銀行返済をストップして事業再生する方法

  • ¥0

    無料

借金返済で悩む中小企業の事業再生方法。銀行返済をストップして、事業を再生。負債総額28億円から立ち直った男の、どん底から再生までの道のりを赤裸々に語る。その経験から現在12社の事業再生を指導中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
銀行返済をストップして事業再生する方法
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年11月20日
 
発行部数
862部
メルマガID
0001574048
形式
PC向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
銀行返済をストップして事業再生する方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、
事業再生コンサルタントの長谷川です。
事業再生は、債務超過企業を再生する
経営手法の1つです。

第2会社事業再生の目的は、
事業を守り、家族を守り、
従業員の雇用を維持することです。
_________________
ビットコインの値上がりが止まりませんね。
どこまで値上がりするのでしょう。
一部では1ビットコインが1000万円を
超える予測もあるそうです。
________________
【第272号】
こんにちは、長谷川です。

第2会社事業再生は企業の債務超過や資金繰り解消
の起死回生の手段だと思っていますが、ゼロの事業
再生実践塾の受講生から「個人で借財を負っていま
すが、それでも有効ですか?」と質問されました。

もちろん、第2会社事業再生は個人債務解消にも使
えます。

債務

  個人の債務  →  個人に請求

  会社の債務  →  会社に請求

決して個人の債務を会社に請求したり、会社の債務
を個人に請求したりしません。

そして会社の債務は個人には請求できません。

だから銀行は会社への貸付であっても個人保証を取
るのです。

個人債務の解消は自己破産しなくてもできます。

スキームは第2会社事業再生のまんまです。

上述したように個人債務は当人にしか請求できません。

これを利用して、個人債務を負っている個人は、
第2会社を設立して債務を除いて事業やその他を
第2会社に移します。

これで大丈夫です。

●個人債務の解消
1. 第2会社(新会社)を設立。
2. 個人事業を第2会社に移す。
3. 個人の資金や不動産などがあればそれも移す。
4. 個人債務は一生消えないため、事業や資金や
  不動産は個人では持てませんが、第2会社で
  所有すれば問題ないでしょう。

  仮に代表取締役が債務者本人でも法人資格なの
で債権者から狙われることはありません。

個人債務が消えるのは債権時効を待つしかありませ
んが、資金や不動産は第2会社で十分に保有できま
すし事業もできます。

どうしても解消したければ自己破産すれば良いので
すが、事業を続けたい場合は自己破産はとても制約
が多くて面倒です。

特に営業的にマイナスの影響が大きいのでお勧めし
ません。


●平成30年の債務者情報
メルマガでも何度か記載した内容ですが、現在法務省
は債務者情報を開示する法律を策定中です。
新聞にも取り上げられた話題ですので知ってる方も多
いと思いますが、離婚した女性が子供の養育費を支払
って貰えず、社会問題化している
ことを考慮して債権者から債務者の銀行口座を問われ
た場合、銀行は全ての債務者の個人口座を債権者に開
示する法律を策定中です。
噂では来年の秋頃までは国会に上程され可決されれば
債務者にとっては大変なことになってしまいます。
金融機関の政治力が強いからだと思いますが、先進国
の中で日本だけが変な方向に行っていると思います。

先進国の中であくまで債務者の権利を最後まで守らず
一度失敗したら一生復活できない社会システムは日本
だけです。

債務者も一消費者であり一国民です。

安倍首相は前々から失敗したものが再チャレンジでき
る社会の実現を目指すと言いながら、そういう法律が
上程されるなんて最低です。

中国には、「上に政策あれば下に対策あり」という
言葉があります。

日本人も中国人のように強かにならないといけない
ようですね。



スポットコンサルお申込み
https://goo.gl/StSK8a

ゼロの事業再生コンサルお申込み
https://goo.gl/MttsDS

========================

●第6回 ゼロの事業再生セミナーのご案内

日時は、2017年12月18日(水)12:50受付け
             13時分から17時分
開催場所は、麹町事務所です。
東京都千代田区麹町三丁目3番地
          スクエアビル 6階
セミナー参加費は、20.000円です。
募集人員は、(先着順となります。満員になり次第、
締め切りとなります)
12月15日 午後5時 セミナー受付終了です。

詳しいセミナー案内とお申込みは下記からお入り下さい。
 http://jigyosaisei.website/
よろしくお願いします。


●ゼロの事業再生実践塾 平成30年3月10日開催予定
この5年間で300社を超える経営者の方にお会い
できました。

大変光栄だと思う反面、第2会社事業再生を利用
して健全な経営体質に変貌した会社は数少ないの
が現状です。

もちろん対面コンサルを受講されても、まだまだ
第2会社事業再生に対して「本当にそんな事でき
るのかよ!」と不安が拭い切れない方、対面コン
サル受講後会計事務所に相談したら「第2会社事
業再生なんて詐害行為に当たるから辞めなさい」
と言われて断念した方、実行途中で会社乗っ取り
にあった方等いると思います。

いろんな理由で本格的な第2会社事業再生に踏み
切れず、ずっと資金繰りに苦しみジリ貧に陥って
いる会社も多いと思います。

それらの不安や不信感を取り除き、1日でも早く
第2会社事業再生に取り掛かり健全な経営に移行
して欲しいと思っています。

この実践塾では過去の5年間を反省し、第2会社
事業再生を正しく理解する、各社の第2会社事業
再生を行うための課題や障害要素をきちんと分析
して、課題に対する対策や対応策を明確にして確
実に第2会社事業再生が実行されるようにグルー
プコンサル形式で各社の個人コンサルを行いなが
ら塾を進めて行きます。
第9講が終了した暁には、債務処理の意義や第2
会社事業再生に対する理解も進み、債権者のやり
方にも精通し、その対策がきちんと組めるように
なります。
それだけではなく第2会社の経営に対しても自信
を持って当たることができ、二度と失敗しない経
営手法を身に付けることができます。
特に今後の銀行との付き合い方や融資を受ける際
の注意事項など絶対に銀行に騙されない付き合い
方ができるようになると思います。

第2会社の運営や起業して運営に悩んでいる経営
者にとって画期的な実践塾です。
債務処理や第2会社事業再生、第2会社の経営術
に関する一貫した塾は本邦初です。
実践から導きだされた原理原則、対処方法は資金
繰りで悩んでいる経営者や債務超過で苦しんでい
る経営者にとって大変朗報となる実践塾です。

第1講 第2会社事業再生について
第2講 既存会社の債務処理と債権者対策
第3講 事業再生はなぜ必要か
第4講 ゼロの事業再生
第5講 第2会社を成功に導く3条件・4ステップ
    7プロセス
第6講 成功の15キーワードと決めるためのキーワード
第7講 商品の価値を生み出し高め伝えるバリューメイク
第8講 会社の土台作りとキャッシュフロー経営
第9講自社の第2会社事業再生プラン発表

受講費 定価  498,000円


お申し込みは下記からお願いします。
www.事業再生仕事人.jp
--------------------------------------------------------
編集後記
ビットコインを代表とする仮想通貨が金融システムを
大幅に変えていくのでしょうか。
日本でも三菱東京UFJ銀行が仮想通貨を計画中です。
今後の仮想通貨はどうなっていくんでしょう!?
■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者:合同会社リバースコーポレーション
    長谷川博郁(はせがわ ひろふみ)
ブログ:「ゼロの事業再生 事業再生仕事人 長谷川博郁」
http://ameblo.jp/rebirth2017
ブログ:「自己破産せず自力で事業再生する方法」
http://ameblo.jp/rebirth2012hh

HP http://jigyosaisei.website/

メルアド: saimu-hotline@rebirth2011.jp

青森事務所:〒039-1166 青森県八戸市根城7丁目1番41号
東京事務所:〒102-0083 東京都千代田区麹町三丁目3番地
         麹町スクエアビル 6F

手軽なスポットコンサルお申込みの方は、こちらまで。
https://goo.gl/StSK8a

ゼロの事業再生コンサルお申込みの方は、こちらから。
https://goo.gl/MttsDS
ショートURLをコピー
※掲載内容の無断転載・再配布は固く禁じます。
Copyright(C) Hirofumi Hasegawa all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ