まんしょんオタクのマンションこぼれ話

  • ¥0

    無料

マンションのことなら誰よりもよく知る廣田信子がマンション住まいの方、これからマンションに住みたいと思っている方、マンションに関わるお仕事をされている方など、マンションに関わるすべての人へ、マンションを取り巻く様々なストーリーをお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
まんしょんオタクのマンションこぼれ話
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年11月17日
 
発行部数
4,045部
メルマガID
0001641012
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > マンション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――

   まんしょんオタクのマンションこぼれ話

―――――――――――――――――――――――― Vol.741

■ 今だから聞けるサニーハイツ高砂で起こったこと


こんにちは!廣田信子です。

来週22日のマンションコミュティ研究会のフォーラムの準備に
バタバタしています。
http://www.mckhug.com/semi/20171122semi.html

このバタバタは私にとって幸せな時間です。
ゲストからはすばらしい資料が届いて、感激しています。

東日本大震災で被災し、
建物が全壊で傾いて住めなくなってしまった
サニーハイツ高砂で、
陣頭指揮をとっていた伊藤理事長の姿が浮かびます。

その後のシンポジウムでお話を伺ってから、
6年ぶりにお目にかかります。

電話の声は、
緊張感が高かった当時より
ずいぶん穏和になられているように感じました。

突然の恐怖のできごとに対応し、
住めなくなってしまった住民の避難先を確保し、

被害状況を把握し、その後の対応を検討し、
ちりぢりになっている200戸近い区分所有者の
全員合意を取り付け、取り壊し決議を行う過程は、
想像を絶するものです。

どうして、そんなことができたのか、
今回、伊藤さんから頂いた資料を見ていて、
その一端が伺えた気がします。

そして、
解体してマンションがなくなってしまったら
必然的に管理組合は解散になります。

ただの土地の共有者になってしまった200人が
まとめて土地を売却するということは、
また様々な思惑が錯綜し、困難を極めます。

サニーハイツ高砂での苦労は、教訓となって、
今、熊本の被災マンションで活かされています。

土地の権利が、ばらばらにならないように、
一部の人の思惑に振り回わされずに、
無事、敷地が一番いい形で売却できるように、

一般社団法人を立ち上げて、
土地の所有権を信託してもらう形式は、

仙台でマンションの清算を支援した
専門家の方々の知恵として、
今、熊本に引き継がれています。

実は、先日、11月11日に、
日本マンション学会のシンポジウム
「熊本被災マンションの復興を目指して」が
熊本大学で開催されました。

私も参加して、
その話を再確認してきたところでした。

そして、東京に戻ったら
伊藤さんから、分厚い資料が届いていました。

これまでは、講演のときも資料を配布したことはなく、
今は、パソコンも使わなくなったという伊藤さんが、
今回のオファーに応えて下さって、

経緯は全部頭に入っているし、
資料もすべて保管しているからと言って

私たちのフォーラムのために、
書き下ろしてくださった資料です。

これまで、ここまでまとまった資料は
どこにもなかったと思います。

きれいに手書きされ、
時系列に従った詳細な記録資料からは、
その時々の、伊藤さんやマンションの方々の思いが
伝わってくるようでした。

えっ、こんな詳細な資料を出して下さっていいの?
と、お願いした私の方がドギマギしてしまったほどです。

いろいろな方のいろいろな思いが渦巻く6年前には
とても文字にできなかったことが、

すべてが片付き、
みんなの新しい生活が落ち着いている今だから
こうやって、客観的に整理し、
表に出すことができるのかもしれません。

伊藤さんは、
この中から選んでまとめ直していいですよ
と言って下さいましたが、
とてもそんな気持ちにはなれませんでした。

大事でないところなどありませんし、
パソコンで打ち直したら、
伝わるものが減ってしまいそうで、
全17ページの力作をすべてそのままコピーして、
参加者の方には特別にお配りすることにしました。

今、熊本の大きく被災したマンションは、
修復を決めたマンションも解体を選択したマンションも
まだまだたいへんな状況です。

合意形勢の過程では、
様々な情報が入り乱れ、様々な思いが交錯し、
とても経過を整理できる段階ではありません。

それを実感して熊本から帰った直後に、
伊藤さんのお話を伺うことになるのも
不思議な縁を感じます。

資料はネット公開せず(あまりに詳細なので)、
当日話を聞かれる参加者限定で用意する予定ですので、

申込みがまだの方は、
至急下記よりお申し込みください。↓
https://mckhug-com.sslwww.jp/cgi-bin/form/?no=2

*********このメルマガが本になりました!**********

「2020年マンション大崩壊から逃れる50の方法!」宝島社
著 廣田信子

詳しくは弊社HPから → http://www.msc-4.com/

___________________________
メールマガジン「まんしょんオタクのマンションこぼれ話」

☆発行責任者:マンション総合コンサルティング株式会社
☆問い合わせ:info@msc-4.com

代表 廣田信子のブログ http://ameblo.jp/nobuko-hirota/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ