川越スカラ座メールマガジン

  • ¥0

    無料

川越スカラ座の上映作品やイベントなどのご案内をいたします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
川越スカラ座メールマガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年07月21日
 
発行部数
849部
メルマガID
0001642559
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
エンターテイメント > 映画 > 映画館・上映情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

・・・・・・・・・・・・・・・・・

  川越スカラ座メールマガジン
     2017.7.21 vol.144

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやほんと毎日暑すぎじゃないですか?

出勤するだけで死にそうですし、
ご来館されるお客さまも汗だく。

こんな暑い日は、冷えたビールを
ぐいっとやりたいよね!!

というわけで、明日からビール
販売始めます!

しかもしかも、あのCOEDOの
恋あかり限定ビールですよ!

http://hikawa-koiakari.jp/#section4

恋あかりにちなんでなので、カップルで
飲んでいただけるようにと大瓶のみの
展開だそうです。

ぜひおふたりでお楽しみください。
もちろんおひとりでもOKですよ!

飲みきれなかったら私が飲んで
差し上げますのでご遠慮なく
お声がけください。

※テイクアウトはできません


<index>

1.明日からの上映作品案内

2.今後の上映作品

3.ゲストコラム

4.今週観た映画

5.イベント・キャンペーン情報

6.スタッフコラム

7.休館日・サービスデー

8.やさぐれアルバイトの穴埋めコラム


━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.明日からの上映作品案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://k-scalaza.com/

■『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』

【7.22(土)-7.28(金)】※火曜定休

 10:30-11:31

 ※7.28(金)最終日

 (本編61分/予告なし/DCP上映)

<作品紹介>
今回はいままでのトーマスには
出てこなかったタイプの、とても
コケティッシュな女の子の
機関車が出てきますよ!


〇ミニミニトーマス第4弾プレゼント〇

映画を観にきてくれたお友達には、ミニミニトーマスプレゼント!

※中学生以下の方に限ります
※おひとりにつき1個です
※種類はお選びいただけません
※先着順、無くなり次第終了


■『スモーク デジタルリマスター版』

【7.22(土)】

 12:15-14:15 / 17:30-19:30

【7.23(日)-7.28(金)】※火曜定休

 12:15-14:15

 ※7.28(金)最終日

 (本編113分/予告5分/DCP上映)

<作品紹介>
何気ない会話シーンも飽きずに
ずっと観ていられると思える作品。

ポール・オースター好きな方には
特におすすめです。


■『タレンタイム~優しい歌』

【7.22(土)-7.28(金)】※火曜定休

 15:00-17:00

 ※7.28(金)最終日

 (本編115分/予告5分/DCP上映)

<作品紹介>
目を赤くして館内から出てくる
お客さま続出!

多民族国家マレーシアの問題を
描きつつも、爽やかな青春ドラマ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今後の上映作品
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://k-scalaza.com/more/more.html

『高慢と偏見とゾンビ』
『ラ・ラ・ランド』
『セッション』(再上映)
『野火』(再々上映)
『この世界の片隅に』(再々上映)
『人生フルーツ』
『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
『光』
『Viva!公務員』
『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
『草原の河』
『○○の○○』
『トマトのしずく』
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
『海辺のリア』
『〇〇〇〇〇〇〇ー〇〇〇』
『〇は〇〇〇〇〇〇〇』
『銀河鉄道の夜』
『太陽の王子 ホルスの大冒険』


━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.ゲストコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

エッチとエッチが力を合わせ!エッチ団結!成人館!

冒頭からいきなりなんなんだと思われそうではあるが、これは3年ほど前に打ったツイートの文句で
、密かに気に入っている、いや愛している、ひょっとしてこれが過去最高のツイートなんじゃね?
とさえ思っているのだが、そんな言葉をかけてくれる人が誰もいないことはまあどうでもいい。
今回は少々成人映画について書く。

今回のコラムでは本来別のテーマで書くべきことがあったはずなのだが、いやそれどころではない。
堀禎一監督が亡くなってしまった。ポレポレ東中野での特集上映の真っ最中に。いよいよブレイク
まっしぐら?と言われる最中に。堀監督をご存じでない方に簡単に説明すると、ピンク映画から
アイドル映画、そしてドキュメンタリーまでを寡作ではありながらも作り続けた監督ではあるが、
こうやって説明している自分自身が実は一作品しか見ていなかったりする。おい!俺、バカヤロー!
いやしかし、たとえこのままその一作品しか見ていないままだとしても俺の中で堀禎一という監督は
永遠に輝き続けることが既に脳細胞たちの多数決によって決められている。その一作「東京のバスガール」
(成人館公開タイトル「したがるかあさん 若い肌の火照り」)はもうずいぶん前にやはりポレポレ
東中野でのピンク映画特集上映で見たのだが、夏のけだるさときらめきと儚さが画面の隅々にまで
染み渡った、笑いあり切なさありそしてなおかつエロもあるという、最高で完璧なプログラムピク
チャーだと感動するしかなかった、あの夏の日。いや、実際に見たのが果たして本当に夏だったか
どうかは定かではないのだが、たとえ夏じゃなかったとしてもこの作品を思い出せばそこはもう夏
なのである。ああ、あのセミの音よ、木々の木漏れ日よ、自転車をこぐ息づかいよ……そんな風に
恋い焦がれて数年後、ようやく自分の勤める成人館で満を持して上映した際(もちろん夏)には
あまりお客さんが入らなかったが、隣の洋画2本立ての劇場に映画を見に来ていたミスターピンク
こと池島ゆたか監督が「いや~いい番組やってるね~」と褒めてくれたことだけはなんとなく
覚えている。ちなみにその週の成人館の番組は、「したがるかあさん 若い肌の火照り」に加え、
初期ほど評価されもした田中康文監督のデビュー作「隣の三姉妹 やりくらべ」(旧題「裸の三姉妹 淫交」)、
ベテラン渡辺元嗣によるピンク版“めぞん一刻”とも言える80年代作「夜の手ほどき 未亡人は19才」
(旧題:「新・未亡人下宿 夜の手ほどき」)の3作品。いや~いいじゃないですか!自分が営業周りの
サラリーマンだったら、今すぐネクタイを緩めながらガード下のあの劇場に仕事をサボって向かいたく
なるような素晴らしいプログラム!まさにエッチとエッチが力を合わせ、エッチ団結!成人館!

願わくばそんな風にフラッと飛び込んだ成人館で、まだ堀禎一を知らぬ観客が「東京のバスガール」
と出会う機会がこれからも未来永劫続きますように。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.今週観た映画
━━━━━━━━━━━━━━━━━
観た映画と場所を記録します。

2017.7.14-2017.7.20
『アンダー・ハー・マウス』(オンライン試写)
『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』(川越スカラ座)

7月観た映画6本


━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.イベント・キャンペーン情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://event.k-scalaza.com/

・8月末まで
高校生料金ワンコイン期間延長
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264433

・2017.6.10(土)~
一般料金変更
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264466

・8.11(祝・金)
『ラ・ラ・ランド』発声可能上映
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264469

・8.12(土)
『野火』塚本晋也監督舞台挨拶
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264467

・8月
イベント企画中(週明け告知予定)

・9月
イベント企画中


・無期限タイアップ

あぶり珈琲さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264354

本渡第一映劇さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264350

メガネフラワー神明町店さん
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264345

上映作品・時間・イベントは予告なく変更になる場合がございます。
ご確認のうえご来場くださいませ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.スタッフコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

「地方映画館の生き残る道とは」


……と、タイトルは堅くなりましたが、要は研修に行ってきましたよという話です。
読むのが面倒!という方は、最後の一文だけお読みいただければ大丈夫でございます。


川越スカラ座はおかげさまで8月で10周年を迎えます。
素人集団で映画館なんか引き受けちゃって、よくもまあここまで持ったもんだと思います。

10年間試行錯誤し続けつつなんとかやってこられたのは、ただひとえにお客さまのおかげ。

こんなボロい映画館で映画を観ようとやってきてくれるみなさま、「つぶれたら困る」と
ご賛助してくださるみなさま、至らない私たちを温かく見守り、支えてくださるみなさまの
おかげです。

本当にいつもありがとうございます。


しかし、なんとか軌道に乗りかけてきて、これからも頑張っていこうねという矢先、
突如持ち上がった存続問題。

つまり家賃が上がったっていう話なんですけどね。

払えなければ立ち退くしかない。
しかし今だってカツカツなのに、さらに売り上げを増やすためにはどうしたら?
そもそも映画興行というのは、儲かるようにできていない。
ほかの地方映画館だって、ぎりぎりのところでやっているのに…。

そこで考えたのが、行政との連携です。

地方映画館の中には、少なからず行政と連携し、助成を受けているところがある。
そういったところに勉強しに行こう!


というわけで伺ったのが、

新潟県上越市の高田世界館
神奈川県厚木市のアミューあつぎ映画.comシネマ

どちらも市の理解と協力のもと、映画館を再生しているところです。

突然の私たちの視察申し出を快く受けてくださった両館には大変感謝しております。
お仕事の忙しい中、時間を割いてお話をしてくださり、心より御礼申し上げます。


高田世界館さん、アミューあつぎ映画.comシネマさんにお話を伺い痛感したことは、
私たちのような地方映画館は、地域との連携なくしては存続できないということ。

どちらの支配人も、地域に密着し、まさに顔の見える運営をされています。

高田の町を歩けば、高田世界館の支配人上野さんに挨拶をし、話しかける方々がいる。
アミューあつぎ映画.comシネマ館主の青山さんは、町内会、老人会、盆踊りなど
地域の集まりには必ず顔を出し、町の方々と話をする。


映画館経営についての細かい話については、同業者だからお話してくださったことと
思いますのでここには書きませんが、地域との深いつながりを持ち、ただの映画館
ではなく、町の人々のコミュニティの場として機能する、福祉施設としての側面も
持つ等、参考になるお話がたくさんありました。

上越市も厚木市も、映画館をまちづくりの一環としてとらえ協力し、映画館側も
地域のために努力する。

川越市の状況はまた違う部分も多々あるので、一概に同じようにはできませんが、
私たちは私たちなりにできることがあるはずです。


10周年を迎え、あらたな困難にぶつかった川越スカラ座ですが、今後も川越のまちで
みなさまと一緒に15周年、20周年を迎えられるよう、できることはなんでも体当たりで
やっていく所存です。

これからもより一層のお力添えをいただけますと幸甚に存じます。


…とまあ結局まじめな感じで書いてみましたが、要約すると、

これからも頑張るからよろしくね!


文・飯島


━━━━━━━━━━━━━━━━━
7.休館日・サービスデー
━━━━━━━━━━━━━━━━━

・休館日
 毎週火曜日(祝日の場合営業、翌平日休館)

・サービスデー
 毎週月曜日
 毎週木曜はママ&ベビーデー
 http://event.k-scalaza.com/?eid=1264418


━━━━━━━━━━━━━━━━━
8.やさぐれアルバイトの穴埋めコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━

コラムは、
鋭意準備中です。

次回より、
5~6週に分けて、
かつて存在した
映画館について
記したいと思います。

しばしお待ち下さい。



数日前、
映画監督の堀禎一さんが
亡くなられたニュースに驚いています。

ポレポレ東中野では、
ちょうど、
堀禎一監督の最新作
『夏の娘たち ひめごと』が
上映中です。

新作の公開に合わせて、
堀禎一監督の過去作の特集上映も行われ、
私も、何作品か観に行きました。
トークショーがない回でも、
堀監督が上映前に
あいさつをされていました。
亡くなる1週間ほど前にも、
上映後に
普通にトークをされている姿を
観ているだけに、
驚きを隠せません。
そして、
今、説明の出来ない寂しさがあります。
47才、早すぎます。

では、


やさぐれアルバイト:Y


─────────────────

最後までお読みくださいましてありがとうございました。
みなさまのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

メルマガの配信停止はこちらからお願いいたします
http://www.mag2.com/m/0001642559.html

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/


川越スカラ座
350-0062
埼玉県川越市元町1-1-1
tel/fax 049-223-0733

公式サイト http://k-scalaza.com/
Twitter公式アカウント https://twitter.com/k_scalaza
メルマガ担当:飯島

─────────────────
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ