毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)

  • ¥0

    無料

TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、英文区切り・和訳・文法解析 がついています。 英語だけでなく、経済まで学べる一石二鳥なメールマガジンです。 完全無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、このメルマガに挑戦しない理由はありません。まずはメールアドレスを登録してみてください。 きっと、「こんな最高の英語教材があったのか!」と驚きます。 ワンクリックで簡単に無料登録できます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
発行周期
日刊
最終発行日
2017年08月18日
 
発行部数
20,794部
メルマガID
0001162214
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > TOEIC/TOEFL

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

【ウオオ!!ウォルマートは力強い!Amazonに唯一対抗できる企業か?】毎日1分!経済英語NEWS!

おはようございます。
八木翼です。

Walmartは力強い状態を維持していますね。

規模的にもAmazonに対抗できる価格競争力を保持していますし、
最近はネットとリアルの橋渡しをするようになってきています。

配送の問題はまだまだ解決しなさそうですが、
頑張ってほしいですね。

ニュースを見てみましょう。



------------------------------------------------------
【「毎日5分!経済英語NEWS!」1ケ月無料!!】
只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
この機会にぜひお試しください。途中で解約しても無料です。

http://bit.ly/vM6QxW
(1カ月以内であれば、途中で解約しても無料です。
お気軽にお申し込みください。)

※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
※例えば、7月25日に登録されると、7月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.

------------------------------------------------------


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■【毎日1分!経済英語NEWS!】 2017_08_18
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・このメルマガを毎日読むことで、TOEIC点数の上昇、
TOEIC回答時間の短縮ができます。
既に多くの皆様から、TOEIC点数上昇のご連絡いただいております。

Twitterのフォロー大歓迎です!!
http://twitter.com/#!/tentengu
Facebookはこちら↓
http://www.facebook.com/tsubasa.yagi.716
メルマガ発行者:八木翼 プロフィールはこちら↓
http://keizai-news.sakura.ne.jp/


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■1.原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【With strong earnings, Walmart continues its battle with Amazon】

(1)
Walmart reported earnings and sales that beat
expectations for the second quarter this year,
with same-store sales growing for U.S. stores
60%, CNBC reports.

(一部引用元 AXIOUS:http://bit.ly/2uV64Or)



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■2.英文構造診断
S(主語),V(動詞),O(目的語)、C(補語)を表示しています。
和訳時の助けにするためですので、厳密な文法に従っていません。
後ろについている数字が同じものは、同じ節の中で使われていることを意味します。

以下の種類の節・句(不定詞、動名詞、分詞のみ)をカッコでくくります。

・名詞節 :[[文章]]←名詞の役割を持つ節、
・形容詞節 :((文章))←形容詞(名詞を修飾)の役割を持つ節、
・副詞節・副詞句:{{文章}}←副詞(動詞・形容詞・文全体を修飾)の役割を持つ節
・形容詞 : ( 句 ) ←節ではなく句の場合
・副詞 : { 句 } ←節ではなく句の場合

(メールでスペースが消えてしまうものがあるようなので、
---で1段落下げることにしました。)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【With strong earnings, Walmart continues its battle with Amazon】

(1)
Walmart /S1
reported /V1
earnings and sales /DO1
---(( that /S2
------beat /V2
------expectations /DO2
---------{ for the second quarter } /
---------{ this year, } /
---------{{ with same-store sales /S3
------------growing /V3
---------------{ for U.S. stores 60%, } /
---------}} /
---)) /
CNBC /S4
reports./V4

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://goo.gl/A2Mo0b


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■3.和訳
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【With strong earnings, Walmart continues its battle with Amazon】
(力強い収益、ウォルマートは、Amazonとの戦い継続)

(1)
Walmart /S1
reported /V1
earnings and sales /DO1
---(( that /S2
------beat /V2
------expectations /DO2
---------{ for the second quarter } /
---------{ this year, } /
---------{{ with same-store sales /S3
------------growing /V3
---------------{ for U.S. stores 60%, } /
---------}} /
---)) /
CNBC /S4
reports./V4
(ウォルマートは、既存店舗の売り上げの成長が、米国で
60%伸び、予想を打ち破るような今年の第2四半期の
利益と売り上げを報告した。)

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://goo.gl/A2Mo0b



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■4.訳出のポイント解説
 (疑問点がありましたら、質問ください。翌日以降に【7.Q&A】で回答します。)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日は(4)で登場している[as]についてです。

asはものすごくあやふやな単語です。

なぜなら、asの基本イメージは「貼り付ける」だからです。
例文を見てみましょう。

As he was great guy, I had dinner with him
(彼が素敵だったので、夕食をご一緒しました。)

As every ones know, I can't swim.
(皆さんご存じの通り、私は泳げません。)

I regard this job as a good chance.
(わたしはこの仕事をいいチャンスだと思っています。)

これら全て、辞書的にいえば「用法が違うas」なんですよね。
しかもまだまだ用法を上げることができます。

こんなの覚えれるわけありません。

それよりも、イメージとして、「(何かを何かに)貼り付ける」
をもっておきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://goo.gl/A2Mo0b



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■5.経済解説
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さて、ウォルマートが予想外の好調を示していますね。

正直、e-commerceにはもっと苦戦して、5月時点では
赤字になるくらいの感覚で投資していましたので、
嬉しい誤算でした。
(現在は既にウォルマートは売却済みです。)

今後は日本でも配送料が意識され、amazonだけという選択肢では
なくなっていくかもしれませんね。

そもそもe-commerceには結構本気で取り組んでいます。

以前、walmartのアニュアルレポートを分析した際に、
こんな記述がありました。
(以下の()内は、要約です。荒っぽい要約ですが、そのまま載せます。)


Our investments in people, our stores and our digital
and e-commerce capabilities are the right ones.
(従業員、店舗、デジタル、e-commerceへの投資は、正しいと思っている。)

We all know that retail has changed and will
continue to change at an accelerating pace.
We also know that what we did in the past wouldn't by
itself be enough to win with customers.
Competition is strengthening; pure e-commerce businesses
move fast, innovate well and run on lower
margins.
Hard discounters run on lower levels of profitability
and they are growing quickly.
We know there is a lot more change to come and we are
motivated by it.
(小売業界は、加速的に変化している。これまで通りじゃダメで、
競争は激しくなっている。マージンが低くなっている。
手ごわい相手が増えてきた。
いろいろな変革が必要で、それを実行する気だ。)

we have also been building an e-commerce business;
we have been hiring top technology talent in Silicon Valley
and around the world.
(これは知らなかったですが、シリコンバレーや世界中から、
才能のある人を雇用して、e-commerceをやっているようですね。
少なくとも、日本のスーパーはそんなこと考えてもいないでしょう(笑)
日本ではセイユーがウォルマート系列なので、期待したいです。)

Refreshing the customer experience and becoming a
true Internet technology company.
We are now one of the top three online retailers
by traffic and our Walmart US app is among the top
three apps in retail with tens of millions of customers
downloading it and using it regularly.
(顧客の経験をリフレッシュし、真のインターネットテクノロジー会社になる。
我々は、トラフィックでも、Walmart US appでも、数千万人の顧客が、
アプリをダウンロードして、日常的に使っており、上位3位のオンライン小売りだ。)


we will add capabilities to our supply chain.
It has been one of our most important strengths
and we are working to morph our supply
chain of today to enable us to win in the future.
(我々は、サプライチェーンの能力も強化する。)

Today most of our distribution centers were obviously
built for the purpose of serving stores.
We are changing that to have a stronger [each]
capability for moving individual items.
(これまでは、店舗に配送することを目的としてきたけど、
今度からは、個別の商品を移動させる能力を強化する。)


We will connect our various types of DCs and
stores and improve our inventory accuracy and
efficiency.
(様々なタイプのDCにつなげて、在庫精度、効率性を改善する。)

Optimizing the inventory in our system is
a huge lever to serve customers better and
to take a lot of cost out, not only through
transportation and handling but also through markdown
elimination.
(在庫の最適化は、コストを削減する。
輸送費とかね。さらに、値下げがなくなって、
その分のコストも下げれる。)


(アマゾンに勝てる理由。そもそも配達網を持っている。)
Today we are seeing e-commerce companies test stores.
It is because they see the same customer desire that
we see.

Here is a key question: Will it be easier for an
e-commerce company to build out a massive store network
and create a customer service culture at scale, or are
we better able to add digital and supply-chain capabilities
and leverage our existing stores?
We like our chances.
(アマゾン(amazonとは言ってないけど)が巨大な店舗ネットワークを
構築し、顧客サービス文化をこの規模で作るのか、我々が、
デジタルを加え、我々の既存店舗をレバレッジとして、
サプライチェーンの能力を改善するのか?
我々のチャンスに賭けたい。)

As we do that we will grow what we call the sweet
spot of our customer base. Our best customer shops
with us not only in stores but also online.
They spend more, shop more frequently and give us
a higher share of their wallet.
(ネットだけじゃなくて、店舗だけじゃなくて、両方から
買う人の買い物額が多い。)

If you look at these circles, you see our average
store only customer in Walmart US spends nearly
$1,400 a year with us. The average online customer
spend a little over $200 a year. But the customer
who shops us through multiple channels spends more
than $2,500.
(店舗だけの人は、1年に、1,400$。
オンラインのアベレージは、200$。
両方使う人は、2,500$だ。)


We made a choice though to first invest in technology
and people and those investments are putting pressure
on short-term earnings. T
(短期的に利益を押し下げる。)


The second growth area is convenience. Wasted time is a
cost to the customer and we can help them save here too.
E-commerce is inherently convenient.
By broadening our marketplace assortment, creating better
websites and apps and using data and personalization we are
offeringcustomers better choices every day.
And we see a huge opportunity through pickup, particularly
in grocery. The combination of a digital relationship
and stores is a winner.
(商品を届けるのではなく、事前に注文してあった商品を取りに
来てもらう。そっちのがどちらも時間を節約できる。)

うーん、今見ても戦略的に間違ってないと言えそうですよね。
これを見て買いを決めたのが良かったです。


私はウォルマートの成長はまだまだ加速すると思っています。

あ、ちなみにこの分析を行ったのはバフェットの眼という
メールマガジンの方です。

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html

海外株が気になっている方はお勧めのメルマガですので、
購読してみてください。
(まずは無料版からお願いします<m(__)m>)

ただし、要注意なことがありまして、私は今回ウォルマートの
上昇は期待していましたが、GAPの回復も期待して株を買っています。

しかし、GAPは思いっきり下落しているので、私に期待しすぎるのも
どうかと思います(笑)

株はあくまで自己責任です。
そこが楽しいところなんですけどね。




■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■6.もう一度原文
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【With strong earnings, Walmart continues its battle with Amazon】

(1)
Walmart reported earnings and sales that beat
expectations for the second quarter this year,
with same-store sales growing for U.S. stores
60%, CNBC reports.

・・・・・・・・・・・

-----------------------------------------------------
続きは【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://goo.gl/A2Mo0b



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■7.FRENGでアウトプット(完全無料)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FRENGは有料メルマガ限定のFacebookグループです。

コチラが今日の私の投稿です。
私自身も文法を大して気にせず書いているので、間違い多数です(笑)
アウトプットの継続に焦点を置き、精密さはいったん忘れましょう。

1.Walmart is good.
2.One of the strong point of Wlamart is low cost management.
3.A lot of people have feeled that price is too high in
Convenience store.
4.It make them to go to supermarket.
5.So the stores which have strong point in prices,
like Walmart,is promissing if it succeeded to adopt internet convinience.


気軽にどんどん投稿していきましょう!
やればやるほど英語脳になっていくのが実感できます。


-----------------------------------------------------
入会希望者は【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】をご購読ください。
http://goo.gl/A2Mo0b


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【5行エッセイの作り方】
5行エッセイは、ものすごく単純な英語で作ってください。
こんな感じです。(先日紹介した記事に書かれています。)

I like coffee.(私はコーヒーが好きだ)
It tastes and smells good.(味や香りがいい)
It keeps me awake.(眠気が覚める)
It is good for health.(健康にいい)
Coffee is my favorite drink.(私のお気に入りの飲み物はコーヒーだ)

とにかく、シンプルに。単純に。とりあえずやってみてください。
英語が違っていても、文法が違っていても、何の問題もありません。
書き出すことから始めてみましょう!
魔法のように英語が喋れるようになります!



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■8.今、気になるブログBEST3!
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(英語のメルマガじゃないの?と突っ込まれそうですが、
英語だけじゃなく、日本語の経済ニュースを深く理解していなければ、
英語を翻訳できません。私の気になるブログを紹介します。
基本は、毎日1ブログ更新しています。
あ、英語のブログもたまに入ってますw)
----------------------------------------------------------------
3位お盆休みに、休みについて考える
http://blogos.com/article/240230/

僕も昨日、プールへ行ってきたのですが、尋常じゃないこみ方でしたね。
日本人は、休みの取れる社会を実現とかいうんですが、権利としては、
あるので、もう日本人が取るかとらないかの問題なんですよね。

で、根底にあるのは、テストステロンの低さなどで、欧米人種に比べ、
「自分勝手」になることが欠けてしまうところです。

食事を変えれば、変わると思うんですけどね。

----------------------------------------------------------------
2位 日本は貿易立国から投資立国に、経常黒字10兆円超で
リーマンショック後最大
http://blogos.com/article/240724/

ソフトバンクを見て、「日本は米国のようなグローバル金融ビジネスを
得意としていませんから、やはり外貨は製造業の海外進出によって
稼ぎ出した方が、無理がないでしょう。」と言っているのでしょうか?
ちょっと考え方が時代遅れな感じがしますね。
ちゃんと投資してますよ、先見性の日本企業は。
ファナックもNVIDIAと提携しましたし。

----------------------------------------------------------------
【NEW】1位 「ホワイト企業」がベストな就職先、と考えない理由
http://blogos.com/article/240858/

この一文。
「残念ながら一昔前に素晴らしく機能した終身雇用や年功序列などの
日本型雇用システムは変化の激しいデジタル時代とのマッチングが良くない。」
というのはまさにその通りかもしれません。


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■9.「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■英語なんか出来なくても良い

私は以前、日本人が英語をしゃべる必要なんかないと思っていました。
なぜなら、仕事はできるのです。英語なんか喋れなくても。
しかし、、、ユニクロ、楽天、と大手企業はみんな英語を公用語にしました。
私の上司も英語を勉強をするように促し、なんだかいつの間にか社内は
外国人が多くなってきていました。
隣の外国人が何を喋ってるか全くわからない。。。
ミーティングで若手が外国人と何かを喋っている。。。
恐怖を感じました。

■英語はできなければいけない

そんなある日、朝のミーティングで部長から発表がありました。
「当社は管理職の条件として、TOEIC700点を義務付けることとなった。」
まさか。。。私の会社はそんなことないと思っていたのに。。。
しかし、これが現実です。
グローバル化の波は、少子化で人材不足の日本に押しよせていたのです。

もしかしたら、明日は、「当社は公用語が英語になった」と言われるかもしれません。

ふと横を見ると、42歳の先輩の顔は真っ青でした。
普段から、英語なんて必要ないと豪語しておられた先輩で、
次期部長であると期待されてた方です。

私はどうにかしなければと焦っていました。
ふと目に留まったのが、なんとなく読んでいた、
八木さんの無料メルマガに書いてあった教材です。
一誌たったの28円。
大した額じゃないし、やってみるかと軽い気持ちで始めたんです。

今まで英語の勉強なんて全然続かなかったんです。本当に。
いろいろ試しました。
英会話学校やらDUOやらNHKのラジオ講座やら。。。
しかし、つまらない英文を、難しい言葉で解説されて、
いつも途中でやめてしまうんです。

■続けられる英語教材 

このメールマガジンの素晴らしいところは、英語を
分解してくれるところです。

八木さんの大事にしている言葉の
「問題は分割せよ。」
を体現しているメルマガです。

私が、これまで英語が分からなかった原因は、
英語を分割していなかったことでしょう。

人間が食べ物を栄養とするときには、

消化→吸収→合成

というプロセスを踏みます。

それと全く同じことが、英語の学習にはないのです。
消化も吸収もせず、いきなり合成したり(日記を書こうという安易な指導)、
消化していないのに吸収しようとしてみたり(無理な多読やとにかくヒアリングすること)。。。

八木さんのメルマガは、

消化(英語の分割)→吸収(英語や経済の解説)→合成(FRENGによるアウトプット)

のステップをきちっと踏まえていて、学習方法として、
非常に納得でき、すんなりと理解できるものでした。

それも、最新のニュースでその学習ができるのです。

こんな素晴らしい教材は、私は他に知りません。


■TOEIC480点アップ 

この勉強を始めて、6カ月後、TOEICを受けに行きました。
「あれ、なんか英語が分かるな~」という感触は確かにありました。
ただ、分からない部分もあったので、点数はそんなに期待していませんでした。
しかし、結果は私の予想をはるかに上回っていました。
びっくりです。
なんとあれほど勉強しても上がらなかったTOEICの点数が、
820点なのです。
6カ月前は340点でしたので、なんと480点アップです。
八木さん本当にありがとうございました。

■私と先輩の運命

先月なんと、私が部長に昇進いたしました。
最年少での部長昇進です。

八木さんの教材に出会わなかったら、リストラ候補だったかもしれません。
実際、顔を青くされていた先輩は、現在リストラ候補です。
私からクビを言い渡さなければいけないかもしれず、
ちょっと気まずいですが。。。
このメール、紹介に乗せても結構ですので、是非使ってください。
本当にありがとうございました。
-----------------------------------------------------------------------

以上、実際に先日送られてきたメールです。
(※長かったので、見出しをつけて整理させていただきました。)

TOEIC480点上がったという方は珍しいですが、200点、300点程度であれば
良くメールを頂きます。

もちろん購読していただいたのは
「毎日5分!経済英語NEWS!」
http://bit.ly/vM6QxW
です。
(※上記URLからサンプルもご覧になれます。)

今の日本には、英語の学習方法が氾濫しています。

・とにかくたくさん英語を聞けばいい。
・イメージで文法を学べ。
・発音方法の違い。
・英単語をとにかく大量に覚える。
・英語の映画を見ればいい。
・多読しまくればいい。

私は、その全てが不正解であると思っています。
ご指摘の通り、英語は、

消化→吸収→合成

のプロセスが大事です。
是非、そこを意識して、学習を継続していきましょう。

今なら、

「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」

ですね。一か月無料なので。

さらに、このメールの一番下に、毎日5分!経済英語NEWS!の
読者からのメッセージを掲載しています。
是非ご覧ください。

-----------------------------------------------------
(【毎日5分!経済英語NEWS 有料版】
http://bit.ly/vM6QxW )

只今、「毎日5分!経済英語NEWS!」は1か月無料キャンペーン中です。
お早めにご登録ください。
http://bit.ly/vM6QxW (こちらのURLにメルマガのサンプルがあります。)
※初月の途中で解約しても無料です。
※月の途中で登録されても、その月始めの配信分が送られてきます
たとえば7月25日に登録されても、7月1~24日のメールマガジンがまとめて
発行されます.



■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■10.編集後記
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それにしてもウォルマートは素晴らしいですね。

個人的にはウォルマートとAmazonが協力したら
素晴らしい買い物ができそうな気がします。

まあ、中国とアメリカが同じ国になるというくらい、
有り得ない話かもしれませんが。

継続は力なり!
だめでもともと!(笑)
八木翼でした。

twitterもやっております。お気軽にフォロー、メッセージください。
http://twitter.com/#!/tentengu

八木翼のその他の活動

・ バフェットの眼(無料)
http://www.mag2.com/m/0001277652.html

・ バフェットの眼(有料版)
http://www.mag2.com/m/0001595741.html


引用、参考資料
CNNMoney
NHK
(Japan Broadcasting Corporation)
The New York Times
bloomberg
ネイティブスピーカーの単語力:大西泰斗/ポール・マクベイ著
http://amzn.to/1JNbz1q


■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■メルマガ説明
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この度はメルマガご購読頂き、誠にありがとうございます。
本メルマガの構成は以下のようになっております。

 ■1.原文
 ■2.構文解析
 ■3.対訳
 ■4.訳出のポイント解説
 ■5.経済コラム
 ■6.もう一度原文

基本的には1~5の繰り返しで十分実力は付きます。
この流れで、英語の訳し方がわからない部分を学習していただきます。

---ここから先は余裕がある方-------------------------------------
 ■7.FRENGでアウトプット(完全無料)
 ■8.今、気になる日本語ブログBEST3!
■9.「4200円でTOEICの点数を480点あげる方法」
 ■10.編集後記

この学習方法は、継続が大切ですので、
英語を読む習慣をつけるようにしてください。

それでは頑張っていきましょう!
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ