ホスピタリティ通になる!あなたと人をつなげるマインドとは?

  • ¥0

    無料

著者サイト

ホスピタリティコンサルタント石田宜久の、ホスピタリティ専門メールマガジンです。ホスピタリティの最新情報からトレンド、参考モデル紹介を中心に、一般企業でも見直すことのできるホスピタリティをお届けしています。海外で研究、海外と国内ホテルで実績を積んだからこその目線を、皆さまともシェアいたします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.136━2017.04.25
ホ┃ス┃ピ┃タ┃リ┃テ┃ィ┃通┃に┃な┃る┃!┃ 
~日本の地域ホスピタリティを、世界に負けないレベルへ~
【DiTHi-ディシィ-】 https://www.dithi.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

こんにちは、観光ホスピタリティコンサルタント石田宜久です。


未だにインフルエンザの勢力が衰えていないようです。


東京では・・・そんなに自覚は無いのですが、確かに地方出張の際には
気を付けているとの声を聴きます。


私は花粉なのか黄砂なのか、鼻炎が反応してしまっています。


それでは今回のホスピタリティです!


+**+◆INDEX◆**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+
【1】 お知らせ・DiTHi情報
【2】 今回のテーマ「担当・セクション、実は不都合が盛りだくさん」
【3】 編集後記
+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+**+◆◇◆**+


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【1】DiTHi・観魅処からのお知らせ
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

誠に勝手ながら、


5月2日
観光促進通信

5月9日
ホスピタリティ通になる!メルマガ


お休みさせていただきます。


136刊にして初めてのお休みを取らせていただくこととなります。


大変申し訳ありませんが、ご了承ください。


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【2】今回のテーマ『担当・セクション、実は不都合が盛りだくさん』
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

私もホテル勤務時代、そしてレストラン時代に経験しました。


「担当」「セクション」


いわゆる「持ち場」に専念して、自分の意識を一点に集中してサービスを
高めるというものです。


自分が集中できる持ち場を持つことによって、従業員がダブル事をなくし
無駄を省くことができます。


そして全体を見回すのがマネージャや店長の役目というわけです。


ところが私はこれに反論をしています。


実際に研修の際には従業員の皆さんと共有しています。


というのも、これはあくまでも身内の決め事。


その場で働いている人は、お客様にとっては全て同じ従業員です。


会計係の人でも、目が合えば注文をしたい、それがお客様の心理です。


よくあるのが、レストランでの一幕です。


注文をしたくても、フロア係の人数が少ないのか、なかなか気が付いてくれません。


ようやくカウンターの人と目が合い、手を挙げたのにも関わらず、


「テーブル6番さんお願いします」


と、フロア係に告げるだけで、結局もうしばらく待つことになりました。


私ならカウンターから出て注文を受けてしまいます。


そのカウンター内の人は、お皿を片付けていました。


大事な仕事ですが急務ではありませんね。


実はこのような状況が当たり前になっているのには日本ならではがあるのです。


「一人の従業員に何もかも覚えさせるのは無理だ」


との刷り込みが日本の経営にはあるからです。


縦型の組織図が日本では多くあるため、細かくセクションが分けられています。


それがサービス業にも根強く残っており、持ち場意識が強い傾向があるのです。


お客様からすればこれは不都合ばかりですね。


自分の守備範囲は守る、持ち場以外にもフォローができる!


この様な形が理想ですね。


+<<◆>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>+
【3】編集後記
+<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<◆>>+

ゴールデンウィーク間近。


前半と後半とに分かれるようですね。


私の地元、東京都府中市では毎年恒例の、例大祭くらやみ祭りです。


町の各所にちらほら提灯が・・・


今回も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。


次回、お休みさせていただきまして、次回は来月23日号です。


********************************************************************

【観光地と観光客のための、観光魅力発見サポート“観魅処-かんみどころ-”】

◇◆ https://kanmi-dokoro.amebaownd.com/


【ホスピタリティの向上で、観光地作り・地域力をアップさせましょう】

◇◆ http://www.dithi.net


【観光とホスピタリティの為のセミナー・講演会はお任せください!】

◇◆ http://www.dithi.net/home/セミナー-講師ご依頼/


【“山の日”制定!観光素材が無いとは言わせません、クライミング&登山】

◇◆ http://www.dithi.net/観光コンサルタント/クライミング登山観光コンサルティング/


セカンドオピニオンや、事業計画の感想を求めるご相談を
多くお受けいたしております。
◇◆ info.contact@dithi.net
………………………………………………………………………
『観光論とホスピタリティを
上手く利用した観光事業計画づくり』
無料レポートをお渡ししています↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.dithi.net/home/free-report/

………………………………………………………………………
MSゴシックフォントで作成しています。
■□------------------------------------------------□■
アメブロ:http://ameblo.jp/dithiblog/

DiTHiFacebook:https://www.facebook.com/tourism.hospitality.consultant.DiTHi/

観魅処Facebook: https://www.facebook.com/kankou.midokoro/

ツイッター:@DithiYoshi

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
◎発行元:DiTHi http://www.dithi.net
◎発行責任者:石田宜久
◎意見・感想・質問:info.contact@dithi.net
無断転載を禁じます。(C) Copyright 2011~2017
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
ホスピタリティ通になる!あなたと人をつなげるマインドとは?
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年04月25日
 
発行部数
29部
メルマガID
0001397091
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > ビジネスマナー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ