ヴォイス・心理学通信

  • ¥0

    無料

世界最先端のセラピー技法やヒプノセラピー、エリクソン催眠、NLPなどのワークショップ情報が得られます。 講師陣の一例としては、臨床エリクソン催眠のエキスパート、ヒレル・ザイトリン氏、米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士、世界的コングロマリット企業群をクライアントに持つビジネスの超プロ、シャンタル・バーンズ、ヴォイス主幹・喜多見も「天才」と認めるトーマス・コンドン、日本NLPの草分け、鈴木信市氏などがいます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ヴォイス・心理学通信
発行周期
隔週
最終発行日
2018年01月19日
 
発行部数
1,732部
メルマガID
0001031748
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > 一般常識

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

みなさま、こんにちは。

ヴォイスプロジェクトです。

本日は、米国NLP協会理事長、クリスティーナ・ホール博士による
特別講座「NLP特別講座ダブルバインド」のご案内をお送りします。

本講座「NLP特別講座ダブルバインド」は2011年に日本で初開催して以来
2度目にして日本開催は今回で最後というとても貴重な講座です。


【NLP特別講座ダブルバインド】

この講座は「問題解決」に関する究極のプログラムです。
あらゆる「問題」「悩み」の根源となる「ダブルバインドの深層構造」
「ループ」「逆説」を徹底的に探究することを目的としています。

そもそも、私達が意味付けを行う前の世界(一次体験の世界)には「二者択一」という概念は存在しません。

「逆説」というものは自然には存在せず、動きと変化だけが存在します。
「逆説」は、人間が「プロセス」を概念化し、分析し、記述する過程から生じるものなのです。

本講座では、人間のシステムの自然な特徴である反射性(それ自身を参照する「ループ」)を考察するモデルを探求します。

こうしたループの中には問題があるものもあり、「ダブルバインド」を含み、「YES」と「NO」が交互に現れる状況です。

私達は永年に渡って物事を「二者択一」と捉えて来たので、
その二者のみがあたかも「選択肢」のすべてであるかのように感じでしまうのですが、
それはあくまでも幻想であり、それこそがあらゆる問題を作り出すのです。

解決策がこの二元性の中で考察されている限りは、どちらも解決策ではないので、
選択肢の幻想に巻き込まれ、どちらの行動も実際には問題を永続させてしまうのです。

大部分は、経験の処理と行動によって自己の現実を創造している事を認識する事によって、選択肢が増える事から解放されます。
私達は自分の反応を選択する事ができるのです。

この講座は世界屈指のNLP界の指導者、クリスティーナ・ホール博士と共に
「ダブルバインドの深層構造」「ループ」「逆説」を徹底的に学び尽くし、
芸術的とさえ言えるほどの「問題解決」のプロフェッショナルとなる4日間となります。

─━─━─━─━─━─━─━─━

米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士より

あなたの専門分野(コーチング、マネジメント、セールス、セラピーなど)が何であれ、
もしあなたが熟練したコミュニケーターを目指すのなら、パラドックスの役割に対する意識と理解を高めることが不可欠です。

一般的には、問題形成と問題解決の両面において、それは不可欠な要素だからです。
「問題解決」のためにエッセンシャルな内容ですので、トレーナー、コーチ、セラピストの方には必須の考え方になるでしょう。

共に言語の可能性を探求できることを楽しみにしています。

─━─━─━─━─━─━─━─━

限定24名と人数も限られておりますのでこの機会に是非ご受講検討ください。


特別早割2/28迄「NLP特別講座ダブルバインド」

▽詳細はこちら

http://nlpvoice.com/lectures/lectures23.php

------------------------------------------------------------
株式会社ヴォイスプロジェクト
〒106-0031 東京都 港区西麻布3丁目 24-17 広瀬ビル2F
phone. 03-5770-3321 (代表) 9:30~18:00 (平日)
fax. 03-5474-5808
mailto:project@voice-inc.co.jp
http://www.voice-inc.co.jp/
(営業日:平日午前09:30~18:00)

何かございましたら、上記までお気軽にお問い合わせ下さい。
------------------------------------------------------------


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ