ヴォイス・心理学通信

  • ¥0

    無料

世界最先端のセラピー技法やヒプノセラピー、エリクソン催眠、NLPなどのワークショップ情報が得られます。 講師陣の一例としては、臨床エリクソン催眠のエキスパート、ヒレル・ザイトリン氏、米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士、世界的コングロマリット企業群をクライアントに持つビジネスの超プロ、シャンタル・バーンズ、ヴォイス主幹・喜多見も「天才」と認めるトーマス・コンドン、日本NLPの草分け、鈴木信市氏などがいます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ヴォイス・心理学通信
発行周期
隔週
最終発行日
2017年09月22日
 
発行部数
1,760部
メルマガID
0001031748
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > 一般常識

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは、ヴォイスプロジェクトです。

エリクソン財団から最高勲章を受賞のマイケル・ヤプコ博士が
3年振りに11月に来日します(早割が9/25迄です)。

創始者であるミルトン・エリクソンが天才であったゆえ、
私達が学ぼうとすると、「難しい」、「やっぱり最後は名人芸だから」
と言われることの多いエリクソン催眠ですが、このコースでは
天才エリクソンの手法を「体系的」に学べるのが魅力です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ミルトン・エリクソン亡き現在、世界のエリクソン催眠教育を
リードしているのは主にエリクソンの弟子たちですが、
その中で唯一、『エリクソンの弟子ではないのに世界的な尊敬を集めるエリクソン臨床家がいます。』

それが今回お招きするマイケル・ヤプコ博士です。
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

「エリクソン催眠の難しいことを一般の人に分かりやすく体系化してきた」
というのがヤプコ博士の功績で、名著『Tracework(トランスワーク)』
は世界じゅうのエリクソン催眠コースで教科書になっています。
(この分野では極めて異例の第4版を刊行中です)

このような功績は「ミルトン・エリクソン財団」、「アメリカ心理学会」、
「国際催眠学会」、「アメリカ臨床催眠学会」の全協会から最高勲章を受賞するほどです。
(これを達成しているのは世界で唯一、ヤプコ博士のみです)

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃また、ヤプコ博士は「催眠」という分野に留まらず、鬱(うつ)の
┃臨床家としても世界的に著名で、日本でも最先端とされている
┃『ポジティブ心理学』や『マインドフルネス』といった分野にも
┃造詣が深く、それらが催眠コースに散りばめられている点も魅力です。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上のような理由からヤプコ博士のトレーニングは世界6大陸、
40ヶ国で大人気で、そのスケジュールは常に2年先まで満杯です。

今回は三年ぶりにようやくお越しいただけることになりました!

この貴重な機会をご活用頂けますと幸いです。
(早期割引が9/25迄となっています)
http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_last.php?genre1_code=04&genre2_code=057

*******************************************************
株式会社ヴォイスプロジェクト

〒106-0031 東京都港区西麻布3-24-17-2F
phone: 03-5770-3321/fax:03-5474-5808
*******************************************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ