Bless the Children バイブレーションレポート

  • ¥0

    無料

私はスピリチュアル作家の鈴木啓介と申します。読者の皆様の意識向上のサポートとワーク等の募集告知も兼ねてメルマガを発行しております。内容はスピリチュアル系の話しが中心ですが、それ以外に個人セッションやワークのPRも入ります。よろしくお願いします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Bless the Children バイブレーションレポート
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年02月25日
 
発行部数
1,170部
メルマガID
0001428750
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・ *:.。.☆

    Bless the Children Vibration Report

   --- 意識が現実を生む ---

☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆・*:.。.☆゚・*:.。.☆



PR

◎ 2月個人セッション 


●  2/27(火)      自由が丘     面会セッション (残席1)


※ 3月セッション近日募集開始します


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



前回のブログで僕は今の引き寄せブームを批判しましたが、その中で・・・

「『引き寄せ』は確かにある」とも書きました。



・・・混乱した人もいると思います。

そのことについて、これからお話しします。


これは本などから得た知識ではなく、今までの経験から確信していることなのですが
(おそらく皆さんも経験があると思います)


「自分の使命、霊的成長=その人の『魂』が望んでいること」・・・

その人がそれを頑張っている場合、突然、好転するためのシンクロニシティや、思いがけないサポートが良く起こります。


これが本当の「引き寄せ」です。

そしてなんのことはない・・これは、違う言い方で大昔から知られていたことなのです。


その「違う言い方」とは何か?


キリスト教で言えば、それは「神の導き」と表現されてきました。


洋画を観ていると、牧師がよく「あなたに神の導きがありますように・・」と言っていますよね?

あれがそうなんです。


このように、その人の魂の輝きに応じて起こるシンクロニシティが本当の引き寄せなのですが、

今の「引き寄せブーム」は、それが恐ろしいほど捻じ曲げられたものになっているのです。


何が違うのか?と言うと、今の「引き寄せ」ブームは・・・


自分の使命、霊的成長=その人の『魂』が望んでいること・・・ではなくて、それが

【金欲、物欲、自己顕示欲】・・その人の魂と正反対の「我欲」にすり替えられているのです。


当然ですが、古今東西・・

そういった「我欲」を是とする宗教なんて僕は見たことも聞いたこともありません。

でも、今はそれがネットやSNSを通じて「我欲カルト」みたいなものになってきている。



先ほどの話、キリスト教に例えて言うと・・・

【金欲、物欲、自己顕示欲】・・・

これらに対して牧師が「導きがありますように・・」なんて言うことは絶対にありません。


むしろこれらはイエスが強く否定し、人がそこに陥らないよう戒めてきたことなのです。
(仏教で言えば、餓鬼道がそれにあたるでしょう)


※ 餓鬼道=強欲で常に飢えている。いくら贅沢をしても満たされず、延々と苦しみ続ける。


まともな宗教では、こういった「貪欲・欲まみれ」の状態、感謝や謙虚を忘れた姿勢を非とし、

人がそういった落とし穴に惑わされることのないよう、道を示してきました。


しかし、今の世の中で宗教は敬遠されているため、「道」は示される機会が殆ど無い・・・
(僕も基本的に宗教は嫌いです。しかし僕はその教義が嫌いなわけではなく、エゴまみれの運営があるから嫌いなのです)


そのため、(一部の)引き寄せカリスマ、(一部の)youtuber、(全部の)マルチ商法等・・・

人の金欲を刺激し、煽り、その闇に引きずり込む「カリスマ」が野放し状態になっている。



これが今の引き寄せブームの実体です。(全てのカリスマがそうと言うことではありません)



闇に引きずり込む「カリスマ」・・・・



当然彼らはその「金欲、物欲、自己顕示欲」に於いて成功しています。

当たり前ですが、そういう見本が無いと「闇」は「人を釣る」ことが出来ませんから・・



で、彼ら(カリスマ)は自分が闇に操られているという自覚もありません。

何故なら「自分」というものを顧みることが無い、「謙虚さ」というものを失っているからです。

その軽薄さを「闇」は狙い、闇の力で彼らに「引き寄せ」を起こさせ、カリスマに仕立て上げ、

多くの人を巻き込み、光から闇へと堕として行くのです。



こう言うと、こう考える人がいるかも知れません。

「でも実際、彼らは儲けて得をしている。自分はそのほうがいい」と・・・



そうですね、それでもそうなりたければあなたもなれます。

その方法は簡単で、今まで散々映画等で言われ続けてきた「あること」をすればいいのです。



それは


「お前の魂をこちら(闇)に引き渡せ。そうすれば引き換えにお前の欲をかなえてやろう」


と言う、定番のあのセリフです。



先ほど(ブログ)写真を出した、ロードオブザリングのスメアゴルなんかそうです。
(でも最終的には、闇はより大きな闇に喰われてしまうのですが・・・)



何故僕はこのことに気が付いたのか?

そして、そういう被害に合わないため、私達はどうやって闇を見分ければいいのか?



それについては、次回またお話しします。




※今回の記事に反感や怒りの反応を持った人もいると思います。
 でも、怒りに翻弄されずに、自分で自分をよく観察(自己カウンセリング)してみてください。
 それは本当にあなたの魂が望んでいる「自分」ですか?
 【エゴ=欲】に踊らされている「自分」ではありませんか?
 この講座開始時に、僕が「反応を考えると面倒くさい」と書いたのはそういうことなんです。






('ω')ノ 

・・・・・・・・・・・・・・・


※ 僕の記事は毎回転載自由です。こちらに報告の必要もありません。

鈴木啓介 youtubeチャンネル 「Chanelling Music」
 
 https://youtu.be/XW9ElrDjtGE




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◎ 2月個人セッション 募集中


●  2/18(日)     新宿     面会セッション (満席にて終了)

●  2/25(日)      電話・スカイプ  遠隔セッション (満席にて終了)

●  2/27(火)      自由が丘     面会セッション (残席1)


お申込み先
http://bless-the-children.net/workshops/reading_app.html

  


◎ モノリスワーク


● 世界中どこでも主催者として名乗りを上げていただいた場合、ワークを検討させていただきます。

  主催者には下記をお願いすることになります。


  ※ 会場探し、12名程度の参加者(上限16名)、懇親会幹事 

※ 主催者にワーク参加費以外の費用負担は一切ありません

  ※ 海外の場合、料金は現地物価事情に合わさせていただきます。(過去フランス・スペインで実施)


主催者のお申し出はHPお問合せ欄からお願いします。



※ 個人セッションは個々の悩みを掘り下げ、光明の道筋を見出すためにやっています。
  ですので、悩みや、使命、自己探求の場合はワークよりも個人セッションのほうが向いています。


※ HPお問合せ欄についてのお願い

  個人的なお悩み等をお問合せ欄から私(鈴木)に質問をされても返信はできかねます。
  多忙のため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



※ 当メルマガの解除手続きはこちらから
  http://www.mag2.com/m/0001428750.html


////////////////////////////////////

HP・・http://bless-the-children.net
BLOG・・http://ameblo.jp/blessthechildren/

KESIUKE SUZUKI
Bless the Children Vibration Report
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ