週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋-

  • ¥0

    無料

これからの厳しい世の中で、忙しくて投資のことなど考えている時間の無い人のために、投資の本質やしくみを効率的に教え、より豊かな人生をお助けしようというのがこのメルマガです。 ワイルドインベスターズ会員サイトでも提供している情報のエッセンス、例えば - グローバル経済はどんな局面にあるか - 投資商品に隠されたコストとリスク - 本質的な投資家教育 - 生き残るための考え方 - 投資税制 などを中心にこのメルマガを「生き残りの処方箋」として提供していくつもりです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋-
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年07月14日
 
発行部数
1,352部
メルマガID
0001237271
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第378号 対抗関税の損得勘定 (2)独裁国家は自由市場や顧客を理解できない

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



それにしても不思議です。

製品を買ってくれるのですから、中国にとって米国は「良いお客さん」です。

しかし米国の方は中国が利益を上げていることが気に入らないので、関税をかけました。

すると中国の方も怒って、米国に対抗関税をかけてきました。

お客さんの「不満」に対し、中国政府は「報復」で応えたのです。

*****************************************************

このことからも、今回の件が単なる貿易問題ではないことがうかがい知れます。

ゼニカネの話なら、かつて日本や台湾がやったように黒字を還元すれば済む話。

しかし中国は米国から利益を得て、覇権を奪おうとしています。

米国はその動きに気付いて、利益を与えないようにしています。

ゼニカネで済む問題ではないから拗れているのです。

*****************************************************
*****************************************************

そもそも、独裁国家は自由市場や顧客のことが理解できません。

市場で「取引」しなくても、強権を使って「徴収」することができるからです。

鉄道や高速道路用地が必要なら、住民を立ち退かせれば済む話。

わざわざ住民を納得させたり、費用を払ったりすることもないのです。

*****************************************************

かつて中国株の下落が止まらなくなった2015年ごろ、株式で多くの銘柄が取引停止となりました。

中国政府は株を売ることを禁じ、大企業に買い支えを命じました。

それによって株価下落を止めたと、誇りに思っていることでしょう。

しかしそれによって、中国株を「資産」と考える先進国民は減ってしまいました。

「いきなり売ることを禁止される株」を買う人間はいないからです。

*****************************************************
*****************************************************

かつてソ連は市場メカニズムを軽視したゆえにイノベーションに後れを取り、滅びました。

中国はその反省から改革開放路線を進めましたが、形だけの導入に終わっています。

自由市場では情報も自由に行き交うため、独裁国家には都合が悪いです。

形だけ真似ても本質的には全く異質なままであり、市場とは呼べないものなのです。

*****************************************************
*****************************************************

独裁国家には言論の自由がありません。

議論も批判もジャーナリズムもありません。

顧客が自由に取引し、適正な価格が形成されるという意味がわかりません。

市場や貿易を理解するマインドそのものが欠けているからです

その重要な「インフラ」がないため、いずれ経済が衰退する運命にあります。





(終)




-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。


投資戦略動画(公開用)20180713
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51253546.html

会員さん用投資レポート「DEEP INSIDE」2018年07月号リリース
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51253435.html



ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc. All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ