週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋-

  • ¥0

    無料

著者サイト

これからの厳しい世の中で、忙しくて投資のことなど考えている時間の無い人のために、投資の本質やしくみを効率的に教え、より豊かな人生をお助けしようというのがこのメルマガです。 ワイルドインベスターズ会員サイトでも提供している情報のエッセンス、例えば - グローバル経済はどんな局面にあるか - 投資商品に隠されたコストとリスク - 本質的な投資家教育 - 生き残るための考え方 - 投資税制 などを中心にこのメルマガを「生き残りの処方箋」として提供していくつもりです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋- 

第317号 トランプ外交の転換点 (5)米国内からの反撃

週1回発行
                      ワイルドインベスターズ株式会社
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週はトランプ大統領の「ロシア癒着疑惑」で市場が荒れました。

FBI(連邦捜査局)のコミー長官を解任したことが、捜査妨害ではないかと疑われたのです。

世界的に株価が急落し、円高リスクオフとなりました。

*****************************************************

正直なところ、この事件が弾劾に相当するかどうかわかりません。

「米国人は権力の乱用や不正にはうるさい」という印象があります。

トランプ氏が突っ張れば突っ張るほど、反感は強まるでしょう。

その反面ビル・クリントン大統領のように「ごめんなさい」と言えば、許されることもあります。

*****************************************************
*****************************************************

しかしビル・クリントン弾劾裁判(モニカ・ルインスキー事件)と違うのは、親中派が敵に回っていることです。

米国内の主要メディアが、トランプを引きずり降ろそうと狙っています。

またシリア攻撃により、親ロ派も敵に回った可能性があります。

トランプ大統領が簡単にやられるとは思いませんが、対処を誤れば危険な状況だと思います。

*****************************************************
*****************************************************

その裏には、中国や北朝鮮の「米国内調略」があるのかもしれません。

北朝鮮に対するトランプ政権の対中国圧力は、これまでうまく行っていました。

その劣勢を覆すため、トランプ大統領の足元に火をつけようということです。

独裁国家が民主国家に対して行う「国内世論を装った圧力」です。

マスメディアに潜り込んだスパイたちが、フェイクニュースを交えて国内を混乱させるのです。

*****************************************************

米ロを対立させて利益を得てきた中国は、米ロ蜜月を恐れています。

仮に癒着の相手が中国だったとしたら、米メディアもこれほど叩かなかったでしょう。

その点が親中派で米メディアから守られていたビル・クリントンとは違います。

*****************************************************
*****************************************************

トランプ大統領の政権基盤が揺らげば、中国や北朝鮮に対する圧力が減ります。

そのまま弾劾に持ち込んで、引きずり降ろせたら万々歳。

少なくとも政権内をかき回して、親中派を主要ポストに就けるぐらいは狙っているはずです。

*****************************************************

その効果がさっそく出ています。

中国はこのタイミングで南シナ海の埋め立て環礁にロケットを配備しました。

フィリピンに「資源を採掘するな」と脅しました。

尖閣ではドローンを飛ばしました。

----------------------------
中国、南シナ海の環礁にロケットランチャー設置
ロイター 2017年 05月 17日 15:58 JST
http://jp.reuters.com/article/southchinasea-china-idJPKCN18D0KA
----------------------------
「天然資源採掘するな」 中国が比に戦争警告 習近平主席がドゥテルテ氏に
産経新聞2017.5.20 01:03
http://www.sankei.com/world/news/170520/wor1705200012-n1.html
----------------------------
中国船が尖閣にドローン 空自が緊急発進、防衛相表明
日経新聞 2017/5/19 10:33
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS19H0O_Z10C17A5EAF000/
----------------------------

*****************************************************
これらは偶然ではありません。

「米国を混乱させ、その隙に中国が侵略する」という「冷戦時代からずっと続いている基本戦略」です。

米国の圧力により一時停止せざるを得なかった「侵略スケジュール」が再開したのです。

北朝鮮に対する圧力も減ると、期待していることでしょう。

*****************************************************
*****************************************************

かつて日本では第一次安倍内閣が、メディアの総攻撃により1年で潰されました。

その後も1年ごとに首相が交代し、2009年の政権交代につながりました。

しかしその後3年に得た「教訓」により、日本国民はフェイクニュースに騙されなくなりました。

*****************************************************

安保法案に「戦争法」とレッテルを貼り「徴兵・戦争が始まるぞ!」と脅しても、

森友学園・加計学園などで怪文書を振り回して安倍首相を辞任に追い込もうとしても、

共謀罪を通したくないために審議拒否で揺さぶろうとしても、

安倍内閣の支持率は下がるどころか上げ続けました。

なぜなら「マスメディアやリベラルの言うことは嘘が多く、信用できない」と思う人が増えたからです。

*****************************************************
*****************************************************

米国も同じ状況である可能性もあります。

マスメディアやリベラルに対する不信感が強くなければ、トランプ大統領は誕生していないからです。

しかし米国に入り込んだ親中派も、トランプ大統領を引きずり降ろす工作を強化するでしょう。

対中国・対北朝鮮政策と密接な関連があると意識しながら、この事件に注目してください。






-----------------------------------------
参考のためワイルドインベスターズ投資ブログをご覧ください。
このメルマガに関連したチャートが貼り付けてあります。
会員サイトではさらに盛りだくさんのチャート集があります。

気になるチャート20170519 波乱を予感させる1週間
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51230314.html

セミナー開催!「米株・米ドルバブルへの助走」6月17日(土)in 京都
http://blog.livedoor.jp/contrarian65-wild/archives/51230094.html

ワイルドインベスターズ会員サイト
http://www.wildinvestors.com/member/



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

週末だけのグローバル投資 -生き残りの処方箋-
発行責任者     ワイルドインベスターズ株式会社
バックナンバー   http://archive.mag2.com/0001237271/index.html
公式サイト     http://www.wildinvestors.com/member/
メールアドレス   mailto:wi@wildinvestors.com
登録・解除     http://www.mag2.com/m/0001237271.html
 
Copyright (c) Wild Investors Inc. All rights reserved. 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋-
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年05月20日
 
発行部数
1,341部
メルマガID
0001237271
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ