学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

  • ¥0

    無料

学校では教わらない目からウロコの英文法。たとえTOEICで高得点を取っても、She read a book for her daughter last night. が不自然に感じなければ本当の英語力とは言えません。学習者の抱える英文法のモヤモヤをここで解消! 英語を「わかる→面白い→使える」という好循環に!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
学校で教えて欲しかった、こんな英文法!
発行周期
隔週
最終発行日
2018年02月05日
 
発行部数
1,401部
メルマガID
0001102660
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英文法

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

2018年4〜5月 「ザ・英文法」を用いた 春セミナー開催!


TOEICセミナーもあります!


昼、夜、週末と選べるセミナー


詳細は追って FB, HP, メルマガ, ブログ等にて告知していきます。


学校英文法、受験英文法の間違い、思い込みを徹底検証。


長年モヤモヤしていた英文法をスッキリ解消させます!


英文法がわかれば面白い

面白ければ英語が使える

使えると英語が楽しい


こんな英語学習サイクルを作るセミナーです!



お知らせ:当メルマガ「学校で教えて欲しかった、こんな英文法」のネタ元にもなっているアイアクセス・バンクーバーのテキスト本


「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン発売中! 


100点以上のイラストを使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



解説の後にクイズ「第224号」があります。


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【第223号解説】


次の2文の違いは?


1) I’m going to see him next month.

2) I’ll see him next month.


























答:1) 発話時より前に決めていた意志 2) 発話時に決めた意志


学校英語で will = be going to と教わり、両者は同じ意味の文を作ると思い込んでしまった人も少なくないと思いますが、


何度も言いますが、


「形違えば差異がある」


学習者の方は肝に命じておきましょうね!


英語という言語にはイコール構文は原則存在しません。


学校で習うイコール構文はあくまでも受験のためのものです。しかし、実践英語では必ず違いが生じてくることを覚えておきましょう。


will と be going to 


両者の違いを簡単に説明すると、


be going to → 発話時より前に決めていた意志 

will → 発話時に決めた意志


では、問題文を友達同士の会話場面としてイメージしてみましょう。


AさんとBさんは長い間ケン君に会っていません。そんな二人の会話です。


A: I haven’t seen Ken for ages. So I’m going to see him next month.

B: Neither have I. Then I’ll see him next month, too.


Aさん:長い間ケン君に会っていないから、来月彼に会うつもりなんだ。

Bさん:僕も会っていないよ。じゃぁ、僕も来月会おう。


Aさんは長い間ケン君に会っていないので、Bさんと話す前からケン君に会うことを決めていたということを伝えるために am going to を使ったのです。


それに対して、Bさんもケン君にずいぶん会っていないし、Aさんも会うようだから「じゃぁ、僕も来月ケン君に会おう」とその場で決めたのです。だから、I’ll と will を用いたのです。


ただし、両者はまだケン君と約束をしているというニュアンスはありません。


次の Cさんのように、もし、すでに来月会うという約束をケン君としているのであれば、現在進行形を使って表します。


C: I’m seeing him next month.

Cさん:僕は来月ケン君に会うよ(約束してあるから)


このように第3者との間で何らかの約束事が成立している場合は現在進行形を用いて未来を表現するのです。


英語の未来表現は様々です。


学校英語でイコール構文として習う構文も実践英語ではこれだけ使い勝手が違うことがわかっていただけましたでしょうか。


まだ「will = be going to」が頭の中にインストールされている人は、これを機に削除して正しいOSをダウンロードしておきましょう(笑)


* 今回の内容については「ザ・英文法」PDF版P.91-94 にてイラスト付きで解説してあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【第224号】2018年2月5日 


This time tomorrow I’ll be attending the sales meeting. の意味は


「明日の今ごろは営業会議に出席しているでしょう」という意味ですが、


I’ll be seeing John tomorrow. の意味は? 


「明日はジョンに会っているでしょう」という意味ではありませんよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集後記


「ザ・英文法」スカイプレッスン! 


「ザ・英文法」講座と同じレッスンが受講できるスカイプレッスンもあります。


無料トライアルレッスンもありますので、是非、小栗式VLMを体験してみて下さい。


お問い合わせは→ info.iaxsvancouver@gmail.com



「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン販売中!


メルマガやブログでは表示できないイラストを100点以上使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。


こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



こんにちは、オグリです。


さぁ、今日は


Super Bowl


Eagles vs. Patriots


個人的にはオリンピックよりも大きなスポーツの祭典。


さて勝敗は?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン「学校で教えて欲しかった、こんな英文法!」

☆発行者:小栗 聡
☆スクールサイト:http://www.iaxsvancouver.com/
☆Facebook:https://www.facebook.com/info.iaxs
☆英文法ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/samito07/
☆TOEICブログ:http://ameblo.jp/samito07/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001102660.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第224号】答:明日ジョンに会うことになる

詳しくは次号で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本メルマガの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。
Copyrights (c) 2010-2018 by Satoshi Oguri All rights reserved.
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ