フランス菓子お菓子教室 -douce-

  • ¥0

    無料

フランス菓子お菓子教室の案内です。焼き菓子を中心にフランスの伝統的なお菓子、地方菓子を紹介しています。毎月の予定やテーマをご案内していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
フランス菓子お菓子教室 -douce-
発行周期
月刊
最終発行日
2018年06月03日
 
発行部数
330部
メルマガID
0001151453
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > お店からの情報 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

o○ 。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 フランス菓子お菓子教室 -douce-
6月-7月のお菓子教室空き日程、追加日程のご案内
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。.o○

こんにちは下園です。
今日は気持ちのいいお天気でしたね。

私は久々の土日連続レッスンで、いろんな生徒さんにお会いできてとても楽しかったです。
半年ぶりくらいの生徒さんが多く、皆さんにお元気ですね、とか変わらないですね。とおっしゃっていただきました。
確かに、なんだか元気です!
正直夕方以降は一気に疲れが出て夜はバタっと倒れるように寝てしまいますが、寝てしまえば翌日にはリセットされるのです。

元気とはいえ、仕事がスムーズにいかないこともしばしばですが、自分の目指すお菓子作りに向けて地道に頑張りたいと思います。
そういえば、先日の「プロフェッショナル」ご覧になりましたか?ショコラティエ パレドオールの三枝シェフが登場しましたね。
その中でシェフが「普遍的なおいしさ」を目指している様子が映っていました。

私が目指すのもまさにそこ。時代に左右されない普遍的なおいしさです。
インスタグラムが流行る昨今、見た目や演出も大切なポイントだと思うのですが、私が一番重要視しているのは美味しさ。
そこを大切にしていきたいと思います。


-----------------------

★フランス地方菓子講座のご案内★

NHK文化センター青山教室にて、2回目となるフランス地方菓子講座を開催します。
書籍「フランスの素朴な地方菓子」より6~8品を実際に試食していただきながら紹介します。

6月23日(土)13:00~15:00階催です。
参加申し込みはリンク先にてよろしくお願いします。
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1153317.html

今のところパッション・ドゥ・ローズさんでガレット・トロペジェンヌ、ロタンティックさんでタルト・フロマージュブランやスイスなどを
お願いする予定です。あと1店舗どちらかに依頼予定。地方菓子の魅力を見て、聞いて、そして味わえる講座です。
私の講座はきちんと味わってもらう、というのが特徴なので試食が結構多いです。すこしお腹をすかせて参加くださいね。


-----------------------

【5月地方菓子レッスン1 フェネトラ】

フランスミディ=ピレネー地方の中心都市トゥールーズに伝わるお菓子。
死者の日に古くから伝わる儀式か時代を経て現在では世俗的なお祭りになっています。
そのお祭りの際に家族や友人で食べるお菓子フェネトラ。
タルト生地、アプリコットのジャム、レモンのコンフィ、アーモンド入りメレンゲ生地の構成です。
派手さは全くないですが、地方菓子らしい素朴な美味しさがあります。

トゥールーズといえばスミレの花も有名。
お土産にはカシスのメレンゲにスミレの花をトッピングした、可憐なお菓子をお付けします。

■日程
6月5日(火)10:00~13:30、6月18日(月)13:00~16:30

■参加費 8000円

※平日、日程にない日をご希望の方は、ご相談ください。
-----------------------

【6月地方菓子レッスン2 さくらんぼのクラフティ】



さくらんぼを使った地方菓子は、いくつかあるのですが、今年はさくらんぼのクラフティを取り上げます。
フランス、リムーザン地方のお菓子です。
卵、砂糖、小麦粉、牛乳を併せた生地にさくらんぼを入れて焼いたプティングの様な家庭菓子です。
現地では種ごとさくらんぼを焼きこむのが鉄則。そうすることで独特の香りがでるのだそう。

サクサク軽いブリゼ生地と一緒に食べるアパレイユとさくらんぼは、とっても軽やかで美味しく、毎年この時期になるといただきたくなるお菓子です。

■日程 6月9日(土)9:30~13:00、6月16日(土)9:30~13:00
6月28日(木)10:00~14:00
※平日、日程にない日をご希望の方は、ご相談ください。

■参加費 8000円

-----------------------

【7月新作 クッキー缶】

ひと口サイズのクッキーを色々と詰め合わせたクッキー缶のレッスンです。
少しクラシカルな雰囲気で作りたいと思っています。
まだまだ構想段階ですが、クッキー大好きな私自身が欲しくなるクッキー缶を目指して作ります!
実習、デモ、口頭説明をあわせての紹介です。

■日程 7月14日(土)13:30~17:00
7月21日(土)9:30~13:00と13:30~17:00
7月24(火)または7月26日(木)午後
7月26日(木)10:00~14:00
7月28日(土)9:30~13:00

■参加費 未定。8000円代を予定しています。

-----------------------

【7月フランス地方菓子3 コロンビエ】

南仏マルセイユで食べられるお菓子コロンビエ。
復活祭から数えて7週目の日用意の聖霊降臨の日(パントコート)に食べられるお菓子です。

アーモンドたっぷりのしっとりしたコクのある生地にフルーツのコンフィを入れて焼いた
素朴な味わいのお菓子です。それだけでも美味しいですが仕上げにアプリコットジャムとラム酒香るグラスをかけることでより一層深みのある味わいに。

お菓子の上には、平和と三位一体の聖霊の象徴である鳩を飾ります。
鳩はマジパンで手作りしますので、それもお楽しみに。

■日程
7月7日(土)13:30~17:00

■参加費 8000円
※平日、日程にない日をご希望の方は、ご相談ください。

■参加費 未定 8000円代を予定していますが、試作が進み次第確定します。
※平日、日程にない日をご希望の方は、7月16日~7月末まででご相談ください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ