まんしょんオタクのマンションこぼれ話

  • ¥0

    無料

マンションのことなら誰よりもよく知る廣田信子がマンション住まいの方、これからマンションに住みたいと思っている方、マンションに関わるお仕事をされている方など、マンションに関わるすべての人へ、マンションを取り巻く様々なストーリーをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
まんしょんオタクのマンションこぼれ話
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2018年01月15日
 
発行部数
4,035部
メルマガID
0001641012
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > マンション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――

   まんしょんオタクのマンションこぼれ話

―――――――――――――――――――――――― Vol.775

■ 親しくても「住所」は知らない時代に


こんにちは!廣田信子です。

1月も半ばになりましたが、
平成30年の年賀状はいかがでしたか。

ここ2、3年、年賀状をどの程度出すかで迷います。
周りでも、迷っている人が多いです。

昨年は、「住所」が変わったお知らせも兼ねて
出しましたが、

今年はどうしようかな~と思っているうちに
12月も半ば近くになり、
結局、バタバタ用意することになりました。

メールやSNSでいつでも連絡がとれる時代になり、
手紙やはがきを出すことがめっきり減りました。

だから、年賀状ぐらいは出したい…と思う一方で、

相手の方が年賀状を減らしたいと思っていたら、
年賀状がかえって負担かも…と思ったり。

年賀状に関して、
私の年代が一番揺らいでいるように思います。

もう少し上の方だと、
年賀状はまだまだ当たり前の習慣でしょうし、

次の世代になると、
年賀状の枚数はすごく減ると思います。
出さないと決めている人も多いでしょう。

若い友人が、年賀状を今年からやめたと言います。

結婚してから、
毎年、家族や子供の写真で年賀状をつくって
出していたけど、

友人の中には、
不妊治療しても子供ができない人や、
離婚した人もいて、

そういう人は、この家族写真付きの年賀状、
あまり見たくもないんじゃないかな…と思って。

「新年おめでとう」っていうだけなら
SNSで十分だから。

で、最近知り合う人は、
出したくても、「住所」を知らないのよね~、
住所を聞くことってないから…と。

ほんとうにそうですね。
いつでもネットを通じてほとんどの情報は送れるので、
「住所」の必要性が低下していますよね。

少し前までは、写真は郵便で送るものだったんです。


一昨年末に引っ越したので、昨年末ごろまでは、
転送でいろいろな郵便物が送らせてきましたが、

1年の転送期限が切れたので、
お正月、年賀状が戻ってきたと、
メールで何軒か連絡を頂きました。
お手数を掛けてすみません。

で、転送がなくなったことで
ダイレクトメールがめっきり減って、
何だかすっきりしました。

モノを送ることでさえ、
最近は、「住所」を相手に知らせなくても、
できるようになっています。

「氏名」と「住所」のセットは、個人識別の基本ですから、
これから、住所はやたらに聞けないものになり、
住所が不可欠の年賀状は減っていくのでしょうね。

でも…
マンションコミュニティ研究会が提唱している
お隣近所の人に年賀状を書く「切手のいらない年賀状」は、

住んでいる場所は明確で、
氏名すら分からなくても届けられるものなので、
意味合いはまったく別物です。

これは、増えてほしいな~。

*********このメルマガが本になりました!**********

「2020年マンション大崩壊から逃れる50の方法!」宝島社
著 廣田信子

詳しくは弊社HPから → http://www.msc-4.com/

___________________________
メールマガジン「まんしょんオタクのマンションこぼれ話」

☆発行責任者:マンション総合コンサルティング株式会社
☆問い合わせ:info@msc-4.com

代表 廣田信子のブログ http://ameblo.jp/nobuko-hirota/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ