角山智のバリュー投資レター

  • ¥0

    無料

角山智です。投資歴20年の個人投資家です。 株式市場で資産を築きたいのであれば、企業の本質的価値と株価のギャップに注目するバリュー投資が最適です。 このメルマガでは、バリュー投資のノウハウについて、私自身の投資経験も織り交ぜつつ、お伝えできればと思っています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
角山智のバリュー投資レター
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年05月16日
 
発行部数
759部
メルマガID
0001388271
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

----------------------------------------------------------------------

角山智のバリュー投資レター 第122号(2018年5月16日)

----------------------------------------------------------------------

こんにちは。角山智(かどやま・さとる)です。

企業の3月決算がほぼ出揃いました。

大型株に関しては、株価も割と堅調です。

一方、中小型株は売られる銘柄が多く、あまり元気がありません。

個人投資家としては、この事態にどう対処すべきか、悩ましいと
ころです。

短期の値幅取りと割り切り、強い銘柄についていくのも、一案で
しょうか。

長期投資であれば、まだ待ちでいいと思います。


それでは、メルマガ第122号のメニューです。

■10倍株の意外な真実
■「新時代のバリュー投資塾」音声CDのご案内
■編集後記


----------------------------------------------------------------------

■10倍株の意外な真実

----------------------------------------------------------------------

投資家である以上、誰しもが狙いたいのが10倍株です。

ところで皆さんは、10倍株といえば、どのような銘柄を連想する
でしょうか?

まず思い浮かぶのは、世界を股に掛けるグローバル製造業や、成長
著しいIT関連企業です。


しかし、会社四季報新春号に掲載されている「10年間で時価総額
(=株価)が10倍になった50社」には、その手の会社はあまり
含まれていません。

海外売上高が50%以上の製造業は、朝日インテック(7747)
と日精ASB機械(6284)の2社のみ。

IT関連としては、GMOペイメントゲートウェイ(3769)や
エムスリー(2413)が上げられるものの、あくまでテクノロジ
ーを活用する側です。

そして意外なことに、内需関連のローテク株がゴロゴロしています。

100円ショップ、カツ丼屋、みやげ物店、カラオケボックス、メ
ガネ屋、葬儀屋、セルフうどんなどです。


おしゃれ100円ショップのセリア(2782)は、業界最大手の
ダイソー(非上場)創業者が「潰れるかもしれない」と危機感を抱
くほどの急成長を遂げ、株価が40倍になりました。

ワンコインでカツ丼が食べられる「かつや」をチェーン展開するア
ークランドサービス(3085)は、価格競争に明け暮れる牛丼チ
ェーンを尻目に成長を続け、株価が26倍になりました。

おみやげとして人気の小樽銘菓ルタオで知られている寿スピリッツ
(2222)も、株価が26倍になっています。


これら3社は、いずれも成熟産業に属しており、本来であれば株価
10倍なんてありえないはず。いったい、どうしてでしょうか?

答えは「生産性の高い競争相手がいなかったこと」です。

一例をあげれば、セリアは100円ショップでいち早くPOSレジ
を取り入れ、売れ筋を把握し在庫を適正化する自動発注システムを
構築しました。

裏を返せば、他の小売業で当たり前のことが100円ショップでは
できていなかったからこそ、優位に立てたのです。


私自身、個別銘柄分析でもっとも重要視しているのは「競合が手強
いか、ショボいか」です。

競合がショボい業界であれば、たとえ成熟産業でも自社のシェアを
高めることで成長できます。

現に、この10年間でもそうでした。

次世代の10倍株も、そんな業界から誕生するのはないでしょうか。


----------------------------------------------------------------------

■「新時代のバリュー投資塾」音声CDのご案内

----------------------------------------------------------------------

この5月に開催したバリュー投資塾「10倍株」音声CDを販売中
です。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~dream3/column/c201805.html#20180508

この10年間で時価総額を10倍以上に増やした10倍株(テンバ
ガー)50銘柄を振り返りつつ、未来の10倍株候補を模索します。

株式投資で資産を築きたい方に、ぜひ聞いていただきたい内容です。

CD代金は25,920円。

問合せ・お申込みは、メールにてお願いします。
s.kadoyama@gmail.com(@を半角に変えてください)


----------------------------------------------------------------------

■編集後記

----------------------------------------------------------------------

来週、九州旅行に出かけてきます。

往復とも格安のピーチ便を予約済みで、現地ではお得な「旅名人の
九州満喫きっぷ」をフル活用してローカル線を巡る予定です。

宿泊は、ホテルAZと東横イン。

自販機のお茶は高いので、コスモス薬品で購入予定です。

旅にまでバリューを求めてしまうのは、もう性分でしょうね。

こんな自分が、高PERのグロース株を買うことは、絶対にないと
思いました(苦笑)。


----------------------------------------------------------------------

メールマガジン「角山智のバリュー投資レター」

☆発行責任者:角山智
☆公式サイト:http://www5f.biglobe.ne.jp/~dream3/
☆問い合わせ:s.kadoyama@gmail.com(@を半角に変えてください)
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001388271.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ