学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

  • ¥0

    無料

学校では教わらない目からウロコの英文法。たとえTOEICで高得点を取っても、She read a book for her daughter last night. が不自然に感じなければ本当の英語力とは言えません。学習者の抱える英文法のモヤモヤをここで解消! 英語を「わかる→面白い→使える」という好循環に!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学校で教えて欲しかった、こんな英文法!
発行周期
隔週
最終発行日
2018年06月13日
 
発行部数
1,416部
メルマガID
0001102660
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文法

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

バンクーバー発、英語脳でTOEIC


6/23(土)、7/28(土)、8/18(土)、9/1(土) 全4回


会場:大阪市立難波学習センター


詳しくは下記FBをご覧ください。

https://www.facebook.com/info.iaxs/



お知らせ:当メルマガ「学校で教えて欲しかった、こんな英文法」のネタ元にもなっているアイアクセス・バンクーバーのテキスト本


「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン発売中! 


100点以上のイラストを使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



解説の後にクイズ「第232号」があります。


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【第231号解説】


次の空所に入る適切な準動詞はどっち?


It was my first time ( ) a meeting where the CEO was present.


1) attending 2) to attend



























答は1)ですが、北米のネイティブの中には2)もよしとする人も時々います。


今回の問題は、私が4年ほど前から使ってる CASIO EX-word に入っている新TOEICテストハイパー模試 第1回模試 Part5 問102からの問題なのです。


4年以上も使用しているのに初めて見てみました(汗)


問題を解いたら答が to attend だったので、思わず、目を疑ってしまったのです。


私の選択はもちろん attending。


そこでネットでもいろいろ調べてみたら、やはり大半のネイティブは my first time に続くのは「動名詞」だと言っていますが、中には「to不定詞」も良いというネイティブもいました。


個人的には動名詞しかダメだと思っていますが、to不定詞でも良いとするネイティブがいるので、読者の皆さんの判断にお任せします。


ここからは私の文法所見です。


本来なら「〜するのはこれが初めてです」という構文なら、次のように the first time を使うのが良いでしょう。


This is the first time I’ve come to this restaurant. 

「このレストランに来るのはこれが初めてです」


この構文は常に完了形を後に伴います。


その理由は文が使われる場面を考えてみるとよくわかります。


この文が使われる場面を考えてみましょう。


あなたがこの文を使うときは、きっと「このレストラン」にもうすでに来ていますよね。


だから現在完了形を用いるのです。


現在完了形とは「動作はすでに完了しているが話し手の意識は現在にある」ということを思い出して下さい。


つまり例文の場合、もうレストランにいるわけだからcome[来る]という動作は完了していますが、話し手の意識は「今もうこのレストランにいる」という現在の時点にあるのです。


そして、今回の問題文の my first time は、この the first time の構文から発生したもではないかと想像してしています。


my first time は完了形を続けることができません。


その代わりに動名詞を使います。


その理由は前述と同じで場面を考えてみればわかると思います。


This is my first time attending a meeting where the CEO is present.
(CEOがいる会議に出席するのはこれが初めてです)


あなたがこの文を使うときは、きっと「この会議」におそらくもうすでに来ていますよね。


だから、動作がすでに行われている基本イメージを持つ動名詞なのです。もし to不定詞を用いるなら、to不定詞の基本イメージ「これから到達する未来の動作」となり、不自然になると思います。


では、どうしてネイティブの中には to不定詞を使う人もいるのか?


これは想像ですが、my first attempt とか、my first challenge などに続く動作は未来到達動作なので次のように使われます。


It is my first challenge to play chess.


attempt や challenge なら未来到達動作となり to不定詞が用いられのです。


このような表現と混同してしまっているのではないかと思うのですが、真相はわかりません。


ただ文法的な側面から問題文をみればやはり動名詞が正しいと思います。


どうして私の電子辞書の答が to attend なのかはいまだに不明です(笑)


まぁ、文法オタクの作者の戯言だと思ってください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【第232号】2018年6月13日 


will / would どっちが正しい?


John : Don’t forget to write to me.

Mike : I won’t. Come and visit me sometime. It’s not very far.

John : OK. That ( will / would ) be fun!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集後記


「ザ・英文法」スカイプレッスン! 


「ザ・英文法」講座と同じレッスンが受講できるスカイプレッスンもあります。


無料トライアルレッスンもありますので、是非、小栗式VLMを体験してみて下さい。


お問い合わせは→ info.iaxsvancouver@gmail.com



「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン販売中!


メルマガやブログでは表示できないイラストを100点以上使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



こんにちは、オグリです。


バンクーバーに戻って2週間ほどですが、また明日から息子と日本に行きます!!


今回は2週間のバケーションです。


USJ、レゴランド、ナガシマスパーランドなどなど、疲れそうですが、楽しんできます。


月1回のオンラインセミナー開催決定!


詳細は下記FBページをご覧ください。


https://www.facebook.com/info.iaxs/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン「学校で教えて欲しかった、こんな英文法!」

☆発行者:小栗 聡
☆スクールサイト:http://www.iaxsvancouver.com/
☆Facebook:https://www.facebook.com/info.iaxs
☆英文法ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/samito07/
☆TOEICブログ:http://ameblo.jp/samito07/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001102660.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第232号】答: この文脈では would が適切。

詳しくは次号で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本メルマガの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。
Copyrights (c) 2010-2018 by Satoshi Oguri All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ