日刊株式投資情報新聞

  • ¥0

    無料

著者サイト

「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

■■////////////////////////////////////////////////////////////
■■   日刊株式投資情報新聞(日本インタビュ新聞社提供)
■■
■■               2017年5月25日(木)
■■////////////////////////////////////////////////////////////

 ※ほぼ日刊で配信しておりますが、お休みをいただく場合が
  ありますので、あらかじめご了承ください。(土日祝日はお休み)

    ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒
    【株式投資のための投資情報メールマガジン】
        場中の記事をそのまま配信!
        http://media-ir.com/news/

★株式投資情報ツイッター=https://twitter.com/mediaircom
☆厳選注目銘柄=http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ (14時30分現在)材料株など強く日経平均は強もみ合いだが続伸推移
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【株式市場】

◆日経平均は1万9819円41銭(76円43銭高)、TOPIXは1579.49ポイント(4.38ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億4384万株

 25日後場14時30分現在の東京株式市場は、ソニー<6758>(東1)が13時過ぎから安定的に堅調推移となっている反面、トヨタ自動車<7203>(東1)は再び軟調に転じるなど、主力株の足並みがそろわない印象。日経平均は前引けの106円高をやや下回る90円高(1万9830円)前後で横ばい推移となっている。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均とも高い。

 後場は、朝からじり高基調だったソフトバンクグループ<9984>(東1)が高値もみ合いに転じ、不動産株も強もみ合い。一方、リミックスポイント<3825>(東マ)は仮想通貨ビットコイン相場が最高値とされてジリ高基調を続け、朝日ラバー<5162>(JQS)は機関投資家向けの決算説明会で見直し買いとされて大きく出直っている。

 東証1部の出来高概算は13億4384万株(前引けは8億86万株)、売買代金は1兆7450億円(同1兆683億円)。1部上場2016銘柄のうち、値上がり銘柄数は928(同975)銘柄、値下がり銘柄数は941(同850)銘柄となった。

 また、東証33業種別指数は16業種が上げ、値上がり率上位の業種は、電力・ガス、倉庫・運輸、情報・通信、海運、陸運、不動産、などとなっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   _______
   業績&株価分析
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■JSPは自律調整一巡して16年12月高値目指す、18年3月期減益予想だが高付加価値製品拡販で上振れ余地

 JSP<7942>(東1)は発泡プラスチック製品の大手である。18年3月期減益予想だが、自動車用「ピーブロック」など高付加価値製品の拡販で上振れ余地がありそうだ。株価は戻り高値圏から一旦反落したが、自律調整一巡して16年12月高値を目指す展開が期待される。

■発泡プラスチック製品大手、高機能・高付加価値製品を開発・拡販

 発泡プラスチック製品の大手である。15年3月、TOBによって三菱瓦斯化学<4182>の連結子会社となった。

 押出発泡技術をベースとするポリスチレン・ポリエチレン・ポリプロピレンシートなどの押出事業(産業用包装材、食品用包装材、広告用ディスプレー材、住宅用断熱材など)、ビーズ発泡技術をベースとする発泡ポリプロピレン・発泡ポリエチレン・発泡性ポリスチレン製品などのビーズ事業(自動車衝撃緩衝材、家電製品緩衝材、IT製品輸送用通い函など)、その他事業(一般包材など)を展開している。

 17年3月期のセグメント別売上高構成比は押出事業35%、ビーズ事業60%、その他5%だった。収益は販売数量、為替、原油価格、原料価格と販売価格の差であるスプレッド、プロダクトミックスなどが影響する特性がある。なお16年3月期から有形固定資産の減価償却方法を「主として定率法」から「主として定額法」に変更した。
■高機能・高付加価値製品の拡販推進、自動車用「ピーブロック」が拡大

 自動車部品用発泡ポリプロピレン「ピーブロック(英名ARPRO)」や、住宅用高性能断熱材「ミラフォーム」など高機能・高付加価値製品の拡販を推進し、生産能力の増強も進めている。

 自動車用「ピーブロック」は自動車軽量化要求に対応する製品として需要が急速に拡大している。特に日系自動車メーカーのリアシートコア材への採用が広がり、搭載車種生産台数は16年度の約130万台から20年度には約520万台に拡大する見込みだ。

 国内生産は14年4月に新工場として北九州工場が生産を開始し、栃木県鹿沼市、三重県四日市市との3拠点体制を確立した。また16年11月には、三重県四日市市「ピーブロック」成型工場を増設(18年12月完工予定)すると発表している。

 海外は中国での新工場建設や欧州での設備増強などで「ピーブロック」生産能力を増強している。中国・長春は16年12月、中国・武漢は17年4月稼働した。中国・武漢は中国における「ピーブロック」製造の4拠点目となる。

 戸建住宅・マンション断熱材用発泡ポリスチレン押出ボード「ミラフォーム」については、関西工場(兵庫県たつの市)の隣接地に新工場を建設している。18年12月生産開始予定である。20年省エネルギー基準への適合義務化に向けて需要増加が見込まれるため、中部・西日本地区における生産体制を強化する。

■高機能新製品の開発を推進

 15年1月米国で電子線架橋法による発泡ポリエチレンシート「integxion(インテグション)」事業に参入し、米ミシガン州ジャクソン工場内の新工場で生産開始した。一般の発泡ポリエチレンシートに比べて、より均一で微細な気泡構造と表面性能が特徴であり、医療用、自動車部品用など高品質・高機能分野での需要が期待されている。

 さらに多層化技術を用いた高性能発泡ポリエチレンシート「xealogic(シーロジック)」、植物由来のポリ乳酸発泡ビーズ・発泡体「LACTIF」、各種樹脂・金属・無機機材と発泡体との複合体「ACTech(ACテック)」、極めて高い光反射率の超微細発泡シート、防蟻剤なしでシロアリに浸食されない唯一の発泡プラスチック断熱材「ミラポリカフォーム」、ポリエチレン/ポリスチレン共重合ビーズ「エレンポールNEO」などの開発・用途拡大を推進している。

 シューズメーカーの要求性能に対応した柔軟性発泡体「ARGILIX」は、17年春夏モデルのシポーツシューズのインナーソールとして販売開始した。

■17年3月期は減収だがスプレッド回復で増益

 前期(17年3月期)の連結業績は売上高が前々期(16年3月期)比5.1%減の1090億48百万円、営業利益が同3.6%増の96億12百万円、経常利益が同10.2%増の100億33百万円、純利益が同23.5%増の73億01百万円だった。

 製品価格改定の影響、円高による海外事業の円換算額減少などで減収だったが、販売数量の増加、スプレッドの回復、自動車用「ピーブロック」など高付加価値製品の好調で増益だった。

 売上総利益は同横ばいだが、売上総利益率は31.1%で同1.6ポイント上昇した。販管費は同1.4%減少したが、販管費比率は22.2%で同0.8ポイント上昇した。なお営業利益増減分析では、増益要因が変動費単価45億50百万円、数量増加・限界利益が13億円、減益要因が販売単価36億90百万円、固定費増が11億円、為替要因他が7億26百万円としている。
 
 営業外費用では為替差損益が改善(前々期は差損4億93百万円、前期は差益41百万円)した。特別利益では前々期計上の補助金収入3億01百万円が一巡したが、特別損失では前々期計上の事業構造改革費用5億41百万円が一巡した。またROEは10.4%で同1.5ポイント上昇、自己資本比率は64.1%で同5.1ポイント上昇した。配当は同10円増配の年間50円(第2四半期末20円、期末30円)とした。配当性向は20.4%である。

 押出事業は売上高が同0.9%減の379億29百万円で営業利益(連結調整前)が同10.5%増の30億45百万円だった。製品価格改定の影響で減収だが、スプレッドが回復して増益だった。製品別では液晶TV基板輸送緩衝材「ミラマット」、電子レンジ対応容器や即席麺容器向け「スチレンペーパー」、高断熱製品「ミラフォーム」などが好調だった。

 ビーズ事業は売上高が同7.8%減の653億54百万円で営業利益が同0.8%減の73億76百万円だった。販売数量は増加したが、価格改定や円高影響で減収減益だった。製品別では発泡ポリプロピレン「ピーブロック」が、バンパーコア材・内装材・シートコア材などの自動車部品、住宅設備向け部材、IT製品輸送用通い函、家電製品用緩衝材、競技用グラウンド基礎緩衝材に使用され、特に自動車向けで新規採用が拡大した。

 その他は売上高が同0.3%増の57億64百万円で営業利益が同8.5倍の1億48百万円だった。国内における合理化と中国における新製品拡販で増益だった。

 四半期別の業績推移を見ると、売上高は第1四半期268億35百万円、第2四半期277億52百万円、第3四半期273億65百万円、第4四半期270億96百万円、営業利益は22億72百万円、27億28百万円、28億57百万円、17億55百万円だった。

■18年3月期減益予想だが、高付加価値製品拡販で上振れ余地

 今期(18年3月期)の連結業績予想(4月28日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比6.8%増の1165億円、営業利益が同1.2%減の95億円、経常利益が同3.3%減の97億円、純利益が同8.2%減の67億円としている。前提は為替レートが1米ドル=110円、1ユーロ=120円、1人民元=16円で、原油価格(ドバイ)が1バーレル=52米ドルとしている。販売数量増加や価格改定の効果で増収だが、国内外における原料価格の上昇などで減益予想としている。

 セグメント別の計画は、押出事業の売上高が同6.6%増の404億21百万円で営業利益(連結調整前)が同2.2%減の29億77百万円、ビーズ事業の売上高が同7.1%増の700億14百万円、営業利益が同0.1%減の73億67百万円、その他の売上高が同5.2%増の60億65百万円で営業利益が同17.6%減の1億22百万円としている。

 国内では高断熱製品や液晶TV基板輸送緩衝材などが好調に推移する。海外の販売数量は同9%増加を見込んでいる。欧米・中国で自動車関連「ピーブロック」の採用が拡大し、台湾で液晶TV基板輸送緩衝材の需要が回復する。

 配当予想は前期と同額の年間50円(第2四半期末25円、期末25円)としている。予想配当性向は22.2%となる。利益配分については安定した配当を重視するとともに、各事業年度の連結業績と将来の事業展開に必要な内部留保の充実などを勘案しながら総合的に決定する方針としている。

 自動車部品用「ピーブロック」など高付加価値製品の拡販に加えて、円安進行もプラス要因となる。会社予想には上振れ余地がありそうだ。

■中期経営計画の利益目標超過達成の見込み

 新中期経営計画「Deepen&Grow2017」では、前提条件を1米ドル=110円、1ユーロ=140円、原油価格(ドバイ)1バーレル=105ドルとして、目標数値に18年3月期売上高1350億円(海外が約530億円)、営業利益88億円(売上高営業利益率6.5%以上)を掲げている。

 4月28日公表の18年3月期連結業績予想は、原油価格下落の影響などで売上高計画未達となるが、高付加価値製品へのポートフォリオ改善や原油価格安定によるスプレッド回復などで各利益は計画を超過達成する見込みだ。中期的にも収益拡大基調が期待される。

■株価は自律調整一巡して16年12月高値目指す

 株価の動きを見ると、5月上旬の戻り高値圏2800円台から利益確定売りで一旦反落したが、大きく下押す動きは見られない。自律調整の範囲だろう。

 5月24日の終値2743円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS224円75銭で算出)は12~13倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間50円で算出)は1.8%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2433円10銭で算出)は1.1倍近辺である。時価総額は約862億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線近辺から切り返す動きだ。自律調整一巡して16年12月高値2908円を目指す展開が期待される。

────────────────────────────────

●[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
 http://kabu-ir.com/category/20186867-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ______
   編集長の視点
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■燦キャピタルマネージメントはミニゴールデンクロスを示現、今18年3月期黒字転換を見込む

 燦キャピタルマネージメント<2134>(JQS)は、業績回復と向上のために、上場以来の中核事業である不動産を中心に、投資及び投資マネジメントという枠組みの中で、より安定した経営基盤を構築するため、事業及び経営体制のリ ストラクチャリング(再構築)を進め、国内外のクリーンエネルギー事業、宿坊を中心とするインバウンド向け事業、不動産事業への投資資金とし、新たな収益基盤の構築に尽力している。

 5月12日大引け後に3月期本決算を発表。前2017月3月期業績実績は、売上高2億8900万円(前の期比19.0%減)、営業損益2億4900万円の赤字(同9400万円の赤字)、経常損益3億2200万円の赤字(同1億5700万円の赤字)、最終損益10億0800万円の赤字(同1億9300万円の赤字)に着地。

 今18年3月期は、不動産事業では、国内においては、前期に東京支店を開設し、関西圏のみならず首都圏でも情報収集を行い、インバウンド向け宿泊関連事業と資産運用向け販売用不動産事業を推し進める。鳥取カントリー倶楽部では、同社所有のゴルフ場、鳥取カントリー倶楽部については、本年開業40周年を迎え営業を強化し、売上高と営業利益の増加を目指す。
 また、クリーンエネルギー事業では、前期子会社化したSUN GREEN POWER ENERGY PTE. LTD. を中心に国内外のクリーンエネルギー事業への投資を進めているが、収益に貢献するのは来2018年3月期以降となる見込みで、将来的に同社の収益の柱にするため投資を進める計画。

 今18年3月期業績予想は、売上高は5億1500万円(前期比78.1%増)、営業損益5700万円の黒字(同2億4900万円の赤字)、経常損益5300万円の黒字(同3億2200万円の赤字)、最終損益4600万円の黒字(同10億0800万円の赤字)と黒字転換を見込む。

 株価は、1月10日につけた年初来の高値94円から4月12日に年初来の安値57円まで調整を挟んで上昇。テクニカル的には5日移動平均線が25日移動平均線を上抜きミニゴールデンクロスを示現。週足でも13週移動平均線を突破し、上昇に弾みがつきそうな気配となっている。
 「継続企業の前提に関する重要事象等」に記載のとおり、同社には継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しているが、前期に2回の第三者割当増資を実施し、財務基盤の強化を図り、安定した収益基盤を構築に尽力しており、今期黒字化への期待感を背景にリバウンド幅を拡げる可能性はありそうだ。

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆
(記事の詳細は下記をご覧ください)
http://syoukenn.seesaa.net/category/1589503-1.html

*:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:* *:..o○o..:*
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 個人投資家向け「IRセミナー&株式講演会」を
     5月30日(火)、東洋経済新報社9階ホールで開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■株式講演会も同時開催

 株式専門情報をネット配信する「日本インタビュ新聞社」は、平成29年5月30日(火)の13時から『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』を東洋経済新報社9階ホールにおいて開催する。株式講演会も同時に開催。入場は無料で先着230名となっている。

 5月30日(火)は、第1部で東証2部上場・株式会社マーキュリアインベストメント(証券コード=7190)の代表取締役社長・豊島俊弘氏がIR講演会を行う。第2部で東証1部上場・株式会社JPホールディングス(証券コード=2749)の代表取締役社長・荻田和宏氏がIR講演会を行う。第3部ではロータス投資研究所代表の中西文行氏が株式講演会を行う。

★企業の将来が見えるIRセミナー&株式講演会

【日程】平成29年5月30日(火)
【会場】東洋経済新報社9階ホール
      (東京都中央区日本橋本石町1-2-1)
【料金】入場無料先着順 >案内状送付のお申し込み

【スケジュール】

■第1部 13:00~14:00 IRセミナー
『既成概念や国境を超えるクロスボーダー投資』
株式会社マーキュリアインベストメント 代表取締役社長 豊島 俊弘 氏

■第2部 14:10~15:10 IRセミナー
『最大ではなく最高の保育事業者へ』
株式会社JPホールディングス 代表取締役社長 荻田 和宏 氏

■第3部 15:20~16:00 株式講演会
『狙える!上昇必至の注目銘柄』
ロータス投資研究所代表 中西 文行 氏

※定員(230名)になり次第締め切らせていただきます。大変混雑が予想されますので、お早目のご来場をお願いいたします。

■次回、ご案内をご希望の方はこちらからお申し込みください。
 >>> http://media-ir.com/news/?page_id=34101

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■ ニュース・トピックス ━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……

【どう見るこの相場】相場展望
 http://kabu-ir.com/category/23195154-1.html

●【特集】注目銘柄
 http://kabu-ir.com/category/16067736-1.html

■決算情報 Media-IR
 http://www.media-ir.com/press/kessann/gyouseki/index.shtml

 ■高配当利回り特集
 http://www.media-ir.com/press/kouhaitou/hai201201/

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

★国内初の報道型IR:個人投資家向け企業情報ポータルサイト
http://www.media-ir.com/mediairpress/

*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
 「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

株式会社 日本インタビュ新聞社
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-6-8
-----------------------------------------
Webサイト:
◎日本インタビュ新聞社公式サイト
 http://www.media-ir.com/
◎株式投資情報 総合サイト(株式投資のキュレーションサイト)
 http://media-ir.com/news/
◎日本インタビュ新聞 株式投資情報
 http://kabu-ir.com/
◎日本インタビュ新聞 Media-IRソリューション
 http://www.media-ir.com/mediairpress/
◎日本インタビュ新聞 経営者紀行
 http://interview-ir.com/
◎犬丸正寛の相場格言
 http://soubakakugenn.seesaa.net/
◎株式投資情報ツイッター(mediaircom)
 http://twinavi.jp/account/detail/mediaircom
*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*━*
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
日刊株式投資情報新聞
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年05月25日
 
発行部数
1,669部
メルマガID
0001258132
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ