【考えるヒント(常勝競馬)無料メルマガ】9年目突入の行列のできる大穴競馬予想メルマガ

  • ¥0

    無料

≪遂に9年目突入・行列のできる競馬予想家・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ 09年より予想活動をスタートし、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした。(…と書いて貰いました。。) ・・・ この人気と予想開始9年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
【考えるヒント(常勝競馬)無料メルマガ】9年目突入の行列のできる大穴競馬予想メルマガ
発行周期
週末刊
最終発行日
2017年12月17日
 
発行部数
6,805部
メルマガID
0001127672
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【ブログ重賞OP予想】
阪神11R朝日杯フューチュリティS(勝負度★★)
[印]
◎(穴本命馬/複系)の馬名はブログ(http://blog.livedoor.jp/sguw/)で公開中!
△1ダノンプレミアム

[見解]
今回のメンバー中で(マイル路線で)最も強い馬はどれかと言えばダノンプレミアム一択と見ます。

本年のサウジアラビアロイヤルC(旧いちょうS)は、当レースの歴史上では異例とも言える多頭数揃う一戦でした。
それによって従来のレース傾向は引き継がれずに、それよりも同舞台の2歳牝馬重賞アルテミスSや3歳牝馬重賞クイーンCと毛色が似ていた印象です。
その両レースはデビュー間もない牝馬にはタフな東京マイル戦というコトで少しでもペースが流れると差し決着へと傾くのだが、本年のサウジアラビアRCでもよりペース耐性ある牡馬とは言えども前半3F34秒台前半はオーバーペースに近いモノで…その上で馬場は稍重で非高速水準であったし、また馬場も強いて言えば外目の方が伸びる状態だったので、1着馬を除けば主に外枠差し馬が上位を占める結果でした。

そんな中で“除けば”という例外的な走りをしたのがダノンプレミアム。
例えるならばメジャーエンブレムのクイーンCのパフォーマンス…あれも先行勢を潰しての完勝でしたが、正にそれと被る様な力強い番手抜け出し競馬…今回の相手関係ならば横綱級の存在として力勝負では当然勝ち負けに持ち込めるはずです。

ただし、そのメジャーエンブレムも消極策に転じた桜花賞で唯一不覚を取りましたが、そのメジャーエンブレムが好例でこの手の強い馬というのは早い段階のどこかで守りに入った様な消極的な競馬で星を落とすタイミングがある印象です。
少し格が違いますが、昨年のサウジアラビアRC最先着馬で朝日杯FSを人気で挑んだダンビュライトも、後者では初めての揉まれる競馬で沈没しました。

ダノンプレミアム陣営も試金石・挑戦者の様なコメントで、川田Jというのも継続騎乗お手馬の2歳G1戦ではそこまで勝ち気に溢れた騎乗をするかはハテナ…それで墓穴を掘る結果がこの初G1挑戦のタイミングで起こる可能性もあります…結論としては心中はできないが能力最上位評価の対抗馬とします。


他にも強い馬は何頭か居ますが、大半が距離マイル未満適性馬だったりして、安心して狙えるという馬は皆無という印象です。
ココはまだ底を見せたとは言い切れない〇〇〇〇〇で妙味を狙います。

上記で“サウジアラビアRCは1着馬を除けば主に外枠差し馬が上位を占める結果”と書きましたが、それを外枠でも無く&差しでも無かったながらも踏ん張る結果だったコノ馬は決して弱い競馬だったとは言えません。
また、コノ馬は初の長距離輸送で通常以上のイレ込み状態でしたし、レース本番では不運(相手に過失)での他馬接触でよりヒートアップしてしまう相当厳しい競馬を強いられていました…それで上記結果なのですから尚更情状酌量=負けて強し評価ができます。

3走前には相手との距離適性の差だったとは言えども、後の重賞激走馬を下す激走…前々走は相手関係が軽かったとは言えども、距離延長と小回りコースでの一団隊列で折り合い気にして無茶な後方大外ブン回し競馬を強いられながらも好走。

ここまで馬と騎手の両方の問題で下手な競馬続きでしたが、非長距離輸送競馬なら前者は改善見込めますし、鞍上強化で後者も大幅改善の可能性があります…ズバリここでも十分にチャンス秘める穴馬と見ます。

[買い目]
穴馬を本命時にレースが荒れない(=複勝オッズが下限の方に近い)と判断する際には、[複勝◎]ではなく[ワイド◎→総流し同払戻額配分]をした方がほぼ間違いなく期待回収率が上がります(回収率10%近く向上するはずです)。
(この注釈を入れるのは面倒くさい/ウザいと思うので普段及び腰なのですが、本当は毎回こうすべき位に思っています…なので言及していない場合でも是非とも検討下さいませ。)

これを書いている時点での◎馬の複勝オッズは[3.8~6.2倍]、対してワイド換算では[6.0倍]、ちなみに予算嵩むので現実的では無いですが三連複換算では[6.7倍]までなります…同じ意味の馬券でもこれだけ期待回収率が変わってくるのです。
記録的な荒れ方をしない限りは複勝オッズが6倍超も付くコトは無いですので、そういう波乱レースだと見ない限りは後者を選択すべきです。

≪ワイドで◎から絶対無いと見る15人気アイアンクロー・16人気イシマツを除いた13頭に同払戻額配分(83%)、単勝◎(2%)、馬連◎△(3%)、ワイド◎△(12%)≫

☆朝日杯FSの穴◎本命馬の馬名はブログ限定で公開しています。お手数をお掛けしますがブログ(ランキング)に移動してご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/sguw/

☆考えるヒント(常勝競馬)コンテンツ
(ブログ)http://blog.livedoor.jp/sguw/
(mixiコミュ)http://mixi.jp/view_community.pl?id=5049238
(ツイッター)https://twitter.com/jou_syou
(メール)sguw125@gmail.com
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ