UK
ID: 0001556730

虚構新聞友の会会報

UK
  • 殿堂入り
  • 独占インタビュー
¥648(税込)/月 初月無料!
不定期 今月-(最終 2016/12/30)
PC・携帯向け/テキスト形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001556730

虚構新聞友の会会報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイト「虚構新聞」支援者の集い「友の会」の会報です。メルマガでしか読めないさまざまな記事をお届けします。

著者プロフィール

UK

1980年京都市生まれ。滋賀県在住。虚構新聞社社主・「虚構新聞」主筆。英国オックスブリッジ大学教養学部修士課程修了。大学院生であった2004年3月、虚構記事を配信するウェブサイト「虚構新聞」を設立。同年、雑誌「ネットランナー」(廃刊)にて「ベスト・オブ・常習者サイト2004/テキストサイト・日記部門」で金賞を受賞。「僕の見た秩序。」「ろじっくぱらだいす」など、有名テキストサイトを押さえ、いきなり入賞した新進気鋭のテキストサイトとして一躍注目をあびる。2010年には初の書籍化『号外!虚構新聞』(笠倉出版社)を発売するもあまり売れず。同年「アルファブロガーアワード」にノミネートされるも「中国嫁日記」に敗退。近年、配信した虚構記事が事実として広まった結果、サイトを「炎上」させてしまうことが多く、「自重しろ」との声多数。しばしばネット界隈をにぎわせている。

サンプル号
▼第0号(2012.07.01)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 虚構新聞社発行
   虚構新聞友の会会報
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 目次
  1.ごあいさつ
  2.提供コンテンツ(仮)
  3.編集後記
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 1.ごあいさつ

 こんにちは。虚構新聞社社主のUKと申します。平素は本紙「虚構新聞」をご
購読くださりありがとうございます。

 さて、本紙ではこの度、読者親睦を目的とする読者団体「虚構新聞友の会」
を発足する運びとなりました。また、友の会にご入会くださった方全員に、こ
のメールマガジン「虚構新聞友の会会報」をお届けすることも決まりました。

 今回「友の会」発足、そしてメルマガ「会報」発行を決めた理由は次の3つ
です。

 <その1>は、しばしば訊かれる「虚構新聞書いてる奴ってどんなだよ」と
いう疑問に答えるためです。社主としてはいつまでも「謎の人」でいたいので
すが、本紙に興味を持たれた方の中には、その執筆者にまで興味を示される方
が多くおられるようで、過去何度も新聞やネットニュースなどのメディアから
取材を受けてきました。
 その中で語ってきたことはもちろん事実ですが、取材時間の関係で表層的な
部分しか話せないことが多く、もう少し時間をかけて深い部分まで語ることが
できないか、と考えた末、このメルマガ「会報」という形で諸々明らかにした
いと考えました。
 また、読者との交流の一環として、メルマガ読者になられた方は、専用アド
レスを通じて、社主宛に直接ご質問などをお送りいただけるようにもいたしま
す。お送りいただいたご質問については、メルマガを通じて、社主本人から必
ず回答差し上げます。

 <その2>は、経済的支援です。本紙では現在ウェブ新聞の定期発行と、ポッ
ドキャスト「虚構新聞ニュース」の配信をどちらも無料で行っています。
 社主としては、本紙「虚構新聞」の将来像として、現在の事業に加え、さら
に紙面版「虚構新聞」の定期発行、映像ニュース配信など、さらなる虚構現実
の社会浸透を目論んでおります。
 ですが、これらの新事業を始めるためには、記者、編集者などの人材確保や
本社ビルの建設が必要で、さきほど妄想で試算したところ、これらの事業を始
めるにはおおよそ200兆円ほどの資金が必要であることがわかりました。
 この200兆円を確保するべく、先月社主はサウジアラビアまで飛び、同国
の石油王としても知られるアル・アッバース第3皇太子に資金援助を打診した
のですが、残念ながら皇太子が留守だったため、泣く泣く帰国したばかりです。
 そこで今回の「友の会」設立に至るわけですが、ただ会員になって支援をい
ただくだけでは申し訳ないので、ギブ&テイクとして、このメールマガジン「
会報」を発行することで、会員のみなさまに何か楽しんでいただけるコンテン
ツを提供できれば、と考えました。

 <その3>は、実験記事の配信です。おかげさまで、昨今本紙はネット上で
もそれなりに知られる存在となりました。しかし、その一方で、あまりにブラッ
クである記事、実名を使った記事、リアルすぎる記事については、瞬く間に情
報がツイッターで拡散されてしまい、その結果、本紙サイトが「炎上」してし
まうことも増えてしまいました。先日も「橋下市長、小中学生にツイッターを
義務化」という記事が炎上してしまい、謝罪記事を出したのは、すでにご存知
のとおりです。
 たくさんの方に楽しんで読んでいただけるのは、社主として大変光栄ではあ
りますが、長年の読者からは「昔と比べて無難な記事が増えた」とのご指摘も
いただきます。この状況を解決するため、ウェブ新聞では書けないようなブラッ
クな記事、実験的な記事は、この「会報」で配信していくことに決めました。
 なお、無料メルマガですと、登録者が増えた結果、メールの転送によって、
ツイッターと同じく炎上に陥る可能性が高くなります。有料配信ならば、ある
程度読者を制限できるので、このようなことにはならないだろう、というのも
有料にした理由の一つです。

 この3点が、この度「虚構新聞友の会」設立に至った主な経緯です。

 なお、会員数については、当面の目標としてまず<100人>を目指します。
これでもかなり難しいハードルではあるのですが、もし会員100人を達成し
たあかつきには、感謝のしるしとして、購読者でご希望の方全員に、「友の会
会員証(シリアルナンバー入り)」、「社主名刺」、「自筆感謝状」など、一
式詰め合わせたプレゼントを予定しております。予算の関係で、発送は社主が
1通ずつ手作業で行うことになっておりますので、社主が過労で死なない程度
のご応募をお待ちしております。

─────────────────────────
 2.提供コンテンツ(仮)

 本紙では「会報」を通じて、以下のようなコンテンツを配信予定です。これ
らを電車内などで軽く読める程度の分量に分けて、週1~2回ペースでお送り
いたします。

 (1)社主から
   社主UKのコラムです。近況、時事など交えて、あまり役に立たないこと
   を書く予定です。
 (2)坂本義太夫から
   京都大学教授としてマルチな才能を発揮する坂本義太夫教授によるため
   になるコラムです。
 (3)今週の1冊
   社主UKがその週に読んだ、書籍、漫画、雑誌などからおすすめの1冊を
   取り上げます。
 (4)連載小説「内閣総理大臣の憂鬱(仮)」
   iPhoneアプリのみで限定配信した、幻の連載小説「ハイチュウ工場の人々」
   の流れを汲む連載小説です。
 (5)会報限定虚構記事
   ウェブ版「虚構新聞」では配信できないような、拡散禁止の虚構記事を
   配信します。
 (6)Q&A
   友の会会員から寄せられた質問に、社主自らが全てお答えします。

─────────────────────────
 3.編集後記

 とりあえず創刊に向けた「第0号」ということで本稿をお送りいたしました。
会報の内容については、先ほどご紹介した企画をお送りしていく予定ですが、
時と場合に応じて内容を変えていけるのも、メルマガの良いところだと思いま
す。

 この「会報」は他のメルマガと違い、お得な情報も載っていませんし、社会
的な影響力もありません。ただただ、くだらない情報ばかりをお届けすること
になるでしょう。

 けれども、この「会報」を通じ、社主と会員のみなさまとの間で、ともに楽
しめる雰囲気が作れるような場になれば、というのが何よりの願いです。

 福島ではいつ終わるとも知れず延々と原発に水を垂れ流し、消費税は10%
に増税、老人は長生きし続ける一方で、就職できなかった若者が次々自殺して
いくという、この上なくくだらない現実と向き合うために、別の意味でくだら
ない虚構があってもいいのではないでしょうか。 「この気の滅入るような現
実を乗り切るため、社会を笑って切り捨てるような虚構を提供したい」という
のが、虚構新聞の存在意義であると確信しています。

 この理念に少しでも共感してくださったあなたが、この友の会会員としてご
入会いただける日を楽しみにしております。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 虚構新聞社社主 UK

─────────────────────────
▼発行元:虚構新聞社 http://kyoko-np.net/
▼発行者:UK
─────────────────────────
ID: 0001556730

虚構新聞友の会会報

UK
¥648(税込)/月 初月無料!
不定期 今月-(最終 2016/12/30)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2016/12/30 【第196号】虚構新聞友の会会報
2016/12/27 【訂正】【号外】虚構新聞友の会会報
2016/12/26 【号外】虚構新聞友の会会報
2016/12/17 【第195号】虚構新聞友の会会報
2016/12/08 【第194号】虚構新聞友の会会報
さらに以前のバックナンバー一覧