日刊株式投資情報新聞

  • ¥0

    無料

「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日刊株式投資情報新聞
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年04月18日
 
発行部数
1,649部
メルマガID
0001258132
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2018年4月18日(水)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom
☆厳選注目銘柄=http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 機関投資家の新年度買いなど言われ日経平均は2月28日以来の2万2000円台回復
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

◆日経平均の終値は2万2158円20銭(310円61銭高)、TOPIXは1749.67ポイント(19.69ポイント高)、出来高概算(東証1部)は14億5861万株

 18日後場の東京株式市場は、国内機関投資家の新年度の運用買いが入ってきたとされ、日経平均は13時前から一段高となった。2万1000円の大台を前場に超えたため、先物にはテクニカル的な買いも入ったようで、14時30分過ぎには346円52銭高(2万2194円11銭)まで上げて戻り高値に進んだ。終値での2万2000円台回復は2月28日以来。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均とも大きく反発した。

 後場は、引き続き海運株がバルチック海運指数の7日連続高などを材料に高かったほか、日産自動車<7201>(東1)は仏ルノーとの資本関係に思惑が働き戻り高値を連日更新。フィル・カンパニー<3267>(東マ)は業績見通し増額が評価し直されたとされて急反発。幸和製作所<7807>(JQS)は介護ロボット開発事業に注目とされて急反発。

 東証1部の出来高概算は14億5861万株(前引けは7億7718万株)。売買代金は2兆5467億円(同1兆3220億円)。1部上場2082銘柄のうち、値上がり銘柄数は1733(同1660)銘柄、値下がり銘柄数は286(同335)銘柄。

 また、東証33業種別指数は32業種(前引けは30業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、石油・石炭、海運、建設、不動産、ガラス・土石、機械、精密機器、金属製品、情報・通信、などとなった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■夢真ホールディングスは調整一巡して戻り歩調、17年9月期大幅増収増益予想で上振れ余地

 夢真ホールディングス<2362>(JQ)は建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業なども展開している。17年9月期大幅増収増益予想である。需要が高水準に推移して通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は調整一巡して戻り歩調だ。2月高値を試す展開が期待される。

■建築技術者派遣事業およびエンジニア派遣事業を展開

 建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業、その他事業も展開している。17年12月にはグループの稼働技術者数が6000人を突破した。中期目標として20年度を目途に、建築技術者と製造・IT業界向けエンジニアの合計でグループ稼働人数1万人を目指している。

 17年12月には子会社の夢真テクノロジーが、エンジニア派遣事業のクルンテープを子会社化した。

■18年9月期大幅増収増益予想で上振れ余地

 18年9月期の連結業績予想は、売上高が17年9月期比27.8%増の390億円、営業利益が90.5%増の45億円、経常利益が85.7%増の45億円、純利益が2.0倍の29億円としている。

 第1四半期は売上高が前年同期比34.5%増収、営業利益が90.8%増益、経常利益が66.3%増益、純利益が2.2倍増益だった。の9億57百万円だった。稼働人数増加、稼働率上昇、派遣単価上昇で、建築事業派遣事業が33.0%増収、74.0%増益、エンジニア派遣事業が37.5%増収、48.1%増益と、いずれも好調だった。期末技術者数は建築事業派遣事業が29.4%増の4629人、エンジニア派遣事業が47.4%増の1761人だった。

 通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高24.1%、営業利益27.4%、経常利益26.8%、純利益33.0%と順調である。月次速報によると、建築技術者派遣事業は18年3月も31%増収、58%増益と好調に推移している。通期予想に上振れ余地がありそうだ。

■株価は調整一巡して戻り歩調

 株価は直近安値圏1100円近辺から切り返している。調整一巡して戻り歩調だ。4月17日の終値は1229円、今期予想連結PERは約32倍、そして時価総額は約917億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線回復の動きを強めている。2月高値1353円を試す展開が期待される。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ヴィスコは分割落ち安値から急反発、業績上方修正・最高純益更新幅拡大を見直して突っ込み買い

 ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>(JQS)は、前日17日に74円高の2939円と急反発して引け、同日前場取引時間中に突っ込んだ株式分割権利落ち後安値2578円から大きく底上げした。
 同社株は、昨年12月13日に新規株式公開(IPO3月)され、今年3月31日を基準日とした株式分割(1株を8株に分割)の権利落ちと米国市場でハイテク株が急落するトバッチリを受けて分割権利落ち後安値に突っ込んだが、今年2月27日に発表した目下集計中の2018年3月期業績の上方修正や、連続過去最高更新の更新幅の拡大を見直し、売られ過ぎとして直近IPO株買いが再燃した。
 配当も、IPO時に未定としていたが、記念増配を含めて大幅増配に踏み切ったことも、次期2019年3月期業績への期待を高めて押し上げ材料視されている。

■IPOからわずか2カ月後に業績を上方修正し未定としていた配当も大幅増配

 2018年3月期業績は、IPOからわずか2カ月後にIPO時予想より売り上げが2億4900万円、営業利益が9100万円、経常利益が1億1200万円、純利益が7600万円それぞれ引き上げられ、売り上げ33億5000万円(前期比16.4%増)、営業利益4億7000万円(同33.9%増)、経常利益4億2000万円(同55.5%増)、純利益2億9000万円(同43.5%増)と見込まれた。
 純利益は、前期の過去最高を大幅に連続更新するとともに、市場コンセンサスも大幅に上回った。同社は、電子部品や半導体の製造工程で使用される画像処理検査装置メーカーで、電子部品業界向けに販売が好調に推移しているが、売り上げが集中する傾向にある第4四半期(4Q)は、電子部品の生産や設備更新が一部、次期にズレ込むと慎重に想定、堅めに見込んでいた4Q売り上げが依然として堅調に推移したため上方修正をした。

 配当は、IPO時には未定としていたが、今年3月12日に業績の上方修正を踏まえて普通配当40円に上場記念配当10円を上乗せして50円(前期実績1円)として実施することを発表、前期に比べ大幅増配した。

 次期2019年3月期の業績動向は、今年5月中旬に予定している3月期決算発表時の業績ガイダンスを待たなくてはならないが、一段と注目度を集めることになる。東洋経済会社四季報最新号では、新規顧客増の寄与などから純利益は3億3000万円、連続増配含みと観測している。

■25日線から27%超の下方かい離と売られ過ぎでIPO時の株価9倍化の再現期待が強い

 株価は、4920円を公開価格にIPOされ、1万5000円で初値を形成し、上場来高値4万3900円まで買い進まれ公開価格比約9倍化する高人気となり、世界同時株安の影響でいったん2万1160円安値へ調整したが、業績上方修正と株式分割との同時発表のダブル効果に大幅増配の権利取りが加わり3万6500円の戻り高値をつけ、3万1250円で株式分割の権利を落とした。
 権利落ち後は、理論価格を上回る4100円へ買われたものの、米国市場で続いたハイテク株売りの波及で下値を探り、前日17日前場に瞬間的に落ち後安値2578円へ突っ込んだ。同安値は、25日移動平均線から27%超もマイナスかい離し、ダメ押し、売られ過ぎとして大引けにかけ380円幅のリバウンドを演じた。
 今年5月中旬予定の3月期決算発表を先取りして、大きく下げた株ほど大きく戻すとする投資セオリーの「リターン・リバーサル」通りに、IPO時の高人気の再現期待を強め底上げ加速となりそうだ。(本紙編集長・浅妻昭治)

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
(記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

【どう見るこの相場】相場展望
 http://kabu-ir.com/category/23195154-1.html

●【特集】注目銘柄
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ