会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ

  • ¥0

    無料

物流コストを3割削減しませんか!!不景気を嘆いてばかりいても解決策は見つかりません。今まであまり手をつけてこなかった物流改善を実践してみましょう。今までやっていないからこそ効果も大きく、売り上げを上げるより容易に会社収益向上に貢献すること請け合いです!物流会社の方も、一般企業で物流に関係する方も必見です。今日からでも着手できる改善手法を1分でわかるように解説します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ
発行周期
月曜日、水曜日、金曜日に発行します。
最終発行日
2017年11月24日
 
発行部数
249部
メルマガID
0001069860
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★★-------------------------------------

             会社収益がみるみる向上する! 
            1分でわかる物流コスト改善のツボ
                  第1233号

---------------------------------------

今回のメニュー -------------------------------

■お知らせ

■コンプライアンス意識を持とう(6) 社員教育を実施する

■編集後記

---------------------------------------

■お知らせ

NEW!
◎大阪でセミナーを実施します!(PART1)

 『梱包・出荷ライン
  ポカミス防止と作業効率向上』
 簡単な梱包作業を行いながら、梱包品質と作業性向上について学びます。

日時:2017年11月27日(月) 午前10時 ~ 午後5時

会場:大阪府工業協会 研修室

お申し込みは
https://www.opmia.or.jp/seminar/3217

◎大阪でセミナーを実施します!(PART2)

 『入出庫作業・ピッキング作業 ムダ取りとポカヨケの実践
  作業ロスを見過ごさない、ミスを起こさないための具体策』

日時:2017年11月28日(火) 午前10時 ~ 午後5時

会場:大阪府工業協会 研修室

お申し込みは
https://www.opmia.or.jp/seminar/3175

(1)E-Learningを始めました!

 『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しま
 した!
 物流のE-learningは珍しいかもしれません。
 一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

(2)物流人財育成のための無料動画セミナーを開始しました!

今回のテーマは「稼ぎの源泉は現場力!物流技能向上施策を導入せよ!」です。
サブタイトルを「~顧客のハートをつかめる人財を育てるために~ 」ということで、
現場力を高めるとともに、顧客のハートをつかむことでビジネス拡大に貢献できる
人財を育成するポイントをまとめてあります。

物流人財を育てたいとは思っていても、何から手をつけたら良いのかわからない、と
いう方にはぜひご覧いただきたいと思います。

5回に分けて動画つきのメールをお送りいたしますので、好きな時間にご覧いただき
勉強していただければ、と思います。

お申し込みは以下からお願いします。

PCの方
https://24auto.biz/keinlogi/touroku/entryform3.htm

携帯の方
https://24auto.biz/keinlogi/touroku/sp/entryform3.htm


■コンプライアンス意識を持とう(6) 社員教育を実施する

社内ルールを守るべきだというお話をさせていただきましたが、皆さんの会社では
社内ルールはきちんと定められているでしょうか。

ルールがあってはじめてそれを遵守するという行動につながります。

ルールが無いと「何が正しいのか」がわかりにくいということになりかねません。

社内ルールを守ることを「コンプライアンス」だとするならば「社内ルール」自体
が確立されているかを確認しておきましょう。

物流倉庫の中で時々監督者が作業者に注意している場面に遭遇します。

この時のポイントは作業者が「社内ルール」に反した行動をとったかどうかがポイ
ントになります。

もちろん会社の備品を持ち帰るとかそれを乱暴に扱うなどといった倫理的な問題は
社内ルール以前の問題ですから、その有無にかかわらず注意は必要です。

たとえば「パレットの上に乗ってはいけない」ということは会社によって違ってく
る考え方かもしれません。

「連結台車の連結棒をまたいではならない」ということも同様です。

二つとも安全を考慮したルールですが、パレットの上に乗った時に何かしらの事故
につながった、連結棒をまたいだ時に躓いて怪我をしたなどの経験があるとこのよ
うな「ルール」が作られます。

「フォークリフトを離れる際にはキーを抜く」というルールも同様ではないでしょ
うか。

会社として何かしらの問題があった時にルール化されることが多いと思われます。

社員のコンプライアンス意識を高めるためにもルールを作ったら間髪を置かずその
ルールの教育を行うべきでしょう。

またこの教育は繰り返し行うことが効果的です。

そして教育記録を残しておきます。

出席者を記載し、各自にサインしてもらいます。

これを行うことで社員のコンプライアンスに対する意識が高まるのです。

法令につきましては特に入念な教育が必要です。

ほとんどの人が知らないという前提でじっくり教え込むことが必要だと思います。

法令は教育の後に簡単な理解度確認テストをやるとさらに効果が高まることが想定
されます。

これも繰り返し繰り返しやっていくことがポイントです。

コンプライアンスは会社の存続にかかわる重要事項と言っても過言ではありません。

その重要性を全従業員にまで伝わるよう心がけていきましょう。

---------------------------------------

■編集後記

皆さんの会社での残業管理は十分行われていますでしょうか。

筆者の世代はそうでしたが、仕事が片付かなければエンドレスという風潮がありました。

いつも申し上げていることですが、日本の生産性は世界の中でも低いレベルにあり、
その一因が労働時間だともいわれています。

一方で仕事があればどんどん受けるという考え方も労働時間を延ばす要因でしょう。

会社として目の前にある仕事は受注したいと考えるのは当然です。

しかしそれをこなすために労使協定違反となるような場合は別です。

そうです。仕事を断るのです。

経営者にこの勇気が無ければ労働者を疲弊させます。

ちょうどよい機会です。仕事と労働時間、そして生産性についてしっかりと社内で
話し合う機会を持ちましょう。

----------------------------------------

■ご意見・ご感想をお待ちしております!

 sr-gs-fp-ks@khh.biglobe.ne.jp

----------------------------------------

■大阪でセミナーを実施します!(PART1)

 『梱包・出荷ライン
  ポカミス防止と作業効率向上』
 簡単な梱包作業を行いながら、梱包品質と作業性向上について学びます。

日時:2017年11月27日(月) 午前10時 ~ 午後5時

会場:大阪府工業協会 研修室

お申し込みは
https://www.opmia.or.jp/seminar/3217

■大阪でセミナーを実施します!(PART2)

 『入出庫作業・ピッキング作業 ムダ取りとポカヨケの実践
  作業ロスを見過ごさない、ミスを起こさないための具体策』

日時:2017年11月28日(火) 午前10時 ~ 午後5時

会場:大阪府工業協会 研修室

お申し込みは
https://www.opmia.or.jp/seminar/3175

■日刊工業新聞社 工場管理 11月号 好評連載中!

 「工場全体を効率化できる物流のトリセツ
     第14回『正しい物流アウトソースの進め方(下)』」 

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■プレス技術誌2015年12月号の特集記事として掲載されました!

  「プレス自動化(無人化)における工場物流のポイント」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000581#index

■E-Learningを始めました!

  『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しま
 した!
 物流のE-learningは珍しいかもしれません。
 一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/
 
■無料メールセミナーのご案内

 前回の無料動画メールセミナーは以下からご覧いただけます。
 5回に分けて「工場の効率を劇的に向上する!
        ~構内物流の果たすべき役割はこれだ!~」
 という題目で実施します。

 まだの方はぜひぜひご覧ください!

 お申し込みは以下からどうぞ。

 <PC>  https://24auto.biz/keinlogi/touroku/entryform2.htm

 <携帯> https://24auto.biz/keinlogi/touroku/sp/entryform2.htm

■物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上」
 Kein物流改善研究所

 http://www.keinlogi.jp/

■Kein物流改善研究所サイトにミニ動画セミナーを掲載しました!

 1.宅配、引っ越しで得する方法
 2.得する荷物と損する荷物
 3.物流品質を向上させるためには

 http://www.keinlogi.jp/ミニ物流動画セミナー-宅配-引越-物流品質/

----------------------------------------

メールマガジン「会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ」

☆発行責任者:Kein物流改善研究所 仙石惠一
☆公式サイト:http://www.keinlogi.jp/
☆問い合わせ:sr-gs-fp-ks@khh.biglobe.ne.jp
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ