[Kyo_do tsushin]

  • ¥0

    無料

「旅人が平和を創る!」を信念に事業展開する株式会社旅と平和の代表取締役佐谷恭の近況報告をするメルマガです。日々の思い付きをどんどん記録していきます。ここで発信する情報が皆さまの役に立ち、読者の方々とのコミュニケーションの潤滑油となり、また、僕がこれからしていく事業をともにしていくきっかけになるようにしていきたいと思っています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
[Kyo_do tsushin]
発行周期
月15回程度
最終発行日
2017年06月11日
 
発行部数
456部
メルマガID
0001113585
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > ベンチャー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

パクチー麺の発売開始から約8年。

2017年6月15日を以って、現在のスタイルでのパクチー麺は終売とします。

(リンク先におトクなセールあります 5袋セット 3240円が1945円)
http://paxihouse.com/blog/2017/06/sayonara-paxi-men/

乾麺のパクチー麺を売り出したのは2009年8月9日。パクチーハウスを作ってから
2年弱のことでした。おかげさまで当初から遠方から来てくださるお客さんが結構いて、
商圏2万キロを標榜していました。地球の裏側から来る方もいて、「次に来れるのは
いつかわからない」からと、お土産を買って帰りたいと何度も言われました。

持ち帰りやすいパクチー関連商品ということで、たまたま縁あって最初にできたのが
パクチー麺です。当時はパクチー料理専門店をやっているというだけで怪訝な顔を
される時代。パクチーの知名度は極めて低く、僕はクレイジーだと思われていました。
今はさらに気が触れているというかエキセントリックなのですが、先見の明があると
誤解されたりしています(笑)(笑)(笑)。

パクチー麺の発売から約89ヶ月が経つと、週に1つ以上はパクチー関連新商品が
発売されるような、日本パクチー狂会創設時から見ると「クレイジー」な状況になって
来ました。フィーヴァーはすでに1年ぐらい続いています。パクチーに熱狂し続けている
僕は、以来ずっとテンションが上がりっ放し。居酒屋でもレストランでもパクチーを
見かけ、多くの人の知恵と創意工夫に感激させられています。

パクチー麺は、ほぼ1年に1回、小麦粉500kg分ずつ増産して来ました。今回の
増産の提案を受けた時、パクチー麺は一定の役割を終えたのではないかと考えました。
そして、ずっと協力してくれた食品会社にその旨を伝えました。

長い間ありがとうございました。さようなら。

今月末が賞味期限のパクチー麺がいくつか残っていますので、アマゾンにてセール販売
しています。一袋389円で5袋セットです。早いもの勝ち。
http://paxihouse.com/blog/2017/06/sayonara-paxi-men/


旅と平和
佐谷恭


佐谷恭の「パクチー起業論」
http://www.mag2.com/m/0001598789.html

「ありえない」と言われたパクチー料理専門店を繁盛店にし続けて
いる秘訣を、日常の描写からお伝えします。
世界初ビジネスの面白さとリスク回避の仕方や、新しい発想を得る
ための人とのつながりについて、日々の実例を報告します。メルマガを
読むことで、メディアから注目を集めるコツや口コミが広がる仕掛けを、
読者自らが発見し、実行できることを目指します。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ