名作落語大全集

  • ¥0

    無料

落語の粗筋・成立(歴史や演者)・一言(研究や演じ手の工夫)・蘊蓄を毎週配信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
名作落語大全集
発行周期
週刊
最終発行日
2017年11月10日
 
発行部数
107部
メルマガID
0001241295
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > ジョーク・笑える話 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

 
rakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugo
   名作落語大全集#344 発行者:越智健
rakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugorakugo

 発行日:2017年11月10日

「まぐまぐ」寄席に101名様ご来場いただいております。

 ご来場ありがとうございます。
 私がリハビリのために寄席通いを復活した2003年ですが、東京ではこの年に
12人が落語界に入門しました。落語協会の10人は、この秋3人が真打に昇進し、
先日無事に国立演芸場での披露興行に行って参りました。12人のうち、残ってい
るのは落語協会の3人と、芸術協会の1人。芸協は歌丸会長が速い昇進を抑えている
ので、前座とニツ目でしっかり15年の修行……ということで、このメルマガでも
何度か来年春に桂夏丸君が昇進です。講釈の神田蘭ちゃんも一緒かな……確認しな
かった。落語協会も来年秋までには残り全員が昇進。12人が一人も欠けずに真打
になるというのは記録的な事件です。同年入門のメンバーが一人も欠けずに真打に
なるというのは本当に珍しいんですよ。来年に向けてまた貯金しておかないと……
昨年からご祝儀だけで百万円近く使うことになりますからなあ……まあ、ちょっと
誇張はありますが……
 さあ、本日はこの一席。

----------------------------------------------------------------------------

12 天狗山(てんぐやま)

【粗筋】
 旅先で文無しになった二人、鴻池と住友が身をやつして旅をしているとだまして、
大和屋という宿に泊まる。何日も泊まっていてはばれるので、夜中に宿を逃げ出した
が、山道に掛かると大勢が追ってくるので木の上に身を隠した。後から来たのは追手
ではなく、この山に巣食う山賊の一味。二人が登った松の下で、獲物を自慢しながら
根元に埋めている。二人は山賊がいなくなったらこれを横取りしようと、山賊が立ち
去るのを待っていたが、一人が小便をもよおし、枝の間から放尿したところ、山賊に
掛かってしまった。手下がこの木に天狗がいるのではと言うと、賊の首領も脅え始め
た。木の上の二人がこれを見て「天狗だぞ」と脅したので、山賊は散り散りに逃げて
しまった。二人は金の入った大瓶を掘り出し、木の上では山分けと言っていたのに、
いざ目の前にある物を見ると欲が出て、この瓶を引っ張り合う。とたんに目が覚めて、
辺りを見ると、宿の二階で枕を引っ張り合っていた。

【成立】
 上方噺。「天狗の酒盛」とも。夢で落とすというのは昔話にもよくあるパターンで、
目新しさもない。宿とのやり取り、山賊の会話などをお面白く創作しないと、演じる
意味がない。

----------------------------------------------------------------------------

 越智健の「OK散歩」、今回は新橋から歩きましょう。
 東京駅方面から銀座通りを抜けると新橋駅。旧新橋駅の鉄道歴史展示館を見学して、
その先のパナソニック東京汐留ビル内にミュージアムがございます。ここは展示室も
あって、トイレがお勧め。
 この東側のカレッタ汐留には劇団四季が、南側、ゆりかもめの新橋駅の向こうには
日本テレビタワーがあり、ゆりかもめと大江戸線の汐留駅まで歩けます。この駅の東
が浜離宮庭園。芝離宮は浜松町の駅前、歩いても1キロありません。
 せっかくここまで来たので、浜松町から西へ行きましょう。777メートルで芝公
園、増上寺に到着です。いうまでもなく、ここと上野の寛永寺の二寺が将軍家の葬儀
を行っていました。中を抜けてもいいですが、555メートルで東京タワーへ行けま
す。私が上京した昭和35年、まだ東京では高い建物が許されず、ビルといえば新宿
だけでしたから、品川辺りから東京タワーだけが飛び抜けて目立っていました。富士
山は記憶にないんですがねえ。
 東京タワーから真北、歩く場合はまっすぐに行けないので800メートルくらいで
日比谷線の神谷町駅に到着します。すぐ東にNHK放送博物館、真北に陶磁器などで
お馴染みの菊池寛実記念智美術館があります。この美術館のすぐ先がホテルオークラ。
大蔵美術館は改装中です。スペイン大使館の脇を抜けるとサントリーホール。
 ここから北へ行くと350メートルほどで溜池山王駅の入り口ですが、銀座線まで
400メートル、南北線まで500メートル余り歩きます。実はこの地下道が国会議
事堂駅までつながっており、450メートルで到着します。
 さっきのスペイン大使館を南へ行くと泉屋博古館分館。ここはスケールの大きい絵
画が面白い。見学後のお茶も楽しみ……卑しいね……ここの庭園、泉ガーデンギャラ
リーを抜けると泉ガーデンビルから六本木一丁目駅へ入れます。反対方向に歩くと、
スウェーデン大使館脇を通って神谷町駅へ……美術館や演奏会をめぐる散策コースに
なっています。
 六本木一丁目駅前から六本木の交差点まで歩けば700メートルほどですが、鉄道
利用の場合は神谷町から一駅で……神谷町のホームまで600メートルほどあるので、
あまり変わらないかも知れませんな。
 次回は六本木駅周辺を歩きましょう。

----------------------------------------------------------------------

 ご意見ご希望はこちらまで mailto:meisakurakugo@yahoo.co.jp
 HP「名作落語大全集」はこちら。http://meisakurakugo.web.fc2.com/

-----------------------------------------------------------------------

 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/(マガジンID:00001241295)
 を利用して発行しています。

 名作落語大全集のバックナンバー・配信停止はこちら
  http://archive.mag2.com/0001241295/index.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ