古書店ビブリオ:最新入荷情報!

  • ¥0

    無料

著者サイト

古書店ビブリオより最新の入荷情報をお届けしています。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

お客様各位

日頃は弊店をご利用いただき誠にありがとうございます。
古書店ビブリオより新入荷情報をお届けいたします。

今回は長嶋茂雄直筆サイン入パネル、川上哲治サインボール等入荷しています。
まとまった入荷がありました週刊ベースボールは今回で最終です。

お目に留まる品がありましたらぜひご注文下さい。

ご注文の際には以下の点にご留意ください。
・必ず電子メールでご注文ください。
  E-mail: biblio@blue.ocn.ne.jp
 お電話のお問い合わせには即答できません。
 電子メールによるご注文を優先いたします。
・お客様のお名前・ご住所・お電話番号を必ずお知らせください。
 記載がない場合は注文をお受けできない場合があります。
・掲載品はほとんど1点限りです。先着順に販売いたします。
・表示は消費税込みの価格です。
・送料は冊数・重量にかかわらず1回に付き一律650円負担ください。
・佐川急便eコレクトでの発送となります。代金は配達の方へお支払い下さい。
 時間指定・クレジットカードでのお支払いができます。
  尚、官公庁、公的機関等で代引き利用が出来ない方はお申し出下さい。

【店舗のご案内】

 住所:千代田区神田神保町1-25 叶ビル1F
 電話番号:03-3295-6088
 営業時間:11時~18時
 日曜定休

【買取のご案内】
ビブリオでは古書・古地図・スポーツ記念品・サブカルチャーまで幅広く買取をしています。
小口の場合は宅配便で。大口、貴重品の場合は全国出張いたします。
まずはお電話でご相談ください!
03-3295-6088

よろしくお願い申し上げます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ビブリオ
  〒101-0051
 千代田区神田神保町1-25 叶ビル1F
  TEL&FAX:03-3295-6088
  http://bibl.jp
 biblio@blue.ocn.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
新入荷リスト
品番,書名,著者,出版社,発行日,価格,備考
1,巨人軍川上哲治自筆サインボール(1950年),ペン書、玉澤製ボール、1950年3月27日の日付入、変色あり,,,43200,,,
2,巨人軍長嶋茂雄自筆サイン入パネル(引退セレモニー),大きさ約90×60cm,サインはマジックペン書、「赤ブドー酒会」の文字あり,,,86400,,,
3,巨人軍長嶋茂雄自筆サイン入パネル(燃える男長島茂雄のすべて),大きさ約90×60cm、サインはマジックペン書、産経新聞出版局製写真、「週刊サンケイ臨時増刊燃える男長島茂雄のすべて」の文字あり,,,43200,少々キズあり,,
4,巨人軍長嶋茂雄自筆サイン入パネル(ファン感謝デー),大きさ約53×35cm、サインは青マジックペン書、日刊スポーツのロゴ入,,,32400,サイン少々カスレ,,
5,巨人軍長嶋茂雄自筆サイン色紙,青マジックペン書、現役時代のもの,,,16200,少々ヨゴレ,,
6,巨人軍工藤公康自筆サイン色紙,球団ロゴ入公認色紙、マジックペン書,,,5400,,,
7,巨人軍仁志敏久自筆サイン色紙,球団ロゴ入公認色紙、マジックペン書,,,3240,,,
8,巨人軍上原浩治自筆サイン色紙,球団ロゴ入公認色紙、マジックペン書,,,5400,,,
9,巨人軍タフィー・ローズ自筆サイン色紙,球団ロゴ入公認色紙、マジックペン書,,,4320,,,
10,東映フライヤーズ尾崎行雄直筆サイン入写真,大きさ約29×21cm、サインはマジックペン書、萬屋錦之助との写真,,,21600,,,
11,阪神サムライ物語,近藤唯之,現代企画室,1977,1620,2刷,,
12,六大学野球部物語(新版),松尾俊治・森茂雄・芥田武夫他,恒文社,1978,3240,,,
13,オフィシャルベースボールガイド1978,プロ野球コミッショナー編,共同通信社,昭53,3780,,,
14,オフィシャルベースボールガイド1979,プロ野球コミッショナー編,共同通信社,昭54,3780,,,
15,「卒業」,秋山幸二,西日本新聞社,平15,2160,署名入、6刷,,
16,日本野球文化研究 第2号,,日本野球文化研究所・筑波大学野球研究室,平14,1620,,,
17,週刊ベースボール 昭和33年6月18日号,表紙:広岡<巨人>/勝負強くなった巨人の若手,ベースボールマガジン社,昭33,3240,,,
18,週刊ベースボール 昭和33年9月10日号,表紙:水原<巨人>田中<大阪>/11年目のチャンス,ベースボールマガジン社,昭33,3240,,,
19,週刊ベースボール 昭和33年11月12日号,表紙:稲尾<西鉄>/特集:西鉄の逆襲!巨人ふっとぶ,ベースボールマガジン社,昭33,3240,,,
20,週刊ベースボール 1963年12月9日号,表紙:王<巨人>/ストーブリーグ会議は踊る,ベースボールマガジン社,1963,3240,,,
21,週刊ベースボール 1964年9月7日号,表紙:村山、バッキー<阪神>/特集:阪神-太洋戦の明暗,ベースボールマガジン社,1964,3240,,,
22,週刊ベースボール 1964年11月2日号,表紙:王<巨人>/特集:プロ野球“事件の真相”,ベースボールマガジン社,1964,3240,,,
23,週刊ベースボール 1966年4月4日号,表紙:王<巨人>/ふたりだけのマジメ対談:長嶋茂雄vs加賀まりこ,ベースボールマガジン社,1966,3240,,,
24,週刊ベースボール 1966年7月25日号,表紙:長嶋<巨人>/黒い霧につつまれた村山の左ヒザ,ベースボールマガジン社,1966,3240,,,
25,週刊ベースボール 1966年9月5日号,表紙:野村<南海>/活字になる長嶋 ならぬ榎本,ベースボールマガジン社,1966,3240,,,
26,週刊ベースボール 1967年1月30日号,表紙:広野<中日>/対談 長島茂雄・王貞治,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
27,週刊ベースボール 1967年2月13日号,表紙:中西<西鉄>/激戦の巨人外野陣を斬る,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
28,週刊ベースボール 1967年2月20日号,表紙:江藤<中日>/多摩川に集結した巨人の主力部隊,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
29,週刊ベースボール 1967年3月6日号,表紙:王<巨人>/特別手記:だから私はアメリカへ行く(広岡達朗),ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
30,週刊ベースボール 1967年4月3日号,表紙:野村<南海>/ベロビーチ第三報:大リーガーの中の巨人軍,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
31,週刊ベースボール 1967年4月10日号,表紙:宮田<巨人>/これがベロビーチ帰りの巨人軍だ!,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
32,週刊ベースボール 1967年4月17日号,表紙:長嶋<巨人>/開幕特集:だから巨人は強い!,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
33,週刊ベースボール 1967年7月24日号,表紙:柴田<巨人>/追跡ルポ:札幌の巨阪戦夜の”騒乱節”,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
34,週刊ベースボール 1967年10月30日号,表紙:王<巨人>長池<阪急>/日本シリーズ、巨人・阪急決戦特集,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
35,週刊ベースボール 1967年11月27日号,表紙:柴田<巨人>/三原脩は近鉄で成功するか,ベースボールマガジン社,1967,3240,,,
36,週刊ベースボール 1970年1月19日特大号,表紙:王<巨人>/トップスター対談:長嶋茂雄-高倉健,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
37,週刊ベースボール 1970年3月9日号,表紙:鈴木・太田<近鉄>/藤田問題によろめいた王者巨人のムードと姿勢,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
38,週刊ベースボール 1970年3月30日号,表紙:王<巨人>/ついに国会で追及された選手と暴力団の関係,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
39,週刊ベースボール 1970年4月6日号,表紙:太田<近鉄>/決定版・70年プロ野球観戦ガイド,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
40,週刊ベースボール 1970年4月13日号,表紙:堀内<巨人>/国会の“黒い霧追及”を斬る,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
41,週刊ベースボール 1970年4月20日号,表紙:谷沢<中日>/特報:永易告白!?とプロ野球界の反応,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
42,週刊ベースボール 1970年5月18日号,表紙:高田<巨人>/特集:野牛ブームの演出者三原とフレッシュON,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
43,週刊ベースボール 1970年6月15日号,表紙:中<中日>/特集:ついにプロ野球を征服した大物谷沢の素顔,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
44,週刊ベースボール 1970年6月29日号,表紙:太田<近鉄>/特報:ただいま体質改善進行中!どうなる巨人の前途,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
45,週刊ベースボール 1970年7月20日号,表紙:王<巨人>/モンスター・王貞治の偉大なる実像,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
46,週刊ベースボール 1970年8月31日号,表紙:長嶋<巨人>/ワイド特集:甲子園高校野球大会,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
47,週刊ベースボール 1970年9月7日号,表紙:村山<阪神>/王の三冠王をはばむ巨人の体質,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
48,週刊ベースボール 1970年11月2日特大号,表紙:川上<巨人>村山<阪神>濃人<ロッテ>/日本シリーズ展望特集,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
49,週刊ベースボール 1970年11月9日号,表紙:長嶋<巨人>/特集:シリーズ開幕前夜の顔,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
50,週刊ベースボール 1970年11月16日号,表紙:王<巨人>/特報:熱戦!日本シリーズ詳報,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
51,週刊ベースボール 1970年11月23日号,表紙:川上<巨人>/日本シリーズ総決算特大号,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
52,週刊ベースボール 1970年11月30日号,表紙:佐藤<南海>/特報:鶴岡を動かすのはロッテか近鉄か,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
53,週刊ベースボール 1970年12月7日号,表紙:堀内<巨人>/七連覇へ川上のコーチ再編成の狙い,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
54,週刊ベースボール 1970年12月28日号,表紙:村山<阪神>/やはり荒川はヤクルトへ?,ベースボールマガジン社,1970,3240,,,
55,週刊ベースボール 1971年1月4・11日号,表紙:王・長嶋<巨人>/新春対談:川上哲治-沢野久雄,ベースボールマガジン社,1971,3240,,,
56,週刊ベースボール 1971年1月18日特大号,表紙:王・長嶋他<巨人>/湯口<巨人>-佐伯<広島>のビッグルーキーの勝負は!?,ベースボールマガジン社,1971,3240,,,
57,週刊ベースボール 1972年1月3・10日号,表紙:長嶋<巨人>/“長嶋監督”は来季誕生する!?,ベースボールマガジン社,1972,2700,,,
58,週刊ベースボール 1973年1月1・8日合併号,表紙:長嶋<巨人>/‘73を迎えるスターたち,ベースボールマガジン社,1973,3240,,,
59,週刊ベースボール 1974年4月8日号,表紙:太田<近鉄>/開幕目前の巨人を突如襲った打撃陣の重大危機,ベースボールマガジン社,1974,2700,,,
60,週刊ベースボール 1974年6月3日号,表紙:長嶋<巨人>/川上巨人に危機,ベースボールマガジン社,1974,2700,,,
61,週刊ベースボール 1974年6月17日号,表紙:山下<大洋>王、高橋一にみるV10巨人への明暗,ベースボールマガジン社,1974,2700,,,
62,週刊ベースボール 1975年3月10日号,表紙:定岡、堀内<巨人>/いかすぜ長嶋巨人,ベースボールマガジン社,1975,2160,,,
63,週刊ベースボール 1975年5月5日号,表紙:田淵<阪神>/特集:王とジョンソン加入で長嶋巨人は浮上できるか,ベースボールマガジン社,1975,2160,,,
64,週刊ベースボール 1975年10月13日号,表紙:古葉監督<広島>吉田監督<阪神>与那嶺監督<中日>/栄冠めざす親友 田淵、山本男の戦い,ベースボールマガジン社,1975,2310,,,
65,週刊ベースボール 1975年10月20日号,表紙:池谷、佐伯、外木場<広島>/パ・プレーオフ展望,ベースボールマガジン社,1975,2700,,,
66,週刊ベースボール 1975年10月27日号,表紙:山口<阪急>鈴木<近鉄>/セ・リーグ打撃部門のリーダーたち,ベースボールマガジン社,1975,2700,,,
67,週刊ベースボール 1975年11月3日特大号,表紙:古葉<広島>/大特集:広島カープ感激の初優勝,ベースボールマガジン社,1975,3240,,,
68,OFFICIAL BASEBALL DOPE BOOK 1982 EDITION,,The Sporting News,1982,2160,,,
69,2002 WHO'S WHO IN BASEBALL,87th Edition,Who's who In Baseball Magazine,2002,1620,,,
70,2003 WHO'S WHO IN BASEBALL,88th Edition,Who's who In Baseball Magazine,2003,1620,,,
71,2005 WHO'S WHO IN BASEBALL,90th Edition,Who's who In Baseball Magazine,2005,1620,,,
72,2006 WHO'S WHO IN BASEBALL,91st Edition,Who's who In Baseball Magazine,2006,1620,,,
73,2007 WHO'S WHO IN BASEBALL,92nd Edition,Who's who In Baseball Magazine,2007,1620,,,
74,安部磯雄自筆書簡,明治20年7月9日 金子常五郎宛 毛筆1枚20行、封筒付(封筒破損個所、裏打),,,64800,,,
75,阿部次郎自筆葉書,明治45年7月26日 九鬼三郎宛 毛筆ペン書9行,,明45,8640,,,
76,加藤芳郎自筆草稿,無題 200字詰4枚完、文藝春秋オール読物編集部返送封筒付,,,10800,,,
77,高濱虚子自筆葉書,昭和16年10月4日 明治書房守谷某宛 ペン書6行,,昭16,10800,,,
78,田河水泡自筆色紙(のらくろ),のらくろの絵(毛筆) 署名・落款入,,,32400,,,
79,花岡大学自筆書簡・原稿,昭和49年11月12日 柞木田龍善宛 毛筆3枚封筒付、原稿200字詰ペン書7枚付,,,21600,,,
80,馬場孤蝶自筆扇面,「秋晴れや~(落款)」毛筆書,,,21600,,,
81,美空ひばり自筆サイン入写真(A),マジックペン書、大きさ約15.5×11cm、ニチレナイロンのロゴ入,,,16200,少々シワ,,
82,美空ひばり自筆サイン入写真(B),マジックペン書、大きさ約15.5×11cm、ニチレナイロンのロゴ入,,,16200,,,
83,水谷八重子自筆色紙,落款入,,,6480,,,
84,イングリッド・バーグマン自筆書簡+サイン入ブロマイド,ペン6行、封筒付,,,86400,,,
85,長野パラリンピック公式写真集,,長野パラリンピック冬季競技大会組織委員会,1998,8640,,,
86,戦前陸上競技選手カード 20枚一括,吉岡、阿武、久富、八柴他,,戦前,10800,,,
87,大レースウラオモテ読み必勝馬券,高本公夫,双葉社,昭59,1300,2刷,,
88,福田雅之助自筆色紙(落款入),「あらたふと青葉若葉の月の光 甲寅六月福田雅之助(落款)」毛筆書、1974年,,1974,10800,,,
89,第17回オープントーナメント全日本空手道選手権大会プログラム,昭和60年11月3・4日於東京体育館,国際空手道連盟/極真会館,昭60,1620,,,
90,武道&格闘技大図鑑,月刊空手道別冊,福昌堂,1989,1080,,,
91,月刊空手道 1989年5月号,特集:ローキックなんかこわくない!顔面パンチの研究,福昌堂,1989,1080,,,
92,月刊空手道 1989年10月号,特集:回し蹴りの極意/’89二宮サバキ・チャレンジ,福昌堂,1989,1080,,,
93,月刊空手道 1989年11月号,特集:パーフェクト・ディフェンス/追悼特集:宇治田省三の生涯,福昌堂,1989,1080,,,
94,月刊空手道 1990年1月号,創刊150号記念特大号,福昌堂,1990,1080,,,
95,月刊空手道 1990年2月号,北斗旗徹底特集,福昌堂,1990,1080,,,
96,月刊空手道 1990年5月号,スーパーボディーへの道,福昌堂,1990,1080,,,
97,月刊空手道 1990年6月号,ザ・奇襲技,福昌堂,1990,1080,,,
98,月刊空手道 1990年10月号,挑戦するカラテ・正道会館,福昌堂,1990,1080,,,
99,月刊空手道 1990年11月号,鉄拳伝説・沖縄空手の真髄,福昌堂,1990,1080,,,
100,月刊空手道 1991年2月号,ザ・ステップイン/WUKO,福昌堂,1991,1080,,,
101,月刊空手道 1991年4月号,特集:先の先と後の先/ミャンマー空手事情,福昌堂,1991,1080,,,
102,月刊空手道 1991年10月号,特集:二宮城光・円心カラテのスーパーテクニック,福昌堂,1991,1080,,,
103,月刊空手道 1993年4月号,沖縄空手の秘密/五輪参加問題,福昌堂,1993,1080,,,
104,月刊空手道 1993年9月号,反!マッスル空手宣言,福昌堂,1993,1080,,,
105,月刊空手道 1994年1月号,特集:素手実戦論/極真全日本大会,福昌堂,1994,1080,,,
106,月刊空手道 1994年2月号,特集:「必中」の最終テクニック/全日本大学,福昌堂,1994,1080,,,
107,月刊空手道 1994年3月号,特集:空手の弱点/全空連全日本,福昌堂,1994,1080,,,
108,月刊空手道 1994年7月号,特集:蹴り名人になる!/北斗旗,福昌堂,1994,1080,,,
109,月刊空手道 1994年9月号,特集:「最強の突き」を獲得せよ!,福昌堂,1994,1080,,,
110,月刊空手道 1994年11月号,顔面パンチvs蹴り,福昌堂,1994,1080,,,
111,月刊空手道 1995年5月号,特集:完全保存版!蹴りを極める,福昌堂,1995,1080,,,
112,月刊空手道 1995年12月号,特集:伝説の道場列伝2/アイルランド空手紀行,福昌堂,1995,1080,,,
113,月刊空手道 1996年3月号,特集:精鋭軍団徹底解剖/全空連全日本,福昌堂,1996,1080,,,
114,月刊空手道 1996年11月号,特集:剣の理と空手の理/インターハイ,福昌堂,1996,1080,,,
115,月刊空手道 1996年12月号,「達人」とは何か?,福昌堂,1996,1080,,,
116,パワー空手 1986年10月号,特集:全日本に燃える増田章,パワー空手出版社,昭61,1080,,,
117,パワー空手 1990年6月号,黒澤、緑がウェイト制出場,パワー空手出版社,1990,1080,,,
118,パワー空手 1991年6月号,特集:昇段審査,パワー空手出版社,1991,1080,,,
119,激録 力道山 全5冊揃,原康史,東京スポーツ新聞社,1994,5400,,,
120,ゴング 1983年4月号増刊,ゴング・ベストアルバム・シリーズ7/空中戦,日本スポーツ出版社,昭58,1080,,,
121,ゴング 1984年3月号増刊,プロレス写真画報・長州力維新魂,日本スポーツ出版社,昭59,1080,,,
122,別冊ゴング 1982年11月号,スーパー立体特集 死の遺恨試合!,日本スポーツ出版社,昭57,1080,,,
123,別冊ゴング 1983年6月号,注目のIWGP開幕 熱戦速報第一弾,日本スポーツ出版社,昭58,1080,,,
124,別冊ゴング 1983年7月号,新日本プロとA猪木を突如襲った過激な代償,日本スポーツ出版社,昭58,1080,,,
125,別冊ゴング 1983年10月号,表紙:猪木、テリー・ファンク、スタン・ハンセン/テリー・ファンク燃え尽きたテキサス魂,日本スポーツ出版社,昭58,1080,,,
126,写真解説講道館柔道,講道館編著,講道館,昭48,4320,改訂版,,
127,武藝中国武術 1996年秋号,特集:武器術大全,BABジャパン,平8,1080,,,
128,月刊陸上競技 1967年10月号,表紙:沢木啓祐/東京ユニバーシアード特集,講談社,昭42,2160,,,
129,月刊陸上競技 1968年2月号,表紙:全国高校駅伝/1967年度記録集計,講談社,昭43,2160,,,
130,月刊陸上競技 1968年7月号,表紙:飯島秀雄/ワイド特集:メキシコへの爆走,講談社,昭43,1620,,,
131,月刊陸上競技 1968年9月号,表紙:石沢隆夫/全国高校大会、中学放送大会特集号,講談社,昭43,1620,,,
132,ラグビー日和,神吉拓郎,私家版,2000,3240,,,
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
古書店ビブリオ:最新入荷情報!
発行周期
新入荷情報を在庫100点を目安に随時お届けします。
最終発行日
2017年05月23日
 
発行部数
268部
メルマガID
0001291411
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > メディア

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ