クリニックスタッフ教育119番

  • ¥0

    無料

このメールマガジンはクリニック経営をされている院長先生、院長夫人、幹部スタッフが直面するスタッフ教育における問題に対して、クリニック経営コンサルタントの根本和馬が具体的な解決手法をお伝えします。 既に実績のある手法を多数盛り込んでおりますので、メールマガジンを読んで直ぐにスタッフ教育に活かすことが出来ます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
クリニックスタッフ教育119番
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年12月01日
 
発行部数
362部
メルマガID
0001514010
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆クリニックスタッフ教育119番 -2017年12月配信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【既に140名様がお申し込み!残席10!】

医経統合実践会のメインセミナー、医経統合実践塾の
お申し込みが殺到しております!

満員御礼必至ですので、お申し込みは今すぐ!

⇒ http://www.ikeitougou.jp/seminar/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さん、こんにちは!医経統合実践会を主宰しております、
医経統合コンサルタントの根本和馬です。


【医経統合実践会セミナー、全日程が終了しました!】


11月19日、大ベストセラー『手紙屋』の著者、喜多川泰先生を
ゲスト講師にお招きした「医経統合実践セミナー」を開催しました!

当日の様子は「医経統合実践会セミナーレポート」をご覧下さい。

⇒ http://www.ikeitougou.jp/blog/report/2017/11/post-30.php


とても多くのゲストにご参加頂きましたので、ここでご紹介
出来るのは、ごくわずかですが、当日ご参加された方のご感想を
紹介します。

◆三重県 大川眼科 院長 大川 親宏 様

喜多川先生のお話で一番心に残ったことは「夢ではなく志を
持つことが大事」という言葉です。

どうなりたいかではなく、何のために人生の時間を使うのかという
命題はとても重く深く考えさせられるものでした。


◆愛知県 おおこうち内科クリニック 院長 大河内 昌弘 様

喜多川先生のご講演、感動しました。働くことの意味、職場では友達である
必要はなく仲間であるべきであること、人間はどこまでいっても不完全な
存在で誰でも長所もあれば短所もあること、長所は他の人に見つけ出して
もらうしかないこと、これから出会う人を変える事で自分の未来が
変わることなど、たくさんの人生教訓を教えてもらいました。


◆愛知県 坂井耳鼻咽喉科 院長 坂井 邦充 様

第二講座の喜多川先生のお話は、内容がてんこ盛りでたくさんたくさん
自分の知らない考え方や自分にない考え方を学ぶことができました。

特に「自分の人生を何に使うか」「人生を笑顔にするために生まれてきた」
「その人じゃないとできないようなことを見つけ活かすのが上司の役目」
「どんな失敗でも耐えられるだけのものを私たちは持っている」が自分の
心に響きました。


◆奈良県 桜井病院 副院長 松岡 俊行 様

相手の予想を超える考える力の大切さを改めて認識しました。

読書の大切さ、想像力のトレーニングから創造力への発展イメージを
具体的に実現していくための実践について勉強になりました。

いつも、講師の先生の素晴らしいお話を聞かせて頂きinspireされることが多く、
明日からの行動を変えるモチベーションになっています。


◆愛知県 田辺眼科クリニック 院長 田辺 直樹 様

喜多川先生のお話は二回目でしたが、前のときにもましてとても良かったです。
「挑戦すると新しい出会い~」がある話がとても心に残りました。

これからもこの話を胸にきざんで、新しいことに挑戦していきたいと思います。
毎日十五分の読書もやっていきたいと思います。

今日はスタッフ七人とこれて良かったです。


◆兵庫県 アートセンター歯科 歯科助手 持石 沙織 様

今回、医経統合実践セミナーに初めて参加させて頂きました。

医療業界に入って5ヶ月くらいたちますが、良い組織、医院を作る為に必要事、
人として大切な事が、たくさん学べました。第一部の内容は、今働いている
医院でも実践されている内容が多かったので、改めて、素晴らしい環境で
働かせて頂いているんだなと実感しました。


◆愛知県 田辺眼科クリニック 視能訓練士 魚住 真希 様

今回のセミナーは喜多川先生の講演をとても楽しみにしていました。
船長(院長)が考える旅の目的、目的地(ゴール)を知ることが大事と聞き、
自分は先生が五年後、十年後どんなクリニックにしていきたいと
考えているのか詳しく知らないなぁと気づいたので是非聞いてみようと思いました。


◆岡山県 はらだ眼科 医療事務 内田 弥希 様

今回セミナーに参加させていただくにあたって、モチベーションをアップ
させる方法、自分自身を向上させるために日々どのようなことを意識し、
行動したら良いか学びたいと思っていました。

本日のセミナーを聴かせていただいて、学びたいことを学ぶことができました。
特に読書の必要性を深く感じました。私自身、本を読もうと思っても
数ヶ月でやめてしまっていました。読書をすると、想像力も生まれ、
心に火をつけることができると学び、医院に何か貢献できることはないかと
考える上で重要だと感じました。


◆愛知県 ふくおか耳鼻咽喉科 診察補助 木村 みど理 様

今回も素晴らしいお話しが聴けました。喜多川先生のお話しは表現が優しく、
わかりやすく、押し付け感がないので抵抗なくスッと心に入ってきました。

三日間くらいかけて話す内容とのことなので、さらに深く理解するためにも、
ぜひ本を読んでみたいと思います。



如何でしたか?

医経統合実践会のセミナーは普段なかなか接する機会が無い、
素晴らしいゲスト講師のメッセージを聴けることです。

結果、おかげさまで2012年から始まった医経統合実践塾は、開始年は
ご参加者数10名様でしたが、今年は130名、そして何と来年は既に定員
130名分のお席がSOLD OUT、何とか20席だけ増やしましたが、
早くもあと10席という状況です!


残りあと10席!「医経統合実践塾2018」の
詳細・お申し込みはこちら!

⇒ http://www.ikeitougou.jp/seminar/


それでは、今月のテーマはこちらです!

-------------------------------------------------------------------------
Q.せっかく応募があったのに辞退が相次ぐ場合
-------------------------------------------------------------------------

多くのクリニックで「採用難」「人材不足」が深刻です。

今は大企業がこぞって良い人材の獲得に躍起になっていますので、
小規模組織であるクリニックには、なかなか応募がないのが現状です。

そんな中、応募があり、見学・面接を実施した後、


「色々考えたのですが、辞退させて下さい・・・」


という連絡があると、がっくり肩を落としますよね。


辞退をゼロにするのは難しいですが、辞退になる確率を下げることは
出来ますので、「うちは辞退が多いな」と思っているクリニックは、
ぜひご参考下さい。


1.連絡に時間をかけない


多くの場合、応募者は色々な職場の中から吟味しています。
面接の場で「こちらしかやりとりしていません」と応募者が言った
としても、100%鵜呑みにはしない方が良いです。

応募数が複数ある場合には、1次面接と2次面接の日を分けたり、
面接結果を知らせるのは1週間後、とかでも良かったのですが、今は
応募者への連絡に時間が掛かると、かなり高い確率で次の職場に
行ってしまいます。

私は面接の時点で「良いんじゃないかな」と思ったら、その場で即決、
遅くても24時間以内には連絡する、位で良いと考えています。


2.応募者も選んでいる意識を持つ


通常「クリニックが応募者を面接して合否を決める」という考え方であり、
それはそれで正しいのですが、その一方で「応募者が働く場所として適切か
どうかを見極めようとしている」とも言えるのが、見学・面接の場です。

よって、応募者に挨拶がなかったり、無愛想な対応をしたり、過度に
待合室で待たせたりなどがあると「私は歓迎されていないのかな」「ここは
人間関係が悪いのかも知れないな」と、応募者に感じさせ、辞退に繋がる
可能性が上がります。


3.条件にギャップがある


意外に多いのが「求人票に書いてあった条件と違う・・・」
ということです。

現実的な話、働く側にとって「お金(給与・残業代・賞与)」と
「休み(勤務時間、有給日数)」は、重要な要素です。

このお金や休みがしっかり保証されている上で「うちのクリニックは
患者さん満足度アップのために、診療以外の取り組みもしています」と
打ち出さないと、大きな不満に繋がります。

院長先生の心当たりがないところで、スタッフが条件面で疑問や不安を
持っている可能性もありますので、ひとりひとりと個人面談して、既存
スタッフのお金と休みについて解消して下さい。


多くの応募があった時代は「お金や休みの話は、プロとして
結果を出してからにしろ!」という発想でも、何とか通用しかたも
知れませんが、労働力不足、ネットで何でも拡散出来る時代であることを
考えると、前述したように、働く上でまず大切なお金や休みについて
スタッフの疑問・不安を解消することが大切です。



以上、今回は3つのポイントに絞ってお伝えしましたが、医経統合実践塾の
第1回のメインテーマが「採用」ですので、ぜひ来年の医経統合実践塾へ
ご参加下さい!

⇒ http://www.ikeitougou.jp/seminar/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<ご質問、ご相談を承ります!>


今月の内容をお読みになられて「このポイントをもっと教えて欲しい」
「うちのクリニックでは、このような点で悩んでいる」という先生は、
こちらのページよりご相談下さい。


⇒ http://www.ikeitougou.jp/mailform/



<このメールマガジンをご紹介下さい!>


よろしければこのメールマガジンを知人の先生方にも
ご紹介ください!

このメールをご転送頂き、下記のURLよりご登録頂ければ
メールマガジンが来月から届きます。

⇒ http://www.ikeitougou.jp/mailmagazine/



<クリニック経営で悩まれた時には、このホームページへアクセス!>


医経統合実践会ホームページでは、クリニック、診療所経営に
悩まれる院長先生に、少しでも経営に対するヒントをご提供したいと願い、
高頻度で更新しております。


ぜひ、こまめにチェックして下さい!
医経統合実践会ホームページはこちらです。

⇒ http://www.ikeitougou.jp/


歯科専用の医経統合実践会ホームページはこちらです!

⇒ http://dental.ikeitougou.jp/

----------------------------------------------------------
アンリミテッド 株式会社 代表取締役
医経統合実践会 主宰 

根本 和馬(ねもと かずま)

⇒  http://www.ikeitougou.jp/

⇒E-mail:  info@ikeitougou.jp


(筆者プロフィール)
  ⇒ < http://www.ikeitougou.jp/profile.php >

メルマガの登録・解除はこちらです。

http://www.mag2.com/m/0001514010.html
-----------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ