ホスピタリティ通になる!あなたと人をつなげるマインドとは?

  • ¥0

    無料

著者サイト

ホスピタリティコンサルタント石田宜久の、ホスピタリティ専門メールマガジンです。ホスピタリティの最新情報からトレンド、参考モデル紹介を中心に、一般企業でも見直すことのできるホスピタリティをお届けしています。海外で研究、海外と国内ホテルで実績を積んだからこその目線を、皆さまともシェアいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.139━2017.06.20
ホ┃ス┃ピ┃タ┃リ┃テ┃ィ┃通┃に┃な┃る┃!┃ 
~日本の地域ホスピタリティを、世界に負けないレベルへ~
【DiTHi-ディシィ-】 https://www.dithi.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

こんにちは、観光ホスピタリティコンサルタント石田宜久です。


全国的に、ようやく梅雨らしい天候になるみたいですね。


今までの状態が続くのは水不足が心配されるので、これは良い事でもあります。


とは言え、世が世。


どこで極端な天気になるかわかりませんからね。


どんな状況になっても、ホスピタリティどっしり構えられるよう、考えていきましょう。


それでは今回のホスピタリティです!


+**+◆INDEX◆**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+
【1】 お知らせ・DiTHi情報
【2】 今回のテーマ「マニュアルが薄いほどホスピタリティアップ」
【3】 編集後記
+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+◆◇◆**+


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【1】DiTHi・観魅処からのお知らせ
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

度々、生涯学習型の講座としてきました「旅の仕方指南塾」。


今回常設講座として「観魅処」に設置する事といたしました。


数えてみれば300の地域を巡り、40を超える地域でコンサルティングを行ってきました。


気が付けば「旅」そのものにも私なりのこだわりを持っていると感じます。


過去の指南塾でも、「石田さん、やりすぎ!」と言われることも。


引き続き生涯学習の一環としてもお受けしていく所存です。


ぜひ一度、https://www.kanmi-dokoro.com/ をご覧になってみてください。


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【2】今回のテーマ『マニュアルが薄いほどホスピタリティアップ』
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

世の中とは逆行しているかもしれません。


それでも私はホスピタリティコンサルタントとして、


「マニュアルは薄い方がいい」


と、指導しています。


チェーン店では特に、分厚いマニュアルを作り、手にした従業員を驚かせます。


「これが我が社長年の接客ノウハウです」


と自慢げにする経営者様もいますが、ちょっとずれているのではありませんか?


マニュアルを作ることが目的ではありませんよね。


お客様に満足していただくことにはスピード感も必要です。


分厚いマニュアルでは、かえって不親切な原因になります。


よくあるのが、注文や会計のケースが細かく設定されているもの。


お客様が従業員を呼ぶ事が多いのは、この2つの場面が多いですからね。


しかし厳密には「呼ばれたらすぐに伺う」を徹底していれば、良いのではないでしょうか?


お客様の状況はそれぞれで、マニュアルに想定されてあるケースは伝えきれないものがあります。


であれば、その場での機転や判断力を育てることの方が大事です。


マニュアルを思い出している時間があれば、すぐに伺う方がいいです。


他にも「グラスの半分以下になったら水を継ぎ足す」や、
「料理が無くなったらすぐに食器を片付ける」などマニュアルに良くある文言です。


しかしそこに気を取られて、お客様が手を挙げている事に気が付かないなんて
馬鹿らしいこと、本当に起きてしまうのです。


頭の中をマニュアルでいっぱいにしていしまっては、サービスどころではなくなってしまいます。


マニュアルは薄く、「最低限」に絞って設定する事です。


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【3】編集後記
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

府中市のスポーツ推進委員もやっている私。


TOKYO2020のプログラムが始まりました。


自分が思っている以上に、スポーツと言っても幅が広いものです。


それを全部カバーするというのは、大変なのでしょうか・・・


今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。


********************************************************************

【観光地と観光客のための、観光魅力発見サポート“観魅処-かんみどころ-”】

◇◆ https://kanmi-dokoro.amebaownd.com/


【ホスピタリティの向上で、観光地作り・地域力をアップさせましょう】

◇◆ http://www.dithi.net


【観光とホスピタリティの為のセミナー・講演会はお任せください!】

◇◆ http://www.dithi.net/home/セミナー-講師ご依頼/


【“山の日”制定!観光素材が無いとは言わせません、クライミング&登山】

◇◆ http://www.dithi.net/観光コンサルタント/クライミング登山観光コンサルティング/


セカンドオピニオンや、事業計画の感想を求めるご相談を
多くお受けいたしております。
◇◆ info.contact@dithi.net
………………………………………………………………………
『観光論とホスピタリティを
上手く利用した観光事業計画づくり』
無料レポートをお渡ししています↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.dithi.net/home/free-report/

………………………………………………………………………
MSゴシックフォントで作成しています。
■□------------------------------------------------□■
アメブロ:http://ameblo.jp/dithiblog/

DiTHiFacebook:https://www.facebook.com/tourism.hospitality.consultant.DiTHi/

観魅処Facebook: https://www.facebook.com/kankou.midokoro/

ツイッター:@DithiYoshi

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
◎発行元:DiTHi http://www.dithi.net
◎発行責任者:石田宜久
◎意見・感想・質問:info.contact@dithi.net
無断転載を禁じます。(C) Copyright 2011~2017
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
ホスピタリティ通になる!あなたと人をつなげるマインドとは?
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年06月20日
 
発行部数
29部
メルマガID
0001397091
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ