ID: 0001620220

斎藤慎也の「しんえもんのワーク&ライフスタイル」メールマガジン

¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 水曜日(年末年始を除く) 今月4/4回(最終 2017/02/22)
PC・携帯向け/テキスト形式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ID: 0001620220

斎藤慎也の「しんえもんのワーク&ライフスタイル」メールマガジン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島を拠点に活動しているフリーランスの斎藤慎也です。定期的に旅に出ており、旅先からのレポートや最近のIT情報や時事ネタ、最近読んだオススメ本、などを配信しています。

サンプル号
---------------------------------------------------------
斎藤慎也の「しんえもんライフ・メールマガジン」

毎週水曜日発行
---------------------------------------------------------

【今週の目次】
1、時事ネタ
2、福島ネタ
3、今すぐ使えるだろうFacebookネタ
4、近況報告
5、福島市内ランチレポート
6、今週読んだ本の中から
7、福島人インタビュー
8、Q&Aコーナー
9、読者さんからの感想
10、編集後記

=====================================

1、時事ネタ
 私が日頃収集している時事ネタから気になったものをコメントと一緒にご紹介します。

■バルセロナのカンテラで活躍する久保くん12歳
http://www.footballchannel.jp/2013/08/28/post8382/
 川崎フロンターレの下部組織からバルセロナのカンテラへ移籍した久保建英くん。現在U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013に出場中だ。
久保くんのプレイを知らない人はぜひYoutubeで検索して見てみてほしい。12歳のレベルとは思えないボールタッチと体の向きを見せる。久保さんと呼ばれるようになったときにはひょっとするとバルセロナのトップでプレイしているかもしれない。正直、柿谷選手より注目している選手である。

■東日本国際大学の弓道部が全国優勝し大学日本一に!
http://www.news-r.jp/news/news_disp.php?id=10012
 弓道も大学にも興味ないっちゃないんだけど、実は福島県内の大学が大学日本一になっていた。日本一になったのは女子団体。結構すごいことなんだけど、ほとんど情報が流れてこなかった。

■いすみ鉄道の社長ブログが、ハッキリ言ってて気持ちいい!
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?day=20130823
 団塊世代はターゲットではない!ってハッキリ言っている記事。「死んでいく世代」までハッキリ言ってます。我々のターゲットは40代くらいの人たち、これからの人たち、インターネットで基本的にイベントを募集する。電話では受けない。までハッキリと。気持ちいい記事です。


2、福島ネタ

■福島市長選に30歳の市議会議員がチャレンジ
http://www.minpo.jp/news/detail/2013100711352
 東日本大震災後の初の福島市長選挙。若手の立候補を望んでいた私としては嬉しいニュース。30歳の福島市議会議員・大内雄太さん30歳がチャレンジする。年齢でいうと現職の瀬戸市長が66歳。もう一人が小林氏が54歳。若い人の票をどれだけ獲得できるだろうか。あと、若い人がどのくらい選挙に行くか。

■いわき市の飲食店オーナーが、最出発を目指す「夜明け市場」
http://greenz.jp/2013/10/11/iwaki_yoakeichiba/
 いわき駅前、徒歩3分の場所にある「夜明け市場」がオープン。中にはコワーキングスペースもあり、フリーランスやビジネスマッチングの場所にもなりそう。福島市は遅れているイメージあり。

■福島県公式フェイスブックが3万「いいね!」を突破
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukushima/news/20131017-OYT8T01314.htm
 都道府県で3万「いいね!」を突破したのは福島県が初!約2万7千件が県外。3千が海外とのこと。年内には4万件を突破しそう。はて、福島県人のいいね!が獲得できていないのはなぜ??


3、今すぐ使えるだろうFacebookネタ

■岐阜県高山市の和菓子店、福壽庵のFacebookページ
https://www.facebook.com/fukujuan
 店のキャラクターであるフクジュマンを使ったクイズを投稿したり、新商品の大福に入れる具材をアンケートを取ってそこから新商品をリリースしたり、一緒に何かをする参加するような仕掛けをしています。
 Facebookページだからこそ、深いコミュニケーションが取れる例になっています。

■地方ソーシャル活動 全国からファンが集まるFacebookページ活用事例3つ
http://smmlab.aainc.co.jp/?p=24599
 長良川鉄道ページは以前から注目していたページ、日々進化していると言っていいでしょう。画像を基本的にアップして、画像内にキャッチコピーやコメントを入れている。鉄道会社でしか投稿できないでろう写真を1日数枚アップしている。その日々の活動でいいね!を増やし、たまにアップされるイベント記事は見てしまうし、内容に興味を持つ、行ってみたいと思わせるページだ。

■Facebookページに求めている3つのこと
http://smmlab.aainc.co.jp/?p=26177
 ページに何を投稿したら良いのか困ったときに、見ておきたい内容。「最新ニュースやお得情報」、「企業独自の視点」、「商品やサービス開発秘話」の3つ。全部を書かなくてもよくて、企画会議している一コマを写真アップするのも面白いのではないだろうか。


4、近況報告

 お盆休みがあって、というか私は休みを特にもうけてなかったですが、まわりがお休みなので、自然と休みになった感じですね。この雰囲気、今の日本に必要かな?と疑問に思いました。
その中で考えていたのが私が持っている情報をどうしたらモチベーションを高くし知ってもらえるか?というようなことを考えていました。それで、このメルマガに辿り着いた感じがします。
 最近、若者の不謹慎な写真がツイッターなどで投稿され炎上しています。これらを近くで発生させないように、勉強会などを実施する必要もあるのではないでしょうか。学校の先生が詳しいとは思えませんし。

■10月22日(火) 福島市
 自宅で午前中、読書やネットから情報収集のインプット時間。午後から南福島まで電車と徒歩で移動し、某クライアントとのネット戦略定期打ち合せ。その後、また電車に乗って福島駅に戻り飯坂線に乗り換えて移動し、某クライアントの営業戦略会議に出席。19時くらいに帰宅し、夕食。ロンドンハーツスペシャルが放送されていたので、つけながら日課のメルマガ作成。

■10月23日(水) 福島市
 自宅で午前中インプット時間。安藤美冬さんがおすすめしていたヒューマン2.0を読み終える。BASEがサイバーエージェント藤田氏の藤田ファンドから2億円の出資を受けることに。あと、iPad airのニュースでツイッターは盛り上がっていた。BASEはこれから盛り上がるなー。何か売れる商品がほしい。
 午後から福島駅のスタバに移動し、チャイティーラテを注文。細かい案件や有料メルマガの企画など。


5、福島市内おすすめランチ店
 すぐにネタがつきてしまいそうなコンテンツですが、ランチミーティングなどで利用しているお店をご紹介します。

■福島市Remi(レミ)
http://tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7006187/
 福島駅東口、カラオケシダックスから13号線に向かって歩いて左側にあります。ここのシェフが高校の同級生です。パスタも美味しいし、肉料理も美味しいです。


6、今週読んだ本の中から

■南の島のたったひとりの会計士 尾宮久光著
http://www.amazon.co.jp/dp/4594052533

商売でもうけを出すにはふたつの方法があります。
ひとつは売り上げを伸ばすこと。
もうひとつは費用を減らすこと。
会計士は、後者のことについて相談に乗ります。
売り上げを伸ばす方法は、大部分が経営者の才覚によるものであるからです。魅力ある商品の開発、販売網の確立、商品を広く認知させる宣伝活動といったことが売り上げを伸ばす手段ですが、どれも会計士の主戦場ではありません。
わたしたちは帳簿の上に間違いがないか、削れる部分はないかという点からアプローチします。

父、母、奄美の自然、人々、そして社会。それらはすべて私を育んでくれたものです。

「公私のお金を分けること」「帳簿をつけること」「領収書を保管しておくこと」
こうしたことを、口を酸っぱくして繰り返していけばいい。
確かに会計のレベルとしては、ほとんど底辺に近いけれど、逆にそれはやりがいにもなる。私が一つずつ変えていけばいいんだ。それでこそ奄美に帰った意味がある。私はそう思うことにしました。

奄美を自分の力で立ち上がることができる島にする。
内地の人たちから見れば小さな志かもしれませんが、本土から遠く離れた十数万人しか人のいない島にとって、それはたいへんなことなのです。
そしてアプローチの仕方は違っていても、同じように考える人間が必ずいるはずです。


7、福島人インタビュー
 福島で活躍中の方々に不定期にインタビューし、掲載していきます。


8、Q&Aコーナー
 読者の方々からの質問にお答えするコーナー
ご質問は、info@saitoshinya.comへ
件名に「メルマガQ&A」と入力し、本文に質問をお願いします。


9、読者さんからの感想
 読者の方々からの感想を掲載します。
ご感想は、info@saitoshinya.comへ
件名に「メルマガ感想」と入力し、本文に感想をお願いします。


10、編集後記
 今回の配信についての記述
ID: 0001620220

斎藤慎也の「しんえもんのワーク&ライフスタイル」メールマガジン

¥540(税込)/月 初月無料!
毎週 水曜日(年末年始を除く) 今月4/4回(最終 2017/02/22)
PC・携帯向け/テキスト形式
バックナンバー
2017/01/25 斎藤慎也のメールマガジン Vol.167
2017/01/18 斎藤慎也のメールマガジン Vol.166
2017/01/11 斎藤慎也のメールマガジン Vol.165
2017/01/04 斎藤慎也のメールマガジン Vol.164
2016/12/28 斎藤慎也のメールマガジン Vol.163
さらに以前のバックナンバー一覧