日刊株式投資情報新聞

  • ¥0

    無料

「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
日刊株式投資情報新聞
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年11月24日
 
発行部数
1,652部
メルマガID
0001258132
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2017年11月24日(金)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom
☆厳選注目銘柄=http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 中国が日用品の関税引き下げと伝わり日経平均は後場堅調になり3日続伸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

◆日経平均の終値は2万2550円85銭(27円70銭高)、TOPIXは1780.56ポイント(3.48ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億2964万株

 24日後場の東京株式市場は、取引開始後まもなく「中国、消費者向け商品の輸入関税を12月から一部引き下げへ」(ロイター通信11月24日12時46分配信より)と伝えられ、資生堂<4911>(東1)やユニ・チャーム<8223>(東1)などが一段高となり、日経平均は13時頃から前日比プラス圏に浮上。14時30分を過ぎて44円05銭高(2万2567円)まで上げた。大引けも堅調で3日続伸。東証マザーズ指数と日経JASDAQ平均も高い。

 後場は、イートアンド<2882>(東1)が好業績や12月末の株式2分割などを材料に一段ジリ高となり、マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は引き続きヤフー<4689>(東1)のインターネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」で出張買取事業の連携を開始したことなどが材料視されて3日連続ストップ高。精養軒<9734>(JQS)は1週間ほど前にイケメン若手タレントが同店の料理のファンだとテレビで公言したとされて人気化し、上野動物園の子パンダ12月公開への期待なども言われて連日急伸。

 東証1部の出来高概算は少なめで13億2964万株(前引けは6億2762万株)、売買代金は2兆3996億円(同1兆1222億円)。1部上場2038銘柄のうち、値上がり銘柄数は1157(同905)銘柄、値下がり銘柄数は781(同1020)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は15業種(前引けは10業種)となり、値上がり率上位の業種は、その他製品、小売り、化学、情報・通信、ゴム製品、サービス、食料品、陸運、電気機器、卸売り、などとなった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■カーリットホールディングスは電池関連で急伸、18年3月期は増額して大幅増益予想

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は化学品事業を主力に、M&Aを積極活用して規模拡大や事業多様化を積極推進し、2次電池試験受託なども強化している。当社はロケット用固体推進薬原料を国内で唯一製造しており、宇宙関連銘柄の一つである。18年3月期は増額修正して大幅増益予想である。また11月20日には傘下の日本カーリットが東レリサーチセンターとの業務提携を発表した。株価はEV(電気自動車)車載電池関連として急伸している。

■化学品、ボトリング、産業用部材を展開、M&Aで規模拡大と事業多様化

 グループ収益基盤と総合力強化に向けたM&A戦略で、規模拡大と事業多様化を推進している。

 12年1月工業用塗料販売・塗装工事の富士商事を子会社化、12年8月耐火・耐熱金物製造販売の並田機工を子会社化、13年10月一級建築士事務所の総合設計を子会社化、14年2月各種スプリング製造・販売の東洋発條工業を子会社化、15年10月並田機工がアジア技研からスタッド事業を譲り受け、16年2月合成樹脂原材料販売の三協実業を子会社化、17年3月総合設計がエスディーネットワークを子会社化した。

 17年3月期売上高構成比は、化学品事業(産業用爆薬、自動車用緊急保安炎筒、信号炎管、危険性評価試験受託、二次電池試験受託、ロケット固体推進薬原料などの化成品関連、電子材料・機能性材料など)43%、ボトリング事業37%、産業用部材事業(半導体用シリコンウェーハ、耐火・耐熱金物・スプリングワッシャーなど)17%、その他3%である。

 化学品事業の自動車用緊急保安炎筒は新車装着用・車検交換用を展開し、国内市場シェアは約8~9割と想定されている。ボトリング事業は伊藤園<2593>向けが主力である。産業用部材事業の半導体用シリコンウェーハは小口径4~6インチのニッチ市場を主力としている。海外は並田機工がベトナムで耐火・耐熱金物を製造販売する子会社を設立した。

■中期経営計画「礎100」で事業基盤確立を推進

 中期経営計画「礎100」では、18年の創業100周年を迎え、次の100年企業の礎となる事業基盤確立を推進する方針としている。

 基本戦略には、成長基盤強化(新商品・新規事業の創出と育成、M&Aや資本・技術提携)、収益基盤強化(経営資源の有効配分、新商品開発のスピードアップ)、グループ経営基盤強化(グループシナジーの最大化、子会社・事業の再編・統廃合、R&Dの新体制構築、海外展開の強化、CSR経営の推進)を掲げている。

 新商品・新規事業の創出と育成に関しては、高エネルギー研究所における高性能でコスト競争力のあるロケット燃料の製品化、ライフサイエンス研究所における茶殻から有用成分を抽出する技術の高付加価値製品化、新材料技術研究所における高透過率シリコン、ゲルマニウムなどのサーモグラフィー用材料の製品化など、重点分野を一段と強化する。

 なお11月20日には、傘下の日本カーリットが東レリサーチセンターとの業務提携を発表した。業務提携によって川上から川下まで一連の試験・評価を受託できる体制を確立する。

 目標数値(事業環境変化、事業拡大計画修正、新規開発品立ち遅れなどで17年5月に下方修正)は18年度売上高540億円、営業利益24億円、営業利益率4%、連結配当性向20~30%としている。

■18年3月期2Q累計は大幅増益

 今期(18年3月期)第2四半期累計(4~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比4.8%増の249億64百万円、営業利益が71.4%増の6億74百万円、経常利益が75.1%増の7億77百万円、そして純利益が2.0倍の5億18百万円だった。化学品や産業用部材の損益が改善して大幅増益だった。全体の売上総利益率は15.5%で0.7ポイント上昇、販管費比率は12.8%で0.3ポイント低下した。

 化学品は売上高が5.2%増の108億68百万円で、営業利益が58.9%増の4億25百万円だった。自動車用緊急保安炎筒は新車装着用・車検交換用とも増加した。受託評価分野では電池試験が減少したが、危険性評価試験が伸長し、全体として増収だった。化成品分野は減収、電子材料分野は増収、セラミック材料分野は減収だった。

 ボトリングは売上高が2.5%増の92億83百万円で、営業利益が3.3%増の1億24百万円だった。主力の茶系飲料が増加した。産業用部材は売上高が7.2%増の41億75百万円で、営業利益が99.1%増の1億49百万円だった。ばね・座金製品が販路拡大や中国向け製品の市場環境回復などにより寄与した。

■18年3月期増額修正して大幅増益予想

 今期(18年3月期)連結業績予想は10月31日に利益を増額修正した。売上高は据え置いて前期(17年3月期)比6.8%増の510億円、営業利益は4億円増額して40.6%増の19億円、経常利益は4億50百万円増額して38.9%増の20億円、純利益は3億50百万円増額して56.8%増の12億円とした。

 収益性の低い無機工業薬品などが減収となる一方で、自動車、電子機器、半導体関連の高収益製品の拡販、原価低減などで利益が期初計画を上回る見込みだ。なお配当予想は据え置いて、前期と同額の年間10円(期末一括)としている。予想配当性向は19.7%となる。

■株価は車載電池関連で人気化

 株価はEV(電気自動車)車載電池関連として人気化し、高値更新の展開である。11月21日には東レリサーチセンターとの業務提携も好感して1236円まで急伸した。

 11月22日の終値1160円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS50円69銭で算出)は22~23倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間10円で算出)は0.9%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1010円55銭で算出)は1.1倍近辺である。時価総額は約279億円である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だが、目先的な過熱感を強めている。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■アルトナーは東証2部変更来高値に肉薄、2Q上ぶれ業績をテコに3Q決算に期待を高めテーマ株買いもオン

 アルトナー<2163>(東2)は、祝日前の22日に13円高の1699円と5営業日続伸して引け、取引時間中には1710円と買われ、11月9日につけた今年10月26日の東証第2部への市場変更以来の高値1732円に肉薄した。
 今年9月7日に開示した今2018年1月期第2四半期(2017年2月~7月期、2Q)累計決算が、期初予想を上ぶれて連続増収増益で着地したことを手掛かり、今年12月7日に発表予定の今期第3四半期(2017年2月~10月期、3Q)業績の高利益進捗率期待を高め買い増勢となった。自動運転やEV(電気自動車)関連のテーマ性内包の時流に乗る好業容や、高値追い場面で特別空売り料のつく信用好需給も、株価押し上げ効果を発揮すると見直されている。

■3Qの利益進捗率次第では連続過去最高の1月通期業績の上ぶれも

 同社の2Q累計業績は、前年同期比10.4%増収、22.2%営業増益、21.6%経常増益、28.6%純益増益と連続増収増益率を2ケタに伸ばして着地し、売り上げが期初予想より1億1400万円、利益が3900万円~5600万円それぞれ上ぶれた。また、1月通期予想業績対比の利益進捗率は、58~59%と目安の50%をオーバーした。
 技術者派遣事業の主要業界の輸送用機器・自動車業界では、先進安全自動車関連のシステム開発や、自動運転関連のIoT(モノのインターネット)などのインフラ整備などが急ピッチで、技術者不足が顕在化しており、この好事業環境下で、
同社が、今年4月入社の新卒技術者119人を含めて期末技術者を前年同期比60人増の717人に拡充させ、この2Qの稼働率が92.2%、技術者単価も、同2.4%増の4067円と好調に推移、輸送用機器業界向けの売り上げが同20.0%増、情報・通信業界向けが同13.5%増と好調に推移したことなどが要因となった。

 このため、さらに3Q決算でのさらなる高利益進捗率とともに、今1月期通期業績の上ぶれ期待も高まっている。
 とくに今1月期通期業績は、新卒・キャリア採用による人件費負担増などから慎重に予想して期初予想を据え置き、売り上げ55億6800万円(前期比8.1%増)、営業利益6億2300万円(同12.8%増)、経常利益6億2600万円(同11.0%増)、純利益4億3100万円(同18.6%増)と見込んでいるだけに、3Q決算時点での上方修正期待も高まっている。
 なお、期初予想の1月通期純利益は、連続して過去最高を更新すると見込んでおり、今期配当も、年間26円(前期実績45円)と今年1月31日を基準日に実施した株式分割(1株を2株に分割)を勘案すると実質7円の連続増配を予定している。

■株式分割の権利落ち埋めから信用好需給もオンして年初来高値へキャッチアップ

 株価は、今年1月26日に1765円で株式分割の権利をスンナリ落とし、落ち後安値791円からは割り負け顕著として1679円高値まで買い直されて2.1倍化した。
 その後調整した1300円台下位の安値からは、第1四半期、第2四半期の好決算に反応して1500円台までリバウンド、東証第2部への市場変更承認後は、高値追いとなり1月末の株式分割の権利落ち埋め目前となった。
 信用好需給もフォローして権利落ち埋めの1765円抜けから、株式分割発表を歓迎してストップ高を交えてつけた今年1月の年初来高値1998円へキャッチアップしよう。(本紙編集長・浅妻昭治)

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
(記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■株式講演会も同時開催

 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、平成29年12月6日(水)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。

 12月6日(水)は、第1部で東証1部上場・アルコニックス株式会社(証券コード=3036)代表取締役社長・正木 英逸氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・株式会社ハーツユナイテッドグループ(証券コード=3676)の代表取締役社長CEO・玉塚 元一氏がIR講演会を行う。第3部では株式評論家の浅妻昭治氏が株式講演会を行う。

★企業の将来が見えるIRセミナー&株式講演会

【日程】平成29年12月6日(水)
【会場】東洋経済新報社9階ホール
      (東京都中央区日本橋本石町1-2-1)
【料金】入場無料先着順 >案内状送付のお申し込み
http://media-ir.com/news/?page_id=34101

【スケジュール】

■第1部 13:00~14:00 IRセミナー
『商社機能と製造業のシナジーを高めるM&A戦略、業績見通しについて』
アルコニックス株式会社 代表取締役社長 正木 英逸 氏

■第2部 14:10~15:10 IRセミナー
『豊富な人材・圧倒的なノウハウを強みにテスト市場NO.1プレイヤーへ』
株式会社ハーツユナイテッドグループ 代表取締役社長CEO 玉塚 元一 氏

■第3部 15:20~16:00 株式講演会
出遅れ投資家は全員集合!『満載!掉尾の一振&新春サプライズ銘柄』
株式評論家 浅妻 昭治 氏

※定員(230名)になり次第締め切らせていただきます。大変混雑が予想されますので、お早目のご来場をお願いいたします。

■次回、ご案内をご希望の方はこちらからお申し込みください。
 >>> http://media-ir.com/news/?page_id=34101

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

【どう見るこの相場】相場展望
 http://kabu-ir.com/category/23195154-1.html

●【特集】注目銘柄
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ