【考えるヒント(常勝競馬)無料メルマガ】8年目突入の行列のできる大穴競馬予想メルマガ

  • ¥0

    無料

著者サイト

≪遂に8年目突入・行列のできる競馬予想家・一時期はライブドア競馬ブログ1位など日本有数の閲覧者数を獲得≫ 09年より予想活動をスタートし、11年からはブログ【考えるヒント(常勝競馬)】を本格始動。その圧倒的な洞察力とセンス溢れる爆穴予想で一躍注目を浴びる。競馬ブログランキングでは常に上位に名を連ねている、若手予想家の人気筆頭格。競馬王15年5月号でメディア初登場を果たした。(…と書いて貰いました。。) ・・・ この人気と予想開始8年目の実績が何よりの信頼の証拠の【面白深い大穴競馬予想】を貴方も!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

【ブログ重賞OP予想】
阪神11R宝塚記念(勝負度D)
[印]
◎(本命馬)の馬名はブログ(http://blog.livedoor.jp/sguw/)で公開中!
〇10キタサンブラック
△2ゴールドアクター


[見解]
まずは全8頭分の見解一覧です。
--------------------
1ミッキーロケット
5走前神戸新聞杯では世代横綱に食らい付く激走で、4走前菊花賞は明らかに長い距離での健闘で、3走前は価値ある相手関係(シャケトラ)を下す勝利。
2走前京都記念と前走大阪杯ではスタート△から後手を踏んで上がり上位の脚を追い込むも届かずという競馬に。
過去の道中位置取りとレース結果を比較すると、明らかに前目で競馬できた時に強い競馬をしている傾向が認められる。

今回が好発競馬になる保証があれば穴で期待したい一頭になるのだが、現時点ではその保証はどこにも無い。その点で言えば間隔が空いたローテはプラスになるのだが、そのせいで急仕上げという別のマイナス要素が出ている。
某サイトでは『(音無師)「直前は軽めと思っていたが、今朝もビッシリとやってしまったよ」と訳の分からないことを言う』との暗雲漂うこぼれ話も晒されていた。

また、モタれ癖もより増してきており、最内枠を引いたのでラチ沿い競馬ならば面白いかも知れないが、本当に本当に上手く行ったのみというカンジ。


2ゴールドアクター
当初は春始動戦から宝塚記念への直行ローテが予定されていたのが、始動戦でのあまりにもの不甲斐なさ故に天皇賞春を追試して課された経緯。
その始動戦では折り合いを欠き気味の追走だったのが、天皇賞春では乗り替わり効果か出遅れ非先行策の効果か折り合いについては進境を見せてきた。
次に繋がるレースをできて&新鞍上横山典Jに1戦でも手綱を経験させられた点で、春天出走組で最も純粋なプラス材料を持ち合わせているのはコノ馬と言えるかも知れない。
前走に引き続き手綱を取る鞍上横山典Jにとっても、今回宝塚記念が(勝利しない限りは)同馬とコンビを組む最後のレースになりそうなだけに、勝負するしかない場面になるはず(以後については前主戦騎手に手戻りが既定路線)。
つい半年前で見せた力を出せば足りてくるワケでもあるし、それを出すべく準備をできての参戦にも見えるココは一発の魅力もアリ。


5シュヴァルグラン
最近3走連続で◎打っている通り結構高評価している馬ですが、それは中長距離という距離面が最たる理由だからであり、その距離路線ではない昨年宝塚記念では距離面を最たる理由に危険人気評価をしました(5人気9着)。
近年では天皇賞春好走馬の宝塚記念不振傾向も認められてきています。そりゃ、距離3200と距離2200と全然違うので、距離3200を主に適性で好走した馬にとっては後者レースは大きな壁になって当然の話。
それにドンピシャで当て嵌まるのが完全ステイヤーのコノ馬。
特に今期はベスト距離の適鞍2つ(阪神大賞典→天皇賞春)に全てを懸けてきたという調整過程とレース本番を経てきているので、やはりその流れで別次元のレースと言える宝塚記念でも…と勢いで連続好走できる可能性は低いと見ます。


6シャケトラ
前々走日経賞については、大型マンカフェ産駒で大きく跳ぶ馬で、母父にはシングスピールが入っておりスタミナ〇で、鞍上は中山外捲り戦法のコツを掴んでいる田辺Jで、如何にもこんな(持久力問われる流れで)大味な競馬をさせれば一番の能力を出せるというレース振りをしてきた。
逆に言えば小細工する様な競馬は合わない馬で、3走前日経新春杯が鞍ズレを起こす程だった様に折り合い面には結構怪しさあって、前走春天では出遅れ先行策が致命的に働いて撃沈。
それから距離短縮の条件好転と、前走の失敗を見た上で乗られる今回は再び本領発揮が想定できる場面。
その上で、ハンデ53の日経新春杯2着・田辺マジック日経賞1着のやや戦績不足で確実に足りるとは言えない点でどうか。


7レインボーライン
コノ馬の一線級での好走歴と言えばバテた馬を交わす形が向いた菊花賞2着だけ…JCでも日経賞でも外を回しても内を回してもどちらも捌き遅れて良い脚一瞬の内容。折り合い不安だけの問題じゃなくて、末脚の質的にも直線勝負しかできない様などこか不器用というか注文が付く印象はある。
だからこそ今回の少頭数レース・格上相手での一発という魅力はあるのですが…でも能力一枚落ちの可能性と人気落ち限定的ならば引き続きリスク高めという評価をします。


8ミッキークイーン
前々走阪神牝馬Sでは気持ち短い距離マイルだったのと、直線入口で包まれる様な形は好きではないのかと、そもそも休み明け初戦はエンジン掛かり遅い説もあって、どれが主因なのか全てなのかも知れないがやはり渋さは見せた。それでも段々とエンジンが掛かってからは後続を離す一方の一流馬の走りだった。

それに対して前走ヴィクトリアMでは左回り主犯説が有力であるが、全く競馬をしていないのは事実。阪神牝馬Sで粉砕した相手がVMで軒並み激走した比較からも、VMは度外視・阪神牝馬Sで評価上げという解釈をすべきか。
また、前走で全く競馬をしていない分で、少しキツめのこのローテながら余力十分で上積み見込める調教過程となっているのは大きなプラス材料。

牡馬の底力・持続力が生きる宝塚記念の舞台条件が良いとは言えないが、今回よりも大変だった昨秋有馬記念5着しているならばレース質次第で好走可能なポジションに居るとは見られる。


10キタサンブラック
昨年宝塚記念3着以降は5戦4勝2着1回。唯一の2着はサトノラビットと大きな斤量2キロ差によって、サトノダイヤモンドを除けば現役トップ馬サトノダイヤモンドと同タイムで敗れただけ。
コノ馬に対して、能力的な面でケチを付けられる点は一つも無いでしょう。
どの陣営にキタサンブラックに逆らっては寧ろ好走確率を下げるコトは承知しているはずなので、馬場の紛れがない限りは昨年程の厳展開に巻き込まれる危惧もそこまではしなくて良いだろう。
キタサンブラックの力を出し切る競馬ならば他を寄せ付けぬ力量上位であるだけに、武豊Jが油断競馬してキレ負け展開にしない限りは順当勝利と見ます。


11サトノクラウン
前走大阪杯では馬体重マイナス12キロとパドックでの姿を見る限りでは、結果的には本調子にまで持っていけなかったのが第一の敗因に見えた。その前から休み明け初戦に良績多く、続戦だとすぐ凡走する様なムラが目立つ戦績だった馬。
今回宝塚記念では一雨あれば馬場条件好転など変わり身見込めてくるのだが、ただ上記の懸念が出ているので今回の中2ヶ月の十分とまでは言えないレース間隔での立ち直り具合が最重要ポイントに…堀調教師のギリギリ間に合うか間に合わないかという微妙なニュアンスのジャッジコメントからも立ち直り不安もそれなりに。
--------------------

まずポイントはキタサンブラックの扱い。
実は今回のメンバーでキタサンブラックと鎬を削ってきたと言えるのはゴールドアクターとシュヴァルグランだけで、他のメンバーについてはキタサンブラック経験が浅い馬ばかり。
だからこそ未知の魅力で新星に軍配なのか、又は非Hレベル馬と見てキタサンブラックに軍配なのかですが、やはり後者の方が正解に近いと思います。
新星候補4歳馬については強調できる戦績と言えば、所詮は4歳馬同士で潰し合った戦績になる。非4歳馬の該当馬についてもツボに嵌まった時の戦績だけが目立つ馬になる。
キタサンブラック自身の問題で取りこぼしの可能性はありますが、やはり馬券の軸という扱い未満は有り得ないと。

そして、キタサンブラック以外から入るならの本命馬は〇〇〇〇〇に。
その個別馬見解は上記を参照して頂くとして、宝塚記念は3年前を境に激走する馬がガラリと変わっていて、近3年は如何に宝塚記念に体調を合わせて(=余力を持って)出走できたか否かが大きく作用している様に思える。
だからこその(とっても丁度良い位置にある)鳴尾記念・ヴィクトリアマイル組の活躍傾向に繋がっているのだと。
今回のメンバーは2~6番人気が横一線オッズにも表れる様に、適性加味した能力については本当に甲乙付け難い…でも、そんなのを緻密に計算するよりも過酷な条件でより問われてくる状態面で幾らでも覆るのだと。
そこで〇〇〇〇〇は能力高いのは証明済みで、その上で前走競馬せずのお陰でこの中間は馬体充実させて状態上昇一途という最も理想的な過程は相当有利と読んで…キタサン以外で最も3着内を期待できるのはコレという予想です。
(3番手評価ゴールドアクターも前走春天凡走したお陰で大目標宝塚記念で上昇余地が見込める古豪として評価。)

≪ワイド◎〇(80%)、馬単〇→△(10%)、馬単〇→◎(5%)、馬連◎〇(5%)≫

☆考えるヒント(常勝競馬)コンテンツ
(ブログ)http://blog.livedoor.jp/sguw/
(mixiコミュ)http://mixi.jp/view_community.pl?id=5049238
(ツイッター)https://twitter.com/jou_syou
(メール)sguw125@gmail.com
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
【考えるヒント(常勝競馬)無料メルマガ】8年目突入の行列のできる大穴競馬予想メルマガ
発行周期
週末刊
最終発行日
2017年06月25日
 
発行部数
7,471部
メルマガID
0001127672
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > 競馬全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ