的に見れば、それは腹黒い考えというより、
その状況で咄嗟にわき上がった自然な感情だったとも思えるのですが、
ご本人はそのことで長年、「自分は腹黒い人である」という認識を持ち続け、
ご自身を赦していなかった様子でした。 

そこで、<思わず心に浮かんだことは無理もない自然なことで、
あなたは腹黒くない>というメッセージを込めたドラマを創りました。

たった一回の短いドラマで、長年の感情を急に変えるのは難しいですが、
心の奥底の意識に働きかけられるので、
少なくとも何かが変わっていく契機になります。

はたして、次のセッションのとき、彼女が「変化した」ことが
一目でわかることがありました。
「くろ」は、白い服を着て現われたのです。
私が記憶する限り、初めての黒ではない服でした。
グループ一同、強いインパクトを受けました。

驚いたのは、彼女がなぜその服を手に入れたかという経緯です。

「前回のセッション後、私の父が、『いつも黒い服ばかり着ているけど、
たまには白い服でも着なさい』と、お小遣いをくれたので、
さっそく買って着て来ました!」とのことでした 。

お父さんのお小遣いは、
あたかも彼女の心の変化を願う気持ちに「呼応」したとも言えるし、
「偶然」であったともいえます。
しかし、深い意味を感じさせる共時的なできごとだったのです。

そしてその白い洋服がとてもお似合いの「くろ」は、
その日、ニックネームを全く違うものに変えることにしたので、
新しく生まれ変わるワークをしました 。

彼女に、今感じていることをお聞きしました。
--------------------------------------------------
父からは「明るい色の服を着なさい、着なさい」と
よく言われていたのです。
でも、これで洋服を買いなさいとお小遣いをくれたことに驚きました。
そんなことはなかったからです。

ただ、黒ではない洋服に全く手が出なかった私が、
白い服を買うことができたのは、
お小遣いをくれてまで、黒じゃない服を着てほしいという
父の思いに応えようと思ったことと、
腹黒い人間だと思っていた私に、ドラマセラピーで、
「仕方ないよ、誰だってそう思うよ、あなただけじゃないよ、腹黒くないよ」と
口ぐちに言いながら、みんなが体をなでてくれた体験があったからこそだったと、
今になって思います。

-----------------------------------------------------------------------

このように共時性は、その現象を受け入れ、
その意味を見いだす「主体」の存在が不可欠です。
心理療法のプロセスでだけでなく、
日常生活の中でも共時的なことは起こります。
それを「偶然」と見るか、
意義のあるプロセスと解釈するかがポイントなのです。

次号は、また別の事例をご紹介します。

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

お知らせ 1

春の恒例:連続セッションin東京
テーマ:
心の声にしたがってChange!
~変わることは怖くない~

内容:
毎回、大好評のテーマです。

自分の何かを変えたい、人との関係を変えたい、生活を変えたい・・・
などなど人生において「変えたい」ことは、誰にでもあります。
でも、「変わる」ことへのおそれがあったり、勇気を出せなかったり・・・
実際、長い間の習慣や視点を変えるのは、難しいものです。
仲間たちとのゲームやドラマを楽しみながら、
その鍵を「実感」とともにつかみ、
実生活を現実的に変える新しい扉を開けるパワーを
呼び覚ますことを目指した連続セッションです。

参加者の方々の具体的なニーズをお聞きして、
ドラマを創って行く予定です。
いつも通り、プレイフルなセッションです。

日時:2018年
3月5日、12日、19日、26日(月曜日)19時~21時
(この春は都合により4回シリーズ)

講師:尾上明代
場所:東京・池袋
募集:10名まで(お申し込みはお早めに)
受講料(全4回):20.000円(初めての方)
18.000円(「連続セッション」リピータ-の方)
主催:ドラマセラピー教育・研究センター
申込み先:事務局dtercen@yahoo.co.jp

注:
*この連続セッションは、
「体験ワークショップ」や「勉強会」ではなく「セラピー」です。
でも、何か課題を抱えている人だけでなく、すべての人に気づきと癒しを与える
「心の栄養剤」のように役に立ててもらうというスタンスで行っています。
どなたでも楽しく参加できます。

*「エッセンシャルトレーニング」受講希望の方は、連続セッションを受けること
が条件の一つになっており、このシリーズは、その対象セッションでもあります。

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

お知らせ 2

対人援助者のためのドラマセラピー in 大阪 
~援助者自身の自己覚知とセルフケアを考える研修として~

内容:
久しぶりに関西で、1日半の集中セッションを企画しました。
いつも通りドラマセラピーのワークを楽しみながら、
「人を助ける」という行為、またセルフケアについてご一緒に考えていきます。
同時に、対人援助者にとって必須である、
自己覚知や創造性をより高めることも目指します。
対人援助職の方、またご家族等の介護や援助をされている方にもお薦めする内容です。

講師:尾上明代
(立命館大学大学院教授・
北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト・同学会認定トレーナー)

日時:2018年
3月10日(土) 14時半~17時半(3時間)
3月11日(日) 10時半~17時半 (6時間+昼休み1時間程度)

場所:立命館大学大阪梅田キャンパス(多目的室)
募集:10~12名程度(お申し込みはお早めに)
受講料(2日間):20.000円
     18.000円(リピーターの方)

主催:ドラマセラピー教育・研究センター
申込み先:事務局 dtercen@yahoo.co.jp

*「エッセンシャルトレーニング」受講希望の方は、連続セッションを受けること
が条件の一つになっており、このシリーズは、その対象セッションでもあります。

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

お知らせ 3

対人援助者のためのドラマセラピー in 札幌 
~援助者自身の自己覚知とセルフケアを考える研修として~

内容:
今回は、1日半の集中セッションを企画しました。
いつも通りドラマセラピーのワークを楽しみながら、
「人を助ける」という行為、またセルフケアについてご一緒に考えていきます。
同時に、対人援助者にとって必須である
自己覚知や創造性をより高めることも目指します。
対人援助職の方、またご家族等の介護や援助をされている方にお薦めする内容です。

講師:尾上明代
(立命館大学大学院教授・
北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト・
同学会認定トレーナー)

日時:
2018年
3月16日(金) 19時~21時(2時間)
3月17日(土) 10時半~15時半(4時間+昼休み1時間程度)

場所:札幌なかまの杜クリニック
(札幌市中央区北2条西20丁目1ー28 報恩ビル)
募集:10~12名程度(お申し込みはお早めに)
受講料(2日間):15000円
     13500円(リピーターの方)

協力:札幌なかまの杜クリニック
主催:ドラマセラピー教育・研究センター
申込み先:事務局 dtercen@yahoo.co.jp

*「エッセンシャルトレーニング」受講希望の方は、連続セッションを受けること
が条件の一つになっており、このシリーズは、その対象セッションでもあります。

☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆-------☆

編集後記

新年最初のメルマガは、いかがでしたでしょうか。
日々起きる「意味ある」共時的なできごとに
目を向けることで、
変化するヒントがあるかもしれませんね!

寒さが続きます。ご自愛を!

*****************************************************************

♪新しく購読開始してくださった方々へ♪
「ドラマセラピー」ってそもそも何?
と首をかしげていらっしゃる方もいるでしょう。
テレビドラマを使ったセラピー?
演じるって…俳優さんがやるの!?
などなど、よくある誤解を少しずつ解いて下さいね。
ドラマセラピーは、表現芸術療法・
また集団精神療法の一つですが、
実は誰もが楽しく参加でき、
日常生活にも応用・役立てることができます。

このメルマガの目的は、
ドラマセラピーの魅力をお伝えすることですが、
系統だって理論や事例を提供することは、しません。
あえて、毎回アトランダムにいろいろな視点から
説明していくので、号を重ねていきながら、
たくさんの効用や考え方を、
少しずつ理解していただくことを目指しています。

ですから今日の内容も、
ドラマセラピーのほんの一つの側面を
お話ししたにすぎません。
その点、ご理解をお願いします。
是非、バックナンバーもお読みください。

○発行日:(不定期ですが)3ヶ月に1回程度配信予定

○発行者:尾上明代(おのえあけよ)
北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト
北米ドラマセラピー学会認定トレーナー

○編集協力:ドラマセラピー教育・研究センター
http://dtcenter.hopto.org/
事務局: 佐野充子
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ