宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと

  • ¥0

    無料

著者サイト

かっこちゃんこと山元加津子が、毎日メルマガを書いています。 このメルマガを通して、お互いに知り合いになったり、支えあったりできることがうれしいです。ぜひ、メルマガをとって仲間になってください。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

 第2849号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2017年5月25日現在 参加者人数6261人
      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


ニューヨークに行く前に、マリオさんと春ちゃんの丸山さんからお電話をいただきま
した。「5・23に石川県の鶴来の、前に宮ぷーと見に来てくれたところに行くんだ
けど、これる?できたら会いたいな」というお電話でした。
わたしは自分一人なら、宮ぷーのところに行ったあと必ず行けますと約束できるので
すが、宮ぷーも来て欲しいって言ってくださったのだけど、宮ぷーも行けるかどうか
というのは、すぐにはお返事ができませんでした。
なぜって、宮ぷーが車に乗るときは、助手席に乗ります。車椅子を折りたたんで宮
ぷーを助手席に移乗してということを、十分慣れては来たけど、やっぱり簡単ではあ
りません。それから、宮ぷーのところには9時頃訪問看護師さんが来てくださって、
宮ぷーの様子を見て行ってくださいます。間に合わなくなっちゃうしなあと思ったり
しました。でも、よっこちゃんが行くよと言ってくださいました。宮ぷーも行きたい、
どうしても行きたいといいます。

ところが、コンサートの始まりは7時半。ちょっとしかいられないと思ったのだけど、
マリオさんが、「僕たち4時頃からいるから、いつでも来てよ。いつでも、宮ぷーた
ちのために歌うから」なんて言ってくださって、うれしくて、宮ぷーが帰ってきてか
ら、いそいで食事を入れて、会場の鶴来のクリスタルハウスに出かけました。お二人
は宮ぷーが倒れてから、それこそ、どんな動きもできなかったころから、なんどもな
んども病院に来てくださっています。回復の様子をよくご存知で、宮ぷーすごいすご
い、かっこいいと春ちゃんはなんども言ってくださるのです。それで、最初は宮ぷー
が大好きな思い出のテネシーワルツから。マリオさんの亡くなられたお母様も大好き
だった曲だそうです。

そんなふうにして私たちしかいないのに、コンサートをしてくださいました。お客さ
んが来てくださって、それから、7時半からコンサートが始まってから30分で私た
ちは帰らなくちゃなりませんでしたが、ずっといたい優しい時間でした。
生きているとたくさんの方と出会えて、大好きな人がどんどん増えて、優しいみなさ
んと幸せな時間をいっぱいもてて幸せです。ありがとうございます。

漫画かっこちゃん1という本があります。絵描屋池田なっちゃんがその漫画を描いて
くださいました。そのなっちゃんがイラストを担当された本を送ってくださったので
す。「きもので酒さんぽ」という本です。 http://amzn.asia/7tAiCfC
わたしはあまりお酒を飲みません。飲めないのかどうか、本当はよくわかりません。
父が毎晩晩酌をしていたから、もしかしたら飲めるのかもしれません。母はあまり飲
んでいるのをみたことがありません。だから飲めないのかもしれません。ただ、いつ
だって、しょっちゅう転ぶのに、ふわってなってもっと転んじゃいそうであまり飲ん
だことがありません。
ところが、なっちゃんの本を読んでいたら、お酒が飲みたくなりました。

このご本は、広島の造り酒屋さんを、著者の澤井律子さんとなっちゃんがあちこちを
訪れて、造り酒屋さんのお人柄に触れて、着物で出かけて、着物で飲んでこられたす
ごくおもしろい本でした。わたしもお酒を飲みたくなっちゃったのです。そして広島
のお酒元に遊びに行きたくなりました。
おちょこもいっぱい載っていたのですが、父がおちょこを集めていたことを思い出し
ました。母に言って、分けてもらってこようかなあと思ったりしたのでした。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~
このメールに返信で感想を送れない場合は、以下のアドレスにお送りください。
hoshinohitotsu@bcb.bai.ne.jp$ (注記:最後の$マークを消して送信下さい)
携帯アドレスからこちらにメールを送る場合は、このアドレスからのメールを受け取
れるように設定をお願いします。
メルマガに載せることに支障があるときには、そのこともお伝えください。
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
宮ぷーこころの架橋ぷろじぇくと
発行周期
不定期
最終発行日
2017年05月25日
 
発行部数
6,263部
メルマガID
0001012961
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 日々のできごと

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ