キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」

  • ¥0

    無料

著者サイト

キムラヤスヒロ(鳩)の公式メールマガジンです。 Twitterやブログでは伝えきれないことを、メールマガジンならではの様々なコーナーを使って発信していきます。 配信は原則として月一回(月末)です。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

【キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」】
2017年6月号(Vol.67)
2017/5/31発行

---------------------------------------------------------------------------

<目次>
1.はじめに
2.140字じゃ言い足りない!
3.今月の一食
4.今月のデータ
5.今月の本棚アーカイブ
6.鳩☆アクティビティ
7.おわりに

EPUB版のダウンロードは
https://www.evernote.com/pub/fdrbdr/denshobato#b=29ba2c6f-ded5-40a5-a9a2-cfb5da58d265&n=0f0a639e-eee4-403b-9edc-fc6865195b1c
メール版配信からEPUB版の配信まで数日かかることがあります。

□キムラヤスヒロ(鳩)公式サイト
http://kimurayasuhiro.com/

□ブログ「怠惰と汗と現実と」
http://hatoblog.com/

□ほしい物リスト
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2KG8MLTXJINJK (いろいろ)
http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/T9ZC7MWKMAKU (消耗品)

□ご意見やご感想・質問その他は
mail@kimurayasuhiro.com もしくはTwitter@fdrbdrまで。

---------------------------------------------------------------------------

<1.はじめに>
■こんにちは、キムラヤスヒロ(鳩)です。

つい先日28歳になりました。
四捨五入すると30歳なのは数年前ですが、いわゆる「アラサー」になるのはこの歳からかと思います。
28歳になってすぐGoogleで検索し「28歳で死亡した有名人のリスト」というのを見たのですが、
錚々たるメンバーが揃っていて、自分もそんな歳まで来たのだなという気持ちです
(ちなみに、高杉晋作や尾崎豊、野球の沢村栄治やサッカーのエスコバルなどがいました)。

自分は年齢の割にあらゆる面において経験値が少ないというのは自覚していて、
そろそろ「ガキっぽく見られる」ことへの懸念から年齢を公表したくなくなってくるという気持ちも正直あります。
とはいえ年齢は単なる数字、事実なので、
むしろ年相応に見てもらえるように成長するべきなのだろうと思います。
でも老けたくはないので、アンチエイジングに取り組む所存です。

■それでは、ごゆっくりお楽しみください!

---------------------------------------------------------------------------

<2.140字じゃ言い足りない!>
■これまでのSNSの投稿などの中から、より深く書きたいと思った物事について、字数の制約に囚われず綴ります。

□今回はこちら。
「著作権関連の問題、毎回本筋と全然関係ないところで騒がれるので義務教育で著作権法を教えた方がいい」
https://twitter.com/fdrbdr/status/868325564121096192

□オレが常々思っているのが、「憲法と著作権法は義務教育で教えたほうがいい」ということだ。

いずれも条文そのものと基本的知識それ自体は特に難しいところはないので、
中学生くらいの頭があれば、誰でも少なくとも大まかな仕組みは理解できる。
逆に言うと、中学生くらいの頭があれば理解できることなのに、それを理解している人間がほとんどいないので、
一部の人間にその隙をつかれて食い物にされている人間があまりに多いのである。

憲法に関しては、極端な話、「改正をするのは国民だ」ということさえ教えればそれでいい。
現状では、いい大人であっても、政治家が憲法を改正するものだと思っている人間が確実に一定数存在している。
もしかすると、国民投票が行われることさえ知らない人がいるのではないだろうか。
しかも最悪なことに、新聞やニュースを普通に見ていても、そのように思えてしまうことに特に矛盾がない。
「政治家が憲法を改正する」というパラダイムで新聞やニュースを見ても、一見して筋が通ってしまっているのである。

実際には、国会で改正案が発議されても、国民投票で国民が反対すれば改正はなされないから、
憲法改正に賛成か反対かというのは政党選びの主眼にはなり得ないわけだが、
それを知っていなければどうにもならないのである。

□著作権法については、これだけSNSを通じて個人が著作物を発信する時代でありながら、まともにそれを知る人間が存在しない
(司法試験でも選択科目なので、たとえ弁護士でも大半の人間は知らない。弁理士試験でも著作権法関連の問題は少ないので、それに近いところがある)。
だから、pixivのような大手のサイトですら、「無断引用」などという意味不明の単語を使ってしまうのである
(言うまでもないが、引用には許可が必要ない。
また、それが引用である限りたとえ著作権者がどう主張しようと引用は可能なので、「無断引用」はありえない)。
つい最近あった私立大学の論文引用に関する出来事も、
それについて言及する人々のほとんどが著作権法の仕組みを正しく理解していないので、結果として議論が錯綜してしまった。

これについては、著作権法の大筋を知っていればそれだけで避けられた。

引用はそれが引用である限り許可は必要ないこと、
そしてどんなものにでも著作権は発生すること
(これさえ知っていれば、誰かが言っていた「二次創作でグレーだから相手も弱い」などという意味不明な理屈は出てこない。
二次創作でも、それが創作性を有する限り作品それ自体に著作権は生じる)、
その結果、ものを作り公表するという行為にはそれなりの社会的責任が伴う
(著作者は作品を公表した以上、引用されることを受け入れなければならない)ことを知っていれば、
個々人の結論がどちらに行き着くかは別として、少なくとも議論が錯綜することはなかった。
研究倫理やジャンルごとの界隈における作法は、法とはまた別個の問題である。

□そもそも憲法や著作権法は法律家のための道具ではなく、むしろ日常生活において重要性を発揮する類のものである。
だが、先にも書いた通り、中学生でも理解できる内容であるにもかかわらず、
弁護士のような専門家でも知らないことが多いという悪夢のような状況が生じている。
それを打開するには、「国が教える」という方法を取るしかないし、それで簡単に解決できるのだ。

---------------------------------------------------------------------------

<3.今月の一食>
■最近摂った食事の中から、特に印象深いものを、周辺エピソードと共に綴ります。

■今回は、5/26に食べた
「中古タイヤ市場 相模原店」の「チャーシューメン」。400円。

□中古タイヤ市場 相模原店
住所:神奈川県相模原市南区下溝2661-1

□ここ何ヶ月か、自販機ファンの間で話題沸騰中の自販機店舗がある。
その場所は群馬でも埼玉でも地方でもなく、神奈川の相模原だ。
それも、ゲームセンターやドライブインではなく、中古のタイヤ屋の一角だという。
これまでの自販機店舗の常識を覆す新星が現れたのである。

5月中旬に試験も終わり身動きが取れるようになったので、早速その「中古タイヤ市場 相模原店」に行ってみることにした。
場所柄、自動車でしか行けないが、先月に母親用のデミオが納車されたことでオレが自由にCX-3を使えるようになり、
費用さえ捻出できれば遠出も問題ない。
長距離移動はディーゼル車にはお手の物なので、こういう機会が嬉しい。

□神奈川に出るということもあり、せっかくなので横浜市に住む友人の水野さん(@kmizuno0211)を拾ってから行くことにした。
用賀出口で降りて246号経由で水野ハウスに向かったのだが、
途中の4号と首都高が雨のせいかかなり渋滞していて(とりわけ大橋JCTがひどく、30分近くジャンクション内にいた)、
空いていれば2時間かからないところが3時間以上かかってしまった。
しかし、それでもあまり疲労感を感じず、マツダ車の良さをあらためて感じた。

水野ハウスで水野さんを拾い、再度246号を通って目的地へと向かう。
一時間弱は走っただろうか、北里大学の前を抜けて入った県道沿いに、ホイールとタイヤのラックで囲まれた目立つ建物が目に入った。
駐車スペースに車を停め、商品であるホイールやタイヤを眺めながら脇の細いスペースに入ると、そこには大量の自販機が一直線に並んでいる。

うどん・そば・ラーメン、ハンバーガー、トーストサンドのいわゆる「御三家」はもちろん(これが「もちろん」なだけでも凄いことである)、
瓶コーラやポップコーン、アイスクリームの自販機、
そして仕組みこそよくある番号選択式だが旧式で見たことのないモデルなど、
たとえ非稼働であったとしても価値のあるような自販機が現役で商品を販売している。

しかも、売っている商品もよくセレクトされたものばかりで、
駄菓子が30円で売られていたり、中にははいふりの食玩が200円で売られていたりもした。
信頼できる自販機サイトの情報によれば、
店主が自らこの大量の自販機を収集し、配線や修理もすべて行っているというのだから凄まじい。

□何を食べるか悩ましいところだが、まずはラーメンを食べることにした。
うどん・そばも気にはなるが、ラーメン自販機のほうがどちらかといえば珍しいし、
これだけの場所ならいずれにせよ再訪するので、うどん・そばはその時に食べればいい。

ラインナップはラーメンとチャーシューメン。
ちょうどその場にいた同業者らしき人が「チャーシューメンのほうがおすすめだ」と言うので、
それを信じてチャーシューメン(400円)を購入。
ニキシー管のカウントで待つこと一分。
取り出し口から、スープがなみなみと注がれた熱い器が現れた。

チャーシューは贅沢にも5枚。
それも、ショボい成型肉ではなく、しっかりした本当のチャーシューである。
自販機の特性上、表面と底で濃度に差があるスープを箸でかき混ぜると、
その下からかんすいの黄色が美しい中華麺に加えて、メンマと海苔、ネギが姿を見せる。
これで400円、おそらく利益はほとんど出ていないのではないだろうか。
しっかりと出汁の効いたスープも美味く、あっという間に完飲した。

次はハンバーガーだ。
やや調子が悪く、コインが戻ってくるなどのトラブルはあったが、
補充に来たスタッフがその場で点検してくれ、すぐに買うことができた。
何より凄いのは、メニューがハンバーガー・チーズバーガー・てりやきバーガーの三種類あるということだ。
たいていの場合、製造コストなどの関係からか、自販機にボタンが3あってもメニューは一・二種類であることが多いが、
ここはきちんと三種類違った味を用意しているのである。
そして、出てくる箱は特注のオリジナルで、いかにもレトロ調に寄せてある。
熱くてすぐには食べられないほどのハンバーガー(280円)を、箱を空けて少し冷まして食べる。
牛豚鶏の合挽きのハンバーグはジューシーで、加熱で程よくふやけたバンズとの相性が実にいい。
チーズの入っていないノーマルのハンバーガーを自販機で食べられるというのもなかなか貴重である。

そして、トーストサンド自販機でコンビーフサンド(300円)も購入。
ボタンを押してから焼かれるトーストは、熱すぎて素手で持つのは危険で、ハンカチ必須である。
圧巻なのはそのアルミホイル包装。
既に在庫切れで消滅したトーストサンド純正の包装の柄をコピーし特注したものを使っているのだ。

ここまで来ると、店主の情熱にもはや狂気さえ感じる。
「最近流行っているから自販機を入れた」のレベルではもちろんないどころか、
日本の自販機マニアの中でも突き抜けて変態的な人が、自ら自販機を集めて日本屈指の自販機店舗を作り上げてしまったのだ。

コンビーフサンドはいかにもジャンクな味で、車で来たのでなければぜひビールと一緒に食べたかった。
この自販機ではハムチーズトーストも売られている。
他でも食べられるメニューではあるが、これだけ異様に自販機フードにこだわっている店なので、おそらく相当にうまいだろう。

□これまで自販機店舗の 確認されていなかった神奈川県に突如出現したこの「中古タイヤ市場 相模原店」。
その充実ぶりは、先に書いた通り常軌を逸したもので、関東の自販機勢力図が一気に書き換えられた感覚さえ覚える。
休日は混雑しているようだが、その賑わいも納得のものだ。
店主の本気ぶりからするに、おそらく今後も自販機の種類やレイアウトが細かく変動していくだろう。
本当に期待している。

---------------------------------------------------------------------------

<4.今月のデータ>
■体重・体脂肪率を月単位で分析するほか、
ラーメン二郎に行った回数や酒量などを掲載し、
今月の健康状態を総括します。
(調査対象:4/30-5/30)
※5/17,18,20,21は計測なし

■今月の平均体重:60.0g(先月比-0.3kg)
最高体重:60.7kg(5/2,7)
最低体重:59.2kg(5/15)

■今月の平均体脂肪率:18.3%(先月比±0ポイント)
最高体脂肪率:19.0%(5/16)
最低体脂肪率:17.6%(5/1,25)

■今月のラーメン二郎
なし

■今月の病気
なし

■酒
・瓶ビール大2分の1/梅割り一杯/ハイボール一杯(5/28)

■総評
先月とさほど変わらない結果。
やはり60kg台の壁を割ることができなかったのが代謝の低下を感じさせる。
運動や食事量の調整などによりもっと抗わなければいけないなと反省するところ。

二郎は今月はなし。

花粉症も落ち着いて病気もなく、酒も試験等で忙しかったこともあって月末にいづみやで軽く飲んだのみ。
たまに飲む酒はやはりうまい。

■来月も健康体で。

---------------------------------------------------------------------------

<5.今月の本棚アーカイブ>
■この一ヶ月に読んだ本・聴いたCD・見たDVD等をリストアップし、個人的評価と短評を掲載します。

□けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2)
★★★☆☆
http://amzn.to/2s9l5LB
ガイドブックでどんどん謎が明らかに(?)なっていく構成が上手い。

□けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (3)
★★★☆☆
http://amzn.to/2s8RFNT
かばんサーバルの中の人インタビューだけで価格分の価値はあり。

□OVA ハイスクール・フリート(完全生産限定版) [Blu-ray]
★★★☆☆
http://amzn.to/2s920sT
2期(あるのか?)に繋がりそうないい話。CDドラマも良かった。まだオーディオコメンタリを聴いていないので楽しみ。

□THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST/THE YELLOW MONKEY
★★★★☆
http://amzn.to/2s9gnOe
いい意味でどれも原曲と変わらないのが凄い。

□dancyu(ダンチュウ) 2017年6月号
★★★☆☆
http://amzn.to/2s8W9Ec
トーキョーパラダイスは載ってないけど良いカレー特集号。

□コンプティーク 2017年6月号
★★★☆☆
http://amzn.to/2s8WruM
付録のノートが本当にただの縦書きノートというのが凄い。1/1瑞雲といい最近の運営の狂いぶりを感じる。

□ホビージャパンエクストラ2017spring
★★★☆☆
http://amzn.to/2s92DCZ
読んでいると、ランナーを眺めているだけで楽しくなるように調教されてしまう本。

□POPEYE(ポパイ) 2017年 6月号
★★★☆☆
http://amzn.to/2s9fbuf
より自車に愛着が湧く特集。

□左門くんはサモナー 9 (ジャンプコミックスDIGITAL)/沼駿
★★★☆☆
http://amzn.to/2s8S96m
シリアスなシーンでも定期的にギャグが挿入されるので相変わらずの安心感がある。

--------------------------------------------------------------------------

<6.鳩☆アクティビティ>
■この一ヶ月の行動や思考をダイジェスト形式で綴ります。
関連写真は汎用Tumblr
http://others.kimurayasuhiro.com/
に掲載することがあります。

<4/30+5月上旬>
□東京オペラシティコンサートホールで「艦これクラシックスタイルオーケストラ」。
・物販もスムーズだったし、演出も昨年よりパワーアップしていた感じ。
・サントラに入っていないイベント曲も演奏してくれた(よね?)のは良かった。
・S席で高かったけど、その価値はあった。

□キタサンブラック、「日本競馬史上」という括りでも最強論争に充分加わることのできる強さなのでは。

□毎年恒例の柴又・中山。
・まず帝釈天に行き、その後中山鬼子母神(法華経寺)に行く。

□気温が異様に高く、庭に「ジー」と鳴く虫が早くも登場。

□自分はずっと実家暮らし(そして今後出ることもなさそう)なので、帰省への憧れが多少ある。
・面倒なことも多いだろうが、それでも普段乗らない電車やバスで地方に帰るのは面白そうだ。

□「とりあえず憲法を変えてみる」というスタンスがあってもいいと思うのだが、なぜかあまり表出しない。
・変えてみて即誰かが死んだりするものでもないし、まずかったらまた改正できるのにね。

□「手わすら」は方言らしい。
・手わすら、よくやっちゃうけどな。

□Mac miniを縦置きしてみる。
・スタンドは特になくても大丈夫っぽい。

<5月中旬>
□昨年注文したNESクラシックエディションがようやく到着。
・いろいろと怪しい業者で注文したのはオレのミスだが、かといって泣き寝入りする義務もないので、いろいろメールで急かしたら送ってきた。
・来なかったら本当に被害届を出すつもりだったので安心。

□痴漢に間違われる事案、トラックにはねられるようなものだと割り切って諦めるしかない。
・テロと同じで、悪人がいなくなればすべて解決するだけの話なのに、その「だけ」があまりにも難しい。

□炎の体育会TVの武さん、すごすぎて笑った。
・いい吉野家の宣伝。

□ヴィクトリアマイル、最初に買おうと思っていた(けど買わなかった)馬で決まって三連単91万。
・事実買っていないのだからタラレバですらないが、しばらく引きずった。
・一度買おうと思った買い目は、100円でもいいから買っといたほうがいいなとあらためて実感。

□ローソンのカフェインレスコーヒー、非常にありがたい。
・味も悪くないし。

<5月下旬(〜5/30)>
□初めて夕方に洗車してみる。
・昼と違って洗車中に泡が乾きにくくて良い。
・暗くて見えにくいのは難点だけど。

□17年ほど使ってきたエアコンが死亡。
・修理でどうこうなるものでもないのでパナソニックのエアコンを導入。
・ゴミを排気してくれるタイプなのでだいぶ楽になる。

□映画「BLAME!」を観る。
・原作はまったく知らないのだが、良かった。
・複数回観るのが前提のような複雑な映画が最近多い中、設定は細かいながらもきちんと説明されていくので、途中で引っかかることがない。
・原作とは違うらしいがそれは意図的なものだろうし、パニックムービー感と時代劇感が心地よかった。

□マンチェスターのテロの後だと、アイドルのライブに身分証を偽造して入った人のニュースも笑えない。

□競馬場に未成年が入れなくなったら、競馬というコンテンツは終わると思う。
・成人してから初めて見るようになれば、それこそ完全にギャンブルとしてしか競馬を見られなくなり、より依存症の人間が増えるだろう。

□久々にトーキョーパラダイス。
・昼時はいつも混んでいるとはいえいつにも増して人が多く、13時前に入ったのにちょうどオレで終了。
・行くのがあと数分でも遅かったら食べられなかった。
・安定のビーフドライ。

□カールもショックだが、ピックアップがもう食べられないのが辛い。

□話題の「中古タイヤ市場 相模原店」へ。
・詳細は「一食」で。

□著作権法と憲法は義務教育で教えるべき。
・生きる上で必要な知識。

□東京競馬場で日本ダービーを観戦。
・誕生日のダービーくらい綺麗に仕留めたかったが、完全にトリガミ。
・スローペースだが見応えのあるレースだったし、一応当たっただけ良しとしたい。
・目黒記念のパドックでのラニの殺気。

□ダービー後にいづみや飲み。
・梅割りは一杯までだと気持ちよく帰れる。

□帰宅するとAmazonからほしい物リスト経由で何箱も届いてて大感謝。
・本当にありがとうございます。

□けものフレンズ×JRAのコラボ、ヤバい。
・現時点ではどんなコラボなのかまだ分からないが…。

---------------------------------------------------------------------------

<7.おわりに>
■「インターネット伝書鳩」67号、いかがだったでしょうか。

ひとつ歳を取ったのも束の間、6月に突入です。
梅雨入りしたり、祝日がなかったりとあまり良いイメージのない月ですが、
本格的な夏に向けてうまく溜めを作れればと思います。

個人的には例年この時期にどこかに旅行に行っているイメージですが、
今年は今のところまとまった計画は立てていません。
これから計画する可能性はありますが、そうなったら次号に書きます。
単発の予定はそれなりに入っているので、まずはそれらを楽しめればというところです。

そういえば、風呂場に小さなゴキブリがちょくちょく現れ始めています。
またバルサンを焚かなければいけないかもしれませんね…。

■それでは、また次号で。

---------------------------------------------------------------------------

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

配信停止はこちら http://www.mag2.com/m/0001372750.html

■というわけで。

---------------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
キムラヤスヒロ(鳩)公式メールマガジン「インターネット伝書鳩」
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年05月31日
 
発行部数
398部
メルマガID
0001372750
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
日記 > テーマ別 > 日々のできごと

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ