鈴木傾城
ID: 0001566290

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編

鈴木傾城
  • 殿堂入り
¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
月途中の登録でも、月内に
発行されたメルマガがすべて届きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001566290

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱肉強食の資本主義が蔓延し、格差が急激に広がっていき、いよいよ日本人の間にも貧困が蔓延するようになってきています。経済暴力の中で日本人がどのように翻弄されているのかを、危険なまでの率直さで取り上げ、経済の分野からいかに生き延びるかを書いているのがこのメルマガ編です。

著者プロフィール

鈴木傾城

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。

基本的には週1回発行しますが不可抗力で不定期となることもあります。

サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
普通の人はもう生きられない。あなたも「超人」にさせられる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現代社会は「効率化」によって最大限の結果を得ることがすべての
命題になっている。しかし、これが暴走して様々な問題を引き起こ
すことになっていることに気がつかない人が多い。

具体的に考えればすぐに分かる。

電気を「効率的」に得ようとして、原子力発電所にまで到達して史
上最悪の環境破壊を起こす。

石油を「効率的」に得ようとして、地球の環境を徹底的に破壊して
しまう事態を引き起こす。

儲けを「効率的」に得ようとして、レバレッジを賭けて資本主義す
らも破壊されるような事態を引き起こす。

友人を「効率的」に得ようとして、SNSに登録して自分のプライバシー
をすべてどこかの会社に提供するような事態を引き起こす。


▼「効率化」は人間の肉体にさえ浸透している
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

食物を「効率的」に提供しようとして、ホルモン剤をばらまいて成
長を早めて残留ホルモンが人間の身体に悪影響を引き起こす。

何もかもが「効率化」によって「最大限の結果を得る」ことが望ま
れており、それが行き過ぎることによって、副作用を拡大させてい
くのである。

それでも「効率化」こそが重要だと誰もが考えるから、誰も効率的
であることを捨てようとしない。だから、どんどん世の中が効率化
されていき、暴走し、最後に何もかもが吹き飛ぶのである。

「効率化」は人間の肉体にさえ浸透している。人間の肉体を「効率
的」に成長させて、早く大人にしたり、より強い能力をつけさせた
りするのである。

たとえば、バングラデシュの売春地帯では、少女を大人に見せるた
め、牛を成長させるステロイドを少女に与えて無理やり身体の成長
を促すようなことをやっている。

少女を「効率的」に早く成長させて、売春できる身体に無理やりさ
せているのである。

痩せ細って貧相な少女も、このステロイドでふくよかで健康的な女
性に見えるようになる。

しかし、やがて少女は身体に変調を来たして様々な副作用で「使い
物にならなくなる」。

彼女たちは、頭痛、肝臓障害、極度の疲労、めまい、あるいは湿疹、
生理不順、情緒不安定と、ありとあらゆる副作用に悩まされる。

しかし、ステロイドはある種の依存症もあって、少女たちはもうそ
れがないとやっていけなくなっている。麻薬と同じように、ステロ
イドのために売春を続けるような事態に陥るのである。


▼ステロイドで「効率的」に筋肉量を追究
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ところで、ステロイドと聞けば、ボディービルを思い出す人もいる
かもしれない。

彼らの一部には同じ人間とは思えないような、まるで作り物のよう
な見事な筋肉を持っている。

ウエイト・トレーニングを規則正しく効果的に続けていると、人間
の身体は筋力が発達していき、誰でもある程度の筋量(バルク)を
付けることができるようになる。

遺伝的要素もあって誰もが全盛期のアーノルド・シュワルツェネッ
ガーのようになるわけではない。しかし、ウエイト・トレーニング
だけで他人を驚かすような筋肉をつけることができる。

しかし、それを超えてボディービル競技の第一線で活躍するような
圧倒的な筋肉の質感を「効率的」に手に入れるのはどうすればいい
のか。

それがステロイドである。ボディービル業界では、すでに競技のトッ
プレベルに到達するには、何らかのステロイドに染まらなければな
らないところにまで来ているという。

プロのボディービルダーの身体を間近に見たことがあるが、そのと
きの衝撃はいまだに覚えている。

人間はここまで身体を改造することができるのかと感嘆せざるを得
ないほどの、まさに想像を絶した筋肉量だった。

今までこれほどの筋肉を持った人を見たことがないし、その巨大さ
はたぶん実際に間近で見たことがない人に言っても信じてもらえな
いと思うほどの筋肉量だった。

上腕二頭筋の腕周りは、痩せた女性のウエストと同じくらいあった。
腕だけではない。背中はエイのように広がっているし、太腿に至っ
てはおおよそ人間の足とは思えないほどの膨張ぶりだった。

ステロイドで「効率的」に筋肉量を追究すると、こうなるのかと人
間離れした筋肉を前に考えさせられるものがあった。


▼人間は極限に向かっていく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ボディービルダーのステロイド使用は筋肉量を劇的に増やすという
意味では恐ろしいほど成功しているが、一方でボディービルダーの
ステロイド渦は大きな問題を引き起こしている。

内臓肥大から女性化乳房、ガン、心臓疾患、白血病とありとあらゆ
るステロイド症候群が競技者に襲いかかり、蝕んでいく。

それでもやめられないのは、やめれば競技者として成功できなから
である。

プロは勝負の勝敗が生活に直結しており、それがステロイド停止を
難しくする。

「効率化」を追究して結果が最大化されると、すべての競技者が最
大化に向かって突っ走るので、ひとりだけ止めたら止めた人間が競
争から取り残されていく。

だから、いったん「効率化」が取り入れられたら、もう効率化競争
から逃れることはできないのである。最終的に破滅するまで暴走し
ていくだけだ。

効率化の最後は、副作用による自壊だ。それは分かっていても、自
壊するまで突っ走る。

現代文明は、何もかもがその動きの中にある。

「極端に優れたもの」を求める風潮が増長されており、ほどほどが
評価されない。

より高く、より強く、より大きく、より早く。

競争や点数がそこに絡めば、最後に行き着くのは結局ドーピングに
なる。

ボディービルに限らず、あらゆる競技は最終的に人間を変質させる
ような薬物へと行き着き、「その瞬間」のためにすべてを犠牲にす
るような極端なものへと変質していく。

オリンピックで人間は何を目指しているのか。「効率化」された人
間の最大の記録だ。何が犠牲にされるのか。

選手の肉体だ。

記録に挑戦するというのは恰好がいいのかもしれないが、その弊害
は確実に存在している。どのみち、そんなものは存在しないかのよ
うに隠されるのだろう。


▼ドーピングは怒涛のように流れ込んでいく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「効率化」による結果の最大化を目指す動きは、スポーツ界だけで
はなく、教育界にも浸透していくのは当然だ。

「頭脳」も効率的に最大化させるためにドーピングに行き着くので
ある。

極端な詰め込み教育と入試の社会に、ドーピングは怒涛のように流
れ込んでいく。

現在、学生は様々なものを暗記して試験に望み合格することに人生
を賭けなければならない。だから、「覚える」という部分に対して、
ドーピングする余地が生まれる。

日本では、まだ暗記や記憶をスマート・ドラッグで増強しようと発
想する学生は少ないが、それは「スマート・ドラッグ」の効果が知
られていないからである。

しかし、現代社会は「効率化」を目指しているのだから、「スマー
ト・ドラッグ」の乱用は時間の問題だ。

やがて、みんなドーピングに侵される。

合格するためには手段を選ばない人間はどこの世界にもいる。それ
なら、脳を効率的にドーピングさせるために薬物使用が日常になっ
ても不思議がる必要はない。

プロのアスリートがステロイドでパワーアップするように、やがて
学生はスマート・ドラッグで暗記をパワーアップさせるのが当たり
前の時代になっていく。

これは脳のドーピングである。

もちろん、脳を無理やり拡張するわけだから、副作用は精神的なも
のに向かう可能性は高い。


▼そして人間が「変質」し、自壊していく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普通の人間がドーピングして極端な能力が手に入ると、身体を壊し、
精神が破壊される可能性が高い。

サヴァン症候群というものがある。

見たものを写真のように記憶できたり、数千年後の日付の曜日を言
えたり、一瞬で高度な計算をしたりする天才だが、精神的には問題
がある。

そういった症状が現れる可能性も高い。天才的であっても、日常生
活がうまく行えなくなるのである。

学生や受験者がそのような代償を払ってもいいと思うかどうかは、
アスリートと同じく「哲学」の問題になっていくのだろう。

「それでも一瞬に賭ける」という人間ももちろんいる。ならば、ア
カデミックの世界もドーピングに侵されていく。

重要なのは、今のところカンニングは不正だが、薬物使用(ドーピ
ング)は入試の世界ではまだ問題になっていないことだ。

つまり、まだ体制側は気がついていない。

入試にドーピング検査が導入されるまで、学生はやりたい放題であ
るということになる。

学生側もウブなので大半が気がついていないが、このようなことは
誰かが気がつく。やがて一大潮流になるのは目に見えている。

単に記憶を良くしたいという他愛のない人間も、いつかは手軽にス
マート・ドラッグに手を出すような時代になっていくだろう。そし
て、ナチュラルなまじめな人間を打ち負かしていく。

バングラの売春地帯の女性と、ボディービルダーと、オリンピック
選手と、アカデミックの世界の人間はまったく違う人種だ。

しかし、「効率化」によって、人体を破壊される可能性があるとい
う意味では、全員「危険な場所にいる」ということだ。

効率化の哲学があって、人間の能力を増強させようとするドーピン
グの薬物が絡んでいくと、いずれ、どんな世界でもすべての人間が
巻き込まれて自壊していくだろう。

極限に達するとドーピングでそれを乗り越えようとする。そして人
間が「変質」する。さらにその先は破滅だ。

あなたもいつか「超人」になる必要性が出て来るかもしれない。そ
して、実際に「超人」になって、そして最後に自壊するかもしれな
い。

時代がそれを求めているのだから。

ID: 0001566290

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編

鈴木傾城
¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 日曜日 今月3/5回(最終 2017/10/15)
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
バックナンバー
2017/09/24 中途半端に頭が良いと「5つの理由」で長期投資に失敗する
2017/09/17 脳が劣化する現実を見据え、継続的に買う銘柄を私は決めた
2017/09/10 貯蓄型の保険なんかを無駄に掛けて助かった気持ちになるな
2017/09/03 資本主義で生きているなら資本主義を徹底利用して生き残れ
2017/08/27 資本主義から永遠に金を吸い取る方法は秘密でも何でもない
さらに以前のバックナンバー一覧