谷あいメルマガ "ひとりじゃ出来ないことを、一人から始める"

  • ¥0

    無料

参議院議員谷あい正明がお届けするメールマガジンです。青年の目線、世界の目線、生活者の目線で、政治を語ります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
谷あいメルマガ "ひとりじゃ出来ないことを、一人から始める"
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月07日
 
発行部数
8,190部
メルマガID
0001081480
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 政治家

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【No.221 2017年8月7日】

《 農林水産副大臣に就任 ― 第3次安倍第3次改造内閣 》

皆さん、こんにちは。谷合正明です。

8月3日、第3次安倍内閣の3度目の改造内閣が発足し、公明党から石井国土交通大臣が留任しました。そして、本日(7日)、閣僚人事に続き、副大臣、大臣政務官人事が公表となり、私は、農林水産副大臣を拝命いたしました。

(公明党は他に復興副大臣、厚生労働副大臣、外務大臣政務官、文部科学大臣政務官、経済産業大臣政務官)

午前中、宮中での認証式に臨み、副大臣に任命する旨の官記を安倍総理から受領し、天皇陛下から「重任御苦労に思います」とのお言葉を頂戴しました。午後、官邸での第1回目の副大臣会議、農林水産省への初登庁と続きました。

農林水産省は、「生命を支える『食』と安心して暮らせる『環境』を、未来の子どもたちに継承していくことを使命として、常に国民の期待を正面から受けとめ、時代の変化を見通して政策を提案し、その実現に向けて全力で行動する」(農林水産省ビジョン・ステートメント)省庁です。

私自身、農学部出身(農業経済専攻)で、国会議員として初めての配属委員会が農林水産委員会でした。その分、思い入れの強い政策分野であります。

今回、副大臣という重責を頂いたことに対し、身の引き締まる思いで一杯です。党参議院国会対策委員長の経験も活かし、これからは政府の一員として、政権奪還の原点を忘れず、国民のご期待にお応えできるよう、全身全霊、全力で働いてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

(谷あい)

★☆────☆★
谷合正明(たにあい まさあき) 参議院議員(3期)。農林水産副大臣。公明党中央幹事、同中国方面・四国方面副本部長、同岡山県本部代表。京都大学大学院修士課程修了。元NGO・AMDA職員。44歳

●ご意見・ご感想:このメルマガに返信することでお送りいただけます。
 頂いたご意見・ご感想は谷合本人が直接拝見させていただきます。
 すべてのご意見・ご要望を参考とさせていただきますが、返信できない場合もございますことをご了承ください。
●メルマガの申込と解除はこちらから↓
 (PC)http://www.mag2.com/m/0001081480.html
 (携帯)http://mobile.mag2.com/mm/0001081480.html
●谷あい正明 公式サイト:
http://www.m-taniai.net/
●ツイッター(Twitter):
http://twitter.com/masaaki_taniai
●フェイスブック(Facebook):
https://www.facebook.com/masaaki.taniai.5
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ