日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)

  • ¥0

    無料

2005年から開催の「中国人の日本語作文コンクール」(日本僑報社・日中交流研究所主催)に関する各種情報を日本語で伝える月刊メールマガジン。コンクールは2016年に第12回を迎え、中国で日本語を学ぶ学生の間で「最も権威のある日本語作文コンクール」として知られています。日本語を学ぶ中国人学生を応援したい方、またコンクールの最新情報にご関心のある方は、ぜひ閲覧ください!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日語作文大賽月報(日本語作文コンクール月報)
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年09月08日
 
発行部数
135部
メルマガID
0001237171
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         日語作文大賽月報 第72号 2017年9月8日発行
       http://duan.jp/jp/ 編集発行:段躍中(1212@duan.jp)
       △登録・解除http://www.mag2.com/m/0001237171.html△
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●第13回「中国人の日本語作文コンクール」、佳作賞以上の入賞者292人を発表!●

【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所が主催する「第13回中国人の日本語作文コンクール」は、第1次審査を厳正に行った結果、佳作賞以上の入賞者計292人を選出した。9月8日、その名簿を発表した。

入賞者の皆さん、誠におめでとうございます!

※佳作賞以上の入賞者リスト(292人)http://duan.jp/jp/2017292.htm

協賛は、株式会社ドンキホーテホールディングス、東芝国際交流財団。

後援は、在中国日本国大使館、日中友好7団体、中国日本商会、北京日本倶楽部など。

また、朝日新聞社がメディアパートナーとなる。協力は日中文化交流センター、(公財)日中国際教育交流協会など。

今回の日本語作文コンクールは従来通り、日本での半年以上の留学経験のない中国人学生を対象として、5月8日から31日までの約3週間にわたり作品を募集した。

厳密に集計した結果、中国27省市自治区・特別行政区と日本の大阪府(計28)の189校(大学、専門学校、高校)から、延べ4031本もの作品が寄せられたことがわかった。近年ではトップに並ぶ作品数を記録した(1人につき複数の応募もあるため、作品数は延べ数とする)。

日中関係は今年、国交正常化45周年の節目の年を迎え、この重要な機会を生かして一層の関係改善を図ろうとする期待が高まっている。こうした前向きな両国関係の背景をとらえ、中国で日本語を学ぶ若者たちの日本語学習熱が一定して高いことが示された形となった。

詳しい集計結果を見ると、応募総数4031本のうち、男女別では男性636本、女性3395本。女性が男性の5倍を超えて、圧倒的に多かった。

今回のテーマは(1)日本人に伝えたい中国の新しい魅力 (2)中国の「日本語の日」に私ができること (3)忘れられない日本語教師の教え――の3つあり、テーマ別では(1)2476本 (2)452本 (3)1103本 という結果で(1)が最も多かった。

(1)が最多となったのは、年々増加を続ける訪日中国人客(2016年は過去最多の637万人を記録)に比べ、訪中日本人客が減少し、人的往来のアンバランスが生じている中、日本人に中国の新たな魅力をアピールし、中国により関心を持ってもらいたい、訪中日本人客の増加につなげたいと熱心に考える中国の学生が多かったためと見られる。

応募作は例年にも増して甲乙つけがたい優秀な作品が多く、事務局関係者による1次審査員も大いに頭を悩ませた。

今後は、外部有識者の審査員による2次審査を経て、国際電話による口述試験、さらに在中国の日本大使自らによる3次審査まで行い、最終的に最優秀賞(日本大使賞)1本、1等賞5本、2等賞15本、3等賞60本を決定し、随時発表することになる。

最優秀賞受賞者には、副賞として「日本1週間招待」の特典が与えられる。また3位までの上位入賞作は「受賞作品集」として書籍にまとめられ、日本僑報社から出版される予定。その後、12月12日(火)に、中国・北京の日本大使館で表彰式を行う計画となっている。

【園丁賞】日本僑報社・日中交流研究所は先ごろ、今回の日本語作文コンクールの「園丁賞」を発表した。「園丁」とは中国語で教師のことを意味しており、同賞は日中国交正常化35周年に当たる2007年の第3回から、学生の作文指導に実績のある学校を表彰している。

具体的には1校で50本以上の応募があった学校を授与の対象としており、今回は湖州師範学院(152本)、大連海洋大学(119本)、中南財経政法大学(104本)、大連理工大学城市学院(103本)など、計36校を表彰することとなった。

「園丁賞」受賞校には、賞状と賞品が贈呈される。また作品数10本以上の応募校には、記念の書籍が贈呈される。

※「園丁賞」受賞校一覧 http://duan.jp/jp/2017c.htm 

【中国人の日本語作文コンクール】日本僑報社・日中交流研究所が主催する「中国人の日本語作文コンクール」は、日本と中国の相互理解と文化交流の促進をめざして、2005年にスタート。中国で日本語を学ぶ、日本に留学経験のない学生を対象として、2017年で第13回を迎える。

この13年で中国全土の300校を超える大学や大学院、専門学校などから、のべ3万7202名が応募。中国国内でも規模の大きい、知名度と権威性の高いコンクールへと成長を遂げている。作文は一つひとつが中国の若者たちのリアルな生の声であり、貴重な世論として両国の関心が集まっている。

※大好評発売中!『訪日中国人 「爆買い」以外にできること―「おもてなし」日本へ、中国の若者からの提言』(日本僑報社刊)

http://duan.jp/item/229.html 

第12回中国人の日本語作文コンクール入選作品集。過去最多となった5190もの応募作から上位入賞81作品を収録。「訪日中国人、『爆買い』以外にできること」など3つのテーマに込められた、中国の若者たちの「心の声」を届ける!

【優秀賞(3等賞以上)各賞決定について】

3等賞以上の優秀賞各賞(最優秀賞1本、1等賞5本、2等賞15本、3等賞60本)の決定は10月下旬を予定しており、最終発表は11月上旬までに行う予定です。

今後、行われる表彰式や受賞作品集の刊行などについては「新浪微博」(http://weibo.com/duanjp)、「微信公衆号―中日橋段」(微信公式アカウント)、および作文コンクール特設ページ(http://duan.jp/jp/)にて随時お知らせいたします。関係者の皆さんは、ぜひチェックしてください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集・発行:第13回中国人の日本語作文コンクール事務局 http://duan.jp/jp/
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000005117.html 
★段躍中微博:http://weibo.com/duanjp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ