学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

  • ¥0

    無料

学校では教わらない目からウロコの英文法。たとえTOEICで高得点を取っても、She read a book for her daughter last night. が不自然に感じなければ本当の英語力とは言えません。学習者の抱える英文法のモヤモヤをここで解消! 英語を「わかる→面白い→使える」という好循環に!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学校で教えて欲しかった、こんな英文法!
発行周期
隔週
最終発行日
2018年04月17日
 
発行部数
1,409部
メルマガID
0001102660
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文法

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2018年4/22, 5/27 東京セミナー 申込受付中!


4月22日/5月27日 バンクーバー発、1dayx2 英語脳セミナー in Tokyo 

関東地方の方お待たせしました。初の東京セミナーです!


セミナー詳細、申込は下記HPを参照ください。

HP:http://www.iaxsvancouver.com/



お知らせ:当メルマガ「学校で教えて欲しかった、こんな英文法」のネタ元にもなっているアイアクセス・バンクーバーのテキスト本


「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン発売中! 


100点以上のイラストを使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。

こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



解説の後にクイズ「第229号」があります。


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【第228号解説】


次の英文は正しい?


1) If you will fill in this form, I’ll prepare your ticket.

2) We’ll go home now if it will make you feel better. 





























答:どちらも正解


春セミナー第5週目で登場する if-節構文からの問題です。


受験英語やTOEIC英語で「if-節の中では未来のことでも will を使わず、現在形を用いる」と習ったことはありませんか?


機械的にこのルールを覚えてしまうと、問題文の If you will… や if it will…の will が間違いだと思ってしまいます。


このルールを厳密に言うと、


「if-節が条件を表すときは、未来のことでも will を使わず、現在形を用いる」


今回の問題文のように if-節が条件を表すのではなく、依頼を表したり、if-節が主節の動作の結果を表すような場合には if-節の中でも will を用います。


1) If you will fill in this form, I’ll prepare your ticket.


この if-節の will は相手の「意志」を尋ねる文なのです。


If you will fill in this form


もしこちらの用紙に記入してもらえる意志があるなら…

もしこちらの用紙に記入していただければ…


このように相手の「意志」を尋ねることで、相手の気持ちを尊重した言い方になり丁寧さが出るのです。


問題文を「条件」の if-節構文にしてみましょう。


If you fill in this form, I’ll prepare your ticket.
(もしこちらの用紙に記入するなら、チケットを用意します)


条件の if-節では単なる条件を提示しているだけなのです。


「用紙に記入するという条件なら、チケットを用意するし、記入しないなら用意しないよ」


このように条件文で表すと丁寧さが出ませんね。だから「意志」の will を用いて、if you will… で相手の意志を尋ねるという丁寧な依頼文を作るのです。


次に問題文2)を見てみましょう。


2) We’ll go home now if it will make you feel better.


これは「if-節が主節の動作の結果を表す」文です。


なんだか難しそうに聞こえますが、普通の条件文と比較するとわかりやすいと思います。


1) We’ll go home now if you get the car.        [条件]

2) We’ll go home now if it will make you feel better.   [結果]


1)は条件を表す if-節です。


条件を表す if-節の動作は最初に起こります。


「もしあなたが車を取ってくるなら、今から帰りましょう」


こういう意味です。


言い換えれば、「車を取ってこないなら、帰らないよ」という意味ですね。


つまり「帰る」「帰らない」は if-節の「あなたが車を取ってくること」がまず条件なのです。


「車を取ってくるという条件なら、今から家に帰りましょう」


これが条件を表す if-節です。


これに対して、2)の文は、


「あなたの気分が落ち着くようなら、今から帰りましょう」


こんな和訳になりますが、「結果の if-節」では家に帰ることが何らかの条件付きで起こるのではなく、まず家に帰るのです。帰れば、その結果、あなたの気分が落ち着くと予測するからです。


もう「結果の if-節」にどうして will を使うのかおわかりですね。


なぜならば、if-節の中は話し手の「予測」になるからです。


2)を英語の語順通りに和訳するともっとわかりやすいですよ。


「今から帰りましょう、(その結果)あなたの気分が落ち着くようなら」


家に帰る ⇒ きっとあなたの気分が落ち着くであろう。


これは話し手の予測ですね。


こういう理由から「結果の if-節」には will を使うのです。


* 今回の内容は「ザ・英文法」PDF版ではP.197-198にて、書籍版では下巻P.139-142にて解説してあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【第229号】2018年4月17日 


次は「彼女は娘のために毎晩本を読んであげている」という英文です。正しいのはどっち?


1) She reads a book to her every night.

2) She reads a book for her every night.


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集後記


「ザ・英文法」スカイプレッスン! 


「ザ・英文法」講座と同じレッスンが受講できるスカイプレッスンもあります。


無料トライアルレッスンもありますので、是非、小栗式VLMを体験してみて下さい。


お問い合わせは→ info.iaxsvancouver@gmail.com



「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン販売中!


メルマガやブログでは表示できないイラストを100点以上使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



こんにちは、オグリです。


春セミナー始まりました。


上巻セミナーの「冠詞・名詞」では、英語がローコンテキスト文化の言語であることをちょっと理解するだけで、どうして、a, the を使うのか、どうして単数、複数を使うのか など理解できるようになったと思います。


また、下巻セミナーの関係代名詞は、驚きの連続だったと思います。


第2週目は「前置詞」と「不定詞・動名詞」です。


前置詞を制する者は英語を制す!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン「学校で教えて欲しかった、こんな英文法!」

☆発行者:小栗 聡
☆スクールサイト:http://www.iaxsvancouver.com/
☆Facebook:https://www.facebook.com/info.iaxs
☆英文法ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/samito07/
☆TOEICブログ:http://ameblo.jp/samito07/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001102660.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第229号】答:1)

詳しくは次号で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本メルマガの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。
Copyrights (c) 2010-2018 by Satoshi Oguri All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ