カエル大学通信

  • ¥0

    無料

Webカエ~ル大学を運営する著者によるカエルをテーマに生物や環境のことからカエルグッズ、人とカエルの関係から生まれる文化まで古今東西の幅広い情報を発信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
カエル大学通信
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年04月18日
 
発行部数
86部
メルマガID
0001378531
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

カエル大学通信 NO.86 カエ~ル大学は東京・足立区の善立寺ホールで4月21日(土)に実施、GWの100年カエル館(福島県喜多方市)は4月29日(日)~5月6日(日)に開館します。お待ちしております。

このメルマガは、100年カエル館&カエ~ル大学がお届けするカエルとカエル文化に関する情報です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野外のカエルたちの活動も活発になり、カエル好きの皆さんもそわそわする季節になったのではないでしょうか。

間もなく4月21日(土)は「春日井カエルまつり2018」(愛知県)が行われるので足を運ばれる方も多いと思います。私はまだ伺ったことがないのですが、小野道風生誕の地ということで、一度行ってみたいと思っています。

その4月21日はカエ~ル大学2018の第1回講座を東京・足立区の100年カエル館東京ギャラリーのある善立寺で行います。お時間のある方はぜひお越しいただけるとうれしいです。今回は、すでにご案内しましたようにジャポニスムとカエルについてお話させていただきます。

近年、美術展などのテーマとして取り上げられる19世紀後半から20世紀初めの美術の世界のムーブメント「ジャポニスム」は、欧米人の「カエル観」も変えたのではないかという視点でお話してみていと思っています。そうすると、欧米でつくられたカエルグッズでジャポニスムをテーマに遊ぶおもしろさも発見でき、100年カエル館東京ギャラリーでは「カエルでジャポニスム遊び」の展示を行っています。こちらも一緒にご覧いただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【100年カエル館&カエ~ル大学からのお知らせ】

<2018年100年カエル館開館日>

今年の100年カエル館の開館スケジュールをお伝えします。
●喜多方のしだれ桜とゴールデンウィーク開館
4月29日(日)~5月6日(日) 
※先着50名様に「100年カエル館おもちゃ絵シリーズ」ポストカードを差し上げます。
●お盆休み開館
8月12日(日)~8月19日(日) 
●喜多方「蔵の町アート・ぶらり~」開館
10月5日(金)~10月14日(日)
※8月12日から10月14日までの開館日には特別展「岩澤久彰コレクション展」を開催します。

<2018年のカエ~ル大学講座日程>

今年の講座日程をご案内します。テーマなどに変更が生じる場合もございますので
ご了承ください。
 
●第1回 4月21日(土) 善立寺ホール(東京・足立区)
テーマ:明治150年とジャポニスム、そしてカエル/カエル文化の流れが大きく変わった150年前について
●第2回 8月18日(土) 100年カエル館(福島・喜多方市)
テーマ:カエル博士故岩澤久彰コレクションから見えること/今年の100年カエル館の特別展「岩澤久彰コレクション展」のギャラリートークとして
●第3回 10月13日(土) 100年カエル館(福島・喜多方市)
テーマ:会津のカエルスポット/戊辰150年の会津で巡るカエルスポット案内          
●第4回 11月17日(土) 善立寺ホール(東京・足立区)
テーマ:絵本の中に棲息するカエルたち/日本や世界の絵本に見られるカエルたちを紹介します

<2018年の100年カエル館&カエ~ル大学主催のイベント予定>

■100年カエル館企画展「カエルアートミュージアム」

2018年7月11日(水)から19日(木)まで京王プラザホテルロビーギャラリー(東京・新宿)にて100年カエル館企画展「カエルアートミュージアム」を開催します。
100年カエル館のカエルアートの捉え方をもとに、現代の表現者のなかで特にカエルをテーマにしているアーティスト3人の方の作品を位置づけて紹介いたします。

会期 2018年7月11日(水)~19日(木)10:00a.m.~7:00p.m.(最終日~4:00p.m.)
会場 新宿京王プラザホテル本館3階 ロビーギャラリー
〒160-8330東京都新宿区西新宿2-2-1 TEL.03-3344-0111
主催 100年カエル館(福島県喜多方市)
協賛 かえる文化研究所

[カエルアートミュージアム]
◎アーティスト
 矢内靖史(写真家・福島県出身)
 三浦麻梨乃(銅板画家・福島県出身)
 故柴田まさる(愛知県出身)
展示作品総数 100点程
◎ミュージアムグッズとして
 書籍やポストカード、カエルグッズなどを販売
◎ギャラリートーク
 高山ビッキによる座標軸を使ったカエルアートについてのトーク

■日本両生類研究会・100年カエル館共催「第20回両生類自然史フォーラム」

日本両生類研究会は創設 20 年となる今年2018年、記念大会を福島県喜多方市で開催することになりました。100 年カエル館は、同会創設者で、新潟大学で教鞭を取られた岩澤久彰氏がカエルを専門にした生物学の研究者であるとともにカエル グッズのコレクターでもあったことからご縁をいただき、これまで同会会員として参加 して参りました。そして今回、第 20 回の記念大会を開催するにあたり、100 年 カエル館の所在地である喜多方市開催が決定し、同会と 100 年カエル館の共催で 行われることになりました。

会 期 2018 年 9 月 22 日(土)~23 日(日)
会 場 22日/喜多方プラザ文化センター 視聴覚室
    23日/100年カエル館
参加者 一般(無料 申込制) 50 名程
共 催 日本両生類研究会
100 年カエル館&カエ~ル大学
協 賛 かえる文化研究所
協 力 喜多方ほっとねっと

2018 年 9月 22 日(土)
◎基調講演 演目「日本の両生類の現状、オオサンショウウオと ヒキガエルについて」 出演者 桑原一司(日本オオサンショウウオの会会長)
◎特別講演 演目 「福島県の両生類:東西の勢力がせめぎ合う場所・会津(仮)」
出演者 吉川夏彦(国立科学博物館分子生物多様性研究資料センター )
◎トークセッション、一般講演など

2018 年 9月 23(日)
◎エクスカーション(100 年カエル館)
特別展「カエル研究者・故岩澤久彰コレクション展及び館内展示鑑賞
高山ビッキによるギャラリートーク

■100年カエル館東京ギャラリー「カエルでジャポニスム遊び」展

100年カエル館東京ギャラリー(足立 善立寺内)では、年に2回展示替えをしています。
2018年の春の展示替えが間もなく行われます。今年のカエ~ル大学の1回目の講座でジャポニスムとカエルの関係について考えてみたいと思っていますので、それに合わせてショーケース3台の展示でも欧米でつくられたカエルグッズをジャポニスムをテーマにコーディネートしてみました。

会場 : 100年カエル館東京ギャラリー(足立善立寺) 
東京都足立区梅田1-26-10 TEL.03-3886-1367 http://www.zenryuji.or.jp/
会期 : 2018年春~秋
主催 : 100年カエル館
お問い合わせ 048-838-7360(ケーアンドケー)

<カエルのイベントいろいろ>
●2018中央線かえるだらけスタンプラリー 4月29日(土)~6月30日(土)予定
http://www.cave-frog.com

●第3回川内の郷かえるマラソン 4月28日(土)※マラソンの参加はすでに締め切られていますが、カエルのかぶりものをしたランナーたちの走りを応援することができます。
http://www.run-kawauchi.com/

●浅草かえるアート展 6月17日(土)~18日(日)
https://www.facebook.com/asakusakaeruartexhibition

●松本かえるまつり 6月23日(土)~24日(日)
https://ja-jp.facebook.com/kaerumatsuri/

<カエ~ル大学への入会について>

■入会条件
「カエル」に興味のある方はもちろん、どなたでもご入学いただけます。

■特典
・学生証をお送りいたします。
・カエルグッズの博物館「100年カエル館」通常の入館料500円が
 学割料金300円でご利用いただけます。(受付で学生証をご提示ください)
・年に4回開催(会津2回、東京2回)の講座を無料で聴講いただけます。
・入会年の「カエル白書」をお送りいたします。本白書は、毎年、1年間のまとめとして生物のことから文化的な内容までカエル全般の動向を報告いたします。
 
■入会費 
・3000円(毎年11月末まで随時入学が可能です)

■入会方法
カエ~ル大学へのご入会は「100年カエル館」受付やホームページで
お手続きいただけます。
(1)ご来館で
「100年カエル館」受付で入会申込書を記入し、入会費をお支払ください。
後日学生証をお送りいたします。当日から学割料金でご利用いただけます。
(2)ホームページhttp://kaeru-kan.comのカエ~ル大学学生募集からお申し込みください。
ご入学フォームに必要事項を入力後、メールでご案内する口座に入会費を
お振込ください。入金のご確認後学生証をお送りいたします。
(3)お電話で
入会案内と振込用紙をお送りいたします。ご入金確認後学生証をお送りいたします。
048-838-7360(ケーアンドケー)

■更新について
・更新月になりましたら翌年のご案内をお送りいたします。

■個人情報等について
・当方からの応募完了メール送信をもって受付完了といたします。
・5日以内に返信がない場合はお問い合わせください。
・メールでの応募の際に送信されるデータや個人情報は100年カエル館を
 及びカエ~ル大学を運営する有限会社ケーアンドケーが管理いたします。
・お預かりした個人情報は100年カエル館及びカエ~ル大学の運営の目的
のみに使用いたします。個人情報はSSLによって暗号化し保護され、
適正な管理が施されます。

■お問い合わせ
〒966-0096
福島県喜多方市字押切南2-6
100年カエル館 http://kaeru-kan.com
電話048-838-7360(100年カエル館東京事務所ケーアンドケー内)
FAX 048-711-5175
カエ~ル大学  http://kaeru-kan.com/kayale-u

★Webカエ~ル大学はこちらから http://kaeru-kan.com/kayale-u
★100年カエル館HP http://kaeru-kan.com
★Blogカエルタイムズhttp://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/vikki/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ