サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント

  • ¥0

    無料

社内で一流で必須の人材となって、上司からも部下からも同僚からも一目置かれるための技術を紹介します。 才能は必要ありません。必要なのは技術、スキルやちょっとしたコツを身に付けるだけです。 学歴なし、人脈なし、やる気なしのサイテーレベルのボンクラサラリーマンが100人超の部門管理職まで昇進できたリーダーシップ技術、マネジメント、仕事術・交渉術・時間管理術・交渉術、ビジネスハックや実際の場面で役立ったビジネス書の読みどころ、中途採用の面接官として気づいた面接技術などを実例を交えてほぼ毎日紹介します。 向上心のあるサラリーマンに贈る仕事のヒントです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年12月17日
 
発行部数
84部
メルマガID
0001366152
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > 一般常識

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するために、必用な仕事の技術を公開。

多くのビジネス書の著者は、独立して会社を起こし、社会に貢献
してきた人たち。つまり経営者。
経営者にとって重要なのは社会の会社に対する評価、ビジネスを
するマインド。

サラリーマンとして会社で成功するために必用なのはマインドで
はなく上司から高く評価される技術(スキル)。マインドは必要あ
りません。

才能は不要です。ちょっとだけ努力して、ちょっとしたコツを身
につけるだけで、あなたの成果は格段に向上します。

学歴なし、人脈なし、やる気なしのサイテーレベルのボンクラ
サラリーマンが部門を代表するまでに昇進できた超簡単な仕事術、
交渉術、時間管理術、ビジネスハックや実際の場面で役立った
ビジネス書の読みどころなどを会社がばれない程度に実例を交
えて紹介します。

向上心のあるサラリーマンに贈る仕事のヒントです。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術                   ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【ハック】時間は24時間制をつかう
 http://sarahin.seesaa.net/article/435246472.html
「来週の日曜日、午後3時に待ち合わせね」たいていこういう人が
多いですよね。これは私がシステム系ソフトを専門にしているから
なのかもしれませんが、どうもこういうの、違和感があります。3
時は1日に2回ある単純に考えると、1日は24時間です。それが...

●【日記】ToDoリスト
 http://sarahin.seesaa.net/article/261680844.html
GTDに代表されるようなタスクマネージメントでは、必ず、TodDoリ
ストを作ります。このToDoリストでよくやってしまう失敗がありま
す。簡単にいえば、完了しないToDoリストを作ることです。私も、
こういったものをたくさん作って、結局これがい...

●【PCアプリ】エメットの法則
 http://sarahin.seesaa.net/article/282362737.html
エメットの法則------------------- Wikip
ediaよりエメットの法則とは、「仕事を先延ばしにすることは、
片付けることよりも倍の時間とエネルギーを要する」というリタ・
エメットの提示した法則。--------------...

●【PCアプリ】EXCELグラフを綺麗に見せるワザ1:凡例を消す
 http://sarahin.seesaa.net/article/419441689.html
ちょっとだけ見やすいEXCELのグラフのコツをご紹介します。凡例
をなくすとグラフは見やすくなるまず、こちらのグラフを見てくだ
さい。 >まぁ、当たり前のグラフですね。では、こちらはどうでし
ょう? >ちょっとかっこよくなったと思いません?見やす...

●【知的生産術】報告書に必須の4要素:6.文字にして4要素を吟味する
 http://saracompass.seesaa.net/article/417533943.html
報告書には必ず入れないといけない要素があります。もし、あなた
が何かの報告書やメールの返信をするときに、これらの要素がある
かどうかを確認してみてはいかがでしょう。ポイントがまとまった
ものができますよ。...



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事         ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●商談の武器になる:相手との距離を一気に縮める「ビジネス雑談術」
  http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1409/19/news017.html
「雑談」は人間関係の潤滑油として欠かせないビジネススキル。
「でもイマイチ、自信がない……」という人のために、雑談にぴっ
たりな情報の選び方や集め方、意外なネタの見つけ方などを伝授し
ます。

●部下と走ろう!
  http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/ishida_jun/050600018/?ml
上司のあなたがストレスまみれになれば、部下はそれを敏感に察知
し気をつかうことになります。風通しのいい職場をつくり、また、
あなた自身がしなやかな強さを持つために私が提案したいのが「走
ること」です。

●色を意識して脳を活性化
  http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120829/321200/?top_bc

●50歳からの“老後破産”防衛術
リスクを抑えつつ、「年3%の運用」は本当に可能か?
  http://nkbp.jp/2babop6
今回は、世界中の株式や債券に分散投資する投資信託を運用してい
る、セゾン投信の代表取締役社長、中野晴啓さんのところにお邪魔
して、現実的に年平均3%リターンの運用は可能なのかどうなのか
を伺ってきました。



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて!               ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■思考力を鍛える30の習慣
発想力、記憶力、会話力を伸ばす 実践的考えるヒント

グローバル企業( アメリカン・エキスプレス、スリーエム、シェ
ルなど ) が活用する脳トレーニング法

レイトン教授もおすすめの思考ガイドブック
初めて読んだときは、衝撃を受けました。
思考力を鍛えるため、社員教育にも使いました。
教育としても、エンターテインメントとしても
一級品だと思います。   レベルファイブ代表取締役社長 日野晃博

30の習慣で常識にとらわれない「思考の達人」に誰でもなれる!

■ 自分の考えと矛盾する事実があったら、それを受け入れられる
■ 言葉を操る能力を常に高めようと努力している
■ ものごとの理解や伝達や説明に、図や絵を役立てている
■ 新聞やインターネットで、自分の考えの正しさを検証しているか
■ 結論に飛びつく前に、じゅうぶんに質問をしている
■ 突飛な組み合わせを思いつける
■ 数多くのアイデアを出してから、それを絞り込む作業をしている
■ ペア式順位法など、厳密な判断のためのツールを使っている
■ 教えたり、説明したりするために、物語が使える
■ 重要度の低いことは誰かに任せたり、切り捨てたりできる
原題:HOW TO BE A BRILLIANT THINKER Exercise your mind and
find creative solutions


◆ 著者について
ポール・スローン Paul Slone
英IBM社のトップセールスマンとして活躍後、水平思考、イノベ
ーションの専門家として国際的経営
コンサルティング会社デスティネーション・イノベーションを創設。
いままでに17冊の著作があり、世
界で累計200万部以上を売り上げた。
おもなクライアントに、アメリカン・エキスプレス、BT、モトロ
ーラ、フィリップ・モリス、シェル、
スリーエムなどがある。
日本でも水平思考ゲームをテーマにした著書『 ポール・スローン
のウミガメのスープ 』 ( エクスナレッジ )
がベストセラーとなり、任天堂DSソフト 『 スローンとマクヘー
ルの謎の物語 』 ( レベルファイブ ) も
大ヒットした。


◆アマゾンで見る
 思考力を鍛える30の習慣
 http://www.amazon.co.jp/dp/4576101900/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
 思考力を鍛える30の習慣
 http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784576101903%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
 思考力を鍛える30の習慣
 http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32529065/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・「なぜそう考えるのか?」を考える2
 http://saracompass.seesaa.net/article/454963841.html

・「なぜそう考えるのか?」を考える1
 http://saracompass.seesaa.net/article/454963791.html

・感情知能
 http://saracompass.seesaa.net/article/404609143.html






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ