和歌山県立近代美術館メールマガジン(テキスト版)

  • ¥0

    無料

著者サイト

開催中の展覧会や関連プログラムなどをタイムリーにご紹介します。また、和歌山県立近代美術館のコレクション情報や、美術館をもっと身近に、もっと楽しく感じていただけるようなコンテンツをお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
     和歌山県立近代美術館メールマガジン 113号

                       2017年4月28日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

 メールマガジンのこのページをプリントアウトして持参いただき、
 チケット売場係員にお見せください。団体料金で鑑賞いただけます。

 【1枚につき4名様まで有効。2017年6月4日(日)まで】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              今号の紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1) ゴールデンウィークは美術館へ!
    ~今年も連日イベントを開催します
 2) 会期残りわずか!コレクション展2017-春
    わかやまの名品選/特集展示 群像ー交錯する声
 3) 企画展 現代版画の展開~開催中
 4) 国際博物館の日を知っていますか?
 5) 貸出中の当館コレクション ~あちらこちらで活躍中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1) ゴールデンウィークは美術館へ!
   ~今年も連日イベントを開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ゴールデンウィークの期間中、県立近代美術館では、連日さまざまな
 イベントを開催します。

 学芸員と一緒に展示を見て回ることで、より深く、作品に近づける
 ギャラリートークのほか、普段は見られない美術館・博物館の裏側を
 見られるバックヤードツアー(要申込)、遊びを交えて作品を鑑賞す
 る隔月恒例「こども美術館部」の特別バージョンなど、たくさんのイ
 ベントが目白押しです。

 5月3日(水・祝)には、山野英嗣新館長就任を記念して、講演会も開
 催します。「日本の近代美術館事情ー和歌山近美の明日」と題していま
 すが、 いくつもの美術館で勤務経験のある山野館長ならではのお話をと
 なるはずです。 ぜひお越しください。

 詳しくはウェブサイトをご覧ください。

  ゴールデンウィーク2017
 > http://www.momaw.jp/whats-new/2017gw.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2) 会期残りわずか!コレクション展2017-春
    わかやまの名品選/特集展示 群像ー交錯する声
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 昨年度より引き続き開催中のコレクション展も、残すところ1週間!
 このゴールデンウィークが終わるとともに終了となります。
 まだご覧になっていない方は、ぜひ、この連休中にお越しください。
 先にご案内したゴールデンウィークイベントのうち、3つは、この
 コレクション展をテーマにしています。

 【会期】~5月7日(日)
 【会場】1階展示室
 【関連事業】
  ◎フロアレクチャー(学芸員による展示解説)
   群像展を中心に、学芸員が解説しながらご紹介します。
   5月6日(土) 14:00から 会場にて ※要観覧券

  ◎ギャラリートーク「昭和の5点」
   昭和の日となった4月29日、昭和を代表する作家や作品について、
   学芸員が解説しながらご紹介します。
   4月29日(土・祝) 14:00から 会場にて ※要観覧券

  ◎ギャラリートーク「おこのみ鑑賞会」
   参加者のみなさんと選んだ作品を、学芸員と一緒に鑑賞します。
   前から気になっていた作品を選ぶこともできますよ!
   4月30日(日) 14:00から 会場にて ※要観覧券
   
  ◎こども美術館部エクストラ☆
   (小学生対象の鑑賞会:今回は大人もOK!)
   昨年度より隔月で開催している「こども美術館部」。
   ゴールデンウィーク中に、特別開催します!
   いつもは小学生限定のイベントですが、今回のみ特別に大人の
   参加もOKです!
   5月7 日(日) 14:00 から会場にて
   ※当日開始時間までに要受付

 コレクション展2017-春 わかやまの名品選
 > http://www.momaw.jp/exhibit/now/2017--1.php
 コレクション展2017-春 特集展示 群像ー交錯する声
 > http://www.momaw.jp/exhibit/now/2017-.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3) 企画展 現代版画の展開~開催中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 創作版画を出発点に、1950年代から現代にいたるまでの話題作や名品
 を紹介している「現代版画の展開」。版画というジャンルが指す範囲が
 どんどんと広がって行く様をご覧いただけます。
 版画史に大きな足跡を刻んだ「和歌山版画ビエンナーレ」展の受賞作を
 あらためて振り返ることのできる機会でもあります。

 【会期】~6月25日(日)
 【会場】2階展示室
 【関連事業】
  ◎学芸員によるフロアレクチャー
   5月4日(木・祝)、6月3日(土) 14:00 から会場にて ※要観覧券

  企画展 現代版画の展開 
 > http://www.momaw.jp/exhibit/48.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4) 国際博物館の日を知っていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 5月18日は、ICOM(国際博物館会議)が提唱する「国際博物館の日」
 です。博物館が社会に果たす役割について、広く知ってもらうための活
 動が行われています。毎年テーマが設定され、今年は「歴史と向き合う
 博物館 ―博物館が語るものは」と定められました。記念事業として、
 京都国立博物館では、国際シンポジウムが開催されます。
 当館ではゴールデンウィークのさまざまなイベントを、少し前倒しした
 「国際博物館の日」関連事業と位置づけていますが、当館以外にも全国
 の博物館施設で、さまざまな催しが予定されています。近隣では、和歌
 山市駅近くの和歌山市立博物館で、5月16日(火)~21日(日)まで、
 すべての展示が無料で公開されます。ぜひ、お出かけください。

  国際博物館の日
 > https://www.j-muse.or.jp/02program/projects.php?cat=8


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5) 貸出中の当館コレクション ~あちらこちらで活躍中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 当館コレクション(所蔵作品)は、全国各地の美術館で活躍しています。

 ◎川端康成 美と文学の森
 久留米市美術館 http://www.ishibashi-bunka.jp/kcam/
 ~5月21日(日)
 出品> 高井貞二《抒情》1937

 ◎岡崎乾二郎がみた美術
  「現実としての芸術の系譜ーアヴァンギャルドとしての抽象ー」
  *機種依存文字のため、岡崎の「崎」の字を変更しています。
 豊田市美術館 http://www.museum.toyota.aichi.jp/
 ~6月11日(日)
 出品> 恩地孝四郎《抒情 太陽額に照る(公刊『月映』V》1915
     恩地孝四郎《静物》1917頃
     恩地孝四郎《ポエム No. 22 葉っぱと雲》1953
                            ほか5点

 詳細は開催館にお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集部より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 和歌山城の桜の見頃も過ぎ、今度はツツジが美しい季節になりました。
 明日からゴールデンウィークとなりますが、美術館の周辺にはたくさん
 の見どころがあります。

 まず言うまでもなく、美術館のお向かい和歌山城です。戦後、市民の
 力によって再建された天守閣のほか、城内を散策するだけでも気持ち
 のいい和歌山随一の名所です。県外の人にはあまり知られていないよ
 うですが、城内の小さな動物園は、市民の憩いの場となっています。

 また美術館からバスで15分ほどのところ、風光明媚な和歌浦には、
 徳川家康をまつった紀州東照宮があります。隣の博物館では、この東
 照宮に伝わる家康所用の品々を紹介する特別展「東照宮の文化財II
 ー没後400年 家康の遺宝ー」が先日開会したばかりです。美術館~
 博物館、和歌山城~和歌浦まで、一帯を楽しむのもおススメです。


       ・・・美術館のつぶやきコーナー・・・

・新しい表現を生み出そうとする作家たちにとって、版画がいかに面白い
 メディアだったか? 作者たちのワクワク感が伝わってくる作品ばかりで
 す。
 [井上芳子@現代版画]

・今号から、メルマガの編集長を先輩の青木へバトンタッチしました。
 先日は学芸員が珍しく(?)ニュースの話題になりましたが、当館では
 WEBでの広報も学芸員が担当しています。サービス向上に努める一方
 で、作品の保存管理や調査研究など、学芸員の本務もおろそかにはでき
 ません。両方がんばっている学芸員たちの仕事を、応援していただける
 とうれしいです。
 [藤本真名美@メルマガ前編集長]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
和歌山県立近代美術館メールマガジン(テキスト版)
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2017年04月28日
 
発行部数
33部
メルマガID
0001629776
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 美術・デザイン > 美術館・ギャラリー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ