まんしょんオタクのマンションこぼれ話

  • ¥0

    無料

著者サイト

マンションのことなら誰よりもよく知る廣田信子がマンション住まいの方、これからマンションに住みたいと思っている方、マンションに関わるお仕事をされている方など、マンションに関わるすべての人へ、マンションを取り巻く様々なストーリーをお届けします。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

☆★☆――――――――――――――――――――――――

   まんしょんオタクのマンションこぼれ話

―――――――――――――――――――――――― Vol.624

■ 住まいに関する価値観も常に変化している


こんにちは!廣田信子です。

我が国の都市計画は
都市の成長や住宅数のコントロールとは無関係につくられます。

もともと戦争でたくさんの人が亡くなり、
戦後のベビーブームで急激に人口が増加したことによって、

日本の人口ピラミッドは、
いびつな形にならざるを得ませんでした。

団塊の時代、団塊ジュニアの時代が、家を持つ時期、
急激に住宅の需要が増える、
そのピーク時に合わせて住宅を供給していると、
どうしても、住宅は過剰供給になってしまいます。

しかも、供給側は、常に住宅を一次購入する家族の平均パターン
夫婦に子供が 2人の 4人家族をモデルにしてきました。



そして、昨日の記事の通り、30年~ 40年前は、
専業主婦が家にいることが前提の住宅が、
多数供給されています。

また、当時はまだ
いずれは高齢の親を自宅に引き取って
面倒を見るというのもごく普通の社会通念で、

そのときに使える和室が1階にある住宅も
平均モデルでした。

その後、家族の形態が大きく変化し、

1950年代に、一世帯当たりの員数は5人でしたが、
1961年には4人を切り、
1992年にはとうとう3人を切り、
2015年には2.49人と2.5人を切っています。

単身者が増え、子供の数も減少し、
高齢の親との同居も珍しくなった今日、

4,5人家族用の大き過ぎる家が余ってしまうのは、
当たり前のことです。

また、専業主婦が減少して共働きが増えることで、
環境のよさより、職場との距離、通勤の利便性が
住宅選択の重要なポイントになってきました。

都心のタワーマンション等は、
まさにその需要を満たすものです。

日本の家族の形態や働き方の変化に合わせて
ディベロッパーはどんどん新しい地域を開拓し
新たな形態の住宅を供給してきました。

それを、景気対策、税収増のため、
政府も後押してきた…その結果が今です。

少子高齢化、人口減少社会は、
急に来たわけではなく、
四半世紀前からわかっていたのです。

少子高齢化の未来が避けられないと分かった段階で、
住宅政策を大胆に見直し、
住宅供給数のコントロールをしていたら、
少しは違っていたのではと残念ですが、

経済成長を目指す資本主義社会は、
それを許さなかったでしょう。

さて、今日の空き家問題、
国はようやく、手を打ち出しましたが、
焼け石に水の感は否めません。

でも、実は私、そんなに悲観的にならなくても
いいんじゃないかと思っています。

人は、なかなか今の価値観を変えることができないけど、
どうしようもない状況になれば、それなりの知恵も出て、
新たな価値観の芽も育ちます。

時代は流れているのです。
30年前に今を想像できなかったように、

20年後は、今とは全く違う価値感の社会に
なっているかもしれません。

働き方改革で、休みが増え、
家庭生活を大事にする文化が根付き、

同時に、IT社会がさらに進化し、在宅勤務が進み、
都心のオフィスに通勤する必要がなくなったら、

人は、また、
郊外のゆったりした住環境を求めるかもしれません。

また、人口減少社会を支えるために、
制約のある中でも、
すでに多くの外国人労働者が働いています。

今後、もっともっと増えることでしょう。
そうすれば、彼らの住宅が必要になります。

都心に近い比較的家賃が安い賃貸マンションの需要が
減ることはないと思います。

じゃあ、都心のタワーマンションはというと、
民泊を積極的に受け入れることで、
別の意味での価値を生んでいるかもしれません。

もっと、根本的なところで、
人の幸福感の源が、
「自分が所有すること」から
「人と分かち合うこと」に変わっていたら、
まったく別の世界が、そこに展開しているかもしれません。

*********このメルマガが本になりました!**********

「2020年マンション大崩壊から逃れる50の方法!」宝島社
著 廣田信子

詳しくは弊社HPから → http://www.msc-4.com/

___________________________
メールマガジン「まんしょんオタクのマンションこぼれ話」

☆発行責任者:マンション総合コンサルティング株式会社
☆問い合わせ:info@msc-4.com

代表 廣田信子のブログ http://ameblo.jp/nobuko-hirota/
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
  • まぐまぐ大賞受賞
 
メルマガ名
まんしょんオタクのマンションこぼれ話
発行周期
ほぼ 平日刊
最終発行日
2017年05月26日
 
発行部数
3,650部
メルマガID
0001641012
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 住宅 > マンション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ