観光コンサルタントの【観光促進通信】

  • ¥0

    無料

観光コンサルタント石田宜久が最新の観光業情報をお届けするメールマガジン。専門的な知識から参考モデル紹介、商品の構成、集客、PRに役に立つ観光事業ノウハウを掲載しています。バックナンバーも随時公開しています。海外観光事業戦略や観光ブームも配信。海外で研究を積み、セミナーや講演もお受けしている観光コンサルタント石田宜久だからこそお届けできる情報を、ぜひお楽しみください。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
観光コンサルタントの【観光促進通信】
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年07月25日
 
発行部数
15部
メルマガID
0001374210
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.144━2017.07.25
観┃光┃促┃進┃通┃信┃!┃ 
~日本の観光を次のステップに進めるメルマガ~
【DiTHi-ディシィ-】 https://www.dithi.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

こんにちは、観光ホスピタリティコンサルタント石田宜久です。


梅雨明け!と、言われてからも、日本各地で豪雨災害が続いています。


実際に私も一件、コンサルの仕事がキャンセルになったことで、急に間近で起きている事
なのだと、実感しました。


いつ関東で、そして東京で起きるのか?考えなくてはいけないと、改められました。


ありきたりですが、まずは防災バックの見直しから。


それでは今回の観光を考えましょう!


+**+◆INDEX◆**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+
【1】 お知らせ・DiTHi情報
【2】 今回のテーマ「ゆっくりするが、休暇やリゾートでない認識」
【3】 編集後記
+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+◆◇◆**+


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【1】DiTHi・観魅処からのお知らせ
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

自らの足で国内外を巡り、気が付けば300の地域を歩いてきました。


そして40か所を超えるコンサルティング活動。


その都度、様々な宿泊施設に泊まり、旅の手配をして、プライベートではプランを
立ててきました。


もちろん最初からできたわけではありません。


研究に研究を重ね、正直な話、無駄な時間の多い旅もありました。


そんな私のノウハウが詰め込まれたのが「観魅処-かんみどころ」です!


ゆっくりですがコンテンツを増やしています。


お時間のある際、ぜひ、ご覧になってみてください。


https://www.kanmi-dokoro.com


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【2】今回のテーマ『ゆっくりするが、休暇やリゾートでない認識』
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

先日テレビで、


「リゾートでも安く泊まれる!」

「ハードルの低いリゾート」


と特集して放送していました。


これは本当の意味でリゾート言えるのか、非常に疑問に感じました。


リゾートならではのサービスマンを育成し、都会ホテルには劣らないほどに
注力しているクオリティ。


これこそがリゾート!とも思いますが、これがすべてではありません。


まさしく星野リゾートが理念としている部分を今回ご紹介します。


そもそもリゾートに泊まるなら、ゆっくりのんびり過ごすというのは、日本人の
偏見でもあると言えます。


宿泊する事を目的に、人によっては外に一歩も出ることなく時間を過ごす事もあります。


しかし企業トップや社会的地位の高い人達がリゾートに宿泊するとなると、一味違います。


スイスの山岳リゾートともなれば、セレブの方々が挙って高山病を恐れずに
標高2000m~3000mを目指していきます。


そこで過ごす事自体にステータスがあるわけではないのです。


日本の観光地は、レジャー施設やホテルだけが目的化してしまい、その周辺地域と
連携してそこへ訪れる人達に似合った商品やサービスを戦略的に提供している場所は
残念ながら非常に少ないものです。


欧米諸国では、地域全体の魅力を観光資源にし、リゾートやホテルもあくまでもその
一部としての存在を見出しているのです。


例にあげたスイスのグシュタート地域は、山岳地域にも関わらず、東京銀座と変わらないほどの
ブランドショップが並び、上質な食事を楽しむ事ができます。


実はこの考え方が日本人にも精通するものがあるので、星野リゾートが支持されているのです。


もちろん読書を楽しんだり、周辺を散策することもリゾートでの楽しみ方ではあります。


ただ、それがメインイベントではなく、アウトドアでのアクティビティも積極的に楽しむ。


そう、日本の観光も、もうこのステージを目指すべきなのです!


しかしいきなり持ち込んでも、日本人のイメージとのギャップは若干あります。


実はこのような高級リゾートでも、ホテルと比べてしまうとサービスマンの腕は
拍子抜けするほど薄くなってしまいます。


実質的な部分は変わりなくとも、経験と顧客の回転率が全く違います。


そこで、リゾートの場合は顧客の「成熟度」というのも、欧米では大事なっています。


ところが日本ではまだまだ市場自体が未熟。


顧客の成熟度に期待をしたサービスがどれだけ受け入れられるかは、
コンサルタントの私でも未知です。


星野リゾートの様にブランドに対する理解ある顧客であれば別ですが、
その域を出ると、チャレンジが求められます。


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【3】編集後記
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

着るものにシュッとすると涼しくなるスプレーってご存知ですか?


お祭りがあり、スタッフとして参加していたのですが、その際にシュッと一拭き。


スースーして気持ちよかったですよ。


まぁ涼しい・・・とはちょっと違いましたが。


今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


********************************************************************

【“山の日”制定!観光素材が無いとは言わせません、クライミング&登山】

◇◆ http://www.dithi.net/観光コンサルタント/クライミング登山観光コンサルティング/


【観光地と観光客のための、観光魅力発見サポート“観魅処-かんみどころ-”】

◇◆ https://kanmi-dokoro.amebaownd.com/


【観光地つくり、ホスピタリティの向上で、地域力をアップさせましょう】

◇◆ http://www.dithi.net


【観光とホスピタリティの為のセミナー・講演会はお任せください!】

◇◆ http://www.dithi.net/home/セミナー-講師ご依頼/


セカンドオピニオンや、事業計画の感想を求めるご相談を
多くお受けいたしております。
◇◆ info.contact@dithi.net
………………………………………………………………………
『観光論とホスピタリティを
上手く利用した観光事業計画づくり』
無料レポートをお渡ししています↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.dithi.net/home/free-report/

………………………………………………………………………
MSゴシックフォントで作成しています。
■□------------------------------------------------□■
アメブロ:http://ameblo.jp/dithiblog/

DiTHiFacebook:https://www.facebook.com/tourism.hospitality.consultant.DiTHi/

観魅処Facebook: https://www.facebook.com/kankou.midokoro/

ツイッター:@DithiYoshi

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
◎発行元:DiTHi http://www.dithi.net
◎発行責任者:石田宜久
◎意見・感想・質問:info.contact@dithi.net
無断転載を禁じます。(C) Copyright 2011~2017
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ