著者デビューを実現するために必要な要素

  • ¥0

    無料

ビジネス書中心の編集プロダクションが出版ノウハウや成功事例、裏ワザも公開。作家希望者を出版デビューに導きます!本が好き、本を書きたい人は必見。著書はマーケティングや営業に役立つので著者ブランディングとして中小企業経営者、起業家の方にもお勧め。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
著者デビューを実現するために必要な要素
発行周期
不定期
最終発行日
2017年12月12日
 
発行部数
1,503部
メルマガID
0000292371
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
数多くの初心者著者を出版デビューに導いた出版メルマガ! vol.217
「著者デビューを実現するために必要な要素」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆弊社プロデュース実績
→ http://www.shuppanproduce.jp/jisseki/

◆弊社セミナー開催予定(毎月1日に更新予定)
→ http://ameblo.jp/shuppanproduce/entry-12215322068.html

こんばんは!
ケイズパートナーズの山田です。

先日、他の出版プロデューサーのセミナーに参加してきました。
同業者がどんな話をしているのかをチェックする意味もあり、よく参加する
のですが、今回のセミナーはとっても良かったです。

講師は西浦孝次さん。
出版TIMESというオウンドメディアを運営されていいます。

出版TIMES
http://kagiroi.com/publishing-times/

実はこのサイトを見て、一度、お話しを伺いたいと思って、今回参加して
きたのです。

私と違って、ベストセラーを狙う出版プロデューサーさんです。
裏付けされる理論も明快で、しっかり狙ってベストセラーを仕掛けられる
数少ない存在です。

私が得意なのは、そこそこ売れて、しっかりビジネスに役立つ出版なので、
競合のようで競合ではありません。
実際、私の出版実現セミナーでも「ベストセラーを狙いたい人は、私以外
の出版プロデューサーに頼んだ方がいいですよ〜」って言ってますからね。

なので、西浦さんは、そういう場合の最有力候補と言ってもいいかもしれ
ません。

今回は、その西浦さんの話の中で、一番、共感した部分を書こうと思い
ます。


----------------------------------
■近日開催予定のセミナー
----------------------------------

12月24日  【奈良】出版実現セミナー
https://www.facebook.com/events/1793829924249682/

01月27日  【東京】出版実現セミナー
http://tokurin.info/publication/


----------------------------------
■出版するのに絶対必要な要素
----------------------------------

同業の出版プロデューサーや出版社の編集者さんとお話ししていると、
共通して話されることがあります。

それが次の2つのポイント。

ひとつが、本は著者が売る時代。
この意識がある人としか、仕事をしたくないということ。

中には、出版したら、あとは出版社が売ってくれるんでしょとか、本屋に
置かれたら勝手に売れるんでしょと思っている人が少なくありませんが、
そういう人は話していたら分かりますので、そういう人を相手にはしない
そうです。

ということは、自分で売るための“力”が必要ということになります。

それをリストとか、ファンとか、お金とか、行動力とか…いろいろな要素で
語られますが、大事なことは確実に売れるかどうかということです。

まぁ、現実問題で言えば、ソーシャルメディアやオウンドメディアをしっか
りと運営しているかということじゃないでしょうか?

そして、もう1つが、本物のコンテンツです。

コンテンツという意味で言えば、机上論で学んだこともコンテンツですし、
人のパクリでもコンテンツといえます。

でも、重要なのは、“本物の”という部分。

体系化されており、再現性があって、実績が出たコンテンツということ
です。

コンテンツを語れる人はたくさんいますが、この本物のコンテンツを語れ
る人は意外と少なかったりします。

もし、あなたが、本当に本物のコンテンツを持っているのであれば、
ブログで100や200の記事は簡単に書けるはずなんです。
書くネタはあっても、オウンドメディアを運営するスキルがない場合は
あるかもしれませんが、そうでなければ書けるはずです。

そして、あなたが本物のコンテンツを持っているなら、そこに集まる人も
本物の人だったりします。
どういう人とつながっているかは、ソーシャルメディアを見たら一目瞭然
ですからね。

つまり、どっちのポイントも、オウンドメディアとソーシャルメディアを
見たらすぐに分かってしまうということです。

弊社でも、ソーシャルメディアの重要性を認識し、SNS初心者のための
勉強会ということで、ベビスタという講座をやっております。

ベビスタ
https://peraichi.com/landing_pages/view/bebistudyyoyaku

来年はオウンドメディアやネットサロンの講座やコンサルを受け付けて
いこうと思っています。

ここさえしっかりやっていたら、誰でも簡単に出版できますからね。

いきなり簡単に出版することを考えるより、しっかり準備をして、ちゃんと
出版することを考えた方が、絶対に幸せな著者になれますからね。

出版は何とかするためにするのではなく、
何とかなった人がするものですからね。

そこを間違えないように出版を目指しましょう!


----------------------------------
■出版社に採用される出版企画書の書き方とは?
----------------------------------

出版企画書は、出版デビューをする上で、欠かせない存在です。

ネタは良くても、著者のやる気があっても、企画書にそれが反映
されていなければ意味がありません。

出版を考えているなら、絶対に見てほしいマニュアルです。

◆「出版企画書の書き方」無料ダウンロード
 → http://www.shuppanproduce.jp/kakikata/

これまで、この企画書の書き方を読んだたくさんの方々が出版
デビューすることに成功しています。

年間50冊以上の企画を通してきた弊社だからこそ書ける本当の
出版企画書の書き方が書かれております。

また、「出版企画書の書き方」をダウンロードしていただけると、
出版社からのオファーをはじめ、いろいろなお得な情報もお届け
しております。

出版デビューを目指すなら、是非、ダウンロードしてください。

◆「出版企画書の書き方」無料ダウンロード
 → http://www.shuppanproduce.jp/kakikata/


----------------------------------
■質問を募集しております
----------------------------------

当メルマガは、少しでも読者であるあなたの出版実現にお役に立ち
たいと思っております。

もし、メルマガやブログを読んで、疑問に感じたことや、質問など
ございましたら、お気軽にメールにてお送りください。

◆質問は、山田まで
 → yamada@shuppanproduce.jp

お送りいただいた質問は、許可なく引用させていただくことがあり
ます。
ご了承ください。


編┃集┃後┃記┃

もう12月ですね。
このメルマガで、年内は最後ということになります。

毎年、メルマガを継続的に書くぞと意気込みますが、年末まで続いたこと
はありませんでした。

ただ、今年は月に一回と決めて取り組んだところ、何とか年末まで書き
続けることができました。

来年は、もっともっと皆さんにちゃんと出版をしてもらって、幸せな著者に
なっていただくために、もっともっと情報発信をしていこうと思っております。

なので、もしかしたら、発行頻度が上がるかもしれませんが、できるか
分からない約束はしたくないので、あえて宣言はしませんが…。

ということで、今年もお世話になりました。
ちょっと早いですが、皆さん、良いお年を〜!


…………………………………………………………………………………………

○発行者情報:
株式会社ケイズパートナーズ
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-5 第一東ビル2階
TEL:03-5823-5539 / FAX:03-5823-5408
info@shuppanproduce.jp

※ご意見、ご感想をお寄せください。
ご意見やご要望に沿ったメルマガ配信をしていきたいと思ってい
ます。
それら全てにお返事は出来ませんが、必ず目を通しています。

※メルマガへいただいたご感想、ご質問などは許可なく引用させて
いただくことがあります。

○運営サイト:http://www.shuppanproduce.jp/
※出版デビューのための各種サービスをご用意しております。
是非、ご覧ください。

…………………………………………………………………………………………

◎配信解除・受信アドレス変更はこちら
http://archive.mag2.com/0000292371/index.html

配信解除されますか?
次回はもっと出版実現の役に立つ内容を配信する予定ですが…(笑)

…………………………………………………………………………………………
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ