馬渕治好の「凸凹珍道中」

  • ¥0

    無料

凸な話は、景気がよく、株価や金利の上昇、外貨高円安につながりそうな話。凹な話は、その逆の景気が悪そうな話。珍道中は、脇道にそれた話題です。だいたい一週間に一回、さまざまな話題を提供します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
馬渕治好の「凸凹珍道中」
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年08月21日
 
発行部数
768部
メルマガID
0001421750
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 経済

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

*******************************
馬渕治好の「凸凹珍道中」 
*******************************
第283号(2017/8/21)

この「凸凹珍道中(でこぼこ ちんどうちゅう)」は、さまざまな話題をほぼ毎週お届けします。
凸な話題は、ざっくり言って良い話。凹な話題はその逆に、おおむね悪い話。珍道中は、凸凹どちらか判じにくい話題や、脇道にそれた話題です。
「凸凹珍」の分類は、もともと適当ですし、どちらとも取れる話題が多いので、余り深く考えないでください。
なお、経済・市場分析等にはあまり役に立たない話が多いです。


※ 当面の各地での自主開催セミナーは、下記の通りです。
すべて有料セミナーです(時間などは、それぞれ異なります)。学生の方には、学生無料枠もあります。
カッコ内の数字は、(現時点での参加お申し込み数/定員)です。残席は、10を下回った場合に表記しています。

9/2(土)札幌(北海道札幌市中央区)(8/20)
9/9(土)横浜(神奈川県横浜市中区)(5/25)
9/16(土)浅草(東京都台東区)(11/20)(残席9)
9/23(土)福岡(福岡県福岡市中央区)(3/20)
10/7(土)高岡(富山県高岡市)(2/25)
10/15(日)名古屋(愛知県名古屋市中村区)(5/25)
10/21(土)葛西(東京都江戸川区)(7/25)
10/28(土)大阪(大阪府大阪市中央区)(5/25)

次の船堀でのセミナーも、自主開催セミナーですが、時間や内容が通常と異なります。
9/18(月、祝)船堀(東京都江戸川区)(27/35)(残席8)

以上の諸セミナーについての、詳細やお申し込みは、
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub3.html
のページの下の方にある、セミナーのスケジュールから、それぞれのリンク先をご覧ください。


※ 前記の当事務所のホームページ
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub3.html
には、上記以外のセミナーも、公開可能なもの(有料、無料にかかわらず、参加者が限定されていないもの)は掲載しています。
現時点で既にセミナーの開催が決定しているが、主催者が受付を開始していない、などの理由により掲載していないものも、セミナーの受付が開始され次第、順次掲載していきますので、お手数ですが、こまめに上記ページをご確認いただければと思います。




・知らなかったのですが、ユネスコの支援を受けている非政府組織で、「世界で最も美しい湾クラブ」といったものがあるそうです。日本からは、宮城県の松島湾、静岡県の駿河湾、富山県の富山湾などが加盟しているとのことですが、その組織の2019年の総会が、富山県で開催されると報じられています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO20014940V10C17A8LB0000/
(上記リンクは、8/16(水)付の日本経済新聞電子版です。)
富山湾は何度か訪れていますが、この総会をきっかけに、富山湾の良さが、一段と広まって欲しいですね。

・下記の、8/17(木)付のダイヤモンドオンラインの記事は、ユニクロの米国事業について、かなり否定的な書き方です。
http://diamond.jp/articles/-/138925
ただ、やってみないとわからないことが多いですから、前向きに海外進出している企業について、あそこがだめだ、ここがだめだ、というより、ダメでもやってみて、失敗したらやり直せ、という方が、はるかに良いように思います。




・下記は、宋文洲さんのメルマガの記事です。
http://www.soubunshu.com/article/452762378.html
中国が、IT化、スマート化で、日本よりはるかに進み始めている、というのは、他からもよく聞く話です。中国をバカにしていてはいけない、ということなのですが、では中国が、こうした新しい分野について、なぜ日本を追い越しつつあるかというと、新しい技術を、失敗してもいいから商品化してみよう、という企業と、新しく提供された製品やサービスを、ひどいものでもいいから試してみよう、という消費者が多いからだと思います。
日本は、やってみて失敗するならやらない方がよい、という傾向が強いですが、中国だけではなく多くの国では、やらないよりやってみて失敗した方がよい、という傾向が勝っているように思います。


珍道中

・以前、スターバックスが鳥取県にないとか、東京23区では荒川区と江戸川区だけないとか、いろいろと話題になっていました(鳥取県は、一時47都道府県で唯一スタバがありませんでしたが、2015年5月23日に初出店がありました)。実は、県庁所在地では、山口県山口市だけになかったのですが、8/18(金)に、とうとうオープンしたそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASK8K5H4BK8KTZNB01B.html
(上記は、8/17(木)付の朝日新聞です。)
スタバがあるかないかが、これだけ騒がれる、というのは、大したものだと思います。

・日本でも、モンスター客が騒がれますが、米国でも、NYプラザホテルで、いろいろな客がいるようです(下記リンクは、8/17(木)付のブルームバーグニュースです)。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-17/OUSTGLSYF01V01
どこまでリクエストに応えるかは、難しいですね。


☆有料メールマガジンもあります。詳細やご購読は
http://www.mag2.com/m/0001301453.html
からどうぞ。登録初月(登録日から月末まで)は無料です。
こちらでは、先週の世界市場の振り返りや、今週の市場展望などを述べています。

☆マスコミ(テレビ、ラジオ、電子ニュース、新聞など)にも登場しています。セミナーでも講師を務めています。詳しくは、
http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/sub3.html
をご覧ください。

☆フェイスブックページも、どうぞよろしくです。
http://www.facebook.com/bd.fleurettes


今週のおやじギャグ

泣いて、鯨飲馬食、起きる。


【ご注意】
・当メールマガジンは、特定の商品や取引などを推奨しているものではありません。
・当メールマガジンは、信頼に足ると考える情報に基づいて作成されていますが、執筆者がその情報の完全性や正確性を保証するものではありません。
・当メールマガジンの情報を利用する場合は、すべて利用者の責任においてご利用ください。その結果生じたすべての帰結について、執筆者は一切責任を負いません。

----------------------------------------------------------------------
メールマガジン 馬渕治好の「凸凹珍道中」

◎発行責任者 馬渕治好

◎ブーケ・ド・フルーレット サイト http://bd-fleurettes.eco.coocan.jp/
◎ブーケ・ド・フルーレット Facebook http://www.facebook.com/bd.fleurettes
◎ブーケ・ド・フルーレット メール bd_fleu@mbr.nifty.com

◎メルマガ登録・解除 http://www.mag2.com/m/0001421750.html






メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ