観光コンサルタントの【観光促進通信】

  • ¥0

    無料

著者サイト

観光コンサルタント石田宜久が最新の観光業情報をお届けするメールマガジン。専門的な知識から参考モデル紹介、商品の構成、集客、PRに役に立つ観光事業ノウハウを掲載しています。バックナンバーも随時公開しています。海外観光事業戦略や観光ブームも配信。海外で研究を積み、セミナーや講演もお受けしている観光コンサルタント石田宜久だからこそお届けできる情報を、ぜひお楽しみください。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.139━2017.05.16
観┃光┃促┃進┃通┃信┃!┃ 
~日本の観光を次のステップに進めるメルマガ~
【DiTHi-ディシィ-】 https://www.dithi.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

こんにちは、観光ホスピタリティコンサルタント石田宜久です。


ゴールデンウィーク明け、いかがでしたでしょうか?


今回は前半後半に分かれたこともあって、国内旅行と帰省が伸びたようです。


私はというと。。。


ニュージーランドより今号をお届けさせていただいています。


+**+◆INDEX◆**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+
【1】 お知らせ・DiTHi情報
【2】 今回のテーマ「なぜ、社交界型会合を利益より優先させるのか?」
【3】 編集後記
+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+◆◇◆**+


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【1】DiTHi・観魅処からのお知らせ
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

度々、生涯学習型の講座としてきました「旅の仕方指南塾」。


今回常設講座として「観魅処」に設置する事といたしました。


数えてみれば300の地域を巡り、40を超える地域でコンサルティングを行ってきました。


気が付けば「旅」そのものにも私なりのこだわりを持っていると感じます。


過去の指南塾でも、「石田さん、やりすぎ!」と言われることも。


引き続き生涯学習の一環としてもお受けしていく所存です。


ぜひ一度、https://www.kanmi-dokoro.com/ をご覧になってみてください。


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【2】今回のテーマ『なぜ、社交界型会合を利益より優先させるのか?』
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

東京・沖縄・洞爺・伊勢志摩。


サミットが開催されたことで、注目を集めた地です。


海外での国際的なホテルにおいても、共通するのが、


「目先の利益よりも、社交界型の会合を獲得」


したことにあります。


これは日本の高級ホテルでも応用されていて、ホテル御三家


ホテルオークラ

帝国ホテル

ホテルニューオータニ


でも熾烈な競争を行ったそうです。


それはなぜでしょう?


80年代の観光業ではマーケティング時代ではなく、戦略的営業時代だったと言えます。


かつての優良企業の就任披露パーティをはじめ、芸能人の結婚披露宴など、一件当たりが
高価というだけではなく、ブランドの高揚にもつながりました。


注目されることで、圧倒的なブランド力を形成していったのです。


そして21世紀の観光。


まさに今の各観光地はこの「社交界型会合」の競争が始まっているのです。


現在でも知識不足や勉強不足も当然あるのですが、どこかで


「社交界」=異質な世界


とされ、一部のホテルや旅館でも距離を置きたくなるという傾向が見られます。


しかし日本の観光で課題とされているように、海外では毎週のように見本市やEXPO、
特別展などがコンベンションセンターで開催されています。


その後必ずと言っていいほどアフターファンクションパーティを開催。


社交の場が設けられるのです。


海外の地域はこれらを「一件の利益」ではなく「開催地」として地位を求め地域間競争が
繰り広げられているのです。


最も実質的なマーケティングと言えるではないでしょうか?


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【3】編集後記
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

早速気になっているのが、この夏・・・

近年気候が若干不安定の為、夏の観光は頭を悩ませます。

良くなる部分もあれば、悪くなってしまう部分もあり・・・

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

********************************************************************

【“山の日”制定!観光素材が無いとは言わせません、クライミング&登山】

◇◆ http://www.dithi.net/観光コンサルタント/クライミング登山観光コンサルティング/


【観光地と観光客のための、観光魅力発見サポート“観魅処-かんみどころ-”】

◇◆ https://kanmi-dokoro.amebaownd.com/


【観光地つくり、ホスピタリティの向上で、地域力をアップさせましょう】

◇◆ http://www.dithi.net


【観光とホスピタリティの為のセミナー・講演会はお任せください!】

◇◆ http://www.dithi.net/home/セミナー-講師ご依頼/


セカンドオピニオンや、事業計画の感想を求めるご相談を
多くお受けいたしております。
◇◆ info.contact@dithi.net
………………………………………………………………………
『観光論とホスピタリティを
上手く利用した観光事業計画づくり』
無料レポートをお渡ししています↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.dithi.net/home/free-report/

………………………………………………………………………
MSゴシックフォントで作成しています。
■□------------------------------------------------□■
アメブロ:http://ameblo.jp/dithiblog/

DiTHiFacebook:https://www.facebook.com/tourism.hospitality.consultant.DiTHi/

観魅処Facebook: https://www.facebook.com/kankou.midokoro/

ツイッター:@DithiYoshi

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
◎発行元:DiTHi http://www.dithi.net
◎発行責任者:石田宜久
◎意見・感想・質問:info.contact@dithi.net
無断転載を禁じます。(C) Copyright 2011~2017
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
観光コンサルタントの【観光促進通信】
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年05月16日
 
発行部数
14部
メルマガID
0001374210
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ