親鸞に学ぶ幸福論

  • ¥0

    無料

【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
親鸞に学ぶ幸福論
発行周期
ほぼ 日刊
最終発行日
2018年06月22日
 
発行部数
1,473部
メルマガID
0001086000
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

おはようございます。菊谷隆太です。

いつも読んで頂き、どうもありがとうございます。

==============


立山連峰の山頂の雪も消え、

青い稜線が広がると、富山もいよいよ夏の到来です。



【今日の仏語】は『火宅無常の世界』の2回目です。


==============


約七百年前に書かれた『歎異抄』に『火宅無常の世界』という言葉があります。

屋根のひさしに火が燃え移れば、みるみるうちに家財道具共々、

家屋全体が火に包まれてしまうように、

私たちの生きているこの世は、思いもよらぬ事が突如として起き、

何十年と大事にしてきたものも一気に崩れ去ることがあります。

それを親鸞聖人は『火宅無常の世界』と言われたのです。



「いやいや、それは親鸞聖人当時の700年前のことだからでしょ。

あの頃は伝染病も多く、飢饉も相次ぎ、戦乱に明け暮れ、

人々の間で厭世的な気分が高まっていた。

それで不安の絶えない“火宅無常の世界”と言われたんだよ」

とことさらに時代背景を強調する人があります。



しかし決してこれは七百年前の時代だけではありません。

今日でも『火宅無常の世界』は少しも変わりません。



卒業旅行に海外に行く予定を立てていた女子大生がいた。

ところが飛行機事故がテレビで報じられると、

心配になった母親が「海外はやめときなさい。日本にしなさい」と言う。



そこで車で行ける国内旅行にしたものの、

対向車線からの暴走車との正面衝突で死亡、とのニュースにまたも母親が心配になり、

娘に「車はやめときなさい。新幹線にしなさい」と忠告する。



ところが事故がないからと安心していた新幹線で、通り魔殺人事件が起こる。

そんな危ないものに大事な娘を乗せられないとお母さん、

「遠くに行くのをやめて近所にしなさい」と言う。



ところが今度は都内の路上で女性が無理矢理車に乗せられ、

殺害される事件が報道された。

するとお母さん「外出せずに家の中にいなさい」。



ところが今度は震度6以上の大地震で、

タンスの下敷きで死亡というニュースが報じられる。



ここだけは大丈夫と安心できる処など、どこにもないようです。

『死の縁、無量なり』と仏教では説かれます。

死ぬ危険はどこにでも存在しているので、どんな死に方をするか、誰にも予想できません。

いつの時代でも、どこの場所でも、常に死の危険にさらされているこの世の実態を、

『火宅無常の世界』といわれているのです。



=============
┌──┐
│\/│
└──┘
執筆発行:菊谷隆太
https://www.facebook.com/bukkyou
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ