銀行返済をストップして事業再生する方法

  • ¥0

    無料

借金返済で悩む中小企業の事業再生方法。銀行返済をストップして、事業を再生。負債総額28億円から立ち直った男の、どん底から再生までの道のりを赤裸々に語る。その経験から現在12社の事業再生を指導中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
銀行返済をストップして事業再生する方法
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年10月16日
 
発行部数
855部
メルマガID
0001574048
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
銀行返済をストップして事業再生する方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、
事業再生コンサルタントの長谷川です。
事業再生は、債務超過企業を再生する
経営手法の1つです。

第2会社事業再生の目的は、
事業を守り、家族を守り、
従業員の雇用を維持することです。
_________________
今回の出張はずっと雨に祟られました。
_________________
【第267号】
こんにちは、長谷川です。

先日、地元のクライアントさんの担保物件売却の件
で債権者を訪ねました。

こちらの狙いは、できるだけ債権者への売却価格を
安くして手元資金を確保するということです。

そのためには銀行への売却価格提示は競売基準価格
に近い金額が良いのです。

債権者を訪問する前に事前にクライアントさんと相
談して債権者に提示する価格を決めました。

今回の場合は債務処理に入って2ヶ月目です。

これはいささか早い時期で債権者は回収意欲満々で、
こちらの提示価格について承諾しない可能性が大な
のです。もちろん提示価格によるのですが。

債権者は担保物件に対して固定資産税や実勢価格な
どを参考に担保価値を設定しています。

物件の担保を外す際には、基本的にその担保価格を
上回る売却価格であれば文句なく担保設定を外すの
です。

そんな甘い汁は吸わせません。

こちらは債権者が設定している担保価値を下回る価
格で承諾を取り、手元資金を厚く確保したい訳です。

そういう流れの中で交渉が行われるということです。

●ゼロの事業再生の債務処理の進め方
私はクライアントさんと同行する最初の訪問時から
方向性は明確に伝えます。

もちろん最初の訪問時の目的は伝えず、奇襲攻撃を
打つのです。

相手は、返済の猶予か融資の申込みかと思っている
筈です。
あるいは新しい提案か何かだろうと想像している筈
です。

そこへいきなりクライアントさん(従来の社長)と
私(新社長)が訪問して、
「会社の継続を模索して来ましたが事業の継続が難
しいと判断して会社を清算することにしました。
そのために私が社長に就任し債務整理を進めていき
ます。◯◯さんは経営責任を取って社長を退任しま
した。そういうことで大変申し訳ありませんが、今
後の返済はできません」
と挨拶するのです。

これには債権者は内心びっくりしている筈です。
最近ではそういう話を切り出しても冷静に対処する
債権者が多いです。

10年前の私の場合は、メインバンクでは担当者が、
「そんな話は聞いてない!」と突然怒り出してコン
サルタントと喧嘩が始まりました。
比較的最近ですが2年半前のクライアントさんのケ
ースでは、新任の支店長が「詐欺だ!」と大声で叫
び始めました。訪問の2ヶ月前に1千万円の融資を
受けたばかりだったからです。

そういうケースもありますが、概ね冷静に対処して
います。

そして債権者は会社清算とか債務処理という話をす
ると即会社の口座凍結を行うのが常識ですので、訪
問前に該当銀行の口座から一切の資金を引き出して
ゼロにしておくのです。

感の鋭い銀行は残高がゼロになると担当者から、
「口座残高がゼロですが、何かありましたか?」
と連絡が来るのですが、気にしていない銀行は何も
言って来ません。

そういう状態のところに、いきなり会社清算という
ことですから内心びっくりするのです。

本来、債務処理というのは銀行から取引先に突然告
げるのが普通ですが、ゼロの事業再生では債務者の
方から債権者に宣告するのですから想像もしていな
いのです。

そしてそういう宣言をしておくと普通の銀行はそん
なに悪さはしません。

もちろん、相手が打って来る手が分かっていますか
ら、事前に対策は打っておくのですが。

銀行が打って来る債権回収策は概ね、
1. 銀行口座の凍結
  普通預金だけではなく定期預金や積立やその他
  全てなので、それらを全解約します。
2. 債務者本人名義の生命保険の変更手続き
3. 無担保不動産がある場合は事前に対策を打って
  おく。
4. 自動車名義を変更しておく。
5. 第2会社を設立しできるだけ早く取引先を移行
  しておく。(売掛金差押えを防ぐため)

です。

その中で最も最優先なのは口座からの資金引き出し
です。


そういう流れで債務処理は進めるのですが、最初に
書いたように担保物件の売却については余り急いで
進めると足元を見て来ます。

今回はクライアントさんからの要望で多少早目のタ
イミングなのですが、これもジャブを打つぐらいの
感覚で行いました。

どういうことかと言うと先述したように余り早いタ
イミングだと債権者はまだまだ債権回収意欲が強い
ので低すぎる提示価格については抵抗します。

あくまで相場に近い価格を要求して来ます。
余りに低い価格だと今回みたいに根拠を求めて来ます。
銀行としては極当たり前です。

それではどうやって低い提示価格を承諾させるかを
お話しします。

●債権者(銀行)の担保物件処理の考え方
銀行も最終的には担保物件を処理したいのはやまや
まなのですが、できるだけ高い値段で処理したいの
です。

積極的な銀行は高値で買う相手を探して来ます。
でもそれは銀行のメリットになっても債務者のメリ
ットにはなりません。
売却代金全額を銀行に持って行かれます。
ですからこの場合は若干調整が必要です。

それではどうやって債務者主体でやっていくのかと
言うと、こちらから土地建物を買いたいと言う会社
があります。ついてはこの価格でいかがですか、と
仕掛けていくのが最良です。

今回の場合も事前に相場価格と想定競売価格を調べ
て銀行に話を持って行ったのです。

その希望価格が若干競売基準価格に近い価格なので
銀行はすんなり了解をしないと言う訳です。

でも決定権はこちらが持っているので銀行がこちら
の希望価格に寄って来る時期をじっくり待ちます。

まず銀行が本当に無理なのか、それとも若干脈があ
るのか、その返答を待ちます。

銀行では今頃一生懸命に検討している筈です。
おそらく1週間前後で何らかの返答が来る筈なので
それを待ちます。

仮に今回の提示額がダメだったとして、いくらの金
額であれば銀行が了承するか、その目処が分かります。

余りに金額に開きがあるのであれば銀行は競売手続
きに入ります。

多くの債務者はそれを避けたいがために早めに交渉
したがるのですが、こちらに有利に進めるのであれ
ば、競売手続きに入ってからの方が安い価格で売却
あるいは買い戻しができる可能性が高いのです。

まず何と言っても、その土地建物を欲しいと言う方
が多いのか、それとも応札者がいない確率が高いの
かと言うことが重要な要素です。

多くの応募者が予想される場合は価格が高めになり
ますし、応募者が現れない可能性が高ければ価格は
低めになるのです。

この編も結構な駆け引き要因になります。

それらを想定して価格を提示しているのですが、ど
うしても銀行が納得しない場合は、競売手続きを打
たせて競売基準価格が提示されてから交渉を再開す
るのが有効です。

競売基準価格が提示されると逆に銀行にプレッシャ
ーが一気に掛かります。
担保価格が高過ぎたのかと予定回収金額を下げざる
を得なくなるからです。

この時期に一気に交渉すれば成功の確率は高くなる
のです。

相手(銀行)の思考回路をよく読んで交渉するのが
ベストです。

========================

●第4回 ゼロの事業再生セミナーのご案内

日時は、2017年10月25日(水)12:50受付け
             13時分から17時分
開催場所は、麹町事務所です。
東京都千代田区麹町三丁目3番地
          スクエアビル 6階
セミナー参加費は、20.000円です。
募集人員は、(先着順となります。満員になり次第、
締め切りとなります)
10月21日 午後5時 セミナー受付終了です。

詳しいセミナー案内とお申込みは下記からお入り下さい。
 http://jigyosaisei.website/
よろしくお願いします。


●ゼロの事業再生実践塾 11月18日開催
この5年間で300社を超える経営者の方にお会い
できました。

大変光栄だと思う反面、第2会社事業再生を利用
して健全な経営体質に変貌した会社は数少ないの
が現状です。

もちろん対面コンサルを受講されても、まだまだ
第2会社事業再生に対して「本当にそんな事でき
るのかよ!」と不安が拭い切れない方、対面コン
サル受講後会計事務所に相談したら「第2会社事
業再生なんて詐害行為に当たるから辞めなさい」
と言われて断念した方、実行途中で会社乗っ取り
にあった方等いると思います。

いろんな理由で本格的な第2会社事業再生に踏み
切れず、ずっと資金繰りに苦しみジリ貧に陥って
いる会社も多いと思います。

それらの不安や不信感を取り除き、1日でも早く
第2会社事業再生に取り掛かり健全な経営に移行
して欲しいと思っています。

この実践塾では過去の5年間を反省し、第2会社
事業再生を正しく理解する、各社の第2会社事業
再生を行うための課題や障害要素をきちんと分析
して、課題に対する対策や対応策を明確にして確
実に第2会社事業再生が実行されるようにグルー
プコンサル形式で各社の個人コンサルを行いなが
ら塾を進めて行きます。
第9講が終了した暁には、債務処理の意義や第2
会社事業再生に対する理解も進み、債権者のやり
方にも精通し、その対策がきちんと組めるように
なります。
それだけではなく第2会社の経営に対しても自信
を持って当たることができ、二度と失敗しない経
営手法を身に付けることができます。
特に今後の銀行との付き合い方や融資を受ける際
の注意事項など絶対に銀行に騙されない付き合い
方ができるようになると思います。

第2会社の運営や起業して運営に悩んでいる経営
者にとって画期的な実践塾です。
債務処理や第2会社事業再生、第2会社の経営術
に関する一貫した塾は本邦初です。
実践から導きだされた原理原則、対処方法は資金
繰りで悩んでいる経営者や債務超過で苦しんでい
る経営者にとって大変朗報となる実践塾です。

第1講 第2会社事業再生について
第2講 既存会社の債務処理と債権者対策
第3講 事業再生はなぜ必要か
第4講 ゼロの事業再生
第5講 第2会社を成功に導く3条件・4ステップ
    7プロセス
第6講 成功の15キーワードと決めるためのキーワード
第7講 商品の価値を生み出し高め伝えるバリューメイク
第8講 会社の土台作りとキャッシュフロー経営
第9講自社の第2会社事業再生プラン発表

受講費 定価  498,000円
9月末まで早割  398,000円(9月末で終了しました)

お申し込みは下記からお願いします。
www.事業再生仕事人.jp
--------------------------------------------------------
編集後記
友人の息子さんの結婚披露宴が帝国ホテルであり、
出席して来ました。
帝国ホテルの披露宴に出席するのは初めてでしたが、
帝国ホテルのローストビーフは最高に美味しくてお
代わりをしてしまいました。
同じテーブル8人中お代わりしたのは私を含めて
2人でした。
すごく恥ずかしかったのですが、みんなに「若いね」
と言われました。
ワインも美味しかったのでちゃっかりエチケットも
頂いて来ました。
■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:合同会社リバースコーポレーション
    長谷川博郁(はせがわ ひろふみ)
ブログ:「ゼロの事業再生 事業再生仕事人 長谷川博郁」
http://ameblo.jp/rebirth2017
ブログ:「自己破産せず自力で事業再生する方法」
http://ameblo.jp/rebirth2012hh

HP http://jigyosaisei.website/

メルアド: saimu-hotline@rebirth2011.jp

青森事務所:〒039-1166 青森県八戸市根城7丁目1番41号
東京事務所:〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目3番地
         麹町スクエアビル 6F

手軽なスポットコンサルお申込みの方は、こちらまで。
https://goo.gl/StSK8a

有料コンサルお申込みの方は、こちらからお願いします。
https://goo.gl/rJp1Nu

※掲載内容の無断転載・再配布は固く禁じます。
Copyright(C) Hirofumi Hasegawa all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ